モウリーニョやヴェンゲルでも無理! トルシエが日本代表を斬る2018.06.12 09:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)が14日、遂に開幕する。日本代表にとって、本大会出場は6大会連続6回目。過去最高位ベスト16以上を目指す戦いになるが、2002年の日韓W杯時に同代表を率いたフィリップ・トルシエ氏の見解は相当厳しい。

▽4月にヴァイッド・ハリルホジッチ元監督の首を切り、西野朗監督にロシアW杯での命運を託した日本代表。だが、本番前の強化試合でガーナ代表(0-2)、スイス代表(0-2)に連敗を喫した上、内容も芳しくないまま12日のパラグアイ代表との“最終調整戦”を迎える。

▽日韓W杯時に日本代表監督を務め、初のベスト16位進出に導いたトルシエ氏。
フランス『L'Equipe』によれば、現日本代表の本大会での躍進について問われると、次のように見解を示したという。

「(ジョゼ・)モウリーニョやアーセン・ヴェンゲルが率いたとしても、今の日本をベスト16に導くことは非常に難しい」

「初戦はコロンビアで、次にセネガル。ポーランドが初戦の相手であれば、状況は違ってくるだろうが、私が思うに、彼らはノーチャンスだ。チャンスはない」

「彼らの(ハリルホジッチ解任という)決断に驚かされたよ。だが、JFAは長い間、不満を抱き、W杯という舞台で壁にぶち当たる前に決断を下したかったのだろう」

「彼らは強いプレッシャーに直面する。なぜなら、彼らはベスト16に勝ち上がらなければならないのだからね。そうでなければ、JFAの失敗になる」

「コロンビアとセネガルは3〜5人ほど違いを生み出せる選手がいる。彼らの個の能力を考えると、日本は非常に厳しい戦いを強いられるだろう」

「だが、誰もが運が必要になってくる。レフェリーのいくつかの判定が道を決めることもある」

「2002年大会で、韓国代表がベスト4に勝ち進んだ。そして、フランスリーグで、3部のレ・ゼルビエがカップ戦決勝まで勝ち上がった」

「カップ戦とはそういうもの。たびたびすごく驚かされるようなストーリーがある」
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: U-20メキシコ 0-3 U-20日本《U-20W杯》

U-20日本代表は26日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190526_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 若原智哉 6.0 立ち上がりのピンチを好守で凌ぐ。その後も的確なポジショニングでシュートやクロスに対応 DF 5 菅原由勢 6.5 安定した守備に加え、初戦では見せられなかった果敢な攻撃参加から決定機を創出 4 瀬古歩夢 6.5 チームが押し込んだことで初戦に比べ守備機会は多くなかったが、的確な潰しとカバーリングでクリーンシート達成 3 小林友希 6.0 後半半ばに顔面を蹴られて流血も球際で互角以上の強さを見せた 15 鈴木冬一 6.0 相手のキーマンとなったライネスに粘り強く対応。攻撃でも積極的に高い位置を取った MF 9 斉藤光毅 6.0 ややフィニッシュの局面の判断に粗さがあったが、果敢な仕掛けで菅原と共に右サイドで優勢に (→20 中村敬斗 5.5) 投入直後に3点目の起点に。短い時間の中で積極性を見せた 10 齊藤未月 6.5 藤本とポジションを入れ替えながら攻守両面で多くの仕事をこなす。相手の懐に入り込むボール奪取は見事 8 藤本寛也 7.0 先発起用に応える2アシスト。積極的にサイドに流れて数的優位を作り出し、正確なパスでゲームをオーガナイズした。守備面での読みも冴えた (→7 伊藤洋輝 -) 16 山田康太 6.5 初戦と同様に切り替えの局面などハードワークが光った。逆サイドの攻撃が機能していたこともあり、バランス重視のプレーに FW 11 田川亨介 7.0 1ゴール1アシストとエースストライカーの仕事。初戦のうっ憤を晴らす躍動感と戦う姿勢を見せ続けた 13 宮代大聖 7.5 19歳の誕生日を自ら祝う2ゴール。見事な決定力を発揮した (→18 原大智 -) 監督 影山雅永 6.5 先発起用の藤本や宮代、鈴木がいずれも機能。完勝で今大会初勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 宮代大聖(U-20日本) ゲームメークで違いを見せた藤本や田川も見事だったが、この大舞台でバースデーゴールを決めるなど見事な勝負強さを見せたJ王者川崎の新鋭をMOMに選出。得点以外にボールを引き出す動きも秀逸だった。 U-20メキシコ 0-3 U-20日本 【U-20日本】 宮代大聖(前21) 田川亨介(後8) 宮代大聖(後31) 2019.05.27 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

宮代が19歳バースデー弾含む2発! メキシコ圧倒の日本が今大会初勝利でグループ暫定首位に!《U-20W杯》

U-20日本代表は26日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で快勝した。 初戦となった南米王者のU-20エクアドル代表戦を1-1のドローで終えた日本は、初戦で欧州予選2位のU-20イタリア代表に1-2で敗れた北中米カリブ海予選2位のメキシコと対戦した。今大会初勝利を目指す中、エクアドル戦からは先発3人を変更。東俊希、郷家友太、伊藤洋輝に代えて鈴木冬一、藤本寛也、宮代大聖を起用。2トップに宮代大聖と田川亨介、中盤は右から斉藤光毅、齊藤未月、藤本、山田という並びとなった。 開始直後に日本はいきなりピンチを迎える。中盤でのボールロストから中央で持ったライネスのスルーパスに抜け出したボックス左のデ・ラ・ローサにファーストシュートを放たれるが、これはGK若原の好守で凌ぐ。 このピンチを凌いだ日本は10分を過ぎてボールを持ち始めると、13分にはボックス内で田川とワンツーを試みた宮代がゴール前でDFと交錯して倒れるが、ここはノーファウルの判定。それでも、流動的な動きでボールを引き出す2ボランチを起点に流れを掴み始めると、先制点を奪うことに成功する。 21分、左サイドから鈴木冬が入れたクロスが相手DFに撥ね返されるが、このクリアボールに反応した藤本がボックス手前左で右足インサイドで浮き球のダイレクトスルーパス。これをゴール左に走り込んだ宮代が腰の捻りを利かせた左足のシュートをゴール右下隅に突き刺した。なお、宮代にとってこのゴールは19歳の誕生日を祝うバースデー弾となった。 一方、ビハインドを背負ったメキシコは失点前から足を痛めていたメラスがプレー続行不可能となり、フィゲロアが緊急投入される。その後、ライネスを起点に幾度か日本ゴールへ迫るが、集中した守備を崩し切るまでには至らず。 先制後も極端に受け身にならず、守備のバランスに気を配りつつマイボールの時間を作って危なげなく試合を運ぶ日本。2トップを中心にカウンターから幾度か決定機を作りかけると、35分には右サイド深くで藤本のパスを受けた菅原が正確な右足のクロスを供給。これを相手DFの間に入り込んだ田川が頭で合わせてゴール左隅に流し込むが、ここは田川のオフサイドを取られて追加点とはならず。それでも、難敵相手に優勢を保った日本が1点リードで試合を折り返した。 後半も落ち着いた入りを見せた日本はセットプレーから追加点を奪う。52分、右CKの場面でキッカーの藤本が左足インスウィングのボールをニアに入れると、ここに飛び込んだ田川がうまく頭でフリック。これがファーポストのサイドネットに吸い込まれた。 相手の出ばなを挫く後半立ち上がりの追加点を手にした日本はこれで完全に試合の流れを掌握。右サイドの菅原が前半以上に高い位置を取って斉藤光との連係から相手を押し込むシーンを作り出していく。その後、相手が早いタイミングで3枚の交代カードを切ってきた中、影山監督は76分に斉藤光を下げて中村敬斗を投入。 すると、この交代直後の76分にはその中村の持ち上がりを起点にボックス手前中央で田川が出したスルーパスに反応した宮代がゴール右から冷静にGKの脇の下を抜くシュートを流し込んで自身2点目となるダメ押しの3点目とした。 これで勝利に大きく近づいた日本は殊勲の藤本、宮代を下げて伊藤、原大智を続けてピッチに送り出し、このままクリーンシートで試合をクローズ。宮代のバースデー弾など攻撃陣がきっちり結果を残し、守備陣もライネス率いるメキシコ攻撃陣を完封する見事な戦いぶりで今大会初勝利。グループB暫定首位に浮上するとともにグループ突破に大きく近づいた。なお、最終節のイタリア戦は29日に行われる。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ex4w8qy7437x1rwlgrhwr2v2p" async></script> </div> 2019.05.27 00:38 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンを激励に訪れた森保一監督「逆に良い刺激をもらった」

25日、6月7日に開幕する女子ワールドカップに向けて、なでしこジャパンが千葉県内でトレーニングを行なった。 22日からスタートした国内合宿も4日目を迎えた中、日本代表の森保一監督がトレーニング施設に登場。練習の最後になでしこジャパンの選手たちに向かって言葉を掛けていた。 その後、報道陣の囲み取材に応じた森保監督は、今回の視察の目的に加え、なでしこジャパンへのエールを口にした。 「女子の日本代表チームがワールドカップに向けて練習していると聞いたので、激励に来れればなと思っていましたが、逆に良い刺激をもらいました。すごく緊張感がある雰囲気でしたし、チームで目標に向かっていくというコミュニケーションをとりながら練習しているということころは、我々の活動に生かしたいなと思います」 「高倉監督とは同級生なので、同期会を時々やっているんですが、今度練習を見に行く機会があったら行くねというのを実現できて良かったです」 <span style="font-weight:700;">──練習を見られて感じたことは</span> 「すごく練習が目的を持って行われていますし、緊張感が凄くあっていいと思いました」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンは世界一を獲ったことがあるチームですが学べることはありますか?</span> 「あります。世界一というのは簡単なことではないと思いますので、我々男子も世界一を獲ることを目標としていますので、女子から学んで高みを目指してやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンに改めてエールを</span> 「まずは最大限努力をしているので、大会前にくいの残らないように準備を続けてもらいたいなと思います。大会期間中はプレッシャーがあったり、厳しい試合の連続だと思いますが、楽しむことを忘れずに頑張ってきてもらいたいです」 2019.05.25 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

キリン杯とコパの日本代表が決定/六川亨の日本サッカー見聞録

6月5日と9日のキリンチャレンジ杯に臨む日本代表27名と、6月17日から始まるコパ・アメリカの代表23名が発表された。 選手の拘束力があるキリンチャレンジ杯は、大迫勇也や長友佑都らロシアW杯のメンバー10人に、今年1月のアジア杯からは権田修一、冨安健洋、堂安律、中島翔哉らに加え、新たに中山雄太、久保建英ら3名が加わった。 総勢27名の大所帯になった理由について森保一監督は「選手のコンディションにより、リーグ戦が終わって間の空いた選手もいれば、活動を見られない選手もいたので呼んだ」と述べた。 注目の久保建英については「チームで見せているパフォーマンスがいいのと、チームの中でも存在感を発揮している。2試合連続してゴールを決め、チームを勝たせる仕事をしている。求めるところはクラブと変わらない。攻撃のアクセントになり、緩急をつけて相手ゴールに迫っているので、代表でもその力を発揮して欲しい」と高く評価していた。 その久保がコパ・アメリカの代表にも招集されたのは正直意外だった。FC東京の長谷川監督がよく出したものだと思う。恐らく控えには大森晃太郎、ナ・サンホらがいるからだろう。 さてコパ・アメリカに臨む日本代表である。会見の冒頭で森保監督が「まずコパ・アメリカに参加するにあたって、派遣義務のない大会のなか、Jのみなさん、大学の皆さんにはシーズン中に戦力がダウンするなか、選手を派遣していただき、われわれに協力していただけることに感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。 23名のメンバーには初代表の選手が13人もおり、東京五輪世代が18人もいる。五輪のエントリーメンバーは18名だから、今回のコパ・アメリカ組が東京五輪のベースになるのは間違いないだろう。 森保監督も「まずは東京五輪世代の選手を多く選出させていただきました。その点では、私がA代表の監督をし、東京五輪の監督をしており、2つのグループをラージグループとして見ています。今回2つの大会があるなかで、どうA代表のラージグループとしてレベルアップさせることができるかを考えて、このメンバーになりました」と選考理由を明かした。 従って今回の選考は、コパ・アメリカというより、東京五輪のためではないだろうか。だからこそJクラブも協力せざるを得なかったのではないか。その点を関塚隆技術委員長に質問したところ、「このメンバーは森保監督以下のスタッフが兼任でやられているなかで、拘束力のない大会での派遣に関してA代表として戦いますが、来年の五輪への戦力というご理解は大きかったのかなというふうに思っています」と正直に語っていた。 和を重んじる日本人が「地元開催の五輪で金メダルを取るため」と言われれば断ることは難しい。ただJFA(日本サッカー協会)が配慮した節も見られる。それはフィールドプレーヤーが各クラブとも1名に限定していることだ。やはりリーグ戦の期間中ということで、JFAも譲歩したのだろう。 キリンチャレンジ杯に招集されなかった安部裕葵(鹿島)、同じくトゥーロン国際大会に招集されなかった上田綺世(法政大)も順当にコパ・アメリカでの選出となった。 森保監督は4-2-3-1を基本フォーメーションにするが、キリンチャレンジ杯では久保、南野、中島の2列目がどんなハーモニーを奏でるのか楽しみだし、コパ・アメリカなら右サイドの久保と松本泰志(広島)、渡辺皓太(東京V)、左サイドは安部と中島の競争となるが、そうなるとトップ下の候補がいなくなるだけに、中島がトップ下を務める可能性もあるかもしれない。 まずはキリンチャレンジ杯で新戦力の融合具合を確認しつつ、コパ・アメリカでは誰が台頭してくるのかを楽しみに待ちたい。 6月上旬にはカタールW杯のアジア1次予選が行われ、9月からは日本などシード国の出場する2次予選がスタートする。W杯予選に向けて選手層の充実と戦術の浸透度を図る6月の2大会とも言える。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.05.24 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フル代表初招集の鹿島MF安部裕葵「選ばれるだけで終わりにしたくない」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となった鹿島アントラーズのMF安部裕葵がクラブを通じてコメントしている。 「プロ3年目でこのような機会をいただき、とても感謝しています。ロシアW杯でサポートメンバーに入り、A代表に入りたいと強く感じました。日本のトップ選手たちが集まる環境でプレーできることはとても嬉しいですが、選ばれるだけで終わりにしたくないと思っています。自分をサポートしてくれる全ての方々への感謝を、A代表でのプレーで示していきたいです」 2019.05.24 20:06 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース