W杯でロシアの10番背負ったFWスモロフがロコモティフ・モスクワに加入!2018.08.09 20:54 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロコモティフ・モスクワは9日、FCクラスノダールからロシア代表FWフョードル・スモロフ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの4年となる。

▽なおフランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は900万ユーロ(約11億6000万円)になったようだ。

▽ディナモ・モスクワでプロキャリアをスタートしたスモロフは、フェイエノールトやアンジ・マハチカラ、ウラルへのレンタル移籍を経て2015年にクラスノダールに完全移籍。

▽すると、この移籍をキッカケに突如ゴールスコアラーとしての才能を開花したスモロフは2015-16シーズンに20ゴール、2016-17シーズンに18ゴールを挙げる活躍をみせ、2シーズン連続でロシア・プレミアリーグ得点王に輝いた。昨季はシーズン序盤にケガで出遅れた影響で3年連続得点王を逃すも、最終的に14ゴールを記録していた。

▽また、2012年にデビューしたロシア代表では37試合に出場し12ゴールを記録。自国開催となったロシア・ワールドカップでは背番号10を背負い全試合に出場。得点こそなかったものの、チームのベスト8進出に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

長友佑都の起用は? ガラタサライ指揮官「誰が出るかはユウト含め明日決めるが…」

▽ガラタサライを率いるファティー・テリム監督が、日本代表DF長友佑都のロコモティフ・モスクワ戦での起用について言及した。クラブ公式サイトが前日会見の内容を伝えている。 ▽長友は、10月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャルケ戦(0-0のドロー)に左サイドバックで先発したが、82分に呼吸困難でピッチに倒れ込み、そのまま交代した。その後の検査で肺気胸と診断され、手術を経て、復帰を待っていた。 ▽そんな中、長友は23日に行われたトルコ・スーパーリーグ第13節のコンヤンスポル戦でベンチ入り。出場はなかったが、完全復帰への期待が高まった。 ▽ガラタサライは、28日に迎えるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節でロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨む。前日会見に出席した長友は、「とても良い状態にある。プレーすることも問題ない」と自身の状態について説明。一方、共に出席したテリム監督は、同一戦での起用について慎重な姿勢を見せている。 「誰が出るかはユウトを含めて明日決める。もしかしたら出ないかもしれない。チームドクターとユウトの担当医にも『寒さだけには注意が必要だ』と言われている。そのため、慎重になる必要がある」 2018.11.28 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、肺気胸から復帰なるか…CLロコモティフ戦前日会見で「とても良い状態」

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、復帰への意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽長友は、10月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャルケ戦(0-0のドロー)に左サイドバックで先発したが、82分に呼吸困難でピッチに倒れ込み、そのまま交代した。その後の検査で肺気胸と診断され、手術を経て、復帰を待っていた。 ▽そんな中、長友は23日に行われたトルコ・スーパーリーグ第13節のコンヤンスポル戦でベンチ入り。出場はなかったが、完全復帰への期待が高まった。 ▽ガラタサライは、28日に迎えるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節でロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨む。長友は同試合の前日会見に出席。療養期間に支えてくれたチームに感謝を告げ、現在プレーするのに問題ない状態であることを明かしている。 「皆さんがご存知の通り、僕はシャルケ戦の後、僕は問題を抱えていました。チームドクターはまっすぐに病院へ行くように言ってきました。もし行かなければ、命の危険さえあると。僕は彼やチームメイトに感謝しています。ファティー・テリム監督もチームメイトも病院で僕を独りにしませんでした。常に彼らは僕のそばにいてくれました。とても感謝しています。今僕はとても良い状態にあります。4バックに入ってプレーすることも問題ないと思います」 2018.11.28 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケ、終盤のマッキーニー弾でロコモティフに競り勝つ《CL》

▽シャルケは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽初戦のポルト戦では不運なPK2本で1-1の引き分けスタートとなったシャルケは、ブンデスリーガでは直近のマインツ戦を1-0と辛勝して開幕からの連敗を5で止めた。そのシャルケはマインツ戦のスタメンから6選手を変更。ナウドやエンボロ、ルディにウートらが先発に戻った。 ▽初戦のガラタサライ戦を0-3と完敗したロコモティフに対し、3トップに右からウート、エンボロ、コノプリャンカと並べる[3-4-3]で臨んだシャルケは、慎重な立ち上がりを見せる。 ▽相手にポゼッションを渡し、自陣で構えて守備のバランスを崩さない。しかし27分にピンチ。S・サネのクリアが甘くなってゴール正面のバリノフに決定的なシュートを打たれたが、GKフェールマンが好守で凌いだ。前半半ば以降も守勢に回ったシャルケはロコモティフの攻撃を自陣で凌ぎ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半から前がかったシャルケがボールを保持する時間を増やしていくも、前半同様互いにシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽膠着状態が続く中、71分にようやくシャルケがゴールに迫る。ウートがボックス左に侵入してGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽終盤にかけても膠着していた中、85分にウートがミドルシュートでゴールに迫ったシャルケは、88分に待望のゴールを奪った。コノプリャンカの右CKからマッキーニーがヘディングシュートで流し込んだ。これが決勝点となってシャルケが勝利。勝ち点を4に積み上げている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.04 03:48 Thu
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライがホームで3発完勝スタート! シャルケvsポルトはドロー決着…《CL》

▽日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でロコモティフ・モスクワと対戦し、3-0で勝利した。長友はフル出場を果たしている。 ▽3大会ぶりのCL出場となるトルコ王者のガラタサライは、3トップにアクババ、デルディヨク、ガリー・ロドリゲスを並べた[4-3-3]の布陣を採用。長友は左サイドバックで先発に名を連ねている。 ▽一方、14大会ぶりの出場となるロシア王者のロコモティフ・モスクワは、ファルファンを最前線に置いた[5-4-1]の布陣で試合に臨んだ。 ▽試合は早い時間にホームチームが動かす。9分、バイタルエリア左でボールを受けたG・ロドリゲスがカットインから右足を振り抜くと、グラウンダーの強烈なシュートが相手GKの手を弾き飛ばしゴールネットに突き刺さった。 ▽先制を許したロコモティフの反撃は21分、ボックス左から侵入したマヌエル・フェルナンデスの縦パスに反応したアレクセイ・ミランチュクの折り返しをファルファンがダイビングヘッドで狙ったが、これはGKムスレラがセーブ。 ▽さらに29分には、左CKのこぼれ球をデニソフが繋ぎクビルクベリアがダイレクトシュート。しかし、これはゴール前のフェルナンドが頭でクリアした。 ▽迎えた後半は一進一退の展開が続いたが、再びホームチームがスコアを動かす。66分、ボックス左手前でアクババがM・フェルナンデスに倒されFKを獲得。このFKをデルディヨクが直接ゴール左隅に突き刺し、待望の追加点を奪った。 ▽リードを広げたガラタサライは、87分にエンディアイエがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利になるも攻め続けるガラタサライは、後半アディショナルタイム4分にボックス内でアクババがGKギリョルメに倒され、PKを獲得。これを途中出場のイナンが確実に沈め、勝負あり。ガラタサライが3大会ぶりのCL初戦を完勝で飾った。 ▽また、同日に行われたグループD第1節のシャルケvsポルトは、1-1の引き分けに終わった。この試合、先にチャンスを迎えたのはポルトだった。12分、アレックス・テレスのロングスローがナウドのハンドを誘発しPKを獲得。しかし、A・テレスのPKは読み勝ったGKフェールマンがファインセーブ。 ▽ゴールレスで迎えた後半、シャルケが自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。64分、セルダーのロングパスに抜け出したマッキーニーがボックス右手前からクロスを供給。これを逆サイドでフリーのエンボロが冷静に飛び出したGKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したポルトだが74分、ボックス内でボールを受けたマレガがナウドに倒され、この試合2度目のPKを獲得。このPKはオタビオがゴール右隅に沈めた。 ▽その後も両チーム最後までゴールを目指したが、スコアは動かず、試合は0-0で終了した。痛恨のPKで勝利を逃したシャルケは10月3日のグループD第2節でロコモティフとのアウェイ戦に臨み、ポルトはガラタサライをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫の元相棒、ロシア王者移籍か

▽ロコモティフ・モスクワが、天津権健所属のフランス人FWアントニー・モデスト(30)の獲得に動くようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽ロコモティフ・モスクワは昨シーズン、14年ぶりのリーグ優勝を果たし、2004年以来となるチャンピオンズリーグ出場を決めた。現在はそのための戦力強化を計っているようで、欧州での実績もあるモデストに白羽の矢が立ったようだ。 ▽2007年にニースでプロデビューしたモデストは、ボルドーやバスティアへの移籍を経て、2013年にホッフェンハイムに移籍しドイツに活躍の場を移した。2015年に加入したケルンでは日本代表FW大迫勇也の相棒として、加入初年度はリーグ戦34試合で15ゴール、2016-17シーズンは、ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤン(31ゴール)、バイエルンFWロベルト・レバンドフスキ(30ゴール)に続く25ゴールをマークし、チームを5位躍進に導くと共に25年ぶりのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。そのシーズン終了後に中国の天津権健に3500万ユーロ(当時のレートで約45億2000万円)の移籍金で引き抜かれていた。 ▽『レキップ』によれば、天津権健との契約を2020年12月まで残しているモデストだが、本人は1年ぶりの欧州復帰に前向きな姿勢を見せているという。 2018.08.08 14:31 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース