本田圭佑が対外試合デビュー戦でいきなりゴール! 開幕は20日の“メルボルン・ダービー”2018.10.05 20:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メルボルン・ビクトリーに加入したMF本田圭佑が、デビュー戦でいきなり魅せた。▽メルボルン・ビクトリーは5日、親善試合で同じAリーグに所属するウェリントン・フェニックス(ニュージーランド)と対戦。この試合で対外試合に初出場を果たした本田は、PKキッカーを務めると、ゴール左に流し込んでゴールを記録した。なお、試合は1-3で敗れている。

▽Aリーグの新シーズンは10月20日に開幕。メルボルン・ビクトリーはメルボルン・シティとの“メルボルン・ダービー”をホームで戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

シント=トロイデンで躍動の鎌田大地、ドイツ2部行きか

フランクフルトからシント=トロイデンへとレンタル移籍していたFW鎌田大地だが、フランクフルトへ戻ることはなさそうだ。ベルギー『voetbalkrant.com』が報じた。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍で加入した鎌田だったが、加入1年目はニコ・コバチ監督(現バイエルン監督)の信頼を得られず、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールで1試合の出場にとどまっていた。 迎えた2シーズン目も構想外となると、シント=トロイデンへとレンタル移籍。するとベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴール2アシストを記録。チームの攻撃の中心として活躍し、日本代表にも招集されていた。 プレーオフ2へ進んだチームにおいても、10試合に出場し3ゴール5アシストと活躍を見せた鎌田。市場価値も加入時に比べ2倍に高騰したものの、フランクフルトへ戻ることはないとされている。 そんな鎌田の移籍先に浮上したのが、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトだ。今シーズンはリーグ戦を16位で終え、プレーオフに進んだもののウニオン・ベルリンに敗れて2部へ降格。1年でのブンデスリーガ復帰を目論みるシュツットガルトは、チーム再建に動いており、鎌田が優先的に考えられているという。 シュツットガルトは、かつて日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)や元日本代表DF酒井高徳(現ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨(現ハノーファー)ら日本人がプレーしたことでも知られている。 フランクフルト加入時は160万ユーロ(約1億9400万円)程度だった価値も、450万ユーロ(約5億4500万円)にまで上昇しており、どこが獲得するのか注目が集まる。 2019.06.21 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ酒井宏樹がファン選定のクラブ年間MVPに輝く!

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)が15日、サポーター選定のクラブ年間最優秀選手に輝いた。 酒井は2016年夏にハノーファーから加入。今シーズンは本職の右サイドバックだけでなく、左サイドバックや3バックの一角でプレーする万能性も生かして、公式戦32試合1得点5アシストの成績を収めた。 受賞を受け、酒井は自身のツイッター(@hi04ro30ki)に「自分より結果を残した選手達は沢山いたけど評価して頂き本当に光栄です!」と綴り、ファンに感謝した。 なお、酒井を巡っては今夏、イギリス『スカイ・スポーツ』により、プレミアリーグ6強の一角トッテナムの関心が報じられ、去就に注目が集まっている。 2019.06.16 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、日本代表DF酒井宏樹の獲得を考慮か…英『スカイ』報じる

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)に対して、トッテナムの関心が急浮上した。10日付のイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 トッテナムはビッグ6の一角で、酒井と同じくアジア人選手である韓国代表FWソン・フンミンが在籍。プレミアリーグ4位フィニッシュの今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でも決勝に駒を進め、クラブ初の欧州制覇に迫った。 そのトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今夏、両サイドバックの改善を希望しており、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)や、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(26)の放出も視野に入れている模様だ。 そこで、今夏の移籍市場で23歳以下の若手をターゲットに人材を探しているポチェッティーノ監督だが、それがうまくいかなかった場合の候補として、代表通算56試合1得点を誇る柏レイソル出身の右サイドバックに目をつけているという。 酒井は、2009年に柏でプロキャリアをスタートさせ、ハノーファー移籍を経て、2016年夏にマルセイユ加入。今シーズンは公式戦32試合1得点5アシストの成績を収め、通算122試合2得点12アシストをマークしている。 2019.06.10 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

MF小林祐希、トリニダード・トバゴ戦自己評価は「収穫なし」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は6日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを再開した。 トレーニング終了後、昨日のトリニダード・トバゴ戦で途中出場したMF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がメディア陣への取材に応対。同試合でゴールに関与することを目標にしていたことを明かし、自身に「収穫はなし」と厳しい評価を下した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/3XQoF2oLnCc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> </div> ◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ) ──自身が出場していた時としていない時の3バックシステムへの評価 「前半はみんな初めての中、探りながらやっていて良いシーンを作れていたと思います。個人としては、点に絡むところを目標にしていたので。うーん…収穫はなしですね」 ──最後のところだけという感じだったが 「どれだけ良いゲームをしても点を取れなくては勝てないですし、内容が悪くても点が取れれば勝てます。貪欲に点を取りにいくということを常に続けていった方が良いかなと思います。ただ、チャンスはたくさん作れていたので、あとは気迫ですね」 ──エルサルバドル代表戦に向けて 「もし自分が出るということになったら、後ろの役割が増えるので、その中で前へ前への意識も忘れずにやっていきたいと思います」 ──3バックシステムは3試合、4試合と続けて行けば良くなりそうか 「でも、たくさん試合を一緒にやったから良くなるでは間に合いません。代表活動はそんなに何回もある訳ではないので。1分、1分、速いスピードですり合わせて、90分の中で仕留めていく作業をしなくてはいけません。すり合わせというよりも、同じイメージを持って、今日から試合までの日が大事になると思います」 2019.06.06 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

競争原理を歓迎する柴崎岳…「競争なくしてチームの成長はない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング26位)は5日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のトリニダード・トバゴ代表(同93位)戦に挑む。 森保ジャパンの司令塔として活躍が期待されるMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)は最終調整となる前日練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューで、MF久保建英(FC東京)ら新顔の代表入りに「競争なくしてチームの成長はあり得ない」と歓迎。中盤の選手として、そういった異なる特長を持った選手をフォローすることで、チームの発展に繋げていくことに意欲を示した。 ◆柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) ──今シリーズは確認期間になるか 「積み重ねはできているとは思います。この期間で今までやってきたことを続けたいですし、改めて確認すべき部分は特にないのかなと。監督のやりたいことや、戦術を浸透させてきましたし、それをより深めていくと同時に、W杯予選に自信を持って臨めるようにしていくことが大事だと思っています」 ──求められる部分はクラブと代表で特に変わらないと思うが 「僕自身、まだまだ成長できると思っています。クラブと代表で繋がっている部分もあるとは思いますけど、代表は代表で違ったやり方があるので、そのたびに自分を変化させていかなければならない。より良い日本代表になっていくためにも、個人的にレベルアップするためにも、(成長は)必要不可欠なことだと思っています」 ──特長の違う選手が入ってきたことで中盤の選手としてどう生かしていきたいか 「まず競争があることは非常に喜ばしいことですし、競争なくしてチームの成長はあり得ないと思っているので、より多くの選手がこれからも出てきてくれれば良いなと。これからも食い込んでくるだけの力を持った選手が出てくるでしょうし、そういったことをチームの向上に繋げていきたい。そのなかで、僕は臨機応変に合わせて、そういった選手と一対一で良い関係を構築していきたいですし、より柔軟に考えていきたいです」 ──同じ中盤の選手たちと良くしていきたい部分は 「具体的にというか、組む選手によって、自分のスタイルを微調整していかないといけない部分があって、チームがうまく機能するためにも考えないといけない部分でもある。なので、そこは別に、どの選手だからどう、という考えはないです。どんな組み合わせになっても良いような気持ちではいます」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/UgQ6xE9hVBA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.04 20:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース