UEFA選定のCL第2節ベスイレ! ハットのディバラ&ネイマールが選出2018.10.05 08:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のベストイレブンを発表した。▽最多は、3発のボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコら3名選出のローマ。ハットトリックをマークしたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラや、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールも選ばれた。

▽なお、CL各グループステージの第3節は23日、24日に開催される予定だ。

◆UEFA選定のCLグループステージ第2節ベストイレブン
GK
ネト(バレンシア)
DF
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
アレックス・テレス(ポルト)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
MF
ジェンギズ・ユンデル(ローマ)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
FW
パウロ・ディバラ(ユベントス)
エディン・ゼコ(ローマ)
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
コメント
関連ニュース
thumb

UEFA会長「死ぬ可能性もあった」…脳震とうに関するルール変更を検討

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、2021年から脳震とうに関するルール変更が計画されていると語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ここ数年、試合中の脳震とうに関しては様々な議論がなされてきた。脳震とうになった選手の強制的な試合欠場などがルール化されてきたリーグもある中、UEFAは脳震とうを起こした選手に関して、追加の交代を許可するルールを導入したいと考えているようだ。 最近では、トッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンの行動が問題視されていた。5月に行われたチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのアヤックス戦で、ヴェルトンゲンは味方のトビー・アルデルヴァイレルトと競り合いで激突。鼻から流血しピッチに倒れ込んでいた。 あまりの衝撃に交代するかと思われたが、7分間の治療を経てヴェルトンゲンがピッチに復帰。明らかにおかしな状態が見て取れたなか、直後に自ら交代を申し出てピッチを去ると、ピッチサイドではふらつく姿も映し出されていた。 チェフェリン会長はこのシーンに関して、「ヴェルトンゲンのシーンの後、私は何かが起こるのではないかと恐れていた」と恐怖を感じていたと明かし、「彼が戻ってきたとき、体調が悪かったことは明確だった。彼はそこで死ぬ可能性もあった」と最悪の事態も考えていたと語った。 現在のルールでは、脳震とうの判断をしっかりと行うため、試合を止めるだけでなく、ピッチに戻る際にはメディカルスタッフと主審が判断して決定することとなっている。しかし、交代枠を使うことには変わらないため、場合によっては無理をしてプレーを続行する可能性も残されており、メディカルスタッフへのプレッシャーを与えることにもなると考えているようだ。 「我々は試合のルールを変更するため、FIFAと話し合う予定だ。診断は10分あるのでより簡単になった。今では、それはクレイジーだと思う。そのために死ぬことだってあるんだ」 「私は問題だと考えていない。FIFAはこの問題を解決することに興味を持っている。何かが起きたら、我々は永遠に後悔すると思う」 「何かをしなければならない。もしそれが、100万人の選手のうちの1人を助けるのなら、できる可能性があることの全てをする」 「ルールの変更は試合に影響を与えたり、試合を変えてしまったり、あるいは面白くなくするということはないだろう。今、状況は変わっている。FIFAはとても興味を持っている」 脳震とうの治療に関しては、FIFPro(国際プロサッカー選手会)もヴェルトンゲンの件を引き合いに出し、ルール変更を重視。FIFAだけでなく、IFAB(国際サッカー評議会)にもルール変更を打診しているようだ。 2019.06.10 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ハイレグ水着女性のCL決勝乱入、広告効果は4億超

チャンピオンズリーグ(CL)決勝でのピッチ乱入作戦はかなりの成果に繋がったのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 2018-19シーズンのCLは、1日にワンダ・メトロポリターノで行われ、トッテナムを下したリバプールの14年ぶり6度目となる欧州制覇で幕。だが、その試合中に黒いハイレグ水着を着た女性がピッチに乱入して、警備員から追い出されるハプニングも起きた。 その女性は後の報道で、アメリカ人モデルのキネシー・ウォランスキさんだと判明。2014年のワールドカップ決勝戦で同じようにピッチに乱入した“前科持ち”の男が彼氏であり、その男が運営する成人男性向けサイトの宣伝目的で今回の騒動を働いたことも明らかになっている。 今回の報道によれば、そのウォランスキさんは欧州サッカー連盟(UEFA)からのものと合わせて総額1万5000ユーロ(約180万円)の罰金を受けたが、世界中のフットボールファンが熱狂するCL決勝での宣伝により、推定355万ユーロ(約4億3000万円)の広告効果を生んだという。 これが事実であれば、ウォランスキさんの彼氏であるヴィタリー・ズドラドスキーさんは運営する成人男性向けサイトの宣伝効果として、巨額の広告料をゲットしたことになる。ユーチューバーとしても活動する2人の模倣犯が出てこないことを願うばかりだ。 2019.06.06 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクがバロンドールを獲るためには? モウリーニョが提言

14年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たしたリバプールで一際輝きを放ったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク。今年のバロンドール筆頭候補だ。 勝ち点差1で惜しくも優勝を逃したプレミアリーグでもわずか1敗という驚異的な成績を残した同選手。今季は一度もドリブルで抜かれていないというデータもある中で、このオランダ代表DFをバロンドールに推す声は多い。 イギリス『メトロ』によると、ジョゼ・モウリーニョ氏がファン・ダイクがバロンドールを獲るために必要な条件を提言。2006年のファビオ・カンナバーロ以降、DFのバロンドーラーは輩出されていないが、同氏はファン・ダイクを推している。 「私はファン・ダイクだと思う。どうしてDFではいけないんだ?」 「彼はプレミアリーグで優勝できなかったがベストプレイヤーになった。もし、オランダ代表がポルトガル代表を倒し、ネイションズリーグで優勝出来ればあるいは…。たかがトロフィー、されどトロフィーだ。そうすれば(受賞)できるかもしれない」 一方で、ファン・ダイクは謙虚にバロンドールにはバルセロナFWリオネル・メッシを推している。チャンピオンズリーグやリーガエスパニョーラで得点王に輝き、十分に相応しい選手だと言えるが、果たしてその行方はいかに。 2019.06.05 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールのCL優勝にベンフィカBが多大なる貢献! スパーリングパートナーを務める

リバプールは1日に行われたトッテナムとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を2-0で制し、14シーズンぶり6度目の優勝を果たした。この勝利の裏にはベンフィカBの多大なる貢献があったことがわかった。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 6月1日に行われたCL決勝に向けてはプレミアリーグ最終節が終了した5月12日から約3週間の準備期間があった。その中でトッテナムが地元ロンドンで調整を続け、決勝の3日前にマドリード入りした。 一方、リバプールは決勝の1週間ほど前からスペイン南部のマルベーリャでトレーニングキャンプを張っていた。 その中で試合勘を鈍らせたくないリバプールは、トレーニングマッチを戦う相手を探していたが、すでにヨーロッパの主要リーグが終わっていた影響もあって対戦相手探しが難航。その後、最終的にベンフィカBとトレーニングマッチを戦えることになった。 ベンフィカBを率いるレナト・パイヴァ監督によると、リバプールはこのトレーニングマッチを通じて、同チームに“トッテナム仕様”の特別な戦い方を依頼していたようだ。 そもそも、ユルゲン・クロップ監督とペピン・リンダースコーチは、ベンフィカBとトッテナムのプレースタイルに幾つかの共通点を見出して今回のトレーニングマッチを打診していたという。 また、パイヴァ監督は今回のトレーニングマッチで行った“トッテナム仕様”の戦術に関しても以下のように説明している。 「我々はトッテナムの採用する2つの攻撃時の布陣と、2つの守備時の布陣を再現した。同様に、彼らが採用しそうなセットプレーの形もだ」 「また、彼らのセンターバックとゴールキーパーのビルドアップ時のルーティーンの再現。さらに、[4-2-3-1]の守備時の陣形などもね。(ベンフィカBの)ヴィニシウスはエリクセン、ベルナルドはデレ・アリ、ゴメスはケインの役割を真似していた」 「さらに、[4-2-3-1]の布陣ではリバプールのプレスを引き付けるために、ビルドアップ時に2人のMFがセンターバックたちの近くまで落ちるなど、幾つかやり方に適応する必要があった」 「トッテナムはリバプールのプレーヤーたちを自分たちのボックス付近に引き込むことが理想的な形だったと思う。そのためにセンターバックとゴールキーパーの間でボールを動かし、リバプールのウイングやサイドバックの裏のスペースをアタックする形もね」 また、前述のプレースタイルの共通点と共にリバプールがベンフィカBを選んだ理由に関しては以下のように説明している。 「彼らは情報漏洩の観点からイングランドのチームを選べなかった。また、(マウリシオ・)ポチェッティーノ監督は長らくスペインで働いていたから、同様にスペインのチームも選べなかった。さらに、(ウーゴ・)ロリスはフランス代表のゴールキーパーだ。したがって、フランスのチームも選べず、ポルトガルのチームを選ばざるを得なかったようだ」 今回のパイヴァ監督の説明を聞くと、いかにリバプールサイドが今回の決勝に向けて周到な準備を進めてきたかがよくわかる。同時に、縁もゆかりもないリバプールのために献身的に協力してきたベンフィカBの面々にリバプール関係者ならびに世界中のファンたちは深い感謝の念を抱かなければならないだろう。 2019.06.04 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

元ガナーズのチェンバレン、スパーズ下してのCL制覇を喜ぶ!

リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが古巣アーセナルに対して、宿敵トッテナムのチャンピオンズリーグ(CL)初制覇阻止を報告した。イギリス『メトロ』が報じた。 チェンバレンは2011~2017年までアーセナルに在籍後、2017年夏からリバプールでプレー。出番こそなかったが、1日に行われたトッテナムとのCL決勝の戦況をベンチから眺め、優勝の瞬間に立ち会った。 そのチェンバレンは試合後、アーセナル時代の同僚であり、OBのペア・メルテザッカー氏からのインタビューに応対。古巣アーセナルに向けて、次のようなコメントを残したという。 「元ガナーズの選手として、これ(リバプールがトッテナムを下してのCL制覇)があらゆるアーセナルファンにとって、何を意味するものなのかを理解している」 「リバプールにとって、(CL制覇は)とてつもないことだった。でも、(僕は)一度グーナーになれば、いつだってグーナーさ。アーセナルに残してきたみんなのためにも、優勝しなくちゃいけないという個人的な感情があった」 「彼ら全員(アーセナル関係者)が僕らの優勝を願っていることもわかっていたから、それ(トッテナムを退けてのCL優勝)ができて嬉しいね」 2019.06.03 17:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース