来季大宮加入内定の明治大MF小野雅史が特別指定選手に2018.06.13 13:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は12日、明治大学のMF小野雅史(21)を2018年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は、大宮アルディージャとなる。▽埼玉県出身の小野は、ジュニア時代から大宮の下部組織に在籍。2012年から2年間はU-17日本代表にも選出された。その後、明治大学に進学すると、2017年から2年間は関東大学選抜に選出され、5月16日に大宮への来季加入が内定した。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

好調・大宮に負傷者が続く…河本裕之は全治4〜6週間、渡部大輔は全治6週間

大宮アルディージャは14日、DF河本裕之、DF渡部大輔の負傷を発表した。 河本は4月28日の明治安田生命J2リーグ第11節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。70分にセットプレーの流れで負傷し、中村太亮と交代していた。河本は、右下腿部筋挫傷と診断され、全治は4〜6週間とのことだ。 渡部は、4日のJ2第12節の愛媛FC戦で負傷。左ウイングバックとして先発出場していたが、76分に大山啓輔と交代していた。渡部は、左下腿ヒラメ筋肉離れと診断され、全治は6週間とのことだ。 河本は今シーズンのJ2リーグで6試合に出場、渡部は5試合に出場し1得点を記録していた。 2019.05.14 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉戦で負傷交代の大宮MF酒井宣福が全治6〜8週間の負傷…MF金澤慎も負傷

大宮アルディージャは7日、MF金澤慎、MF酒井宣福の負傷を発表した。 金澤は4月27日のトレーニング中に負傷。左下腿腓腹筋肉離れと診断され、全治は6〜8週間の見込みとなる。なお、今シーズンはここまで出場機会がなかった。 酒井は、4月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。右大腿二頭筋腱損傷と診断され、こちらも全治は6〜8週間とのことだ。 酒井は左ウイングバックとして今シーズンのリーグ戦11試合に出場していた。 2019.05.07 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

オレンジ・ダービーは大宮&新潟に軍配! 8戦無敗の大宮が暫定首位浮上!《J2》

明治安田生命J2リーグ第12節の3試合が4日に行われた。 NACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャvs愛媛FCは、ホームの大宮が2-1で逆転勝利した。 7戦無敗の3位大宮と3戦未勝利の15位愛媛によるオレンジ・ダービー。試合は大宮が押し込む立ち上がりとなるが、一瞬の隙を突いたアウェイチームが先制に成功する。9分、相手陣内で小島に猛然とプレスを仕掛けた山瀬がボールを奪うと、そのままドリブルで持ち上がってDFを冷静にかわすと、ボックス中央から左足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 ミスから先制を許す厳しい入りとなった大宮はすぐさま反撃を開始。14分にはボックス内に抜け出したダヴィッド・バブンスキーが放ったシュートがスライディングブロックに入ったDFにディフレクトしたボールがクロスバーを叩く。その後もフアンマ・デルガドのポストプレーを起点にウイングバックが積極的に攻撃参加を見せながら、バブンスキーらがフィニッシュに持ち込んでいくが、GK岡本の牙城を破ることはできず。 迎えた後半、バブンスキーに代えて切り札の大前をハーフタイム明けに投入した大宮だが、立ち上がりは愛媛のカウンターに晒されて河原や神谷に決定機を許してしまう。その後もなかなか決定機まで持ち込めない状況が続くが、富山の投入などで攻勢を強めるホームチームはセットプレーの流れから続けざまのミスを突いて試合を引っくり返す。 まずは79分、左CKの場面でキッカーの大前が浮き球のボールを入れると、パンチングでのクリアを試みたGK岡本が被ってしまい、後方に飛び込んだ河面が頭で押し込み、同点に追いつく。さらに87分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーの大前が直接狙う。フィスティングではなくキャッチを選択したGK岡本がキャッチし損ねたうえにこぼれたボールもキャッチできずにいると、これを石川が押し込み、逆転に成功した。そして、このまま2-1で試合をクローズした大宮が愛媛とのオレンジ・ダービーを制した。なお、8戦無敗とした大宮は暫定首位に浮上している。 また、デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsレノファ山口FCは、ホームの新潟が2-0で勝利した。 11位の新潟と17位の山口による今節2つ目のオレンジ・ダービー。試合は立ち上がりから新潟ペースで進むと、16分にはボックス手前左でカウエが強烈なミドルシュートを放つ。これをGK山田が前にこぼすと、こぼれ球に反応したレオナルドが冷静に押し込んだ。さらに、この先制点で勢いづくホームチームは球際を強調したトランジションサッカーで優勢に試合を運ぶと、前半終了間際の45分には加藤のスルーパスに抜け出した渡邊凌がボックス内で放ったシュートがDFに当たってループシュートのような形でゴールネットを揺らし、前半を2点リードで終えた。 迎えた後半は、ハーフタイム明けに2枚替えを敢行した山口が押し込む時間帯が続くも、最後の場面でやらせない新潟が一丸となった守備で応戦。逆に、相手のミスから3点目を決めるチャンスもあったが、試合はこのまま2-0のスコアでタイムアップ。山口とのオレンジ・ダービーを制した新潟4戦連続で続いたドローループから抜け出すと共に、吉永新体制での初白星を手にした。 白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFCvs柏レイソルは、ホームの鹿児島が2-1で逆転勝利した。 試合は直近3試合連続ゴールレスドロー中の柏が12分に右CKから江坂の今季初ゴールで先制に成功する。しかし、4戦ぶりにゴールを決めたアウェイチームはその後が続かず、前半終了間際には鹿児島の見事な連係から五領に同点ゴールを許した。 後半は柏が押し気味に試合を進めたものの、67分には鹿児島の見事なカウンターが発動。韓の持ち上がりからボックス右でパスを受けた五領が折り返すと、これを牛之濱が冷静に流し込んだ。何とか追いつきたい柏は試合終盤にかけて猛攻を見せるが、後半アディショナルタイムに得た左CKではGK中村まで攻撃参加した中、ゴール前のクリスティアーノがヘディングシュートを枠に飛ばすが、これはGKアン・ジュンスの腕に収まってタイムアップ。柏との初対決を制した鹿児島は2戦ぶりの白星を手にした。一方、久々のゴールを奪った柏だが、厳しい5戦未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 ▽5/4(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 2</span>-1 柏レイソル <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 愛媛FC ▽5/5(日) 《14:00》 横浜FC vs 京都サンガF.C. 徳島ヴォルティス vs 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 vs ジェフユナイテッド千葉 《15:00》 FC町田ゼルビア vs 水戸ホーリーホック 東京ヴェルディ vs V・ファーレン長崎 《16:00》 モンテディオ山形 vs ファジアーノ岡山 《18:00》 FC岐阜 vs FC琉球 ▽5/3(金) ツエーゲン金沢 1-1 アビスパ福岡 2019.05.04 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“平成最後”のJ2はドローばかり!水戸はドローも「令和」を首位で迎える!大宮はバーに嫌われ連勝ストップ《J2》

28日、明治安田生命J2リーグ第11節の7試合が各地で行われた。 首位に立つ水戸ホーリーホック(勝ち点22)は、ホームに11位のアルビレックス新潟(勝ち点13)を迎え、0-0のゴールレスドローに終わった。 「令和」を首位で迎えたい水戸は20分、右サイドから木村がクロス。これがそのままゴールへと向かうが、GK大谷がしっかりキャッチ。新潟は28分、ボックス手前からシルビーニョがシュートを放つも、GK松井がセーブする。 ゴールレスで迎えた後半は新潟がペースを握る。58分、渡邊凌がボックス内右から左足でシュートを狙うも、これはわずかに左に外れる。 72分、再び新潟はチャンスを迎える。右サイドから渡邊凌がクロス。ニアサイドに飛び込んだ矢野がヘディングで合わせるが、シュートは枠を捉えられない。さらに新潟は82分、途中出場のフランシスがボックス手前左からシュート。鋭いシュートが枠を捉えるが、GK松井が立ちはだかりなんとかセーブする。 防戦が続いていた水戸だったが86分、サイドチェンジを右サイドで受けた黒川がテクニックを見せて突破。ボックス内に侵入すると、最後はこぼれ球を白井がシュートも枠を外れる。さらにアディショナルタイム、黒川が右サイドでスルーパス。これに反応したジョーがドリブルで持ち込み、最後は横パスを送るも、村田には届かない。 結局、互いに決定力を欠いた試合は0-0のゴールレスドローで終了。水戸は今季7試合目のクリーンシート、開幕から11戦無敗とし、首位をキープしたまま平成を終えることに成功した。 <hr> 5連勝で自動昇格圏内の2位に浮上した大宮アルディージャは、フクダ電子アリーナでジェフユナイテッド千葉と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。 ここ3試合勝利がない19位の千葉(勝ち点10)と6連勝を目指す2位の大宮(勝ち点20)の対戦。最初に決定期を迎えたのはホームの千葉だった。 4分、左CKから堀米がクロスを送ると、ニアでエベルトンが合わせてコースを変えると、最後は工藤がファーサイドでボレー。しかし、このシュートはポストに阻まれ、ゴールとはならない。 大宮は23分、右サイドでパスを受けた奥井が茨田とのワンツーで抜けると、中央のフアンマ・デルガドへパス。フアンマ・デルガドはボックス手前中央からシュート。GK佐藤はファンブルするも、しっかりとボールを抑える。 攻撃の時間が続く大宮は29分、右サイドからクロスを送ると新井がクリア。しかし、これが小さくなるとボックス内で酒井がダイレクトボレー。しかし、シュートはわずかに右に外れる。 44分には再び大宮にチャンス。大前がボックス手前左からグラウンダーのシュート。ニアサイドを狙ったものの、わずかに左に外れる。 迎えた後半、大宮は左ウイングバックに代えて菊地を投入。3バックの中央に菊地を配置し、河本を左に、河面が酒井のポジションに入った。 大宮は52分にビッグチャンス。左サイドを上がった河面がボックス左からグラウンダーのクロス。これをニアサイドで待ち構えた大前がダイレクトシュートも、わずかに枠の左に外れる。 千葉は54分、左サイドからのクロスを大外から入ってきたゲリアがボックス内でヘッド。しかし、これはGK笠原の正面に飛びゴールとはならない。 大宮は60分、河本からのロングフィードをフアンマ・デルガドが受けると、横パスを受けた大前がボックス手間中央から右足一閃。鋭いシュートがボールに飛ぶが、クロスバーを叩きゴールとはならない。さらに62分、大宮はCKから大前がクロスを送ると、飛び込んだ菊地がフリーでヘッド。しかし、わずかにシュートは右に外れる。 70分、大宮にアクシデント。後半開始でCBの菊地を入れていたものの、CB河本がセットプレーの流れで負傷し、中村を投入。中村が左ウイングバックに入り、河面が3バックの左に戻る形となる。中村は古巣対決となった。 得点が欲しい千葉は75分、右ウイングバックのゲリアに代えて船山を投入。途中出場していた茶島がゲリアの位置に入り、船山をシャドーの位置に入れ攻撃の活性化を図る。 76分に大宮は決定機。左サイドで石川が相手からボールを奪うと、グラウンダーのクロスをニアサイドに走り込んだ茨田がシュート。しかし、これもクロスバーを叩いてしまい、ゴールとはならない。 防戦が続いていた千葉は90分、ボックス手間中央から矢田が左足でシュート。久々のシュートとなったが、GK笠原の正面に飛んでしまう。アディショナルタイム6分にはGK佐藤からのロングフィードから繋ぐと、裏に抜けたアラン・ピニェイロがボックス外からシュート。ニアを狙ったシュートだったが、GK笠原が横っ飛びでセーブする。 大宮はアディショナルタイム9分、相手陣内でFKを獲得すると、中村のクロスが流れ、ボックス内の畑尾の足元へ。フリーで畑尾がシュートを放つも、左足のシュートは枠の右に外れゴールならず。そのまま0-0で試合は終了した。引き分けた大宮は前日に勝利していたモンテディオ山形に抜かれて3位に転落している。 その他、5位の柏レイソル(勝ち点18)は12位の横浜FC(勝ち点13)と対戦し、0-0のゴールレスドロー。15位のレノファ山口FC(勝ち点11)と7位のツエーゲン金沢(勝ち点15)の一戦は、0-2でアウェイの金沢が勝利。これで金沢が勝ち点を18とし、参入プレーオフ圏内の6位に浮上。開幕4連勝と快進撃を見せていた昇格組のFC琉球が7戦未勝利となり7位に転落している。 ◆明治安田生命J2リーグ第11節 ▽4/28(日) 水戸ホーリーホック 0-0 アルビレックス新潟 栃木SC 1-1 FC岐阜 京都サンガF.C. 0-0 徳島ヴォルティス ファジアーノ岡山 1-1 東京ヴェルディ ジェフユナイテッド千葉 0-0 大宮アルディージャ 柏レイソル 0-0 横浜FC レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ツエーゲン金沢</span> ▽4/27(土) アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> V・ファーレン長崎 0-0 鹿児島ユナイテッドFC 愛媛FC 1-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 1-1 FC町田ゼルビア 2019.04.28 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮が5連勝で2位浮上! 鹿児島は8戦ぶりのゴールで琉球との“昇格組対決”制し開幕戦以来の白星《J2》

明治安田生命J2リーグ第10節の6試合が各地で行われた。 町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvs大宮アルディージャは1-0で大宮が勝利した。 連勝を目指す12位・町田(勝ち点13)と、リーグ戦4連勝中の4位・大宮(勝ち点17)が対戦。 スコアレスで試合を折り返すと大宮が後半早々に先制に成功する。50分、右サイドの敵陣中央から奥井が柔らかいクロスを供給。ボックス中央のフアンマ・デルガドが頭で落とすと、茨田が右足のボレーシュート。これがゴールに突き刺さった。 追いかける展開となった町田は67分、バイタルエリア左からロメロ・フランクが強烈なシュートを放ったが、GK笠原に弾かれる。さらにこぼれ球に反応した富樫がゴール前で押し込みにかかるが、笠原に見事なワンハンドセーブではじき出された。 結局、試合はこのまま1-0で大宮が逃げ切り。勝利した大宮は、5連勝で2位に浮上。敗れた町田は3試合ぶりの黒星を喫した。 白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFCvsFC琉球は1-0で鹿児島が勝利した。 今シーズン共にJ3から昇格してきた最下位・鹿児島(勝ち点4)が、6位・琉球(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。試合は長らくこう着状態が続きゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入。 だが、開幕戦以来の勝利に向けて気持ちを見せる鹿児島は93分、薗田がバイタルエリアまでドリブルで持ち運ぶと相手DFに倒される。それでも、ルーズボールを拾った萱沼が五領に繋ぐと、ワンタッチでボックス内に侵攻した五領は飛び込んで来たDFをかわして左足で流し込み、第2節の京都戦以来となる8試合ぶりの得点で土壇場で先制に成功。そして、劇的ゴールで勝利した鹿児島は連敗を「5」でストップすると共に開幕戦以来となる9試合ぶりの勝利を手にした。一方、昇格組対決に敗れた琉球は6戦未勝利となった。 また、上位戦線では21位のFC岐阜とのアウェイゲームを前のゴールで1-0と競り勝った水戸ホーリーホックが開幕10戦無敗で首位を堅持。一方、下位に沈む19位のレノファ山口FCをホームで迎え撃った2位のモンテディオ山形は試合終盤に佐々木に決勝点を決められて開幕戦以来、9試合ぶりとなる0-1の敗戦を喫した。さらに、8位のツエーゲン金沢とのアウェイゲームに臨んだ4位の柏レイソルは、2試合連続のゴールレスドローと攻撃陣の不振が響き3試合連続ドローと足踏みが続く。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽4/21(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 FC琉球 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 0-0 柏レイソル FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ▽4/20(土) 東京ヴェルディ 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 京都サンガF.C. 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 徳島ヴォルティス 2019.04.21 19:03 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース