過去13年のうち残留ラインと言われる勝点34ではダメだった年が何回あるの?! の巻【倉井史也のJリーグ】2018.09.20 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽広島が負けて川崎が大勝したもんだから優勝争いがすんごくおもしろくなりつつあるんですけど、それにも増してハラハラドキドキなのが今年の残留レース。だってみなさん、26試合が終わったところで、・勝点30 湘南(25試合)
・勝点29 横浜FM、鳥栖、柏
・勝点27 G大阪
・勝点24 長崎

▽って、これどんだけやばいのよ。

▽ということで、今週は過去のこの時点の勝点がどうだったか、そして残留ラインはいくつだったかを調べてみましょう。ってことで、26節時点の順位と、最終節で残留するために必要だった勝点(15位の勝ち点ではなく、16位の勝点プラス1または16位よりも得失点差+1)は、

【2005年】
・勝点30 柏、新潟
・勝点29 大分
・勝点28 清水、大宮
・勝点25 東京V
・勝点20 神戸
残留ライン 勝点 36

【2006年】
・勝点30 FC東京
・勝点27 広島
・勝点19 福岡、京都
・勝点18 C大阪
残留ライン 勝点 28

【2007年】
・勝点29 大分、広島
・勝点24 甲府
・勝点21 大宮
・勝点11 横浜FC
残留ライン 勝点 33

【2008年】
・勝点27 千葉
・勝点26 磐田
・勝点17 札幌
残留ライン 勝点 38

【2009年】
・勝点30 大宮
・勝点27 山形
・勝点26 柏
・勝点23 千葉
・勝点14 大分
残留ライン 勝点 35

【2010年】
・勝点30 仙台
・勝点27 大宮
・勝点24 FC東京
・勝点23 神戸
・勝点16 京都、湘南
残留ライン 勝点 37

【2011年】
・勝点29 新潟、大宮
・勝点28 浦和
・勝点24 甲府
・勝点20 山形
・勝点12 福岡
残留ライン 勝点 34

【2012年】
・勝点30 大宮
・勝点28 G大阪
・勝点26 新潟
・勝点10 札幌
残留ライン 勝点 40

【2013年】
・勝点29 甲府
・勝点23 湘南
・勝点19 磐田
・勝点10 大分
残留ライン 勝点 26

【2014年】
・勝点28 甲府
・勝点26 C大阪、仙台
・勝点25 大宮、清水
・勝点12 徳島
残留ライン 勝点 36

【2015年】
・勝点29 甲府、鳥栖
・勝点27 仙台
・勝点25 新潟
・勝点21 松本(25試合)
・勝点20 清水
・勝点18 山形(25試合)
残留ライン 勝点 29

【2016年】
・勝点28 磐田
・勝点27 新潟
・勝点26 甲府
・勝点19 名古屋、湘南
・勝点16 福岡
残留ライン 勝点 30(得失点差-19)

【2017年】
・勝点28 清水
・勝点26 札幌
・勝点23 広島
・勝点21 甲府、大宮
・勝点11 新潟
残留ライン 勝点 33

▽今年の特筆すべき点は最下位のチームがこれまでで最も多い勝点を稼いでいるということ。つまり下剋上は起こりやすいのです。となると、下位のチームも順調に勝ち点を伸ばして……ということになりかねず、残留ラインは上がりそう。

▽ということは2005年のように勝点36が目安か、あるいは2012年のように勝点40を目指さないと残留できないかも。てぇことで、ホームゲームの重みがますます増しているのでした。あ、タイトルの答えは6回。46パーセントも存在してるって、つまり勝点34だったら五分五分ってことですね。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント
関連ニュース
thumb

いよいよゴールデンウィーク突入!! あれ!? の巻/倉井史也のJリーグ

みなさーん、ゴールデンウィークの準備はできてますか〜? え〜? まだ1週間あるだろうって? いやいや、Jリーグのスケジュールをご覧なさい。今週末から連戦がスタートするんですよ。つーか、休みっていつ? ちなみにJ1からJ3、ルヴァンカップからACLまで合わせると、4月22日、25日、29〜30日、5月1〜2日しかありませんからね。ついでに言うと、5月7〜8日はACLとルヴァンカップですから、全然気が抜けないですから!! ってことで、ゴールデンウィークの目標は自分の好きなクラブがどれくらいの順位にいたら優勝できるのかな? ってわかって、そうなるようにサポートすること。これに尽きる!! 尽きるでしょ? 尽きますよね。いや、ずっと仕事だからって、みんなを煽ってるわけじゃないです。つーか、道連れを狙ってるかも。 ともあれ、優勝チームがこのゴールデンウィークが終わったときに何位だったか調べてみましょう。 2005年 優勝チーム G大阪 5月4日10節 11位 2006年 優勝チーム 浦和 5月6・7日12節 2位 2007年 優勝チーム 鹿島 5月6日10節 12位 2008年 優勝チーム 鹿島 5月6日11節 5位 2009年 優勝チーム 鹿島 5月5日10節 2位 2010年 優勝チーム 名古屋 5月5日10節 3位 2011年 優勝チーム 柏 5月7日10節 1位(※震災の影響で3〜5試合の消化) 2012年 優勝チーム 広島 5月6日10節 3位 2013年 優勝チーム 広島 5月6日10節 7位 2014年 優勝チーム G大阪 5月6日12節 15位 2015年 優勝チーム 広島 5月6日10節 3位 2016年 優勝チーム 鹿島 5月8日11節 3位 2017年 優勝チーム 川崎 5月4・5・6・7日10節 6位 2018年 優勝チーム 川崎 5月5・6日13節 5位 つまり震災で試合消化数が少なかった2011年を除くと平均4.6位!! 希望の星なのは2014年のG大阪で15位!! このときのG大阪の勝点って12ですよ。最下位の鳥栖がゴールデンウィーク終わるまでの3試合を全部勝ったら達成しちゃう!! ってことで、やっぱりみなさん、ゴールデンウィークはずっと応援ですな!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.04.19 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

週2回サッカーを見られるってのはうれしいことなんですけど!? の巻/倉井史也のJリーグ

さて、今週はルヴァンカップとかACLとかあった週。つまり週2回の試合が組まれているのです。特にACLで海外に行ってるチームは心配かも!! ってことで、今年のACL出場チームで週2回の戦いに強いチームはどこか! データで出しておきます。 【鹿島】 2月19日 ホーム 4○1 ニューカッスル 2月23日 ホーム 1●2 大分 3月05日 ホーム 2○1 ジョホール 3月09日 ホーム 1○0 湘南 3月12日 アウェイ 2△2 山東 3月17日 アウェイ 3○1 札幌 4月09日 アウェイ 3○2 慶南 4月14日 アウェイ FC東京 【広島】 2月19日 ホーム 0(4PK3)0 チェンライU 2月23日 ホーム 1△1 清水 3月05日 アウェイ 0●2 広州 3月09日 アウェイ 1○0 C大阪 3月12日 ホーム 2○1 メルボルンV 3月17日 ホーム 1○0 松本 4月10日 ホーム 2○0 大邱 4月14日 アウェイ 神戸 【浦和】 3月06日 ホーム 3○0 ブリーラム 3月09日 アウェイ 1○0 松本 3月13日 アウェイ 0△0 北京 3月17日 アウェイ 2○1 C大阪 4月09日 ホーム 0●1 全北 4月14日 アウェイ G大阪 【川崎】 3月06日 アウェイ 0●1 上海 3月10日 アウェイ 2△2 横浜FM 3月13日 ホーム 1○0 シドニーFC 3月17日 ホーム 0●1 G大阪 4月10日 アウェイ 0●1 蔚山 4月14日 アウェイ 鳥栖 ってここまで見ると、川崎が連戦厳しいかも? って感じじゃないですか? Jリーグ連覇してるので他のチームからのマークもきついし。にしてもACLとリーグ戦、ともにアウェイってなかなか大変かも。となると川崎は……あ、でも鳥栖は不調だし、もしかして潮目がここで……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.04.12 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

だいたい金曜日に掲載されるこのコラムが取り上げにくかったデータ!? の巻/倉井史也のJリーグ

ところで去年から金曜日の夜に試合やってるでしょ? あれって結構チームは調整難しいんじゃないかな? って思ったりするんですよ。翌週にACLを控えてるチームが金曜日に試合をすることで移動の時間を稼いだりできるってのはあるんだろうけど、相手チームなんかはリズム狂うんじゃないかなって。 だいたい金曜日に掲載されるこのコラムでは、その日に当たり外れがわかってしまって残りの週末どうすんのよ!! ってことで金曜日の試合のことって取り上げにくかったけど、ここはチャレンジ!! 金曜開催のゲームがどうだったかって調べてみちゃおう。 【2018年】 ・2月23日(金)20:03 観客 1万9633人 ベストアメニティスタジアム 鳥 栖 1-1 神 戸 ・3月2日(金)19:03 観客 2万2475人 等々力陸上競技場 川 崎 1-1 湘 南 ・3月2日(金)19:03 キンチョウスタジアム 観客 1万415人 C大阪 3-3 札 幌 ・3月2日(金)19:33 三協フロンテア柏スタジアム 観客 1万659人 柏 2-0 横浜FM ・3月30日(金)19:33 三協フロンテア柏スタジアム 観客 9642人 柏 2-1 神 戸 ・7月27日(金)19:03 味の素スタジアム 観客 2万3063人 FC東京 0-1 長 崎 ・8月10日(金)19:03 パナソニック スタジアム 吹田 観客 2万4879人 G大阪 2-1 FC東京 ・8月24日(金)19:04 県立カシマサッカースタジアム 観客 1万3575人 鹿 島 1-1 磐 田 ・8月31日(金)19:03 トランスコスモススタジアム長崎 観客 1万1557人 長 崎 1-3 湘 南 ・9月14日(金)19:03 キンチョウスタジアム 観客 1万3112人 C大阪 1-1 磐 田 ・9月14日(金)19:03 県立カシマサッカースタジアム 観客 1万728人 鹿 島 2-1 湘 南 ・9月21日(金)19:33 IAIスタジアム日本平 観客 1万4790人 清 水 1-2 G大阪 ・10月5日(金)19:35 日産スタジアム 観客 1万9124人 横浜FM 2-1 札 幌 ・10月19日(金)19:33 三協フロンテア柏スタジアム 観客 1万1922人 柏 0-1 名古屋 ・11月2日(金)19:03 Shonan BMW スタジアム平塚 観客 1万4354人 湘 南 0-0 清 水 【2019年】 ・2月22日(金)19:33 ヤンマースタジアム長居 観客 4万2221人 C大阪 1-0 神 戸 ・3月1日(金)19:03 等々力陸上競技場 観客 2万3927人 川 崎 1-1 鹿 島 ・3月1日(金)19:03 エディオンスタジアム広島 観客 7741人 広 島 0-0 磐 田 ・3月29日(金)19:33 日産スタジアム 観客 2万688人 横浜FM 0-0 鳥 栖 つーことで、ここまでの結果をまとめると、なんと! ホームチームの勝ちが6試合、アウェイチーム勝ちが4試合、そしてドローが9試合!! これは去年の全306試合のうち、引き分けが69試合、発生率にして約23パーセントに比べるとやたら多い(約47パーセント)!! てことは、金曜日は引き分けに賭けるのが一番確率高いってことですよ!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.04.05 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今週はこんな記録を気にしながら試合を見るってのはどうでしょう!? の巻/倉井史也のJリーグ

日本代表戦が終わって、うーん、やっぱりアジアカップのような真剣勝負に比べるとテストマッチってのは何をどう評価していいのかよくわかんないや。とりあえず安西幸輝と橋本拳人、鈴木武蔵と鎌田大地、代表1キャップおめでとう!! って感じですか? で、Jリーグもまだまだ序盤戦で何がどうしてどうなったって、まだまだ序盤戦ってことなんですけど、その中でもこの選手たちは張り切らなきゃってのがあるんですね。それが今週、記録がかかってる選手たち!! 【西部洋平(清水)】 次節 3月31日 ホーム 湘南戦 J1リーグ通算300試合まであと1試合 J1リーグ初出場(浦和) 2001年3月10日 名古屋戦 直近のJ1リーグ戦出場(清水) 2019年2月23日 広島戦(1分) 前節のJ1リーグ戦(清水) 2019年3月17日 神戸戦(ベンチ外) J1初出場から試合当日まで 6595日 【武藤雄樹(浦和)】 次節 3月30日 ホーム FC東京戦 J1リーグ通算200試合まであと1試合 J1リーグ初出場(仙台) 2011年10月15日 福岡戦 直近のJ1リーグ戦出場(浦和) 2018年11月24日 湘南戦(77分) 前節のJ1リーグ戦(浦和) 2019年3月17日 C大阪戦(ベンチ外) J1初出場から試合当日まで 2723日 【高木俊幸(C大阪)】 次節 3月30日 アウェイ 仙台戦 J1リーグ通算200試合まであと1試合 J1リーグ初出場(清水) 2011年5月3日 広島戦(35分) 直近のJ1リーグ戦出場(C大阪) 2019年3月17日 浦和戦(5分) 前節のJ1リーグ戦(C大阪) 2019年3月17日 浦和戦(5分) J1初出場から試合当日まで 2888日 【川辺駿(広島)】 次節 3月30日 アウェイ 大分戦 J1リーグ通算100試合まであと1試合 J1リーグ初出場(広島) 2013年3月30日 清水戦 直近のJ1リーグ戦出場(広島) 2019年3月17日 松本戦(90分) 前節のJ1リーグ戦(広島) 2019年3月17日 松本戦(90分) J1初出場から試合当日まで 2191日 ってどうですか!! 特に広島の川辺。初出場が3月30日、100試合が3月30日って可能性があるのです。そして清水の西部がリーグ戦に出場したら、通算出場300試合は100位タイ。ちなみにJ1最多出場数は引退した楢崎正剛氏の631試合。2位が遠藤保仁で楢崎氏との差が25試合の606試合だから、もしかしたら今シーズンでトップに躍り出るかもしれませんぞ。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.28 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。 「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」 ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。 2005年 第4節首位 FC東京 優勝チーム G大阪 2006年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 浦和 2007年 第4節首位 名古屋 優勝チーム 鹿島 2008年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 鹿島 2009年 第4節首位 新潟 優勝チーム 鹿島 2010年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 名古屋 2011年 4試合終了時首位 仙台 優勝チーム 柏 2012年 第4節首位 仙台 優勝チーム 広島 2013年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 広島 2014年 第4節首位 鹿島 優勝チーム G大阪 2015年 第4節首位 浦和 優勝チーム 広島 2016年 第4節首位 川崎 優勝チーム 鹿島 2017年 第4節首位 神戸 優勝チーム 川崎 2018年 第4節首位 川崎 優勝チーム 川崎 なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.21 13:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース