注目の上位対決は痛み分け!首位広島の2位川崎Fの勝ち点差は「4」に《J1》2018.09.22 20:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第27節、サンフレッチェ広島vsFC東京が22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。▽首位を走る広島(勝ち点55)とそれを追う3位のFC東京(勝ち点42)による注目の上位対決。前節、サガン鳥栖相手に6月の名古屋グランパス戦以来の無得点に終わった広島は、その試合からスタメンを渡に代えて工藤を起用。2試合ぶりの勝利を目指す。

▽優勝戦線から離されないためにも、より勝利が重要となるFC東京はリーグ戦ここ6試合で4分け2敗と絶不調。こちらは出場停止の室屋に代えて小川を起用。その他前節からの変更点は、大森と永井を、田邉とリンスに代えて2点となった。ホームでの前回対戦は3-1で勝利。シーズンダブルを目指す。

▽先にチャンスを迎えたのはFC東京。5分、ディエゴ・オリヴェイラが強引に右サイドを突破。クロスに合わせたリンスのシュートは右ポストに当たって枠の外へ外れた。9分には広島。柏がボックス手前左の得意の位置からシュートを放ったが、GK林彰洋が左手一本でかき出した。

▽14分にはFC東京のリンスがボックス手前中央からゴールを狙ったが、今度は広島GK林卓人が横っ飛びでセーブ。互いのGK林が安定したセービングを見せた。

▽試合は18分に動く。広島は敵陣右サイドでFKを獲得。柴崎は近くの青山に渡して青山がクロスを供給する。するとこのボールがゴール前で混戦を引き起こし、東のクリアボールがゴールまで倒れていたパトリックの足に当たりゴールに吸い込まれた。非常にラッキーな形で先制点を奪った広島、パトリックはこれが今季リーグ戦20得点目となった。

▽その後、互いにセットプレーから広島は水本、FC東京は森重がゴールに迫るがネットは揺らせず、広島の1点リードで試合を折り返した。

▽後半を迎え試合は早々に動く。49分、敵陣左でリンスのスルーパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがゴール前へマイナスのクロスを送ると、走り込んだリンスがダイレクトシュート。これがブロックに入った稲垣に当たりゴールに吸い込まれた。

▽65分にかけては広島がゴール前に攻め込む展開に。稲垣やパトリックがシュートを放つも、なかなかネットを揺らせない。

▽FC東京は72分、田邉とリンスを下げて大森と永井を同時投入。するとその永井が81分に左サイドを抜け出しドリブル勝負を仕掛けるも、野上のスライディングタックルに止められてしまう。

▽後半アディショナルタイムには、自陣でボールを奪ったFC東京が前線の永井にロングパス。だがこのビッグチャンスはGK林卓人の絶妙な飛び出しにより得点に繋げられなかった。

▽その後まもなく試合終了。注目の上位対決は1-1の痛み分けに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

磐田、小川航基がトゥーロン決勝で負傷…練習合流まで3週間程度

ジュビロ磐田は20日、U-22日本代表FW小川航基の負傷離脱を発表した。 小川はU-22日本代表の一員として第47回トゥーロン国際大会2019に参戦。15日に行われたU-22ブラジル代表戦でゴールをマークしたが、この試合で負傷した。浜松市内の医療機関で検査を受け、トレーニング合流まで3週間程度の左足関節外側側副じん帯損傷と診断されたという。磐田の次期エースとして期待される小川は今シーズンの明治安田生命J1リーグ5試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合に出場している状況だった。 磐田は現在、J1リーグ3勝5分け7敗の16位。22日に行われる次節、4試合ぶりの勝利を目指して、10位に位置するセレッソ大阪のホームに乗り込む。 2019.06.20 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

J1リーグ14位の松本、主力DF橋内優也が全治6週間の戦線離脱

松本山雅FCは20日、DF橋内優也の負傷離脱を発表した。 橋内は15日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節のベガルタ仙台戦で負傷。松本市内の病院で検査を受け、全治約6週間(受傷日より)の右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたという。今シーズンのここまでJ1リーグ全15試合に先発していた。 松本は現在、J1リーグ4勝4分け7敗の14位。22日に行われる次節、4位に位置する横浜F・マリノスのホームに乗り込む。 2019.06.20 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎Fの日本代表MF守田英正が道路交通法違反により検挙…運転免許証失効も判明

川崎フロンターレは19日、日本代表MF守田英正(24)が道路交通法違反により検挙されたことを発表した。 クラブの発表によると、守田は17日、川崎市麻生区内を自家用車で運転中、午前8時半ごろに携帯電話の使用等で検挙。なお、その際に運転免許証が失効していたことも判明した。免許証の有効期限は2019年6月10日までだったという。 この件に対し、川崎Fは守田本人と面談の上、猛省を促し、以下のクラブ独自の処分と幹部社員に減俸を科すことを伝えている。 ◆守田英正への処分内容 ・公式戦出場停止 1試合 ・制裁金 ・社内奉仕活動の実施 ◆幹部社員への処分内容 ・取締役強化本部長 庄子春男 減俸10% 1カ月 ・強化部長 竹内弘明 減俸5% 1カ月 クラブは「今回の件につきまして、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、すべての関係者の皆様に、多大なるご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止に向けて「所属選手、スタッフ、クラブスタッフ全員への運転免許証の確認を含め社内への注意喚起を改めて実施し、また、道路交通法の順守のための交通安全の取り組みを所轄の麻生警察署と連携して実施を行い、再発防止に努めていきます」と伝えている。 2019.06.19 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

青森山田MF武田英寿、来季浦和加入が内定…高校サッカー選手権優勝に貢献

浦和レッズは19日、青森山田高校に所属するMF武田英寿(17)の来シーズン加入内定を発表した。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に上がり、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。また、今年はU-18日本代表、日本高校選抜にも選出されている。 クラブは同選手の特長を「左足からの多彩なキックを武器に相手を翻弄する。視野の広さと独特のリズムでゲームを支配できる」選手だと評価。その武田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ファン・サポーターのみなさん、こんにちは。来季から浦和レッズでお世話になることになりました武田英寿です。浦和レッズは、日本で一番の応援があり、すごいファン・サポーターの方たちがいると思います。そのスタジアム、ピッチでプレーできることをうれしく思いますし、チームの勝利に貢献できるようにしたいです」 「もちろん、悪いプレーがあればブーイングもあると思いますが、その中でも特長を出し、早くファン・サポーターのみなさんに認められるようにがんばりたいです。応援、よろしくお願いします」 2019.06.19 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがポーランドクラブ退団のMF泉澤仁を獲得…大宮、G大阪、東京Vでプレー

横浜F・マリノスは18日、MKSポゴニ・シュチェチン(ポーランド1部)を退団していたMF泉澤仁(27)の加入を発表した。 泉澤は2014年に阪南大学から大宮アルディージャに入団後、チームの主軸としてプレー。2017年からガンバ大阪でプレーすると、2018シーズン途中から出場機会を求めて期限付き移籍で東京ヴェルディに加わった。 2019年1月にポゴニ・シュチェチン移籍が決まると、4月に途中出場でリーグ戦デビューを飾り、その試合で移籍後初ゴールもマーク。しかし、リーグ戦の出場はその1試合にとどまり5月に退団が発表されていた。 J1では通算70試合に出場し5得点、J2で58試合に出場し10得点、J3では8試合に出場し2得点を記録。リーグカップで18試合出場し2得点、天皇杯では13試合に出場し7得点を記録していた。泉澤はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、泉澤仁です。1日でも早くマリノスのファン、サポーターの皆さんに認めてもらえるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」 2019.06.18 10:56 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース