ハリル氏がナントの新監督に就任!32年ぶり、現役時代以来の古巣復帰へ2018.10.02 22:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントは2日、ボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ氏(66)が新監督に就任したことを発表した。契約期間は2020年6月までとなる。▽ナントは同日に、成績不振からミゲル・カルドソ監督(46)を解任を発表。後任に日本代表でも指揮を執ったハリルホジッチ氏を選んだ。

▽ハリルホジッチ氏は現役時代に5年間ナントでプレーした経歴を持つ。そのナントでは2度のリーグ得点王やクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献した。

▽また、指導者としてもフランスで成功を収めており、1998年から4年間率いたリールでは、1999-00シーズンにリーグ・ドゥを制覇し1部昇格に導くと、クラブにとって4季ぶりのリーグ・アン挑戦となった00-01シーズンは3位、その翌シーズンには5位という好成績を残し、00-01シーズンには自身もリーグ・アン年間最優秀監督に選ばれるなど評価を高めた。

▽その後はレンヌやパリ・サンジェルマン、コートジボワール代表、アルジェリア代表、そして日本代表など、数々のチームを歴任してきたハリルホジッチ氏は、およそ32年ぶりに古巣ナントの監督に復帰。初戦は7日のリーグ・アン第9節のアウェイでのボルドー戦。果たして、ここまで1勝3分け4敗と19位に沈むクラブを立て直すことは出来るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ジョン・テリーのブルーズ復帰はなし! アストン・ビラと契約更新

アストン・ビラは19日、アシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏(38)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 テリー氏は、チェルシーやイングランド代表での輝かしいキャリアを経て、2017年夏からアストン・ビラでプレー。昨シーズン限りで現役引退を発表すると、昨年10月にはディーン・スミス監督の新指揮官就任に際してアシスタントコーチとして入閣。 そして、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を5位フィニッシュしたクラブは昇格プレーオフを制して2015-16シーズン以来のプレミアリーグ復帰を果たしていた。 そのテリー氏に関してはマウリツィオ・サッリ監督が退任した古巣チェルシーが、新指揮官の候補に挙がるダービー・カウンティのフランク・ランパード監督を支えるコーチングスタッフとして招へいに動いているとの噂もあったが、最終的にビラに残留することになった。 ディーン・スミス監督は頼れる副官の契約更新に際して、以下のようなコメントを残している。 「JT(テリー)の契約更新を嬉しく思っているよ。彼との仕事は本当に楽しいものだからね」 「彼は我々のチームに対して敬意を表してくれている。それに、彼が今後数年で最高の監督になるということに疑いはないよ」 2019.06.20 02:06 Thu
twitterfacebook
thumb

マタがユナイテッドとの2年契約にサイン! 「OTを自分の家だと呼べることが誇り」

マンチェスター・ユナイテッドは19日、元スペイン代表MFフアン・マタ(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。今回の契約には更なる契約延長オプションが付随している。 今月末にユナイテッドとの契約が満了するマタに関しては、これまでアーセナルやバレンシア、バルセロナなど国内外のクラブへの移籍の可能性が取り沙汰されていた。しかし、先日ユナイテッドが契約延長オファーを打診していることを公表し、新契約締結の可能性が高まっていた。 今回、ユナイテッドとの2年契約にサインしたマタは、愛するクラブに残留できることを素直に喜んでいる。 「この素晴らしいクラブでキャリアを続けられることを心から誇りに思うよ。同時に偉大なファンたちを代表してプレーできることもね」 「マンチェスター・ユナイテッドに加入してから5年が経ち、オールド・トラフォードを自分の家だと呼べることを誇りに思っているんだ」 「オーレ(・グンナー・スールシャール)や彼のファンタスティックなコーチ陣とこれからも共にやっていけることにワクワクしている。彼らのこのクラブの将来に対するビジョンはとてもエキサイティングなものだよ。そこに自分も関わっていけることを幸せに感じているよ」 一方、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、頼れるベテランMFの慰留成功に満足感を示している。 「フアンは私がこれまで共にやってきた中でも究極にプロ意識が高く、抜群に知的なプレーヤーの一人だ。彼の存在は、若手プレーヤーたちにとって格好の手本となる。彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであるということが何を意味しているかを理解し、このクラブとあらゆる苦楽を共にすることができる」 「ピッチ上での活躍はもちろんのこと、我々が抱えている将来性豊かなプレーヤーたちにとっては、フアンが彼の豊富な経験値を提供してくれることで、ポテンシャルを飛躍的に伸ばしてやることができる。彼が契約延長に合意してくれたことを非常に嬉しく思う。彼の才能とメンタリティは、このクラブにとってかけがえのないものだ」 2014年1月にチェルシーから加入したマタは、ここまで公式戦218試合45ゴール37アシストという数字を残し、今シーズンも公式戦32試合6ゴール4アシストを記録。これまでFAカップやヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献してきた。 2019.06.20 01:29 Thu
twitterfacebook
thumb

フライブルク、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨンを獲得!

フライブルクは19日、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間や移籍金に関する詳細は非公表となっている。 2017年に韓国の仁川ユナイテッドFCからバイエルンのユースに加入したチョン・ウヨンは、左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカー。バイエルンのリザーブチームでの活躍をキッカケに、昨年11月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのベンフィカ戦でトップチームデビュー。 また、スピードとテクニックに優れる“ソン・フンミン2世”は、今年3月に行われたボルシアMG戦でブンデスリーガデビューも飾っていた。 フライブルクでマネージャーを務めるヨヘン・ザイアー氏は、チョン・ウヨンに大きな期待を抱いている。 「ウヨンは韓国で最も才能のある若手の1人だ。彼のプレーを楽しむ姿勢、状況やスペースに対する良い感覚はその若さを考えれば特筆すべきものだ。我々は彼と一緒になって1人前のブンデスリーガに育て上げたいと思っている。そのための時間を与える準備もできている」 一方、フライブルク加入が決定したチョン・ウヨンは新天地での意気込みを語っている。 「新たな挑戦をとても楽しみにしているよ。同時にこの移籍を認めてくれたバイエルンに感謝したい。フライブルクは若いプレーヤーが成長していくうえで素晴らしい場所だと思っているよ。個人的にはクラブが素晴らしいシーズンを送る助けになりたいと思っているよ」 2019.06.20 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、指揮官古巣のザルツブルクからオーストリア代表DFライナーを獲得

ボルシアMGは19日、ザルツブルクのオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によれば1000万ユーロ(約12億1000万円)とのことだ。 右サイドバックのライナーは、2015年夏に下部組織時代を過ごしたザルツブルクに復帰。ザルツブルクでは公式戦171試合に出場し、13ゴール34アシストを記録した。今季はオーストリア・ブンデスリ-ガで25試合に出場し1ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは10試合に出場して4アシストを記録していた。 ボルシアMGは新シーズンからザルツブルクを指揮していたマルコ・ローズ監督が就任。愛弟子を獲得した格好だ。 2019.06.20 00:13 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表に激震! ルイス・エンリケ監督の辞任を発表!

スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は19日、スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督(49)が“個人的な理由”で辞任を申し入れたことを発表した。 なお、後任に関してはルイス・エンリケ監督の副官を務め、直近の代表ウィークで暫定指揮官を務めていたロベルト・モレノ氏(41)が正指揮官に昇格することになった。 ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後の2018年7月にフェルナンド・イエロ前監督の後任としてスペイン代表監督に就任したルイス・エンリケ監督。 UEFAネーションズリーグではグループ4でイングランド代表の後塵を拝し、ファイナルズ進出を逃していたものの、指揮を執った8試合で6勝2敗とまずまずの戦績を残していた。 しかし、今月に行われたフェロー諸島代表、スウェーデン代表の2試合に関して、“個人的な理由”で代表チームを指揮できないことがアナウンスされていた。 その際、RFEFはルイス・エンリケ監督を全面サポートすることを強調し、退任の可能性を否定していたが、最終的に同監督の意思を尊重する形で辞任を受け入れることになった。 なお、スペイン代表の新指揮官に就任するモレノ氏は、2008年にルイス・エンリケ監督がバルセロナBを率いていた時代から同監督の右腕としてコーチングスタッフを担っており、ローマやセルタ、バルセロナでもアシスタントコーチを務めていた。 また、スペイン代表の暫定指揮官を務めた前述のフェロー諸島戦とスウェーデン戦では4-1、3-0といずれもチームを勝利に導いていた。 2019.06.19 23:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース