ユベントス、強姦疑惑C・ロナウド擁護の姿勢を表明! 「ユベントスの誰からも高く評価されている」2018.10.05 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを巡る騒動について、擁護する考えを表明した。クラブ公式ツイッター(@juventusfc)に投稿している。▽被害者からの告発により、2009年にアメリカ人女性を強姦した疑いが浮上しているC・ロナウド。当人は容疑を否定しているものの、ラスベガス警察が調査に動き出したことが報じられている。

▽また、この一件に関してC・ロナウドの個人スポンサーである大手スポーツブランド『ナイキ』や、『EA Sports』は、静観する構えと同時に「不安」な思いを抱えていると吐露。大スターに沸いたデリケートな話題だけに、周囲の対応も注目を集めている。

▽そんな中、5日にツイッターを更新したユベントスは、C・ロナウドの潔白を信じる姿勢を明かした。

「クリスティアーノ・ロナウドはここ数か月間に渡り偉大なプロフェッショナリズムと献身性を示している。それはユベントスの誰からも高く評価されている」

「ほぼ10年前にも遡るその出来事がこの考えを変えることはない。この偉大なチャンピオンと接した誰もが、(この意思を)共有している」

▽容疑がかけられている段階ではあるが、万が一の場合や被害者の心情を慮ればビッグクラブとしては非常に慎重な対応が求められる今回の一件。ユベントスが立場を明らかにした一方で泥沼化も予想されるが、果たしてどのような決着を迎えるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

辣腕代理人・ライオラが復活! 世界での活動禁止処分が一時凍結もイタリアでは引き続き禁止

世界屈指の顧客を持つ代理人のミーノ・ライオラ氏だが、活動禁止が一旦解かれることとなった。スポーツ仲裁裁判所(CAS)が公式サイトで発表した。 ライオラ氏の顧客には、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバやマルセイユの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチなどがおり、今夏の移籍市場で注目の的となっているアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトもその1人だ。 ライオラ氏は、5月にイタリアサッカー連盟(FIGC)および国際サッカー連盟(FIFA)から3カ月の代理人活動禁止の処分が下されており、移籍市場を控える中、サッカー界では大きな話題となっていた。 一方で、ライオラ氏はCASに処分が不当として異議申し立てを行っていたが、CASが12日に公式サイトで声明を発表。ライオラ氏の活動禁止は、一旦保留となるとした 「スポーツ仲裁裁判所は、2019年5月28日に行われたFIFA上訴委員会の決定に対し、フットボール仲介人のカルミネ・ミーノ・ライオラ氏が緊急の控訴を申し立てていることを確認した」 「このような決定では、FIGC(イタリアサッカー連盟)の中華委員会によってミーノ・ライオラ氏に課された、イタリアでのスポーツエージェントの職務停止の3カ月の期間は、FIFAによって延長され、世界的で禁止となった」 「ミーノ・ライオラ氏は、控訴の前に異議申し立て決定の執行を停止するための、緊急申請も提出した。2019年6月7日、CAS控訴仲裁部長がその申請を支持した」 「したがって、ミーノ・ライオラ氏の世界的な職務停止に関しては、CASの訴訟結果が出るまで保留となる。しかし、FIGCによって課された職務停止は、CASの決定による影響を受けない」 「両当事者の合意に加え、CASは2019年7月上旬に最終決定が下されることを可能にするため、短縮された手続きカレンダーを用い、迅速な対応をする」 この発表により、FIFAによって下された3カ月の代理人活動禁止処分は一旦凍結。一方で、イタリアでの代理人活動は禁止となる。 一旦処分が解除されたライオラ氏は、その間の活動が可能となり、自身の顧客である選手の移籍を進める可能性が予想されている。 2019.06.13 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

FFP違反を疑われるミラン、2019-20シーズンのELは出場可能に?

FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)の違反を疑われていたミランだが、2019-20シーズンのヨーロッパリーグ出場は可能になりそうだ。 ミランは、2018年から継続してFFP違反についてUEFA(欧州サッカー連盟)からの調査を継続されていた。しかし先週、UEFAはミランに対する訴訟を延期すると発表していた。 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、ミラン、またはマンチェスター・シティに関する審理を8月14日まで行うことがないと発表しており、このままいけば、2019-20シーズンの出場権剥奪はなくなるとみられている。 なお、ヨーロッパリーグのグループステージ組み合わせ抽選会は8月末に行われる予定となっており、それまでに結論が出なければ、処分は翌シーズン以降に適用されることとなる。 チームの立て直しを図っているミランにとって、ヨーロッパの大会に出場できるかどうかは補強にも関わってくるだけに、はっきりとした結論を早く出して欲しいところだろう。 2019.06.12 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがFFP違反の調査に関しCASに不服申し立て

UEFA(欧州サッカー連盟)からFFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)の違反を指摘されたマンチェスター・シティだが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 シティがFFP違反を疑われるキッカケとなったのは、ドイツ誌『デア・シュピーゲル』に掲載された記事。『デア・シュピーゲル』は、シティが数百万ポンドのスポンサー取引の価値を水増ししたとしており、UEFAがこれをもとに調査を開始。さらに、ヨーロッパのフットボール理事会が誤解を招くことをしたとして違反を疑われている。 UEFAは独立財務管理委員会(CFCB IC)に照会することを決定しているものの、シティは金銭的な不正を否認し、UEFAの主張に不服申し立て。CASは「上訴はUEFAのクラブライセンスおよびFFP違反の申し立てに関し、CFCB ICの決定に対して行われた」と声明。 「仲裁手続は開始され、当事者間による書面の提出物の交換が行われている。また、CASの仲裁人が上訴を審理するために招集される」としている。 シティは先日、この件に関して声明を発表。「この決定に関しては多くのミス、誤解が含まれています。その混乱に関しては根本的に正当な手続きの欠如から生じたものであり、重大な未解決の問題を抱えたままだと考えています。同時にクラブは全く満足しておらず、切り取られた、敵対したプロセスであると考えています」としている。 FFP違反となった場合は、1年間の欧州大会出場禁止処分になる可能性が高いが、CASに異議申し立てをしたため、2019-20シーズンではなく2020-21シーズンに処分が持ち越されることなるとみられている。 2019.06.07 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

元U-21イタリア代表FWが人種差別で有罪…保釈なしの令状発行

シェフィールド・ウェンズデーに所属する元U-21イタリア代表FWフェルナンド・フォレスティエリが、人種差別により有罪となった。イギリス『BBC』が報じた。 フォレスティエリは、2018年12月、「脅迫的な言葉、行動をする」ことと「人種的なハラスメント」により訴えられており、裁判所に出頭していた。 5日に行われた聴聞会にフォレスティエリは出席しなかったものの、保釈のない令状が発行。フォレスティエリは14日までに請求に応じる必要があるという。 事件は2018年7月に発生。マンスフィールド・タウンとの試合で乱闘騒ぎが起こったが、その前に人種差別発言があったとのこと。3試合の出場停止と2万5000ポンド(約345万円)の罰金処分が下されていた。 フォレスティエリは3月の出廷時に「僕はそのようなことを言ったことはない。そういったことは好きではない」とコメント。「人種差別主義者ではないので、とても悲しかった。サッカーの最初のルールは同僚をリスペクトすることだ」と語っていた。 フォレスティエリはアルゼンチンで生まれ、ボカ・ジュニアーズの下部組織に所属。2005年7月にジェノアの下部組織へ移籍すると、2006年7月にトップチームへ昇格。その後は、シエナやビチェンツァ、マラガ、ウディネーゼ、エンポリ、バーリ、ワトフォードでプレー。2015年8月にシェフィールド・ウェンズデーに加入していた。 今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で25試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 2019.06.07 10:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ハイレグ水着女性のCL決勝乱入、広告効果は4億超

チャンピオンズリーグ(CL)決勝でのピッチ乱入作戦はかなりの成果に繋がったのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 2018-19シーズンのCLは、1日にワンダ・メトロポリターノで行われ、トッテナムを下したリバプールの14年ぶり6度目となる欧州制覇で幕。だが、その試合中に黒いハイレグ水着を着た女性がピッチに乱入して、警備員から追い出されるハプニングも起きた。 その女性は後の報道で、アメリカ人モデルのキネシー・ウォランスキさんだと判明。2014年のワールドカップ決勝戦で同じようにピッチに乱入した“前科持ち”の男が彼氏であり、その男が運営する成人男性向けサイトの宣伝目的で今回の騒動を働いたことも明らかになっている。 今回の報道によれば、そのウォランスキさんは欧州サッカー連盟(UEFA)からのものと合わせて総額1万5000ユーロ(約180万円)の罰金を受けたが、世界中のフットボールファンが熱狂するCL決勝での宣伝により、推定355万ユーロ(約4億3000万円)の広告効果を生んだという。 これが事実であれば、ウォランスキさんの彼氏であるヴィタリー・ズドラドスキーさんは運営する成人男性向けサイトの宣伝効果として、巨額の広告料をゲットしたことになる。ユーチューバーとしても活動する2人の模倣犯が出てこないことを願うばかりだ。 2019.06.06 14:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース