ニューカッスル武藤PL初先発初得点も…ユナイテッドが2点差をひっくり返し奇跡の逆転勝利《プレミアリーグ》2018.10.07 03:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが6日に行われ、3-2でユナイテッドが勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀はプレミア初先発を果たし初ゴールを記録。78分までプレーした。▽公式戦4試合勝ちなし、前節は格下ウェストハムに完敗したユナイテッドは、現在3勝1分け3敗で10位に位置。日に日にモウリーニョ監督の解任話が現実味を帯びてくる中、ニューカッスル戦は直近のチャンピオンズリーグのバレンシア戦からスタメンを3選手を変更。バレンシア、フェライニ、サンチェスに代えて、ヤング、マクトミネイ、マルシャルが先発となった。対するニューカッスルは、武藤がプレミア初先発を果たした。

▽モウリーニョ監督最後の試合とも伝えられているこの試合、その噂を現実にするかのような試合展開を見せた。7分、右サイドからのスローインで再開したニューカッスルはアジョセ・ペレスのスルーパスにケネディが反応。ボックス右に侵入したケネディは冷静にGKとの一対一を制し、ニューカッスルが先制した。

▽まさか出だしとなったユナイテッド。だがこれだけでは済まなかった。先制から3分後、再び右サイドのスローインから攻撃を始めたニューカッスルは、シェルヴェイのクロスをボックス中央で収めた武藤が鋭いターンでマークに付いていたヤングの逆をつき左足を振り抜く。するとこのシュートがGKデ・ヘアの足元を抜けてネットを揺らした。

▽武藤のプレミア初先発初得点でリードを広げたニューカッスル。18分には、武藤のゴールをお膳立てしたシェルヴェイが今度は自らボックス手前から強烈なシュートを放っていく。

▽一方、このままでは本当にモウリーニョ監督の首が危ういユナイテッドは、右からのクロスにラッシュフォードが頭で合わせるが、枠の左に外してしまう。

▽ほとんど攻撃の形を作れないでいるユナイテッド。それを尻目にニューカッスルは34分のFK場面、一度相手に跳ね返されたボールを味方が頭でゴール前に入れなおすと、ここに待っていた武藤が至近距離からヘディングシュートを見舞うが、GKデ・ヘアのスーパーセーブが炸裂。まさかのビッグセーブに武藤は頭を抱えた。

▽ここまで未勝利の相手に前半だけで2失点を喫したユナイテッドは、後半に向けてマクトミネイを下げてフェライニを投入。すると51分、そのフェライニが絡んでチャンスを迎える。ヤングの右GKをファーサイドでトラップしたフェライニはボックス手前のポグバに渡す。ポグバがそこから放ったシュートはGKドゥブラフカアのファインセーブ防がれるも、ボールはゴール前のマティッチの下へ。簡単に押し込めるボールだったが、マティッチはこれをふかし、絶好の機会を逸してしまった。

▽その後もユナイテッドの攻撃は続く。前半のうちにバイリーに代わって入ったマタが左ポストをかすめるシュートを打てば、今度はポグバのクロスからラッシュフォードが頭で合わせるも、こちらも枠に飛ばすことは出来なかった。

▽早く1点を返したいユナイテッドは67分にラッシュフォードを下げてサンチェスをピッチへ。これで交代枠3枚を使い切った。

▽するとその直後、ボックス手前右で得たFKを、マタが直接決めてユナイテッドが70分に1点を返した。この1点からユナイテッドの猛攻が始まった。

▽70分台に立て続けに決定機を迎えたユナイテッドは75分に、右CKからゴール前のスモーリングがGKシュート。ここはGKドゥブラフカのファインセーブに阻まれるも、直後の76分、左サイドでボールを持ったマルシャルがポグバとのワンツーでカットインすると、そこからゴールニアサイドを打ち抜き、ついに同点とした。

▽驚異的な追い上げを見せたユナイテッドだが、今日のユナイテッドはここで終わらなかった。同点で迎えた90分、右サイドのヤングのクロスに合わせたのが途中出場のサンチェスだった。合わせに行ったマルシャルの陰に隠れる形で、小さなサンチェスが頭で流し込んで2点のビハインドから赤い悪魔が逆転に成功した。

▽歓喜に包まれるオールド・トラフォード。試合はこのまま終了を迎え、奇跡の逆転劇を見せたユナイテッドがリーグ戦3試合ぶりの勝利。公式戦では5試合ぶりの勝利を手にした。一方、武藤の初ゴールなどで2点を先攻したニューカッスルだが、まさかの逆転負けで、今季初勝利はお預けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

複数ビッグクラブ関心のジュニオール・フィルポにユナイテッド&リバプールも注目?

マンチェスター・ユナイテッドとリバプールが、ベティスに所属するU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)に注目しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベティス下部組織出身のフィルポは2017年にトップチーム昇格。卓越した身体能力やスピードで高い評価を受けている攻撃的左サイドバックは、今シーズンの公式戦で29試合3ゴール5アシストを記録している。 現在、バルセロナやレアル・マドリー、マンチェスター・シティらが獲得に興味を示している中、ユナイテッドとリバプールもフィルポの動向を注視。リバプールはスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンの競争相手、ユナイテッドもディフェンス陣の強化として同選手を見ているようだ。 同メディアによれば、フィルポの契約解除金は5000万ユーロ(約61億円)の模様。この新進気鋭の左サイドバックを獲得するのはどのクラブになるのだろうか。 2019.06.24 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

悪はユナイテッド? チリ代表監督がコパで輝くサンチェスにコメント

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがコパ・アメリカ2019で輝きを放っている。 サンチェスはユナイテッド在籍2年目の昨シーズン、故障によるコンディション不良もあり、公式戦27試合に出場して2得点4アシスト。クラブ最高給与を受ける選手らしからぬプレーが続いたことで、ファンの反感を買い、ユナイテッドにも今夏放出の動きが指摘されている。 だが、そのサンチェスは、大会3連覇を狙うチリ代表のエースとして戦うコパ・アメリカで存在感を示しており、ここまで2試合に出場して2得点。昨シーズンを通じて露呈し続けたユナイテッドでの低調な姿はない。 イギリス『ミラー』によれば、チリ代表の指揮を執るレイナルド・ルエダ監督は、そのサンチェスについて次のようにコメントしたという。 「説明が難しいが、アレクシスはここでたくさんのことにコミットしている。マンチェスターでの彼はチームメイトとの感情的な結びつきや、愛情がないのかもしれない」 「彼は不運も重なっている。マンチェスター・ユナイテッドはしばらく問題を抱えているし、代表が持つような構造もない。それに、彼自身としてもケガをして、一貫性も欠いたからね」 「我々は彼とともに素晴らしい仕事ができている。たくさんの暖かみを持って彼に接しているし、チームとも特別な関係を築いていて、グループとしてもその彼が好きだ」 2019.06.23 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクのインテル移籍至難か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)のインテル移籍はそう簡単に実現しないかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンの公式戦45試合で15得点を挙げたものの、オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列を落としたルカク。そうした状況から今夏の移籍が取り沙汰されており、夢だと語るセリエAが行き先になるとの見方が強まっている。 そのルカクの移籍先として有力視されるのがインテルだ。すでに個人合意に達しているとみられており、あとはユナイテッドとの交渉を残すのみだとする報道が相次いでいる。だが、そのクラブ間交渉は至難を極めることになりそうだ。 ユナイテッドはルカクに対するオファーを聞く用意があるものの、希望する売値は7500万ポンド(約102億5000万円)。この数字は2017年夏にエバートンから獲得時に支払った額であり、現時点でインテルからオファーが届いていないという。 ルカクを求めるインテルだが、ユナイテッドの要求額を満たすほどの資金を用意できておらず、その差額は3000万ポンド(約41億円)以上。そこで、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの売却に動いているが、具体的なオファーがない模様だ。 来シーズンからインテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督がチェルシー時代からルカクに寄せるラブコールは実るのだろうか。 2019.06.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアをキープしたいユナイテッドが再びテーブルに! 要望額提示か

マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の引き留めに向け、再び動き出しているという。イギリス『サン』が報じた。 長きにわたり、来シーズン限りで契約が失効するデ・ヘアとの延長を目指しているものの、給与面の隔たりが一向に解消されず、交渉の行き詰まりが著しいユナイテッド。クラブ最高給のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに近い待遇を求めるデ・ヘアから週給30万ポンド(約4100万円)の最終オファーも拒否されたといわれており、移籍待ったなしの見方が強まっている。 しかし、来夏にフリーで失うよりも今夏の流失を嫌うユナイテッドは、再びデ・ヘアとの交渉に戻り、選手側の要望だという週給35万ポンド(約4700万円)の新契約を用意。この数字は現週給の2倍に迫る額だとされ、1年の延長オプションが付随した4年契約だという。 パリ・サンジェルマン(PSG)の興味がまことしやかに取り沙汰されるデ・ヘアだが、ユナイテッド残留を希望しているとされ、オーレ・グンナー・スールシャール監督は楽観視。クラブ側も今回、用意した新契約でデ・ヘアの残留に自信を漲らせているとのことだ。 ただ、デ・ヘアはクラブの野心を確かめるため、今夏の補強動向を見極めるまで契約延長の返答を遅らせてくる可能性があるとも…。そろそろ最終的な方向性を示してもらいたいところだが、去就はいかに。 2019.06.22 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ狙うユナイテッド、今週末中の取引完了を希望

クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が今週末中にも決着するかもしれない。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 今夏、右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げるユナイテッド。その筆頭に挙がっているのが、今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカだ。 ユナイテッドは、すでにワン=ビサカと週給8万ポンド(約1000万円)の条件で個人合意。現時点で合意に至っていないクリスタル・パレスとのクラブ間交渉に関しても、48時間以内にまとめたい意向だという。 なお、見込まれる成立額は6000万ポンド(約82億円)で、クリスタル・パレス側は5000万ポンド(約68億3000万円)の前支払いを要求。この金額で成立となれば、イングランド史上最高額のサイドバックとなる。 4000万ポンド(約54億6000万円)の1stオファーから徐々にクリスタル・パレスの要求額に歩み寄る姿勢をみせているといわれるユナイテッド。ウェールズから獲得したウェールズ代表MFダニエル・ジェームズに続く今夏2人目の新戦力到着となるか。 2019.06.22 11:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース