エトー擁するカタールSCが元アルゼンチン代表指揮官のバティスタ監督を招へい2018.09.29 11:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カタールSCは、新指揮官にかつてアルゼンチン代表でも指揮をとったセルヒオ・バティスタ氏を新監督に招へいしたことを発表した。クラブ公式ツイッター(@QatarSportClub)が伝えた。▽バティスタ新監督は、現役時代に母国の名門クラブであるアルヘンティノス・ジュニアーズリーベル・プレートでプレー。また、日本でもプレー経験がありJFLのPJMフューチャーズでプレー。1994年に一度引退すると、福岡ブルックス(現アビスパ福岡)、鳥栖フューチャーズでコーチを務めた。

▽引退後は、古巣であるアルヘンティノス・ジュニアーズやさん・ロレンソなどを指揮。2007年からU-20、U-23アルゼンチン代表監督を務めると、2008年の北京オリンピックではFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)らを率い、連覇となる金メダルを獲得した。

▽2008年7月からアルゼンチン代表のアシスタントコーチを務めると、2010年7月からはディエゴ・マラドーナ氏の後任として監督に就任。しかし、わずか1年で辞任していた。その後は、上海申花やバーレーン代表で監督を務めていた。

▽カタールSCには、かつてバルセロナなどで活躍した元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが今夏加入した。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、ジローナから今季リーガ9ゴールのMFポルトゥを獲得

レアル・ソシエダは18日、ジローナのスペイン人MFポルトゥ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 バレンシアの下部組織で育った攻撃的MFのポルトゥは、2014年夏に移籍したアルバセテで頭角を現し、2016年夏からジローナでプレー。ジローナでは公式戦115試合に出場して29ゴール17アシストを記録。今季はリーガエスパニョーラで34試合に出場し、9ゴール3アシストをマークする活躍を見せていた。 ソシエダは今夏、ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)を獲得している。 2019.06.19 03:46 Wed
twitterfacebook
thumb

アラベス、ソショーからカメルーン代表MFフックスを獲得

アラベスは18日、カメルーン代表MFジャンド・フックス(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 フランスで育ったセントラルMFのフックスは、2015年5月にソショーでプロデビュー。ソショーでは公式戦116試合の出場で5ゴール7アシストを記録。今季はリーグ・ドゥで22試合に出場し、2ゴール2アシストをマークしていた。 世代別の代表ではU-20フランス代表まで招集されていたが、2018年11月に出身地でルーツのあるカメルーン代表に選出されている。 2019.06.19 00:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、U-21スイス代表FWバルガスを獲得

アウグスブルクは18日、ルツェルンのU-21スイス代表FWルベン・バルガス(20)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 2015年からルツェルンでプレーするウインガーのバルガスは、2017年8月にトップチームデビュー。ルツェルンでは公式戦58試合の出場で12ゴール13アシストを記録。今季はスイス・スーパーリーグで31試合に出場し、8ゴール8アシストをマークしていた。 アンダー世代の代表では2018年10月にU-21スイス代表に選出され、これまで3試合に出場している。 2019.06.18 23:56 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、FWアルバロ・バスケスとの契約を解除

エスパニョールは18日、スペイン人FWアルバロ・バスケス(28)との契約を解消したことを発表した。 2005年からエスパニョールの下部組織でプレーし、2010年9月にトップチームデビューを果たしたストライカーのアルバロ・バスケス。ヘタフェやスウォンジーなどでもプレーした中、エスパニョールでは公式戦80試合に出場し、17ゴールを記録したが、徐々に出場機会を減らし、2017-18シーズン後半からジムナスティック・タラゴナにレンタル移籍していた。 そして今季はリーガエスパニョーラ2部のジムナスティックで公式戦32試合の出場で10ゴールを記録していた。 2019.06.18 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルト、ファブレと新規契約締結…2021年6月まで

ドルトムントは18日、ルシアン・ファブレ監督(61)との契約延長を正式発表した。延長期間は1年。2021年6月まで指揮を執ることになる。 スイス人指導者のファブレ監督は、ニース監督を経て、2018年5月からドルトムントを指揮。ブンデスリーガ開幕15戦負けなしの好スタートを切ったが、徐々に失速して2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でもベスト16で散った。 ただ、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、ファブレ監督の手腕を評価。近日中にも契約延長の見通しであることを明かしている状況だった。 そのドルトムントは今夏、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)や、ドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、同代表MFユリアン・ブラント(23)、U-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を獲得している。 2019.06.18 22:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース