【日本代表プレビュー】本大会前のラストマッチ…テストなのか、チェックなのか2018.06.12 15:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日、日本代表はロシア・ワールドカップ前最後の強化試合として、パラグアイ代表と対戦する。8日に行われたスイス代表戦では0-2と完敗。5月30日のガーナ代表戦に続く、無得点2失点の試合となっただけに、不安が募る状況だ。◆W杯不出場国
Getty Images
▽パラグアイは、今回のロシア・ワールドカップには出場できず。2大会連続で南米予選敗退となった。

▽しかし、ここまで8度のワールドカップに出場。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、ラウンド16で日本代表と対戦。PK戦の末に勝利し、過去最高のベスト8の成績を残した。

▽伝統的に守備が堅いパラグアイは、最新のFIFAランキングで32位。対戦成績は2勝4分け2敗と五分ではあるものの、侮れない相手だ。

◆本大会前のラストマッチ
▽日本にとっては、ワールドカップ前の最後の試合。西野朗監督が率いた2試合で連敗、さらにここまで7戦未勝利ということを考えると、危機的状況ではある。

▽スイス戦はガーナ戦とは異なり、[4-2-3-1]のシステムでスタート。守備面では良い部分を見せたところもあるが、攻撃面は不発。決定機らしい決定機は皆無だった。

▽そんな中、西野監督はスイス戦後に「バックアッパーに入ってもらおうと思う」とコメントしており、スイス戦に出場しなかった選手や、出場時間が短かった選手の起用を示唆している。確かに、メンタル面やフィジカル面を考えれば実戦を行うことが重要だが、そこを考えている状況かと言われれば疑問だ。結果が出ていない状況で、控えメンバーに“可能性”を求めたい状況なのかもしれない。

◆システムは4バックか
Getty Images
▽2試合で2つのシステムを採用した日本代表だが、パラグアイ戦は[4-2-3-1]を採用することになりそうだ。

▽ガーナ戦に比べ、スイス戦の方が手応えを感じているようで、守備時にオートマチックに動けていたことも大きいのだろう。ベースになるのが4バックと選手も口にしており、[4-2-3-1]のシステムで選手を入れ替えると予想する。

★予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:中村航輔
DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都
MF:山口蛍、柴崎岳
MF:原口元気、香川真司、乾貴士
FW:岡崎慎司
▽西野監督が明言した「全員起用」を考えてのメンバー選考。柱になるであろう選手を残しつつ、ここまで出場機会が短い選手が先発すると予想する。

▽GKに関しては、GK中村航輔を推したい。GK東口順昭と前後半で交代する可能性が高いが、GK川島永嗣のパフォーマンスが不安定なだけに、逆転でのポジション獲得のチャンスだ。

▽最終ラインは、DF吉田麻也、DF長友佑都と軸になる2人は続けて先発。吉田の相棒として、DF昌子源を試すと見る。また、右サイドバックはDF酒井宏樹が西野体制初先発となるだろう。

▽中盤のボランチはMF山口蛍、MF柴崎岳のコンビとなるだろう。山口はガーナ戦で先発も、パフォーマンスが不安定。一方の柴崎は、2試合連続で途中出場。縦パスを含めて攻撃のスイッチを入れられる選手だけに、停滞気味の日本代表には必要な存在となるだろう。

▽トップ下にはMF香川真司、右にMF原口元気、左にMF乾貴士と予想する。香川は、スイス戦の途中出場で、先発したMF本田圭佑との違いを見せた。パラグアイ戦で結果を残せれば、ポジション確保にも繋がるだろう。1トップにはFW岡崎慎司と予想する。日本で最もゴールを奪っている岡崎は、現在3番手の立ち位置。西野体制の初ゴールを奪えば、スタメンの座もあり得るかもしれない。

◆形を示すことができるか
Getty Images
▽初戦のコロンビア戦を前に、最後のテストマッチとなる日本代表。結果、内容ともに見せてもらいたいが、どのようなサッカーがしたいのかを示す必要がある。

▽ここまでの2試合で無得点の攻撃は、どのようなプロセスでゴールに向かうのか。また、2試合連続で2失点の守備は、どのような決まり事を作って守るのか。「やられてはいない」「崩されていない」という言葉が選手から聞こえて入るが、結果として2試合で4失点は言い訳できない。

▽また、西野監督が明言した通りに全選手を起用するならば、このパラグアイ戦で何を見たいのか。貴重なテストマッチでありながら、目指すものの答え合わせも必要になる一戦。試合は、12日の22時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパンがベスト16敗退…土壇場のPK被弾でオランダに惜敗…《女子W杯》

なでしこジャパン(女子日本代表)は25日、女子ワールドカップ(W杯)2019ラウンド16でオランダ女子代表と対戦し、1-2で敗戦。ベスト16での敗退となった。 イングランド、スコットランド、アルゼンチンと同居したグループDを1勝1敗1分けの戦績で2位通過したなでしこ。今回のラウンド16ではグループEを3連勝で首位通過した強豪オランダと対戦。 高倉麻子監督は0-2で敗れた19日のグループ最終節のイングランド戦から先発3人を変更。横山久美、小林里歌子、遠藤純に代えて菅澤優衣香、三浦成美、長谷川唯を起用。システムは[4-4-2]を継続も中島依美を右サイドハーフに戻し、菅澤と岩渕真奈を最前線で並べた。 相手の強力3トップを警戒してか、やや後ろに重心を置いた入りとなったなでしこ。開始直後の5分には左サイド深くでマルテンスが上げたクロスをボックス右のミーデマにボレーで合わせられるが、DF鮫島彩が何とか身体に当てるとボールは右ポストを掠めて枠の右に外れた。 立ち上がりのピンチを凌いだものの、フィジカルで勝るオランダを相手になかなかセカンドボールを拾えず、押し込まれる状況が続く。すると17分には警戒していたセットプレーから先制点を許す。左CKの場面でキッカーのスピッツェがニアに入れたボールに対して、中央からフリーで走り込んだマルテンスにワンタッチで合わせられると、菅澤にディフレクトしたボールがゴール右隅に決まった。 守備的に入りながらも序盤にリードを許したなでしこだったが、20分に最初の決定機を作り出す。相手陣内中央左でボールを持った岩渕がペナルティアーク付近に走り込んだ長谷川にクサビのパスを入れると、長谷川がこれをワンタッチでボックス中央の菅澤に繋ぐ。菅澤は相手をうまくブロックし体勢を崩しながらも右足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 前半半ばを過ぎて徐々に相手陣内でボールを動かす時間を増やすなでしこだが、アタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に、強力3トップを背後のスペースに走らせるオランダのカウンターに手を焼くが、GK山下杏也加が果敢なエリア外への飛び出しでピンチを未然に阻止する。 すると、このままハーフタイム突入と思われた43分に同点ゴールが生まれる。相手陣内左サイドから切り込んだ杉田妃和がグラウンダーのパスを入れる。これをペナルティアーク付近の菅澤が短く落とすと、ボールを受けた岩渕が巧みなターンでDFをかわしてすかさずゴール前にスルーパス。これに抜け出した長谷川が飛び出したGKの頭上を抜く冷静なシュートを流し込んだ。その後、ミーデマの決定機をGK山下の好守で凌ぎ、追いついたなでしこが良い形で試合を折り返した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半。立ち上がりは前からの圧力を強めたオランダがペースを掴む。立ち上がりにはボックス手前で得たFKをスピッツェが枠の左に飛ばすが、ここはGK山下が好守で凌ぐ。 立ち上がりの劣勢を凌いだなでしこは岩渕のドリブル突破を軸に反撃を試みる。57分にはボックス手前で杉田からパスを受けた菅澤が思い切ってミドルシュートを狙うが、枠を大きく外す。さらに64分には右サイドへの大きな展開から味方をオトリに内へ切り込んだ中島が左足のミドルシュートを枠の左隅に飛ばすが、ここは相手GKのファインセーブに阻まれた。 徐々に流れを掴み始めたなでしこは70分にもボックス左で浮き球を収めた岩渕のヒールパスを受けた長谷川が右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。攻勢を強めたいなでしこは72分、中島を下げて負傷明けの籾木結花を今大会初めてピッチに送り出す。 この交代をキッカケにボール支配率を高めて相手を押し込むなでしこ。79分にはボックス内での岩渕とのパス交換から杉田が左足を振り抜くが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩く。直後の80分には左サイドの長谷川のクロスの流れから菅澤の頭での折り返しからゴール前で混戦を作り、最後は籾木が左足のシュートを枠に飛ばすが、今度は相手GKのビッグセーブに阻まれる。 再三の決定機を作りながらも決め切れないなでしこは、試合最終盤にそのツケを払うことに。88分、ボックス内でミーデマが放ったシュートをDF熊谷紗希がブロック。すると、微妙な判定ながら左腕に当たったとしてオランダにPKが与えられる。これをキッカーのマルテンスに決められて土壇場で勝ち越しを許した。 その後、岩渕を下げて宝田沙織を投入し、長身の熊谷を前線に上げるパワープレーでゴールを目指すが、最後までゴールをこじ開けることはできずに無念の終戦。後半に入ってより多くの決定機を作り出したなでしこだったが、課題の決定力不足を克服できず。東京オリンピックでの金メダル獲得を目指す中で重要な試金石となる今大会は無念のベスト16敗退となった。 なお、この試合に勝利したオランダは準々決勝でイタリアと対戦する。 2019.06.26 06:11 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安律が子供と交流…寄付金かかったキックターゲットで160万円ゲット《ウブロ×堂安律チャリティイベント》

スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』が25日、都内でチャリティイベントを開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「ウブロ×堂安律チャリティイベント」と銘打たれた同イベントは、2020年3月に供用開始予定である「JFA夢FIELD(フィールド)」の寄付金獲得を目指すテーマのもとで実施。森保ジャパンで主軸の一角を担う日本代表MF堂安律が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベントには子供20人が集結。オランダで2年目のシーズンを過ごしたなかで、A代表デビュー&初ゴールも記録した堂安は、子供たちとの「1vs10のミニゲーム」や、「質問コーナー」、「寄付金額をかけたキックターゲット」で、約1時間にわたり交流を深めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベント最後には、堂安からイベントに参加した子供たちに対して、サイン入りのサッカーボールを贈呈。さらに、今月16日に21歳の誕生日を迎えた堂安にも、サプライズケーキがプレゼントされ、「進化できるように頑張りたい」と“21歳の抱負”を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>なお、堂安は子どもたちとのキックターゲットにより、160万円の寄付金を獲得。この全額が建設中の「JFA夢FIELD(フィールド)」に寄付されることになる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、コパ参戦の森保ジャパンから刺激! 「あとは自分がやるだけ」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が25日、スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』主催のイベントに登場した。 20名の子供たちとサッカーのミニゲームを通じて交流を図った堂安はイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。質疑応答に対して、次のようにコメントした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆堂安律(フローニンヘン/日本代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──イベントを終えて 「子供たちと楽しく触れ合うができ、『ウブロ』さんのチャリティイベントを楽しくすることができて、嬉しく思う」 ──自身が子供時代に憧れた選手、ユニフォームを買った選手<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「明確には覚えていないが、セルティック時代の中村俊輔選手のユニフォームを持っていた記憶がある」 「(中村俊輔選手が好きだった理由?) 自分と同じ左利きで、背番号10を背負って日本代表を引っ張った選手だったので、すごく憧れがあった」 ──コパ・アメリカ2019を戦った日本代表を外から観た感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「僕が言うのもなんですが、逞しいというか、日本人らしく、最後までハードワークして戦っていたと思う。本当に刺激をもらってばっかり。これ以上ない環境、コパ・アメリカで戦う日本代表からこれ以上ない刺激をもらったので、あとは自分がやるだけかなと」 ──その日本代表で同世代がすごい活躍。ライバル意識は<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「そういった質問をたくさんもらうが、毎回言っているように、ありがたいし、感謝でしかない。そういう環境に身を置けるのは幸せなこと。それを拒否るようじゃ、サッカー選手のトップに上り詰められないと思う。逆に、歓迎して、自分も負けじと頑張りたい」 ──イベント内でプレーした感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「小学生のレベルというか、能力がどんなものなのか正直わからなかった。イベント中も言ったが、しつこいディフェンスが印象的だった。日本の良さはしつこいディフェンスでもあるので、『まだ子供なのにすごいな』と思った」 ──なでしこジャパンが女子W杯に参戦中。自身の主戦とするオランダが相手。メッセージを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「男女関係なく、日本サッカーを盛り上げていきたい。なでしこジャパンは男子より成績を収めているので、今回も素晴らしい成績を収めて、日本に帰ってきてほしい。本当に頑張ってもらいたい」 ──対戦した子供たちと比べた自身の子供時代<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「あまり自分の子供時代を覚えていないので、わからない。イベント中も言ったように、緊張したと思うが、みんなが見ているなかでプレーする良い経験ができたと思う。この機会を生かしてほしい。年齢的に、僕と一緒にプレーできるので、『あのとき、堂安選手と会ったんです!』って言ってくる子供が出てきてくれたらなと思う」 ──今日のイベントで魅せられたか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「いや、まだまだです。練習します。僕も」 2019.06.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

攻守で貢献したMF柴崎岳「大会で得られた感覚を大事に来季へ」…五輪世代へのエールも《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、主将MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。大会を振り返り、「この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして次のシーズンに備えたい」とコメントし、今回の代表メンバーのメインとなった東京五輪世代への期待も口にした。 ◆MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 「良い大会だったと個人的には思います」 「結果はもちろん出なかったですけど、内容やこの年代の選手の成長を試合ごとに追うことが出来ました。僕もそうです。個人もチーム全体にとっても経験を詰めた試合になったと思います」 「A代表選手が今回招集できずにオリンピック世代がメインとなったチーム編成になりましたけど、A代表の底上げにつながる大会にもなりました。彼らがこの経験を経て、今僕らがいるA代表の選手たちからポジションを奪うような活躍だったり、成長を見せてくれることを期待しています。それがチーム力の向上にもつながると思うので、この大会を無駄にせず、成長していってほしいと思います」 「僕個人としても、この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして、次のシーズンに備えたいと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wjv2pu28b1v21akf7ic76o20y" async></script> </div> 2019.06.25 18:18 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英が総括…「世界を相手に戦いたいと強く思える大会だった」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」 ──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか 「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dxqi00z82lqv1wuppoj7hua15" async></script> </div> 2019.06.25 18:17 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース