大宮が今夏クラブユース選手権得点王のユース所属FW吉永昇偉の来季昇格内定を発表2018.09.25 17:54 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽大宮アルディージャは25日、ユース所属のFW吉永昇偉(18)が来シーズントップチームに昇格することが内定したと発表した。▽吉永は、ジュニアから大宮に在籍。ジュニアユース、ユースと昇格し、2018年はU-18日本代表にも選出されている。

▽今年行われた第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会では、大宮の準優勝に貢献。自身も得点王に輝いていた。

吉永はクラブを通じてコメントしている。

「小学5年生から所属してきた大宮アルディージャで、プロのサッカー選手としてスタートできることを大変うれしく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず日々、努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

天王山制した山形が首位浮上! 大宮は2位に《J2》

明治安田生命J2リーグ第18節の9試合が15日に行われた。 天王山となったモンテディオ山形vs水戸ホーリーホックは、1-0で山形がモノにしている。 序盤からホームで守勢を強いられた山形は再三相手に決定機を許してしまう。それでも何とかGK櫛引の活躍で無失点に抑えていると、後半からは何とか持ち直していく。 すると迎えた66分、右サイドの柳が上げた低弾道のクロスを阪野がダイレクトで流し込み先制に成功。 その後は水戸に危ない場面を作られるも、追加点の雰囲気を漂わせながら試合終了。水戸の攻撃を耐え抜いた山形が1-0で逃げ切り、首位に浮上した。 また、大宮アルディージャvsFC岐阜は、2-1大宮が勝利を収めた。 試合が動いたのは15分、大宮は岐阜のペナルティエリア前で奥抜が引っかけてボールを奪うと、こぼれ球を拾ったフアンマ・デルガドがボックス右からシュート。GKに防がれるも、弾いたボールが奥抜に当たってゴールイン。大宮が先制した。 だが岐阜も30分に、敵陣左サイドでボールを奪って粟飯がクロスを供給。ボックス中央で受けた山岸が反転からシュートを流し込んで同点とした。 後半に入ると、大宮が主導権を握るもなかなかシュートチャンスを作れない。だが後半アディショナルタイム、右サイドでボールを持った小島が中に運んでボックス手前から横に流すと、三門がこれをダイレクトで決めて土壇場で勝ち越しに成功。大宮はそのまま白星を手にし、2連勝で2位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 結果・日程 ▽6/15(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 鹿児島ユナイテッド 横浜FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴォルティス徳島</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> ツエーゲン金沢 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 栃木SC 京都サンガF.C. 2-2 FC琉球 ファジアーノ岡山 1-1 レノファ山口 ▽6/16(日) FC町田ゼルビア vs V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 vs 柏レイソル 2019.06.15 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

自動昇格圏に迫る3位大宮に痛手…守護神の笠原、DF山越の長期離脱を発表

大宮アルディージャは11日、GK笠原昂史とDF山越康平の負傷を発表した。 今季開幕から明治安田生命J2リーグで16試合フルタイム出場を続けてきた笠原は、直近の第17節京都サンガF.C.戦でベンチ外となっていたが、今月6日のトレーニング中に負傷していたことが判明。右手第4中手骨骨折と診断された同選手は全治2カ月と診断されていた。 一方、今季ここまでリーグ戦5試合に出場していた山越は5月26日に行われた第15節の柏レイソル戦で前半終了間際に負傷交代。その後の検査の結果、左肩関節脱臼で全治5カ月の診断が下された。 現在、13戦無敗で自動昇格圏の2位モンテディオ山形と勝ち点2差の3位に付けている好調の大宮だが、守護神を含む守備陣2選手の離脱は痛手となりそうだ。 2019.06.11 19:08 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮、奥抜のプロ初ゴールなどで京都に3発快勝…13戦無敗で2位浮上! 甲府と山形の首位決戦は痛み分けに《J2》

明治安田生命J2リーグ第16節の7試合が8日に各地で行われた。 NACK5スタジアム大宮で行われた5位・大宮アルディージャ(勝ち点28)vs4位・京都サンガF.C.(勝ち点29)は、3-1で大宮アルディージャが勝利した。 上位対決となった試合はホームの大宮が先に動かす。12分、茨田のスルーパスに反応した奥抜がボックス右からスライディングシュート。これがゴール左に突き刺さり先制に成功する。なお、これが奥抜にとってプロ初ゴールとなった。 対する京都は25分、敵陣中央左サイドからカットインしてきた仙頭がボックス中央手前の一美にパス。一美からの落しを受けた仙頭が右足を振り抜くと、グラウンダーの鋭いシュートが突き刺さり同点に追いついた。 一進一退の攻防が続く中、大宮は39分、右サイドの攻撃の流れからこぼれ球を三門が回収すると、パスを受けた河面が左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さり勝ち越しに成功する。 さらに大宮は畳みかける。62分、敵陣ハーフウェイライン付近から奥抜がスルーパス。DFとの駆け引きを制したファンマがボックス内に侵攻すると、GK清水と一対一を冷静にゴールへ流し込み、京都を突き放す。 後半終盤にかけては京都が猛攻を仕掛ける。85分にはボックス右で田中マルクス闘莉王からのパスを受けた福岡がシュートを放つも、GK塩田に防がれてしまう。 その後もパワープレーで反撃を試みた京都だったが、詰め寄ることはできず3-1で試合は終了。勝利した大宮が4試合ぶりの勝利で暫定2位に浮上。一方、7試合ぶりに敗れた京都は5位に転落した。 山梨中銀スタジアムで行われた3位・ヴァンフォーレ甲府(勝ち点29)vs1位・モンテディオ山形(勝ち点32)は、2-2で引き分けた。 首位攻防戦となった一戦は甲府が先にチャンスを作る。9分、クイックスタートからボックス右に抜け出したドゥドゥがGK櫛引との一対一の局面を迎える。しかし、ここは櫛引に軍配が上がった。 対する山形は16分、ボックス内で細かく繋ぎ、最後は南のパスを柳が合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となってしまう。 そうした中で甲府にアクシデント。ドゥドゥが相手との接触で負傷してしまい、宮崎との交代を余儀なくされた。 ゴールレスで折り返しとなった試合は山形が先に動かした。51分、中村の右CKを甲府DFがクリアミス。このボールに反応した阪野が右足で押し込み、甲府が先制に成功する。 追いかける展開となった甲府は62分、ボックス右から宮崎がクロスを供給。このボールをファーサイドで受けた内田がボックス内に折り返すと、DFの背後から宮崎が角度のないところから押し込み同点に追いつく。 宮崎にプロ初勝利ゴールを許した山形は65分、ボックス左でボールを奪った山田が橋爪に倒されてPKを獲得。キッカーの阪野が冷静に流し込み再びリードを奪った。 その後は甲府が攻勢に出るが、山形GK櫛引が立ちはだかりゴールを奪えない。それでも後半アディショナルタイム、バイタルエリア左から内田がクロスを送ると、ファーサイドの佐藤が打点の高いヘディングシュートを叩き込み土壇場で同点に追いついた。 試合は直後に終了。山形は勝ち点を33に積み上げて首位をキープした。対する甲府も3位をキープしている。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節 ▽6/8(土) ヴァンフォーレ甲府 2-2 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ファジアーノ岡山</span> FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-1 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 FC町田ゼルビア レノファ山口 1-1 横浜FC FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢 ▽6/9(日) 《13:00》 鹿児島ユナイテッドFC vs 東京ヴェルディ 《14:00》 水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡 栃木SC vs ジェフユナイテッド千葉 《17:00》 愛媛FC vs 柏レイソル 2019.06.08 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

好調・大宮に負傷者が続く…河本裕之は全治4〜6週間、渡部大輔は全治6週間

大宮アルディージャは14日、DF河本裕之、DF渡部大輔の負傷を発表した。 河本は4月28日の明治安田生命J2リーグ第11節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。70分にセットプレーの流れで負傷し、中村太亮と交代していた。河本は、右下腿部筋挫傷と診断され、全治は4〜6週間とのことだ。 渡部は、4日のJ2第12節の愛媛FC戦で負傷。左ウイングバックとして先発出場していたが、76分に大山啓輔と交代していた。渡部は、左下腿ヒラメ筋肉離れと診断され、全治は6週間とのことだ。 河本は今シーズンのJ2リーグで6試合に出場、渡部は5試合に出場し1得点を記録していた。 2019.05.14 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉戦で負傷交代の大宮MF酒井宣福が全治6〜8週間の負傷…MF金澤慎も負傷

大宮アルディージャは7日、MF金澤慎、MF酒井宣福の負傷を発表した。 金澤は4月27日のトレーニング中に負傷。左下腿腓腹筋肉離れと診断され、全治は6〜8週間の見込みとなる。なお、今シーズンはここまで出場機会がなかった。 酒井は、4月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。右大腿二頭筋腱損傷と診断され、こちらも全治は6〜8週間とのことだ。 酒井は左ウイングバックとして今シーズンのリーグ戦11試合に出場していた。 2019.05.07 17:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース