名古屋、来季加入内定の東海学園大MF渡邉柊斗を特別指定選手として登録! 同大学FW榎本大輝は認定解除2018.09.13 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは13日、来シーズン加入が内定している東海学園大学のMF渡邉柊斗(21)を特別指定選手としてトップチームに登録することを発表した。背番号は「40」に決定している。▽渡邉は、2017年12月に2019シーズンからの加入が内定。地元の愛知県出身で、東海学園高校から東海学園大学へと進学していた。プレーの特徴について、名古屋は「卓越した技術・広い視野・ボールにかかわり続ける運動量・高い戦術眼を持つ。フリーキックの質もハイレベル」と紹介している。

▽なお、J1クラブのJFA・Jリーグ特別指定選手の人数枠は3名まで。現在名古屋には東海学園大学MF児玉駿斗(19)、早稲田大学MF相馬勇紀(21)、東海学園大学FW榎本大輝(21)の3名が特別指定選手としてプレーしており、今回渡邉は榎本と入れ替えて登録することとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ヒーロー再び…西澤の2戦連続劇的弾で名古屋撃破! 清水、篠田体制移行後リーグ5戦無敗!《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節の名古屋グランパスvs清水エスパルスが22日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で清水が勝利した。 前節の大分トリニータ戦を1-1で引き分けて連敗を「2」でストップしたものの、4試合白星から遠ざかり、この間に順位を2位から5位に落としている名古屋(勝ち点25)。中位陣も徐々に勝ち点を積み重ねており、リーグ戦5試合ぶりの勝利で上位に踏みとどまりたいところだ。そんな中、清水戦に向けては前節から先発メンバーを1人のみ変更。和泉に代えてマテウスを起用した。また、古巣戦となる吉田は左サイドバックで先発している。 一方、篠田善之監督就任以降、リーグ戦では2勝2分けと無敗をキープしている清水(勝ち点16)。前節の横浜F・マリノス戦での劇的逆転勝利で最下位脱出に成功し、残留圏内の15位にまで浮上した。勝利で残留争い脱却の一歩を踏み出したい名古屋戦。横浜FM戦から中村に代えて、前節に決勝ゴールを奪いヒーローとなった西澤を先発のピッチに送り出した。 今節の勝敗次第で順位も大幅に変わる可能性がある一戦。序盤から勢いのある清水が名古屋ゴールに襲い掛かる。6分、竹内のパスに右サイドを抜け出したドウグラスがクロスを送り、中央でフリーになっていた金子が頭で合わせる。しかし、当てきることができず、ボールはゴール左外へと外れてしまう。 いきなりヒヤリとする場面を作られた名古屋はボール支配を高めて攻撃を構築。しかし、最後のところで相手守備陣にはね返されてしまい、シュートまで持ち込むことができない。それでも22分には丸山の鋭い縦パスを受けたジョーがボックス左から左足を振り抜くも、GK西部に正面でキャッチされる。 名古屋にバイタルエリアで自由を与えない清水は、前線の守備からチャンスを迎える。28分、ボックス右外で北川が相手からボールを奪い、中央のドウグラスへ。最後はボックス手前に走り込んだ竹内がミドルシュートを放つが、ここは素早い反応を見せたGKランゲラックに軍配が上がる。 前半終盤、名古屋はほとんどの時間を敵陣で過ごすが、清水も粘り強く対応し、ゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、開始早々、両者に決定機。まずは名古屋が48分、左サイドで米本、マテウス、長谷川、ジョーと細かくつないで清水を翻弄し、ボックス内に走り込んだガブリエル・シャビエルへ。GK西部との一対一を迎え、チップキックでゴールを狙うも、シュートはわずかにクロスバーの上に外れた。 対する清水はその2分後、左サイドでのパスワークから竹内のパスを受けた北川がワンタッチでボックス左へ。走り込んだ松原がゴール前左から左足を振り抜くが、好判断な飛び出しでシュートコースを消したGKランゲラックにブロックされてしまう。 すると時間の経過と共に清水が主導権を握り始める。61分、味方のパスで左サイドを抜け出した松原がファーサイドにクロス。フリーになった北川がダイビングヘッドで合わせるも、GKランゲラックの右手一本で防ぐファインセーブに阻まれてしまう。 それでも清水は68分、右サイドのエウシーニョがスローインからリターンを受けると、ヘナト・アウグストの動き出しを見逃さずボックス右にスルーパス。これをヘナト・アウグストが折り返し、最後はドウグラスがすべり込みながら左足を合わせ、ゴールネットを揺らした。 ブラジル人トリオのコンビネーションから先制点を奪った清水。80分にはファン・ソッコからのボックス内への放り込みをドウグラスが競り勝ち、河井がつぶれると、こぼれ球を六平がボレーシュート。しかし、GKランゲラックの守備範囲に飛んでしまう。 その後、名古屋は猛攻を仕掛けるも最後のところで決めきれず、時間は刻々と過ぎていく。しかし、このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム1分、途中出場の前田が意地のゴールを奪う。ハーフウェイライン付近左からの丸山の放り込みがボックス右に流れ、前田が拾うと、ボックス中央浅い位置までカットインし左足を振り抜く。これがゴール左に突き刺さった。 このゴールで試合は1-1の同点に。しかし、名古屋は歓喜も束の間、前節劇的ゴールで清水を勝利に導いたヒーローが再び決勝ゴールを奪う。アディショナルタイム5分、右サイドでエウシーニョからパスを受けた中村がダイレクトでボックス右手前へ。これを受けた河井がボックス右に侵攻し、中央へラストパスを送ると走り込んだ西澤が右足で合わせゴール左隅へ流し込んだ。 清水が2-1と勝ち越しに成功して試合はそのまま終了。西澤の2試合連続劇的ゴールで勝利した清水が篠田体制初のリーグ戦連勝で5試合無敗を継続した。一方の名古屋は5試合勝利なしとなった。 2019.06.22 21:07 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】上位踏みとどまりか、残留争い脱却への一歩か《名古屋vs清水》

明治安田生命J1リーグ第16節が22日から23日にかけて開催。22日のパロマ瑞穂スタジアムでは、5位・名古屋グランパス(勝ち点25)が15位・清水エスパルス(勝ち点16)をホームに迎える。 ◆上位踏みとどまりへ~名古屋グランパス~ 前節の大分トリニータ戦を1-1で引き分けて、連敗を「2」でストップした名古屋。しかし、4試合白星から遠ざかり、この間に順位も2位から5位に落としている。ただ、大分戦では負傷していたFWジョーが復帰したことでターゲットができ、チャンスを多く創出。風間八宏監督も逆転ゴールが生まれなかったことは嘆くも「あれだけ相手を押し込めて、しっかり中を崩せていたことに関してはチームの成長」と内容の改善に手応えを示している。 今節、迎える相手は昨シーズンのリーグ戦でダブルを喫した清水。シーズンの折り返しが近づき、中位陣も勝ち点を積み重ねている中、5試合ぶりリーグ戦白星で上位に踏みとどまりたいところ。ターンオーバーで臨んだミッドウィークのYBCルヴァンカップ・プレーオフステージのベガルタ仙台戦(2-0で勝利)に続き、勝利を飾れるか。 ◆残留争い脱却への一歩を~清水エスパルス~ 篠田善之監督就任以降、リーグ戦2勝2分けと無敗の清水。徹底した対策から相手の良さを消すサッカーで復調を遂げようとしている。前節の横浜F・マリノス戦では、後半開始からのシステム変更、ルーキーFW西澤健太の投入などが嵌ると、相手選手の退場も重なり、終盤の2ゴールで劇的逆転勝利。順位も最下位から残留圏内の15位にまで浮上し、ムードも高まっている。 ただ、篠田体制に以降後、クリーンシートは一度もなく、公式戦5試合9失点という数字は気になるところ。特に今節の相手は得点数リーグ3位の名古屋。最近でこそ鳴りを潜めているものの、チャンスは多く創り出しているだけに修正したい。清水はミッドウィークに試合がなく、万全の状態で名古屋戦を迎える。前節の大きな勝利を無駄にせず、無敗継続で残留争い脱却への一歩を踏み出せるか。 【予想&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190622_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:ガブリエル・シャビエル、米本拓司、ジョアン・シミッチ、和泉竜司 FW:長谷川アーリアジャスール、ジョー 監督:風間八宏<hr>大分戦からの変更点はなし。前節移籍後初ゴールを記録したDF宮原和也は右サイドバックに。逆サイドのDF吉田豊は古巣戦を迎える。トゥーロン国際大会で輝きを放ったFW相馬はベンチスタートか。 ◆清水エスパルス[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190622_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:西部洋平 DF:エウシーニョ、ファン・ソッコ、二見宏志、松原后 MF:ヘナト・アウグスト、竹内涼 MF:金子翔太、北川航也、中村慶太 FW:ドウグラス 監督:篠田善之<hr>前節ヒーローに輝いた西澤の先発の可能性もあるが、横浜FM戦同様の先発メンバーを予想。風間八宏監督と川崎フロンターレ時代に師弟関係にあったGK西部洋平、DFエウシーニョは恩師の前で躍動なるか。DF立田悠悟はコパ・アメリカに参戦中。 【注目選手】 ジョー(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190622_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>上位踏みとどまりへのカギを握るのはジョーだ。前節、3試合ぶりに復帰を果たすとポストプレーで相手の脅威となり、自身の不在時に停滞していた攻撃陣を活性化。負傷明けながら調子の良さを見せた。しかし、惜しくも自身にゴールは生まれず。今節は自身のゴールで1カ月半ぶりの勝利に導きたい。 北川航也(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190622_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、清水の注目選手はFW北川航也だ。今シーズン、ここまで5ゴールを記録している若きエースは篠田監督就任以降、トップ下での起用が増加。スコアラーとしてだけでなく、攻守としてキーとなるタスクを任されている。昨シーズンの名古屋とのリーグ戦では2試合2ゴール。前節の横浜FM戦では、同級生の西澤が活躍しているだけに負けてられない。 ◆順位が大幅に変化する可能性を持つ重要な一戦 リーグ戦5試合ぶり白星を目指す名古屋と、5試合無敗となる連勝を飾りたい清水。順位では名古屋が上をいくものの、勢いは清水にある状況だ。 名古屋は上位踏みとどまりへ、清水は残留争い脱却に向けて今節は、是が非でも勝利が欲しいところ。名古屋は勝利すれば、最大で2位浮上。敗れれば、8位転落の可能性もある。一方の清水は勝利すれば最大で11位浮上。敗れれば最下位に逆戻りの可能位も…。今節の勝敗が今後に向けて、より重要なものになる。名古屋vs清水の一戦は、22日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">上位踏みとどまりか、残留争い脱却への一歩か<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.06.22 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

大会無敗の仙台に名古屋が2発完勝! G大阪、札幌、FC東京が先勝! 《YBCルヴァンカップ》

2019JリーグYBCルヴァンカップのプレーオフステージ第一戦が19日に各地で開催された。 グループDを3勝3敗の2位で通過したジュビロ磐田が、グループAを2勝3分け1敗で首位通過した北海道コンサドーレ札幌をヤマハスタジアムに迎えた。 前半は劣勢だった札幌は48分、藤村のスルーパスに抜け出したアンデルソン・ロペスがボックス右でGK三浦に倒されてPKのチャンスを獲得。これを自ら決めて先制に成功する。 その後、57分にロドリゲスの豪快弾を許した札幌だったが85分、進藤のフィードに抜け出したルーカス・フェルナンデスがボックス右外からクロスを送ると、ゴール前のアンデルソン・ロペスが左足で押し込んで勝ち越しに成功。2-1で勝利した札幌はノックアウトステージ進出へ前進した。<hr> グループCを2勝1分け3敗の2位で通過した名古屋グランパスと、グループBを3勝3分けの無敗で首位突破したベガルタ仙台がパロマ瑞穂スタジアムで対峙した。 試合のイニシアチブを握る名古屋は17分、マテウスがボックス手前までボールを運び、杉森を経由してボックス右の前田へボールが渡る。その前田がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドの赤崎が押し込んで先制に成功する。 名古屋はその後もポゼッションを高めると72分、前田とのワンツーから小林がボックス右へクロス。マテウスが倒れこみながらダイレクトで放ったボレーシュートをは、GKシュミット・ダニエルに弾かれたながらもゴールに吸い込まれた。2-0で快勝した名古屋がノックアウトステージ進出へアドバンテージを得た。<hr> グループBを3勝2分け1敗の2位で通過したFC東京と、3勝2分け1敗でグループCを首位通過したセレッソ大阪が味の素スタジアムで激突した。 ホームの歓声を受けるFC東京は43分、敵陣右サイド深くから送ったナ・サンホのクロスがボックス左外へ流れる。ボールを拾った東が折り返すと、ゴール前の永井のヘディングシュートが決まり先制に成功する。 追加点を狙いに行くFC東京だったが、56分の永井のシュートはGK圍の好セーブに阻まれる。さらに、90分にはディエゴ・オリヴェイラが圍との一対一の局面を迎えたが、ジャストミートすることはできず。追加点を奪うことはできなかったFC東京だが、ノックアウトステージ進出へ向けてホームで先勝した。<hr> グループAを2勝2分け2敗の2位で突破を決めたV・ファーレン長崎が、グループDを3勝2分け1敗で首位通過を決めたガンバ大阪とトランスコスモススタジアム長崎で対戦した。 ペースを握るアウェイのガンバ大阪は31分、敵陣右サイドの深い位置でボールを受けたオ・ジェソクがクロス。これは長崎DFに処理されたが、こぼれ球を拾った田中が右足を振り抜きゴール右へ突き刺した。 勢いに乗るG大阪は54分、ボックス右を個人技で打開したアデミウソンのマイナスの折り返しに、ニアサイドに走り込んだ倉田が合わせて追加点を奪う。その4分後には、2点目をお膳立てしたアデミウソンが米倉のクロスを胸で合わせて3点目を奪った。 G大阪の勢いは止まらない。82分、藤本がボックス左からクロスを供給。ファーサイドの米倉が折り返し、最後は中村が押し込んで4点目を奪った。90分に大本の一発を浴びたG大阪だったが、アウェイで大勝を収め、ノックアウトステージ進出に大きく近づいた。<hr> ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 北海道コンサドーレ札幌</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">名古屋グランパス 2</span>-0 ベガルタ仙台 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京 1</span>-0 セレッソ大阪 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ガンバ大阪</span> なお、リターンレグは26日(水)にそれぞれ行われる。 2019.06.19 22:31 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋のU-20日本代表DF菅原由勢、蘭1部AZへ! 単年レンタルが決定

AZは18日、名古屋グランパスに所属するU-20日本代表DF菅原由勢(18)のレンタル加入合意を正式発表した。加入期間は1年間。菅原は20日に現地入りした後、翌21日にメディカルを受ける見通しだ。 世代別代表歴を持つ菅原は名古屋下部組織出身で、2018シーズンに2種登録選手としてトップチームデビュー。同年4月にチーム史上最年少の17歳10カ月の若さでプロA契約を結び、最終的に明治安田生命J1リーグ13試合に出場した。 今シーズンはJ1リーグこそ出番がなかったが、5月にポーランドで行われたU-20ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーに選出。全4試合でフル出場を果たして、ベスト16入りに貢献した。海外移籍を受け、次のようにコメントしている。 「このたび、AZアルクマールという歴史あるクラブに期限付き移籍することとなりました。アンダー世代ですがワールドカップという舞台を2度経験した際に"世界で闘いたい、活躍したい"という気持ちが芽生えました」 「今回お話をいただき、そのチャンスだと思いました。世界中の選手と真剣に闘うことの楽しさ、激しさ、厳しさは僕の中で常に刺激となるものでした。そして僕自身が選手として、人としての殻を破り、成長するには日本を出て世界に行かなければいけないと強く思いました」 「僕は名古屋グランパスのアカデミー出身選手です。風間監督をはじめ7年間で多くの方々と出会いご指導いただき、本当にこの名古屋グランパス、グランパスアカデミーで育ていただき感謝しています。だからこそアカデミーの選手もここまで出来るぞ、ここまで来れるんだぞと、グランパスアカデミーの存在価値を示さなければいけませんし、僕にはその責務があります」 「そして世界一のファミリーの皆さん。シーズン途中にチームを離れるご報告になってしまい、申し訳ございません。また、このタイミングで今回のチャレンジを理解してくれたクラブにも感謝しています」 「いつもどこからでも熱い声援を本当にありがとうございました。僕の夢はこのクラブでリーグ優勝をすること、日本一のクラブにすること、そしてこのクラブで引退することです。その為にもこのチャレンジを応援いただき見守ってください。僕は必ずグランパスにこの恩をお返ししたいと思います」 「僕はこのクラブを心から愛しています。しっかりとファミリーの皆さんにいい報告が出来るように頑張ります。行ってきます!!」 2度のエールディビジ優勝を誇るAZは、1967年創設のオランダ西部に位置するクラブ。昨シーズンはアヤックス、PSV、フェイエノールトに次ぐリーグ4位に入り、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得している。 2019.06.18 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪、カタールW杯、そしてその先に向け…FW相馬勇紀「個人では絶対に負けないものにしたい」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 初の世代別代表への参加となったFW相馬勇紀(名古屋グランパス)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。来年に迫る東京オリンピックに向けて所属クラブでの活躍を第一目標に掲げた。そして、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)、その先のサッカー人生に向けて個の力を鍛えていくと強く主張した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW相馬勇紀(名古屋グランパス) ──大会を振り返って 「まあ優勝したかったですね。悔しいです」 ──決勝戦ではブラジルとPK戦までもつれ込んで敗戦。どこに差を感じたか 「(120分では)引き分けということで、ブラジルが(ボールを)持つ時間もありましたけど、そこまで多くの決定機を作られた訳ではありません。逆に日本もそれを決めていたら勝っていたなというシーンがあった訳ではないので、そこ(のシーン)をもっと作らなくてはいけないです。守備のところはそれを続けていかなくてはいけないなと思います」 ──ただ準優勝。実りの多い大会でもあったと思うが 「僕は初めての代表だったので、個人としてどれだけやるかというところで、相手がブラジルでもメキシコでもどことやったとしても、僕が思っていることは、目の前の一対一で負けたくないということがあります。そこを体現したという感じですね」 ──東京五輪まで1年を切り、競争もラストスパートに入るが 「まず所属クラブでの活躍が必須になります。僕はまだ名古屋でなかなかスタメンで出ることができていないので、そこが第一です。それと、今回の大会で思ったことは、日本のグループとして戦えるというところは、やはり世界でも通用するということです。ただ、それと共に、最後のところは、個人のところで相手をドリブルで抜いたり、シュートをしっかりと決めきるだとかそういうところだなと」 「結局、メキシコ戦も僕のこぼれ球のところや(小川)航基が決めたところみたいに、ああいう少ないチャンスをしっかりと決めたから、今回のような結果になったと思います。個人のところでは、1年間通してというか、オリンピックもそうですし、それを通過点としたカタール・ワールドカップもそうですけど、サッカーを続けていく上で、個人のところは絶対に負けないものにしたいです」 2019.06.17 21:21 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース