幸運判定で守護神退場逃れたインテルがイカルディ弾でPSVに逆転勝利でGS連勝《CL》2018.10.04 06:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第2節、PSVvsインテルが3日にPSVスタディオンで行われ、アウェイのインテルが2-1で勝利した。▽開幕節でバルセロナに大敗したPSVと、トッテナム相手に劇的逆転勝利を挙げたインテルによるグループB第2戦。

▽開幕から公式戦7連勝で迎えたバルセロナとの初戦で0-4の敗戦を喫したPSVだが、直後のデ・クラシケルで宿敵アヤックスを3-0で下しバウンスバックを図ると、直近のNACブレダ戦も快勝しリーグ戦の連勝を継続。グループ突破に向けて勝ち点3奪取が求められるインテル戦に向けて最高の状態で臨んだ。

▽一方、開幕から低迷もトッテナム戦での劇的勝利で流れを掴んだインテルは以降のリーグ戦も3連勝で飾り、目下公式戦4連勝と絶好調だ。直近のカリアリ戦からは先発6人を変更。温存したイカルディ、アサモア、ペリシッチ、ブロゾビッチ、ヴェシーノ、シュクリニアルが揃って復帰した。

▽アウェイのインテルがボールを保持する時間が長いものの、互いにフィニッシュまで持ち込み合うオープンな試合展開となる。インテルは最前線のイカルディへシンプルにボールを入れながら前向きのペリシッチやナインゴランがミドルシュートを狙っていく。

▽前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、27分に先制点が生まれる。相手を自陣に押し込んだPSVはボックス手前左のロサーノが相手の視線を引き付けて中央のロサリオに横パス。ここでロサリオが豪快に右足を振り抜くと、GKハンダノビッチが全く反応できない強烈な弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。

▽相手のファインゴールで先手を許したインテルは一気に攻撃のギアを上げてナインゴラン、イカルディが枠を掠める際どいシュートを浴びせる。その一方で、41分には右サイドのスペースに不用意に飛び出したGKハンダノビッチが相手の突破を手を使って阻止。一発レッドで止むなしと思われたこのプレーだったが、主審はイエローカードに留める。

▽すると、この判定で流れが変わったか、44分にはアサモアの強烈なミドルシュートから波状攻撃を仕掛け、GKの弾いたボールを回収したイカルディのシュートのこぼれ球をペナルティアーク付近のナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートで右隅に流し込み、インテルが同点に追いついて前半を終えた。

▽後半も拮抗した状況が続く中、相手のミスを突いたインテルが逆転に成功する。60分、ロングボールに反応したイカルディが相手DFシュワーブと競争する形でボックス内に侵入。すると、飛び出したGKズートが味方と交錯しルーズボールがイカルディの足元へこぼれると、やや角度はなかったもののアルゼンチン代表FWが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。

▽ミスから奪った逆転ゴールで完全に気持ちの面で優位に立ったインテルは前がかりになった相手の反撃を冷静に防ぎながらペリシッチやイカルディを起点とした鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。だが、相手の粘りに遭いなかなか追加点を奪えない。

▽すると、79分には途中出場のマレンにボックス中央から圧巻のバイシクルシュートを放たれるが、スーパーゴールで同点と思われたこの決定機をGKハンダノビッチが圧巻のワンハンドセーブで阻んだ。このピンチを凌いだインテルは試合終盤の選手交代でうまく時計を進めながら今度は決定的なチャンスを与えず試合をクローズ。幸運な判定とイカルディの2試合連続で勝ち切ったインテルがGS連勝で公式戦5連勝を達成した。そして、次節からは同じく連勝のバルセロナとの連戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

イタリア代表センシ、ミランから一転インテル移籍ほぼ確実に

サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)のインテル移籍がほぼ確実となっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 これまでの報道ではミラン行きが近いとされていたセンシ。だがサッスオーロのスポーツ・ディレクターのジョバンニ・カルネバリ氏がインテルとの交渉が最終段階に入っていることを明言し、一転してインテル入りが濃厚となっている。 「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」 「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」 「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」 記事によると、ミランと交渉を行っていたサッスオーロにインテルが2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を携えて横槍。個人間では直ちに合意に達したという。 センシはチェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンは主にディフェンシブMFでプレーし、セリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。また、昨年11月にはイタリア代表デビューも果たし、すでに初ゴールも決めている。 2019.06.23 17:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクのインテル移籍至難か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)のインテル移籍はそう簡単に実現しないかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンの公式戦45試合で15得点を挙げたものの、オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列を落としたルカク。そうした状況から今夏の移籍が取り沙汰されており、夢だと語るセリエAが行き先になるとの見方が強まっている。 そのルカクの移籍先として有力視されるのがインテルだ。すでに個人合意に達しているとみられており、あとはユナイテッドとの交渉を残すのみだとする報道が相次いでいる。だが、そのクラブ間交渉は至難を極めることになりそうだ。 ユナイテッドはルカクに対するオファーを聞く用意があるものの、希望する売値は7500万ポンド(約102億5000万円)。この数字は2017年夏にエバートンから獲得時に支払った額であり、現時点でインテルからオファーが届いていないという。 ルカクを求めるインテルだが、ユナイテッドの要求額を満たすほどの資金を用意できておらず、その差額は3000万ポンド(約41億円)以上。そこで、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの売却に動いているが、具体的なオファーがない模様だ。 来シーズンからインテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督がチェルシー時代からルカクに寄せるラブコールは実るのだろうか。 2019.06.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチがインテル復帰を希望か…クラブもFW補強の代替案に?

インテルに対して、ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(30)の獲得に向かう可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が報じた。 来シーズン、アントニオ・コンテ新体制でスタートするインテル。その新シーズンに向け、ストライカーの補強が取り沙汰されており、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)とともに、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)を獲得する動きが指摘されている。 そのルカクに関して個人合意の一報も飛び出しているインテルだが、ユナイテッドは移籍金として8000万ユーロ(約97億5000万円)を要求。したがって、より安く獲得が見込める推定2500万ユーロ(約30億4000万円)のアルナウトビッチを代替候補としてリストアップしており、選手自身もインテル行きを希望しているという。 アルナウトビッチは2009年夏、トゥベンテから買取オプション付きのレンタルでインテルに加入したが、当時指揮官だったジョゼ・モウリーニョ氏から信頼を勝ち取れず、1シーズンで退団。以降、ブレーメンや、ストーク・シティを経て、2017年からウェストハムでプレーしている。 2019.06.22 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカクがインテルと個人合意…イタリア紙報じる

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)がインテル移籍に向かっているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール体制下での序列低下により、今夏の移籍市場で夢だと語るセリエA挑戦を希望するルカク。来シーズンからアントニオ・コンテ氏が指揮を執るインテルが獲得に乗り出しているされ、今後の動向に注目が集まっている状況だ。 そのインテルは、まだクラブ間合意に至っていないが、ルカクと年俸600〜650万ユーロ(約7億3000万〜約7億9000万円)の条件で個人合意。この額は今夏加入が決まっているウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを上回るクラブ最高給だという。 なお、ルカクはインテル移籍に関して、7月上旬のオーストラリアツアーからスタートするプレシーズン前に決着をつけるようユナイテッドに求めているとのこと。今後の動向から目が離せない。 2019.06.22 08:05 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア復帰を熱望するグアリン、CL初参戦のアタランタへ売り込みを実施か

中国スーパーリーグの上海申花に所属する元コロンビア代表MFフレディ・グアリン(32)が、イタリアへの復帰を熱望しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 コロンビア代表で58キャップを数えるグアリンは、ポルトやインテルでのプレーを経て、2016年冬に上海申花へ移籍。上海申花では在籍3年半で公式戦97試合に出場し27ゴール21アシストをマーク。今季もここまでリーグ戦11試合に出場1ゴール3アシストを記録している。 グアリンは上海申花との契約を2019年12月31日まで契約を残しているものの、現在はイタリア復帰に向けて動いているようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによると、現在グアリンの代理人は来季チャンピオンズリーグに初出場するアタランタに売り込みをかけているという。 アタランタ側も4年間インテルに在籍しセリエAとチャンピオンズリーグでプレーの経験があるグアリンに関心を寄せているが、同選手が上海申花で受け取っている1000万ユーロ(約12億円)という高額な年俸がアタランタの査定からかけ離れているため、交渉は停滞している。なお、アタランタは年俸100万ユーロ(約1億2000万円)程度での獲得を望んでいるようだ。 以前には、インテル復帰を望むコメントが話題となったグアリンだが、今夏にイタリアへ活躍の場を移すことが出来るのだろか。 2019.06.21 02:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース