磐田の黄金期を支えた元日本代表MF福西崇史が南葛SCで10年ぶりに現役復帰

2018.08.22 19:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽南葛SCは22日、元日本代表MF福西崇史(41)が現役復帰し、入団することを発表した。

▽福西氏は愛媛県新居浜市出身で、新居浜工業高校から1995年にジュビロ磐田へ入団。FW登録だったところ、ハンス・オフト監督にボランチへとコンバート。同時期に所属していた元ブラジル代表MFドゥンガ氏の指導を受けて成長し、対人プレーの強さなどの特徴を発揮。磐田の黄金期を支えた。2007年にFC東京へと移籍すると、2008年には東京ヴェルディへと移籍。同年で現役を引退した。

▽J1通算349試合出場62得点、リーグカップ通算57試合出場4得点、天皇杯通算26試合出場4得点、ACL通算6試合出場1得点を記録。また、Jリーグベストイレブンに1999年、2001年、2002年、2003年の4度選ばれていた。
▽また、日本代表としても活躍し、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会と2度のワールドカップに出場。国際Aマッチ64試合に出場し7得点を記録していた。引退後はサッカー解説者として活躍していた。

▽南葛SCで現役復帰を果たす福西はクラブを通じてコメント。復帰への意気込みを語るとともに、自身の将来像を明かした。

「このたび、現役復帰し、南葛SCの一員としてプレーすることになりました」

「このような形での現役復帰を決断したのにはいくつかの理由があります。まずは、南葛SCに深く関わられている高橋陽一先生から熱烈なオファーをいただいたこと。多くのサッカー選手と同じく、『キャプテン翼』を読んでサッカーにハマった自分としては、“リアル南葛SC”でプレーできるということが、本当にうれしいです。加えて、Jリーグを本気で目指している南葛SCのプロジェクトにも賛同させてもらい、自分の力が少しでも役に立てるならばと感じました」

「また、近い将来、Jリーグの監督として指揮を取ることを目指している自分としては、違うカテゴリーとはいえ、現場の空気を吸い、真剣勝負の場に身を置くことは大きなプラスになると考えています」

「10年ぶりのピッチ復帰ということで、もちろん、当時のようにはプレーできませんが、やるからにはチームの役に立てるよう、しっかりと身体を作って臨むつもりです。南葛SCが関東リーグ昇格という目標を果たせるように全力で取り組みたいと思います」

▽南葛SCは、東京都社会人サッカーリーグ1部に所属。漫画『キャプテン翼』の作者である高橋陽一氏が後援会会長を務めている。


関連ニュース
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡、移籍1年目の平塚悠知と契約更新

アビスパ福岡は26日、MF平塚悠知(26)との契約更新を発表した。 平塚は札幌大学、水戸ホーリーホックを経て、今季途中から福岡でプレー。自身初の明治安田生命J1リーグで4試合1得点を記録するなど、公式戦6試合でプレーした。 2022.11.26 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

来季J2の藤枝、杉本拓也の退団発表…今季は入団5年目にして出場なしに

藤枝MYFCは26日、GK杉本拓也(32)との契約満了を発表した。 杉本は日本大学、ガイナーレ鳥取を経て、2018年に藤枝入り。地元凱旋となり、昨季まで守護神を務めたが、今季はチームが明治安田生命J3リーグ2位でJ2昇格を決めたなか、出場ゼロだった。退団を受け、クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「2022シーズンを持ちまして契約満了になりました。藤枝MYFC関わる皆様、J2昇格おめでとうございます。これからの藤枝MYFCのご活躍をお祈り申し上げます」 2022.11.26 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、高卒3年目の吉田晃と契約満了…修行先のJFL岡崎からも退団

名古屋グランパスは26日、DF吉田晃(21)の契約満了を発表した。 吉田は2020年に九州国際大付属高校から名古屋入りしたが、出番を得られず、今年途中から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍。岡崎でも1試合の出場に終わった。 修行先の岡崎からも契約満了が発表され、フリーの吉田。名古屋を通じては悔しさを滲ませつつ、感謝の言葉を綴った。 「今シーズン限りで名古屋グランパスを離れることになりました。3年間でなかなか試合に絡めず、プレーするところを見せることができず悔しかったです。試合に出られなくても学ぶことが多く、貴重な経験をさせてもらうことができました。名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、3年間本当にありがとうございました!」 2022.11.26 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉MF熊谷アンドリューが契約更新 「全ての人が笑顔になれるよう全力でプレー」

ジェフユナイテッド千葉は26日、MF熊谷アンドリュー(29)との契約を更新した旨を発表した。 かつて横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ツエーゲン金沢でもプレーした熊谷は2017年に千葉入り。同年のシーズン終了後に完全移籍移行してからは千葉一筋でプレーし、2020年に主将も託された。 そして、千葉移籍6年目の今季も明治安田生命J2リーグ29試合に出場して1ゴール。今回の契約更新で7年目を迎えることが決まり、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉の一員として共に戦えることを本当に嬉しく思います。サポーターの方たちがどんな状況でも諦めずに戦い続けている中、ここで挑戦をやめることは出来ません。短い選手生命だからこそ、誰に何を言われようが自分の選んだ道を信じて、チームを支えてくださっている全ての人が笑顔になれるよう全力でプレーします。来シーズンも1年間よろしくお願いします」 2022.11.26 16:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly