カンセロ、ミランを口撃「大金を投じたけど順位はどう?」2018.06.14 19:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンにインテルで活躍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが、イタリア『トゥットスポルト』のインタビューに応じた。インテルへの完全移籍についてやライバルについて話している。▽バレンシアからのレンタルでインテルの一員となったカンセロは、シーズン途中からチームに欠かせない選手となった。だが、完全移籍に必要な資金がインテルにはなく、将来のことは不透明になっている。

▽インテル移籍が決まらなかったことについてカンセロは、「残念だ」とコメント。「ルチアーノ・スパレッティ監督とは衝突することもあったけど、彼にたくさんのことを教えてもらった」と語っている。

▽そして、チャンピオンズリーグ出場権を手にしたインテルと、ヨーロッパリーグに出るミランにも触れている。

「ミランが6連敗しても何も言われないけど、インテルが2連敗するとみんなが騒ぎ立てる。僕たちはみんなを黙らせた。移籍市場に2億ユーロ以上注ぎ込んでおいて順位はどうだい? ヨーロッパリーグさ。インテルは昨年夏、2,3人加えただけでチャンピオンズリーグへ行くことになったよ」

▽カンセロは自身の将来について、「まだどこからもちゃんとしたオファーはきていない」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

ハンダノビッチ躍動のインテルが辛勝で4位死守! 2季連続のCL出場権獲得! エンポリは1シーズンで降格《セリエA》

インテルは26日、セリエA最終節でエンポリをホームに迎え、2-1で辛勝し、2年連続チャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。 前節ナポリ戦を完敗し、CL出場圏内ぎりぎりの4位に後退したインテルは、5位ミランに1ポイント差に迫られた。それでも、勝利すれば2年連続でのCL出場が決まる中、イカルディを最前線で起用した。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位エンポリに対し、4分にナインゴランがミドルシュートでオンターゲットを記録したインテルが良い入りを見せる。 10分にはペリシッチが左足ミドルで再び枠内シュートをマークするも、GKドラゴウスキの好守に阻まれた。その後もヴェシーノのヒールシュートでゴールに迫ったインテルがエンポリを圧倒すると、22分にはボックス中央のイカルディが反転から際どいシュートを浴びせた。 さらに27分、ブロゾビッチのミドルシュートがGKを強襲すると、直後のCKからデ・フライのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここもGKドラゴウスキのファインセーブに阻まれた。 すると31分にはピンチ。カプートにボックス右へ抜け出され決定的なシュートを許した。だが、GKハンダノビッチがファインセーブで凌いだ。 ひやりとしたインテルはナインゴランのボレーシュートでエンポリを牽制すると、43分にはアサモアが強烈なミドルシュートを浴びせるも、ここもGKドラゴウスキのファインセーブに阻止され、前半をゴールレスで終えた。 他会場の結果によりこのままでは5位転落となるインテルは迎えた後半、アサモアに代えてケイタを投入。 するとそのケイタが先制ゴールをこじ開ける。中央でパスを受けたケイタがボックス手前から右足を一閃。ゴール左隅にシュートをねじ込んだ。 待望のゴールを挙げたインテルは58分、バックパスをカットしたイカルディがボックス内でGKに倒されてPKを獲得。 しかし、キッカーのイカルディが枠の右に蹴ったシュートはGKドラゴウスキにセーブされ、追加点を奪い損なってしまった。 すると70分には大ピンチ。D・ファリアスがスルーパスを受けてボックス内に侵入。しかし、好飛び出しを見せたGKハンダノビッチが何とか止めてシュートを打たせなかった。 他会場の結果を受けてこのままでは降格となるエンポリが前がかる展開となる中、インテルは76分に痛恨の失点を喫した。 自陣左サイドを崩され、ウチャンの入れたクロスをファーサイドのトラオレに押し込まれた。 それでも終盤の81分、インテルが勝ち越しに成功する。ヴェシーノのミドルシュートは左ポストに直撃したものの、ルーズボールをボックス左のナインゴランが押し込んだ。 それでも89分にも大ピンチ。カプートのクロスをダンブロージオがクリアにかかると、ボールはバーに当たって助かった。さらに追加タイム2分、ウチャンのドリブル突破を許したインテルはGKハンダノビッチとの一対一に持ち込まれる。それでも、この場面も守護神が救い、2-1で逃げ切り。 辛勝のインテルが2年連続CL出場権を獲得している。一方、敗れたエンポリはジェノアがフィオレンティーナに引き分けたため、勝ち点で並ばれたジェノアとの当該対決の結果、降格圏の18位に転落。1シーズンでの降格となっている。 2019.05.27 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA最終節プレビュー】アタランタとミラノ勢によるCL出場権争いが決着へ! 残留争いではヴィオラとジェノアの名門直接対決!

前節はアタランタ(勝ち点66)がユベントスに引き分けた一方、インテル(勝ち点66)がナポリに完敗したことでクラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指すアタランタが3位に浮上し、インテルが当該対決の結果により4位に後退した。そして、5位ミラン(勝ち点65)がフロジノーネに辛勝し、両クラブを1ポイント差で追走している。一方で6位ローマ(勝ち点63)はサッスオーロに引き分け、アタランタ、インテルとの勝ち点差が3に。インテルとは当該対決で劣り、アタランタとは全くの五分(2試合とも3-3)の成績だったが、得失点差で12離れていることもあり、ローマの来季CL出場はほぼ潰えた状況だ。迎える最終節、アタランタ、インテル、ミランによる3つ巴の残り2枠を懸けたCL出場権争いが決着を迎える。 まずはアタランタ。勝利すれば自力でのCL出場が決まるチームは10位サッスオーロ(勝ち点43)とのホーム戦に臨む。ユベントスのホーム最終戦となった前節ではアッレグリ監督の退任が発表され、バルザーリの引退試合となった中、勝ち切ることはできなかったものの勝ち点1を持ち帰ってCL出場に大きく近づいて見せた。何も懸かっていないサッスオーロ相手に勝利し、ホームのファンの前で偉業を達成できるか。 続いてインテル。インテルも勝利すれば自力でのCL出場が決まる中、17位エンポリ(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。ナポリ戦では成す術なく完敗し、CL圏内ぎりぎりの4位に後退したインテル。引き分けではミランが勝利した場合、5位転落となってしまうプレッシャーがかかる中、残留圏内ぎりぎりに位置するエンポリを下して2年連続のCL出場を果たせるか。 そしてミラン。前節は降格の決まっていたフロジノーネ相手にGKドンナルンマのPKストップで凌ぎ、ピョンテクのリーグ戦6試合ぶりゴールで辛勝し、アタランタとインテルを追走した。そのミランは11位SPAL(勝ち点42)とのアウェイ戦に臨む。ミランとしてはホーム最終戦以外にモチベーションのないSPALを下し、アタランタとインテルが勝利を逃すことに懸けたい。 残留争いでは15位フィオレンティーナ(勝ち点40)、16位ウディネーゼ(勝ち点40)、17位エンポリ(勝ち点38)、18位ジェノア(勝ち点37)の4チームの中から1チームが降格となる。中でも注目はフィオレンティーナとジェノアの直接対決だ。モンテッラ監督就任後、チーム状態が悪化の一途を辿るフィオレンティーナは5連敗中で13戦勝利がない状況。まさかの降格の危機が迫る中、9戦勝利なく降格圏に位置する、こちらも名門ジェノアとの残留争い直接対決を制すことはできるか。 ▽5/25(土) 《25:00》 フロジノーネ vs キエーボ 《27:30》 ボローニャ vs ナポリ ▽5/26(日) 《22:00》 トリノ vs ラツィオ 《25:00》 サンプドリア vs ユベントス 《27:30》 SPAL vs ミラン カリアリ vs ウディネーゼ フィオレンティーナ vs ジェノア インテル vs エンポリ ローマ vs パルマ アタランタ vs サッスオーロ 2019.05.26 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ退団濃厚ジェコ、インテルと個人合意か

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)がインテルと個人合意したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 2020年6月までローマと契約を結んでいるジェコだが、ローマ側に更なる契約延長の意思はないようで、ウェストハムやパリ・サンジェルマンといったクラブがジェコの獲得に興味を示していた。 そんな中、インテルの新指揮官候補に挙がるアントニオ・コンテ氏が以前よりジェコを高く評価しており、インテルが獲得に接近しているようだ。 2015年夏にマンチェスター・シティからローマに加入したジェコは、ローマで公式戦178試合に出場して87ゴール38アシストを記録。今季はセリエAで32試合に出場して9ゴール、チャンピオンズリーグで6試合に出場して5ゴールを挙げていた。 2019.05.26 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、コンテ就任ならルカク&モーゼス両獲りか

インテルがマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)とフェネルバフチェに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(28)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現時点のセリエAで4位につけるインテル。しかし、首脳陣は8連覇を達成したユベントスに大きく水をあけられている状況を良しとせず、今シーズン終了後、ルチアーノ・スパレッティ監督を解任することが既定路線に。最近では、昨シーズン終了後にチェルシーを退任して以降、フリーの状態が続いていたアントニオ・コンテ氏(49)の就任が決定的となっている。 そして今回伝えられるところによると、インテルはコンテ氏が後任指揮官として就任した場合、ルカクとモーゼスの両獲りを目指す模様。ルカクはコンテ氏がチェルシー監督時代、同選手がエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時、復帰を希望していた選手だ。ルカクは現在、ユナイテッドの退団候補の一人として見られており、本人も先月、セリエAでのプレーが「夢」であることを明かしていた。 一方のモーゼスは、コンテ氏がチェルシー時代に右ウイングバックという新境地を開拓させ、重宝してきた選手。コンテ氏が退団してマウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンは、戦力外と見なされ、今冬の移籍市場でフェネルバフチェにレンタル加入している。 2019.05.23 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ就任強まるインテル、“1stターゲット”ルカク狙う?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に対して、インテルから1stターゲットとしての関心が寄せられているという。イギリス『タイムズ』が報じた。 ユナイテッド在籍2年の今シーズン、公式戦45試合に出場して15得点を記録したルカク。以前にイタリア挑戦希望を口にしたなかで、チームがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで退団候補の1人として取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 そのルカクの移籍先として挙がっているのがインテルだ。事前の報道によれば、そのインテルは来シーズンからアントニオ・コンテ氏(49)の監督就任が決定的。コンテ氏はチェルシーを率いた2017年夏、ルカクがエバートンから退団する際に興味を示していたという。 オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるユナイテッドは、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが第一ストライカーとして台頭。ルカクの残留を望むユナイテッドだが、移籍の場合、投資額7500万ポンド(約104億5000万円)の回収を考えている模様だ。 2019.05.23 11:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース