ベンフィカ15年在籍の主将ルイゾン、現役引退!2018.09.26 08:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは26日、元ブラジル代表DFルイゾン(37)の現役引退を発表した。
▽ルイゾンは2000年にジュベントスでプロキャリアをスタートさせ、クルゼイロを経て2003年8月にベンフィカに加入した。15シーズンに渡ってプレーし、これまで522試合45ゴール18アシストを記録。6度のポルトガルリーグ優勝を成し遂げたほか、タッサ・デ・ポルトガルを3度、タッサ・ダ・リーガを7度制覇した。昨シーズンは公式戦24試合2ゴールという成績を残したものの、シーズン終盤にかけて出場機会が減少。2019年6月まで契約を残していたものの、このタイミングでの引退を決断した。一部報道では今後はスタッフ入りすることが伝えられている。

▽また、2001年7月にデビューを飾ったブラジル代表では、41試合3ゴール。2004年のコパ・アメリカ優勝、2009年のコンフェデレーションズカップ優勝に貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

ベンフィカ、新星フェリックスのアトレティコ移籍に関するポルトガル紙の報道を否定「完全に嘘だ」

ベンフィカは17日、ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)のアトレティコ・マドリー移籍の噂を伝えたポルトガル『A BOLA』の報道を公式で否定した。 19歳という若さながら卓越したアジリティに基礎技術の高さに裏打ちされたトリッキーな仕掛け、視野の広さ、攻撃センスを生かしたチャンスメーク。ストライカーの嗅覚まで備える万能型アタッカーのフェリックスは、アトレティコやマンチェスターの2クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、レアル・マドリーと錚々たるメガクラブの注目を集めてきた。 そんな中、ポルトガル『A BOLA』は17日、アトレティコが契約解除金1億2000万ユーロ(約146億円)を支払うことでフェリックスを獲得する可能性があり、成立した場合には同選手の代理人であるジョルジュ・メンデス氏に移籍金の30%が支払われることを報じた。 しかし、ベンフィカは同日、この報道を否定。交渉が進行していること自体に嘘があると伝えている。 「ジョアン・フェリックスに関する移籍の可能性について、交渉プロセスが進行中であることは間違いです。交渉の条件は、既に周知の通り、設定されている契約解除金1億2000万ユーロ(約146億円)の金額を満たすことである」 「もっと言えば、ポルトガル『A BOLA』が伝えた手数料30%に関する話も嘘だ。繰り返すが、これらの情報は完全に嘘であり、馬鹿げている。ベンフィカの名声と尊厳を明らかに傷つけるものだ」 一方で、スペイン『マルカ』はフェリックスの近日中でのアトレティコ加入を報じているが、果たして…。 2019.06.18 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

超新星フェリックスの新天地はアトレティコに! クラブ史上最高額での加入決定的に!

アトレティコ・マドリーがベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の獲得レースを制したようだ。スペイン『マルカ』が近日中の加入を明言している。 19歳という若さながら卓越したアジリティに基礎技術の高さに裏打ちされたトリッキーな仕掛け、視野の広さ、攻撃センスを生かしたチャンスメーク。ストライカーの嗅覚まで備える万能型アタッカーのフェリックスは、マンチェスターの2クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、レアル・マドリーと錚々たるメガクラブの注目を集めてきた。 UEFAネーションズリーグ終了後に去就を決めたいと語っていた若武者の移籍先に関しては、ここまで情報が錯綜してきたが、最終的な新天地はアトレティコとなるようだ。 『マルカ』が伝えるところによれば、アトレティコはベンフィカが設定している1億2000万ユーロ(約146億円)の契約解除金を全額支払うことを決断。また、契約年数は不明もフェリックス個人に対しては、年俸700万ユーロ(約8億5000万円)の条件ですでに個人間合意を取り付けており、今後数日以内に移籍交渉が完了する見込みだという。 なお、この移籍が成立した場合、昨夏モナコからフランス代表MFトマ・レマル獲得時に支払ったとされる7000万ユーロ(約85億円)を抜き、クラブ史上最高額の移籍金となる。また、年俸に関してはMFコケやMFサウール・ニゲスとほぼ同額となり、現スカッドにおいてトップ5の高給取りになるようだ。 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続くスター候補として母国ポルトガルで脚光を浴びるフェリックス。今シーズンは公式戦43試合に出場して20ゴール11アシストを記録し、ベンフィカのリーグ優勝に貢献。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のフランクフルト戦ではEL史上最年少でのハットトリックを達成していた。 また、今月5日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝のスイス代表戦で待望のフル代表デビューも飾っている。 アトレティコではここ数年、絶対的なエースに君臨していたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが今季限りで退団することになっており、ポルトガル産の超新星にはいきなりエースの穴を埋める活躍が期待される。 2019.06.18 04:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、 ジョアン・フェリックスの後釜にインテルのピナモンティ獲得へ

ベンフィカは退団が確実視されるポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の後釜として、インテルのU-20イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(20)の獲得を検討しているとスペイン『アス』が報じた。 ピナモンティは17歳の時にヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦でデビュー。当時のステファノ・ピオリ監督から「類まれな才能」との評価を受け、現在のU-20イタリア代表の中でも最も高い評価を得ているストライカーだ。 10代最後のシーズンとなった今季はフロジノーネへレンタル移籍し、リーグ戦で27試合5得点という成績を残した。 一方、フェリックス自身は現在バカンス中だが、有力移籍先としてアトレティコ・マドリーとマンチェスター・シティが挙がっている模様。退団確実なFWアントワーヌ・グリーズマンの穴を埋めるべくアトレティコはフェリックスに年俸600万ユーロ(約7憶3000万円)を提示しているという。 2019.06.13 21:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、ポルトガル代表MFラファ・シウバと2024年まで契約延長

ベンフィカは12日、ポルトガル代表MFラファ・シウバ(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2011年にフェイレンセの下部組織に入団したラファ・シウバは、2012年の夏にトップチームに昇格すると、翌年に強豪ブラガへ移籍。ブラガでは加入当初からレギュラーに定着すると、3シーズンで公式戦126試合に出場し26ゴールをマーク。 この活躍が評価され、ラファ・シウバは2016年9月にベンフィカへ完全移籍。中盤の2列目ならば両サイドでもプレー可能なラファ・シウバは、ベンフィカでもレギュラーを掴むと、在籍3シーズンで公式戦100試合に出場。今季も公式戦44試合に出場し自己最多の21ゴールを記録した。 また、2014年3月にポルトガル代表デビューを飾ったラファ・シウバは、これまで15試合に出場。2014年に行われたブラジル・ワールドカップや2016年に行われたユーロにもポルトガル代表として選出されていた。 2019.06.13 05:40 Thu
twitterfacebook
thumb

大型補強のマドリー、ポルトガルの逸材CBに関心…移籍金+デ・トーマスのオファー準備か

レアル・マドリーが、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ジアス(22)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ベンフィカ下部組織出身のルベン・ジアスは187cmの恵まれた体躯と優れた身体能力、守備センスやボール扱いにも長けた現代型のセンターバック。今シーズンの公式戦では55試合に出場して4ゴール3アシストを記録した。 その逸材DFに対してレアル・マドリーが目を光らせているようだ。アトレティコ・マドリーも獲得に興味を示しているというルベン・ジアスの推定契約解除金は6000万ユーロ(約73億7000万円)に設定されている。 一方でベンフィカは、今シーズン、マドリーからラージョ・バジェカーノへレンタル移籍していたスペイン人FWラウール・デ・トーマス(24)に関心を寄せている模様。リーガエスパニョーラ33試合で14ゴールをマークしたスペイン人FWに対して、ポルトガル王者はすでに2000万ユーロ(約24億5000万円)のオファーを打診したが、拒否されたようだ。 とはいえ、マドリーとベンフィカの関係は良好だという。このことからエル・ブランコはポルトガル代表DFの獲得に向けて移籍金に加え、3500万ユーロ(約43億円)の値付けをしているデ・トーマスの譲渡を含めたオファーを検討しているとのことだ。 また、マドリーがルベン・ジアスの獲得に成功した場合、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスのインテル移籍が加速する可能性があると伝えている。 2019.06.11 17:23 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース