福岡、FWトゥーリオ・デ・メロの契約解除及び帰国を発表…長引くケガから引退も視野に2018.06.13 12:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は13日、FWトゥーリオ・デ・メロ(33)の契約解除及び帰国を発表した。▽トゥーリオ・デ・メロは、2018年にシャペコエンセから福岡に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに7試合出場していた。

▽クラブの発表によると、トゥーリオ・デ・メロは長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し出たとのこと。クラブ側は同選手を大切な戦力の一人であると考え、残留の交渉を重ねてきたようだが、本人の強い要望から両者合意のもと契約を解除したようだ。

▽トゥーリオ・デ・メロはすでにチームから離れており、21日にブラジルへ帰国する模様。帰国便については以下の通り。

6月21日 ルフトハンザ航空 LH4877便
福岡空港 9:30発(8:00前にはチェックインする予定です。)

▽クラブとの契約を解除したトゥーリオ・デ・メロは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私を温かく迎え入れてくださり常に後押ししてくださったサポーターの皆様に心より感謝いたします」

「皆さまがいるべき場所であるJ1にチームが昇格することを祈っています。私と家族にとって我が家のように感じることができた福岡での生活は本当に素晴らしいものでした」

「短い間でしたが本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

福岡DF三國ケネディエブス、プロの舞台で改善・成長を実感「最初は戸惑いもあったが…」《U-20W杯》

U-20日本代表は12日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内でトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、アビスパ福岡のDF三國ケネディエブスがメディア陣による取材に応対。プロの舞台を経験し、昨年のAFC U-19選手権からの改善と成長を実感していることを明かした。 ◆DF三國ケネディエブス(アビスパ福岡) ──選出されて改めて今の気持ちは 「非常に嬉しいです」 ──コンディション面はどうか 「コンディションは結構、良い感じです。体力的にも問題ないです」 ──前回のAFC U-19選手権からここまでどのような課題を意識してきたか 「前回のアジア大会の時は、ポジショニングや判断力が課題として出てきました。それを高校卒業するまでには青森山田(高校)で、アビスパ福岡に行ってからは監督の下で細かいことまで教わりました。そのおかげで大分、前回の大会に比べれば、改善されているかなと思います」 ──影山監督は、この世代がプロの舞台を経験し始めたことで非常に成長を感じているとおっしゃっていたが、ご自身はどう感じているか 「高校でやっていたレベルとプロのレベルでは、スピードも判断力も全然違います。最初はプロの舞台で戸惑いもありましたけど、試合を重ねるうちに色々なことを経験して、良い感じにフィットしてきているかなと思います」 ──その中でU-20W杯を迎えるが、個人としてどのような大会にしたいか 「自分としてはゆくゆくは海外でプレーしたいと思っています。海外で今、どれだけ自分が通用するのかということも知れると思います。知るためには、スタメンで試合に出なくてはいけないので、まずはそこにフォーカスしながらやっていきたいと思います」 ──U-20W杯に行く前にクラブでは出場停止という形で今節出場できず、合流したが 「チームには迷惑をかけて合流してしまったので、その分、責任を背負ってここで良い活躍ができればと思っています」 ──明日の流通経済大学とのトレーニングマッチで確認したいことは? 「守備のところで、集まってまだ練習ができていないので、あまり連携というのは取れないかもと思います。ただ、明日の試合でミーティングを重ねて、連携が取れれば良い入りができると思うので、まずは守備面を重視してやっていきたいです」 2019.05.12 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季、アビスパ福岡でプレーしたFWトゥーリオ・デ・メロが現役引退! 福岡退団の経緯も語る

昨季アビスパ福岡でプレーしていたブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロ(34)が7日、元所属先のリールの公式サイトで現役引退を発表した。 トゥーリオ・デ・メロは「自身にとって最も重要だった」、リールで現役引退を発表した。 「リールは僕のキャリアにおいて最も重要なクラブだった。だから、引退を決断した際に一番初めに伝えたかったんだ」 「今が適切な時期だと思っている。そして、自分のキャリアに誇りを持っているよ」 「ただ、自分の身体が上げる声に耳を傾ける必要があった。仮に、無理にプレーを続ければ、引退後の生活でもケガに苦しむことになると思ったんだ」 「だから、僕は健康なうちにキャリアを終えることを決めた。子供たちとの生活を楽しみたいし、僕にはこれから様々な生活が待っているからね」 さらに、トゥーリオ・デ・メロは福岡でのキャリアに関しても以下のように振り返っている。 「新しい経験をしたいと思っていたんだ。アジア、特に、以前からその文化に魅了されていた日本でね。だから、福岡と契約したんだ」 「それは素晴らしい経験だったし、あそこでの暮らしを愛していたんだ。僕は日本語も学んでいたんだけど、サッカーに関しては異なるメンタリティを感じたよ」 「あそこでは個人のクオリティよりも仕事量自体が評価されていたよ。常に走り続けることを求められたし、年齢に関わらず、18歳も34歳も同じ練習量を求められた。そして、僕はこれ以上プレーできないと感じたんだ」 「僕はこれまで6度もヒザの手術を受けた。そのために自分の中でケガをコントロールする必要があり、日常の中で特別なケアも必要としていた。そういった部分であそこでの文化に自分が適応することは難しいと気付いたんだ。そして、6カ月で契約を解消する決断に至ったんだ」 また、現役引退後のプランに関してはどんな役割を果たすか決めていないもののフットボール界に関わり続けたいと語っている。 「必ずしも指導者になりたいとは思っていないけど、スポーツ部門に関わりたいと思っているよ。ただ、自分自身を焦らせたくないし、仕事を始める前に色んなことを学びたい」 母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロでプロキャリアをスタートした193cmの大型ストライカーのトゥーリオ・デ・メロ。デンマークのオールボーでヨーロッパでのキャリアをスタートすると、ル・マン、パレルモを経由して2008年にリールに加入。リールでは控えFWとしてMFエデン・アザールやFWジェルビーニョらと共に2010-11シーズンのリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランスの国内2冠達成を経験していた。 その後、バジャドリーでヨーロッパでのキャリアを終えると、2015年からシャペコエンセ、スポルチ・レシフェと母国でプレー。そして、2018年には自身最後のクラブとなった福岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。 しかし、昨年6月に長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し入れ、クラブは慰留を目指していたものの、最終的に同選手の意向をくむ形で契約解除に至っていた。 2019.05.08 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡から選出の2人の18歳「全力で恥じないプレーを」《U-20W杯》

日本サッカー協会(JFA)は7日、5月末から6月にかけて行われるポーランドで行われるU-20ワールドカップに臨む21名のメンバーを発表した。 J2リーグ所属のアビスパ福岡から、DF三國ケネディエブスとMF喜田陽の2人が選出された。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ三國。青森山田高校時代から各世代の日本代表に選出され、昨年のAFCU-19選手権では3試合に出場し、今大会出場に貢献した。 一方、喜田は今季からセレッソ大阪からレンタルで福岡に加入し、リーグ戦出場は3試合。それでも各年代の代表に選ばれ続けている逸材で、今大会での活躍にも期待が懸かる。 ◆DF三國ケネディエブス 「U-20ワールドカップメンバーに選ばれたことを誇りに思います。日本を背負って戦うので恥じないプレー、そして勝利に貢献できるよう全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆MF喜田陽 「U-20日本代表に選出していただき、とても嬉しいです。チームの為に全力でプレーしたいと思います。そして、多くのことを吸収し、レベルアップをして帰ってきたいと思います」 U-20日本代表は、5月末から6月にかけてポーランドで行われるU-20ワールドカップに出場。5月中旬に直前キャンプを行い、本大会ではエクアドル代表(23日)、メキシコ代表(26日)、イタリア代表(29日)と対戦する。決勝トーナメントは来月2日から行われる。 2019.05.07 18:09 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが遠藤航&冨安健洋の古巣である湘南&福岡とコラボ商品を発売へ!

日本人選手が5名在籍するベルギーのシント=トロイデンが、Jリーグクラブと商品化コラボレーションすることを発表した。 今回コラボレーションを行うのは、湘南ベルマーレとアビスパ福岡。湘南はシント=トロイデンに所属する日本代表MF遠藤航がユース時代からトップチームで所属したクラブ、福岡は日本代表DF冨安健洋が同じくユース時代から所属したクラブだ。 今回のコラボレーションではシント=トロイデンでの現在のプレーシーン×彼らのJリーガー時代の姿、両クラブカラー、両チームでのネーム&ナンバーなど、趣向を凝らしたオリジナリティあふれるコラボレーショングッズを発売するとのこと。コラボレーション商品の詳細、発売時期については、湘南、福岡から発表されるとのことだ。 2019.04.25 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪の元韓国代表FWヤン・ドンヒョン、福岡に完全移籍

アビスパ福岡は11日、セレッソ大阪に所属する元韓国代表FWヤン・ドンヒョン(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「9」に決定。12日からチームに合流する。 ヤン・ドンヒョンは蔚山現代や釜山アイパーク、浦項スティーラースなど韓国クラブを渡り歩き、2018年に恩師である尹晶煥前監督率いるC大阪に加入。だが、出場機会はケガもあり、明治安田生命J1リーグ16試合1得点にとどまり、監督交代の今シーズンもここまで出番がなかった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡の皆さん、こんにちは。この度機会を与えてくださったアビスパ福岡に感謝いたします。アビスパ福岡と共に成長し、クラブの目標に向かって全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪でプレーをした時間は私にとって財産です。私を応援していただいたファンの皆さんそして、監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、感謝いたします。今までありがとうございます。これからも応援よろしくお願いいたします」 福岡は今シーズンからファビオ・ペッキア監督が就任したが、ここまでJ2リーグ1分け2敗の20位。17日に行われる次節、初勝利を目指して、ファジアーノ岡山とのアウェイ戦に臨む。 2019.03.11 20:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース