サッスオーロ、前ベネヴェントのデ・ゼルビ氏を新監督に招へい!2018.06.14 14:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは13日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。

▽今季途中就任のジュゼッペ・イアキーニ前監督(53)の下で今季を11位でフィニッシュしたサッスオーロだが、シーズン終了後に行われた面談の場でイアキーニ前監督と双方合意の下で契約を解消していた。

▽そして、クラブはイアキーニ監督の後任として、セリエBに降格したベネヴェント指揮官のデ・ゼルビ氏を招へいした。

▽2014年から2016年まで率いたフォッジャで卓越した手腕を発揮したデ・ゼルビ氏は、パレルモでの指揮を経て昨年10月にベネヴェントの指揮官に途中就任。クラブは降格という結果に終わったものの、攻撃的なポゼッションスタイルは以前から高い評価を得ている。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタが9人のサッスオーロに逆転勝利で3位フィニッシュ! クラブ史上初のCL出場権獲得! 《セリエA》

アタランタは26日、セリエA最終節でサッスオーロと対戦し、3-1で逆転勝利してクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 前節ユベントス戦を引き分けてインテルに勝ち点で並び、3位に浮上したアタランタは、勝利すればクラブ史上初のCL出場権を獲得できる中、ベストメンバーで挑んだ。 アトレティ・アズーリ・ディタリアの改修工事のため、サッスオーロの本拠地マペイ・スタジアムで行われた一戦。11位サッスオーロ(勝ち点43)に対し、開始3分にフロイラーの左足ミドルでゴールに迫ったアタランタがハーフコートゲームを展開していく。 しかし、その後はシュートに持ち込めずにいると、19分に失点した。ロングカウンターに転じられた流れからダンカンのヒールでの落としに反応したボックス内のベラルディに右足で蹴り込まれた。 痛恨の失点を受け、悪い流れが続いていたアタランタだったが、35分に同点とする。左CKからニアサイドのディムスティがヘッドで合わせると、ゴールに向かったボールをD・サパタが混戦のなか押し込んだ。 追いついたアタランタは40分にはピンチを迎えるも、ベラルディのシュートはマジエッロが好クリアで凌いだ。すると44分、イリチッチのスルーパスに抜け出したボックス内のA・ゴメスが際どいシュートを浴びせたが、枠を捉えきれなかった。 そのまま前半を1-1で終えたが、前半ラストプレーでサッスオーロに退場者が出る。FKの流れからファウルを受けて倒れたデ・ルーンに対し、無理に起き上がらせようと腕を揺さぶったベラルディに一発レッドカードが提示された。 数的優位となったアタランタは迎えた後半、開始8分に勝ち越す。ボックス右のイリチッチのシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをA・ゴメスがチップキックシュートでうまく流し込んだ。 その後も敵陣で試合を進めたアタランタは、65分にアレハンドロ・ゴメスの左クロスから途中出場のパシャリッチがヘディングシュートを決めて決定的な3点目を奪った。 そして終盤の83分に主審への抗議でマニャネッリに2枚目のイエローカードが提示されて退場となった9人のサッスオーロに対し、アタランタが3-1で勝利。クラブ最高位の3位でフィニッシュし、史上初のCL出場権を獲得している。 2019.05.27 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロが元イタリア代表FWマトリ&GKペーゴロとの契約延長を発表

サッスオーロは24日、元イタリア代表FWアレッサンドロ・マトリ(34)とイタリア人GKジャンルカ・ペーゴロ(38)の2選手と契約延長したことを発表した。 公式サイトによれば、契約期間はマトリ、ペーゴロ共に2020年6月30日までとなる。 2016年にミランからサッスオーロに加入したマトリは、在籍3シーズンで公式戦82試合に出場し14ゴール1アシストをマーク。今季はイタリア代表FWドメニコ・ベラルディのサブとしてリーグ戦19試合に出場し2ゴールを記録していた。 一方、2013年にシエナからサッスオーロに加入したペーゴロは、在籍6シーズンで公式戦47試合に出場。加入当初は正GKとしてプレーしたが、2014年にGKアンドレア・コンシーリが加入すると出場機会が激減。今季もセカンドGKとして公式戦4試合の出場にとどまっていた。 2019.05.25 01:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマのCL出場権獲得絶望的に…相手GKコンシーリの牙城崩せず痛恨ドロー…《セリエA》

セリエA第37節、サッスオーロvsローマが18日にマペイ・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、ユベントス相手に2-0の勝利を収めた6位のローマは逆転のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みを繋いだ。しかし、良い精神状態で残り2試合に臨めると思った矢先の14日にバンディエラ、デ・ロッシの今季限りでの退団が電撃発表。クラブが来季契約更新をオファーしなかったこともあり、怒り狂うロマニスタが抗議の姿勢を強めるなど、騒然とした状態で10位サッスオーロとのアウェイゲームを迎えることになった。 この一戦に向けてラニエリ監督はユベントス戦から先発3人を変更。負傷のマノラスに代えてファン・ジェズス、クライファート、ペッレグリーニに代えてジェンギズ・ウンデル、クリスタンテを起用。渦中のデ・ロッシはベンチスタートとなった。 強い雨が降りしきる中でスタートしたサッスオーロの今季ホーム最終戦。試合は後方からショートパスを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく展開に。開始7分には右に流れてボールを引き出したジェコがボックス右でキープして丁寧なマイナスの落とし。これを受けたジェンギズが縦に仕掛けてから右足のシュートを枠に飛ばすが、相手GKコンシーリのビッグセーブに遭う。 時間の経過と共にショートカウンターやサイドからの攻撃を起点に相手ゴールへ迫っていくローマ。29分にはコラロフの左クロスにニアのエル・シャーラウィが頭で合わすが、これは枠の左。続く38分にはボックス手前左でコラロフがニアポストを狙った低い弾道のシュートを放つが、今度は相手GKの好守に遭う。 前半終盤にかけては行ったり来たりの展開の中で互いにカウンターから決定機を作り合う。前半終了間際にはベラルディからのスルーパスに抜け出したジュリチッチがゴール右から決定的なシュートを放つが、ここはGKミランテが右足を使った圧巻のセーブではじき出し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ビルドアップ時の立ち位置やボールの動かし方を微調整してきたサッスオーロに対して、なかなかプレスがハマらず、ズルズルと後退する守備を強いられるローマ。それでも、ボガら相手のシュートミスにも救われて失点は許さない。 すると57分、ローマに後半最初のビッグチャンスが訪れる。ボックス右でジェンギズとパス交換したフロレンツィが短く折り返す。これをゴール前でワントラップしたエル・シャーラウィがハーフボレーの形でシュートも、ややアウトにかかった左足のシュートは枠の左に外れる。 畳み掛けるローマは60分付近にはエル・シャーラウィの頭での落としからジェコが右ポストを掠めるシュート、直後にはコラロフからのパーフェクトな左クロスに反応したゴール前のクリスタンテが決定的なダイビングヘッドシュートも、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれた。 ようやくゴールの匂いをさせ始めたローマは65分、ザニオーロ、ジェンギズを下げてパストーレ、クライファートを同時投入。パストーレをトップ下に配した[4-2-3-1]に布陣を変更する。75分にはカウンターから左サイドを突破したエル・シャーラウィからのアーリークロスにクライファートが飛び込む。GKとDFと好sカウしながら脛に当たったボールがゴールに向かうが、これは左ポストに阻まれる。 その後、エル・シャーラウィに代えてペロッティを最後の交代カードとして投入したローマ。逆転でのCL出場権獲得には勝つしかない中、リスクを冒して攻勢を仕掛けていく。しかし、高い集中力を見せる相手の守備を崩し切れない。後半アディショナルタイムには攻撃参加したファシオに2度の決定機も味方のオフサイドとシュートミスによって劇的決勝点とはならず、試合はゴールレスのままタイムアップ。 暫定ながら4位のアタランタとの勝ち点差を「2」に縮めたローマだが、2試合を残すアタランタの連敗、前節終了時点で同勝ち点のミランが2試合のいずれかを落とさない限り、逆転できない痛恨の勝ち点逸に。 最悪の場合、来週行われるデ・ロッシのラストゲームとなる最終節パルマ戦を前にCL出場権獲得の可能性が潰えることになる。 2019.05.19 05:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオが主将ルリッチの土壇場同点弾で薄氷ドロー…2戦未勝利で上位との勝ち点差縮められず《セリエA》

セリエA第31節、ラツィオvsサッスオーロが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。 前節、SPAL相手に痛恨の黒星を喫したラツィオは1試合未消化も勝ち点48の6位に甘んじている。2戦ぶりの白星を目指す今節は11位のサッスオーロをホームで迎え撃った。 ホームの後押しを受けて立ち上がりから押し気味に試合を運ぶラツィオは、古巣対戦のアチェルビやカイセド、パローロらがセットプレーを軸に序盤からフィニッシュに絡んでいく。 だが、時間の経過と共にサッスオーロが盛り返したことで、前半半ばを過ぎるとなかなか決定機を作り出せない。それでも、やや攻撃に枚数をかけきれない相手の反撃を危なげなく凌いで最低限のゴールレスで試合を折り返す。 すると、迎えた後半立ち上がりの53分、パトリックがボックス右で上げたクロスがロカテッリの身体と腕に続けて当たると、このプレーに対してPKが与えられる。これをキッカーのインモービレが冷静に決め切って後半の早い時間帯に先制点を奪った。 しかし、先制からわずか4分後の57分にはボックス内で起点を作られてリロラにシュートを許すと、このこぼれ球をゴール前のロジェリオに押し込まれて早々にリードを吐き出してしまう。 再びゴールが必要となったラツィオはカイセドに代えてコレア、パローロに代えてミリンコビッチ=サビッチと攻撃的なカードを切っていく。そして、ここから相手陣内でハーフコートゲームを展開する。だが、77分にルイス・アルベルトの浮き球パスに抜け出したインモービレの決定機ではシュートを枠の左に外してしまう。さらに82分にはラドゥの左クロスをゴール前のミリンコビッチ=サビッチが頭で合わすが、至近距離から放たれた決定的なシュートはGKコンシーリの驚異的なセーブに阻まれる。 決定機を決め切れず焦りの色が見えるラツィオは89分、相手GKからのロングカウンターでセンシに長い距離を持ち運ばれると、そのセンシのスルーパスに抜け出したベラルディにGKとの一対一を決められて痛恨の逆転ゴールを許す。 それでも、諦めないラツィオはここからリスクを冒した攻めを見せると、後半アディショナルタイム6分に右CKの二次攻撃からゴール左に抜け出したインモービレからのマイナスクロスをカピターノのルリッチがワンタッチで流し込み、土壇場で同点に追いついた。 しかし、ここから再逆転ゴールを奪う時間は残されておらず、ホームで格下サッスオーロ相手に勝ち点1獲得に留まったラツィオは2戦未勝利と足踏みが続く。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13dlt5s1c1kaa1wmz52pyqe3id" async></script> </div> 2019.04.08 03:23 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、元イタリア代表DFペルーゾと2021年まで契約延長

サッスオーロは12日、元イタリア代表DFフェデリコ・ペルーゾ(35)と2021年まで契約を延長したことを発表した。 左利きのセンターバックであるペルーゾはアタランタで頭角を現し、2013年1月にユベントスへの移籍を果たした。イタリア代表としても2012年に招集され、3試合の出場歴がある。 そして2014年7月に移籍したサッスオーロではこれまで公式戦150試合に出場して4ゴール5アシストを記録。今季は負傷で出遅れたものの、セリエAここ9試合に先発し、存在感を見せていた。 2019.03.13 02:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース