ノバク・ジョコビッチが愛するレッドスターのCL出場に歓喜2018.08.30 20:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ第2節のザルツブルク戦で勝利したレッドスター・ベオグラード。世界的プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチが、CL出場を祝った。▽レッドスターは、アウェイでの2ndレグに臨んだ。試合は、2-0とザルツブルクがリードしたものの、ベン・ナブアヌの2ゴールで2-2のドロー。2戦合計2-2となったものの、アウェイゴールの差でレッドスターが本戦出場を決めた。

▽1990-91シーズンに、CLの前身であるUEFAチャンピオンズカップを制しているレッドスター。国内リーグの優勝など成績を残していたものの、チャンピオンズリーグに名称が変更されてからは出場はなし。さらに、過去6度予選に出場し、5度は本戦まであと一歩のところで敗退となっており、苦杯を嘗め続けていた。

▽1991-92シーズン以来となる、27シーズンぶりに出場となったレッドスター。ズヴェズダシュ(レッドスターサポーター)として知られるジョコビッチが自身のツイッター(@DjokerNole)を更新。「ブラーボ!」と喜びを爆発!「チャンピオンズリーグのグループステージへの歴史的な進出を祝いたい」と初のCL出場を喜んだ。

▽なお、今シーズンのCLグループステージ組み合わせ抽選会は、30日の25時から行われる。
コメント
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナ、U-21セルビア代表DFテルジッチを獲得

フィオレンティーナは13日、ツルヴェナ・ズヴェズダからU-21セルビア代表DFアレクサ・テルジッチ(19)を獲得したことを発表した。 ツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身である左サイドバックのテルジッチは、2018年1月にグラフィチャル・ベオグラードにレンタルで移籍し、公式戦10試合に出場。今季はツルヴェナ・ズヴェズダに復帰し、リーグ戦2試合に出場した。 アンダー世代の代表では飛び級でU-21セルビア代表に招集され、今月行われるU-21欧州選手権のメンバーに選出されている。 2019.06.14 03:41 Fri
twitterfacebook
thumb

今季セリエAで8発のローマDFコラロフ、古巣への復帰を検討か

ローマに所属するセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(33)が古巣に復帰する可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 新シーズンに向け、ローマは選手、チームスタッフの全員と編成の見直しを敢行。その中で、コラロフは将来を検討し始めたという。 コラロフはローマと2020年6月まで契約を結んでいるものの、現時点で契約延長に関しては話がなく、この先も可能性は低いと見られている。そこで、今夏の移籍市場で古巣へと復帰するプランがあるようだ。 コラロフの行き先として名前が挙がっているのは、下部組織時代を過ごしたツルヴェナ・ズヴェズダ。U-19チームまでは所属していたものの、トップチームへ昇格することなくチュカリチュキ、OFKベオグラード、ラツィオ、マンチェスター・シティと渡り歩き、ローマへと移籍。復帰となれば、初めてトップチームでプレーすることになる。 ツルヴェナ・ズヴェズダのディレクターを務めるズヴェズダン・テルジッチ氏は「アレクサンダルのドアは常に開いている。彼がここへ戻って来ることが私の願いだ」とイタリア『Tele Radio Stereo』でコメント。古巣復帰への支障はなさそうだ。 元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの退団も発表され、その他にも選手がチームを去る可能性があるローマ。今シーズンはセリエAで33試合に出場し8ゴール1アシストと活躍したコラロフもチームを去る可能性が高まっている。 2019.05.29 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表MFマリンがツルヴェナ・ズヴェズダとバースデー契約延長「最も美しい贈り物」

ツルヴェナ・ズヴェズダは13日、元ドイツ代表MFマルコ・マリン(30)との契約延長を発表した。契約期間は2021年までとなる。 契約延長が発表された13日は、マリンの30歳の誕生日であり、大きなプレゼントとなった。 マリンは今回の契約延長に関して「この方法は、誕生日のお祝いとしては良いものだ。僕は本当に幸せだ」と喜びのコメント。「契約延長のプレゼントは、最も美しい贈り物の一つだ。僕はこのまま成功を続けたい」とコメントした。 今シーズンのツルヴェナ・ズヴェズダはセルビア・スーペルリーガで現在首位。また、カップ戦も準々決勝まで勝ち上がっており、「2つのタイトルを獲得する」と意気込みも語っている。 また、チームに関しては「最初から家にいるように感じる。チームメイト、ファン、クラブの人々、みんなが僕を驚くほど受け入れてくれ、僕はとどまることを決めた」と契約延長の理由をコメントした。 マリンは、フランクフルトやボルシアMGの下部組織で育ち、2007年7月にボルシアMGのトップチームに昇格。2009年7月にはブレーメンへと移籍した。 ボルシアMG、ブレーメンと主力として結果を残すと、2012年7月にはチェルシーへと移籍。しかし、故障がちで出場機会が限られていた。 チェルシー在籍時には、セビージャ、フィオレンティーナ、アンデルレヒト、トラブゾンスポルとレンタル移籍で様々なクラブを転々とし、2016年8月にオリンピアコスへと完全移籍。ツルヴェナ・ズヴェズダには2018年8月に加入していた。 ツルヴェナ・ズヴェズダでは、今シーズンのセルビア・スーペルリーガで14試合に出場し4ゴール5アシストを記録。クラブ初となるチャンピオンズリーグ(チャンピオンズカップ時代を含まない)では、5試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2019.03.14 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団から半年…豪州代表DFデゲネクが中東移籍

アル・ヒラル(サウジアラビア)は13日、ツルヴェナ・ズヴェズダに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)の加入を正式発表した。契約期間は3年半。オーストラリア代表の一員として参戦中のアジアカップ終了後に合流する。 シュツットガルト下部組織育ちのデゲネクは2013年にシュツットガルトIIでプロデビュー。その後、1860ミュンヘン、横浜F・マリノスを渡り歩き、2018年夏にルーツのあるセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダに活躍の場を移した。 その今シーズンはツルヴェナ・ズヴェズダの一員として国内リーグ20試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)にも6試合の出場数を記録した。 2019.01.13 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

AEKアテネ、ツルヴェナ・ズヴェズダからセルビア代表MFクルスティチッチを獲得

AEKアテネは4日、ツルヴェナ・ズヴェズダからセルビア代表MFネナド・クルスティチッチ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年夏まで。背番号は「6」に決定している。 OFKベオグラード、サンプドリア、ボローニャでのプレー経験を持つクルスティチッチは、2017年8月にアラベスからツルヴェナ・ズヴェズダに完全移籍。今シーズンはここまで公式戦27試合2ゴール3アシストを記録していた。 2019.01.05 19:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース