王者マドリーがCSKAモスクワ相手にまさかの敗戦…西村拓真のCLデビューは再びお預け《CL》2018.10.03 06:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第2節、CSKAモスクワvsレアル・マドリーが2日にルジニキ・スタジアムで行われ、ホームのCSKAモスクワが1-0で勝利した。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。▽ビクトリア・プルゼニとの初戦をドローで終えたCSKAモスクワと、ローマとの初戦を快勝したマドリーによるグループ第2戦。敵地でのプルゼニ戦を劇的ドローに持ち込んだCSKAモスクワは以降のリーグ戦を1勝1分けで終えた。前々節のスパルタク・モスクワ戦でデビューを飾った西村だが、3連覇中の王者との一戦ではベンチスタートとなった。

▽一方、ローマ相手の大勝でCL4連覇に向けて最高のスタートを切ったマドリーだが、直近のリーグ戦2試合ではセビージャに0-3の大敗、ホームでのダービーでアトレティコ・マドリーとゴールレスドローで2戦勝利なし。さらに主力に負傷者が出るなど厳しい状況が続く。ダービーからは先発4人を変更し、GKにケイロル・ナバスを起用したほか、左サイドバックにトップチームデビューの21歳のスペイン人DFレギロンを抜擢。また、ダニ・セバージョスとルーカス・バスケスがモドリッチとベイルに代わって起用された。

▽試合は開始早々に動く。2分、自陣左サイドのクロースが後方に斜めのバックパスを送ると、これを狙っていたヴラシッチにカットされる。そして、戻りながらの対応となったDFヴァランは体勢が悪くそのまま振り切られてしまい、クロアチア人MFにニアサイドへ左足のシュートを流し込まれた。

▽ミスから痛恨の先制点を許したマドリーはその後も相手の出足の鋭い守備に苦戦しバタ付く場面が散見。それでも、9分には左サイドのアセンシオのクロスからゴール前のダニ・セバージョスに決定機も、ここはヘディングシュートを枠に飛ばせない。

▽時間の経過と共にマドリーペースに傾くかと思われたが、CSKAモスクワの組織的な守備を前にリズムを掴めないアウェイチーム。28分にはボックス手前フリーのカゼミロが強烈な右足のミドルシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩く。さらに40分にも左サイドのレギロンのクロスをファーのベンゼマが頭で合わすが、これもバーに嫌われる。すると、直後の43分には負傷したカルバハルがプレー続行不可能となり、オドリオソラが緊急投入されることになった。

▽1点ビハインドで後半を迎えたマドリーは、立ち上がりからインテンシティを高めて相手ゴールに向かうが引いた相手を崩し切れない。流れを変えたいロペテギ監督は58分、カゼミロとバスケスを下げてマリアーノとモドリッチを同時投入。

▽右サイドのオドリオソラを起点に再三の攻勢を見せるマドリーだが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができない。さらに時間の経過と共に焦りからかミスも増え始め厳しい状況が続く。

▽それでも、格下相手に負けは許されないマドリーは試合終盤に決死の猛攻に打って出る。90分にはオドリオソラの右クロスにマリアーノが頭で合わせるが、これは左ポストを叩く。さらにマリアーノ、ヴァランと続けてゴール前でヘディングシュートを浴びせかけるが、いずれも枠を捉え切れない。

▽その後、主審への執拗な抗議で一気に2枚のカードを貰った守護神アキンフェエフが退場となり、これがデビュー戦となる20歳GKキルナツを緊急投入したCSKAモスクワだが、冷静に残り時間を使い切って試合はこのままタイムアップ。3連覇王者相手に堂々の戦いぶりを見せたCSKAモスクワが今大会初勝利でグループ首位に浮上。一方、主力不在が響いたマドリーは今大会初黒星を喫し、公式戦3戦未勝利となった。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、エリクセン獲得にセバージョス+60億超えを用意へ

レアル・マドリーが、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の獲得に向けてオファーを提示する準備ができているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センスやテクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今シーズンも公式戦51試合に出場し、10ゴール17アシストを記録した。 そのエリクセンは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者を探すマドリーへの移籍が長らく取り沙汰されている。最近ではステップアップを希望するコメントも残していた。 とはいえ、マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)が第1ターゲットにしていることからエリクセンを巡っては進展が無かった。 しかし、今回伝えられるところによれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が熱視線を送っているスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の譲渡+4500万ポンド(約61億3000万円)でエリクセンの獲得を目指すとのことだ。 2019.06.19 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG会長、ムバッペ残留“200%”確信「こんな最高な選手、手放さない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケラフィ会長が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調している。イギリス『BBC』が『フランスフットボール』を引用して伝えた。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまでリーグ戦29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 しかし、その授賞式でムバッペが「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発したことが原因で周囲を騒がせた。その後、クラブは火消しのツイートをし、その場を収めたが、依然としてレアル・マドリーからの関心が伝えられている。 そうした状況の中だが、PSGのアル・ケラフィ会長はムバッペのクラブ残留を確信している。 「こんな最高な選手、手放さないよ」 「彼はチームやクラブと成長するという我々のプロジェクトに関わりたいと思ってくれている。彼はとても知的で理解してくれている。彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」 2019.06.19 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

“ネイマール2世”のロドリゴがレアル・マドリー入団会見「大きな喜びを与えたい」

レアル・マドリーのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)が18日、サンチャゴ・ベルナベウで入団会見を行った。 昨夏、複数クラブとの争奪戦を制し、約4500万ユーロの移籍金でサントスからレアル・マドリーへの加入内定を決めたロドリゴ。左ウイングを主戦場とする同選手は、ブラジルの逸材として“ネイマール2世"と評されている。 年齢制限の影響もあって1年越しでのレアル・マドリー入りとなったロドリゴは入団会見で、「僕はまず家族や僕のためにしてくれたことについて神様に感謝しているし、家族のみんなやずっと僕の側にいてくれた人々にも感謝している。そして僕の仕事ぶりに信頼を寄せてくれた会長、愛情を与えてくれたレアル・マドリーのサポーターに感謝しているよ。僕はあなたたち全員に大きな喜びを与えられることを願っている」とコメント。 また、レアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス会長は「レアル・マドリーに素晴らしい若者の一人がやって来た。彼はその若さにもかかわらず、サッカーへの要求や好みが実質的に人生のフィロソフィーである国で、そのプレーやサッカーの理解の仕方、そのキャリアで賞賛を得ている選手である。彼はボールとともに成長し始めてからこの瞬間を夢見てきた。本日、我々はロドリゴ・ゴエスをレアル・マドリーの新加入選手として歓迎する」と未来のロス・ブランコスを担うタレントに期待を込めた。 2019.06.18 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

セバージョス争奪戦が激化? セビージャやベティスも名乗り!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡る争奪戦が激化しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ベティス下部組織出身であるセバージョスは、大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーへ入団。今シーズンは公式戦34試合3ゴール2アシストを記録したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が復任して以降は3試合のみの出場にとどまった。 そのセバージョスは、「目標はマドリーで成功を収めること」と残留を希望。しかし、ジダン監督から戦力外通告を受けたことが報じられており、今夏に売却されることが濃厚となっている。 とはいえ、セバージョスは引く手数多であり、既報によれば、トッテナムやアーセナル、ユベントス、リヨンが関心を寄せている。そして、今回新たに加わったのが、セビージャと古巣ベティスのようだ。 セビージャは新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏が、スペイン代表やレアル・マドリーで同選手を重宝してきたことからリストアップ。一方のベティスは、MFジオバニ・ロ・セルソ(23)やMFセルヒオ・カナレス(28)、MFウィリアム・カルバーリョ(27)といった主力MFの去就が不透明なことから、移籍に備えて獲得したいと考えているとのことだ。 2019.06.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人がバイエルン移籍説を突っぱねる

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のバイエルン移籍は現時点で非現実的なのかもしれない。アメリカ『ESPN』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。高額給与や移籍金が原因で獲得に名乗り上げるクラブが少ないことが指摘されるなか、長らくリンクしたマンチェスター・ユナイテッドの争奪戦撤退も明らかになっており、今後の動向がより不鮮明になりつつある。 そうした状況のなか、一部イギリスメディアが先日、ベイルに対するバイエルンの関心を報道。退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリに代わる新たなサイドアタッカーとして、1年間のレンタルを希望しているとの見方が浮上している。 だが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、イギリスで「くだらない」「ありえない」「馬鹿げている」という意味で使われる「rubbish=ゴミ」とのフレーズを口にして、バイエルン移籍の実現性を否定したという。 なお、ベイルは3年間の契約を残すレアル・マドリー残留を希望しているとみられており、先日に代理人がその意向を明かしている。 2019.06.18 14:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース