イグアインのドッピエッタなどでミランがキエーボに快勝! 今季初のリーグ戦2連勝《セリエA》2018.10.08 00:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは7日、セリエA第8節でキエーボをホームに迎え、3-1で快勝した。▽前節は苦手サッスオーロに対してスソのドッピエッタとカスティジェホの移籍後初ゴールなどで4-1と快勝して4試合ぶりの勝利を手にしたミランは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦では途中出場クトローネの2発と負傷明けのイグアインのゴールで3-1の逆転勝利を飾った。そのオリンピアコス戦のスタメンから5選手を変更。チャルハノールやGKドンナルンマ、ケシエら主力がスタメンに戻った。

▽未勝利が続く最下位のキエーボに対し、3トップに右からスソ、イグアイン、チャルハノールと並べる[4-3-3]で臨んだミランは、開始4分にボナヴェントゥーラがミドルシュートでゴールを脅かす。

▽直後にもケシエがボレーシュートでゴールに迫ったミランが押し込む展開で推移すると、19分にボナヴェントゥーラがミドルシュートを放つも、GKソレンティーノの好守に阻まれた。

▽さらに26分、ボックス手前右からのスソのフィードをファーサイドのイグアインがボレーで合わせる決定機を迎えたが、枠の上に外してしまう。しかし27分、左サイドからのサパタのアーリークロスをファーサイドのスソが折り返し、イグアインが蹴り込んでミランが先制した。

▽さらに35分、ボックス中央でフリーとなっていたイグアインがスソの縦パスを受けてGKとの一対一を制し、ミランがリードを広げる。前半追加タイム1分にビルサに際どいシュートを打たれるも枠を外れて助かり、ミランが2-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、前がかるキエーボに対し、開始5分にアバーテがGKを強襲するシュートを浴びせたミランは、56分に突き放す。ペナルティアーク左から放たれたボナヴェントゥーラの左足ミドルがゴール右に決まった。

▽余裕の展開としていたミランは63分にペリッシエルに左足ミドルを叩きこまれて1点を返されるも、73分にスソがカットインからのミドルシュートで牽制。

▽76分にはスソに代えてクトローネを投入してキエーボに圧力をかけたミランが3-1のまま試合を終わらせて快勝。今季初のリーグ戦2連勝としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ビッグクラブ注目の19歳トルコ代表センターバックの獲得に接近

ミランがブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトのトルコ代表DFオザン・カバク(19)の獲得に接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればミランはカバク獲得のために移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)を用意。そして24日にミランの幹部とカバクの代理人を務める兄弟が会談を持ったとのことだ。そして、残すはカバク本人との契約を詰めるだけと同メディアは主張している。 今年1月にガラタサライからシュツットガルトへと移籍したカバクは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録していた。そのカバクには、アーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンといったビッグクラブが興味を持っているとのことだった。 2019.06.25 01:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラノ市長が冬季五輪開催のため2026年までサン・シーロ使用を明言! 解体を拒否

ミラノ市長を務めるベッペ・サーラ氏は24日、ミランとインテルが本拠地としているサン・シーロ(ジュゼッペ・メアッツァ)を2026年まで使用することを明言した。 1926年に完成し、1947年から現在に至るまでミランとインテルが共同ホームとして利用しているサン・シーロ。両クラブは老朽化を受けて新スタジアムをサン・シーロの隣に建設する案をミラノ市に提出していた。 しかし、サン・シーロを保有するミラノ市はミラノで開催されることが決まった2026年冬季オリンピックで、開会式をサン・シーロで行う計画のため解体を拒否。これまで幾度も新スタジアム計画案を練ってきたミラノの両クラブだが、今回も頓挫することになりそうだ。 2019.06.25 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

サパタが在籍7シーズンのミランに別れ「ミランでの思い出は一生」

ミランのコロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(32)が24日、契約満了で退団することを発表した。自身のインスタグラムで明かしている。 サパタは「世界で最も権威あるチームの一つでプレーする機会を与えてくれたことに感謝したい。ミランでの長い期間、僕を人間として選手として成長させてくれた監督やコーチ、チームメート、ミラネッロのスタッフ全てに感謝したい。そして何よりファンに感謝したい。彼らはいつも僕を支えてくれ、信じられない愛情を示してくれた。キャリアの一章を閉じることになるけど、ミランでの思い出は一生残るよ」とコメントした。 2012年夏にウディネーゼからミランに加入したサパタは、主に控えセンターバックとして公式戦148試合に出場し5ゴール6アシストを記録。今季は公式戦20試合に出場し1ゴールを記録していた。 2019.06.24 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表センシ、ミランから一転インテル移籍ほぼ確実に

サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)のインテル移籍がほぼ確実となっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 これまでの報道ではミラン行きが近いとされていたセンシ。だがサッスオーロのスポーツ・ディレクターのジョバンニ・カルネバリ氏がインテルとの交渉が最終段階に入っていることを明言し、一転してインテル入りが濃厚となっている。 「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」 「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」 「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」 記事によると、ミランと交渉を行っていたサッスオーロにインテルが2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を携えて横槍。個人間では直ちに合意に達したという。 センシはチェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンは主にディフェンシブMFでプレーし、セリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。また、昨年11月にはイタリア代表デビューも果たし、すでに初ゴールも決めている。 2019.06.23 17:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがクトローネとカラブリアを放出する可能性も

ミランがイタリア代表FWパトリック・クトローネ(21)とDFダビデ・カラブリア(22)を放出する可能性が出てきたとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 同クラブはエンポリからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチの獲得が濃厚と言われているが、マルコ・ジャンパオロ新監督就任に際しさらなる積極的な補強とそれに伴う資金捻出のためクトローネとカラブリアの放出を視野に入れているという。 クトローネにはフィオレンティーナのヴィンツェンツォ・モンテッラ監督が興味を持っているとされ、ミランは2500万ユーロ(約31億円)程度のオファーが来れば移籍を検討するとされている。また、カラブリアにはバレンシアとセビージャが興味を持っていると同メディアは伝えている。 今季は最終節までもつれたものの結果は5位となりチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃したミラン。名門復活へ向けチームの改革が進む中、若き2選手の動向に注目が集まる。 2019.06.22 17:48 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース