メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張2018.06.10 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。

▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。

「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」

「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」

▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト、去就決定は代表ウィーク後か…ユナイテッド移籍説に「面白い物語」

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が沈黙を破った。イギリス『メトロ』が報じた。 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で躍進を遂げたアヤックスのなかで、大いに存在感を示したデ・リフト。今夏の人気銘柄として大きな注目を集め、相思相愛の関係にあるバルセロナ行きの見方が強まっている状況だが、同選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏が仲介手数料を要求し始めてから一転、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦のポールポジションに立ったとの報道が急浮上している。 だが、当のデ・リフトにとって、ユナイテッド移籍報道はおとぎ話なのかもしれない。『FOX Sports』から受けたインタビューのなかで、その件についてコメントするとともに、去就決定時期に関しても次のように示唆したという。 「マンチェスター・ユナイテッドに関する記事は読ませてもらったよ」 「人々はああいった報道を話半分で見聞きすべきだ。面白いストーリーだけどね」 「1年間を通じて、誰もが僕の将来について話している」 「僕の焦点はネーションズリーグだ。その後、何が起こるのかを見ていくことになる」 2019.05.27 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・リフト争奪戦、ポールポジションにユナイテッドか

マンチェスター・ユナイテッドがアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の争奪戦を制するかもしれない。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で躍進を遂げたアヤックスのなかで、バルセロナ移籍内定のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらとともに、大いに存在感を示したデ・リフト。今夏の人気銘柄として大きな注目を集め、欧州の錚々たるクラブの関心報道が相次いでいるが、相思相愛の関係にあるバルセロナ行きの見方が強まっている状況だ。 しかし、デ・リフト争奪戦のポールポジションに立っているのは、ユナイテッドだというのだ。バルセロナはアヤックスと金銭面で取引成立の様相を呈したが、同選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏が仲介手数料1200万ポンド(約16億6000万円)を要求していることで動きが鈍り、ユナイテッドに付け入る隙を与えてしまった模様だ。 そのユナイテッドはデ・リフトの獲得に向け、アヤックスに対して移籍金7000万ポンド(約97億2000万円)のオファーで入札。さらに、バルセロナと異なり、ライオラ代理人の要求をのむことで、一気に争奪戦のトップに立ったという。 来シーズンのCL出場権を逃したことで、ビッグネーム獲得の困難が予想されたユナイテッド。だが、デ・リフトのほかにも、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得も取り沙汰されている。 2019.05.26 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアが11年ぶり8度目の優勝! バルサは2冠ならず…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ決勝、バルセロナvsバレンシアが25日にセビージャで行われ、1-2でバレンシアが勝利し、11年ぶり8度目の優勝を飾った。 準決勝でレアル・マドリーを下したバルセロナは、リーガエスパニョーラとの2冠と前人未踏のコパ5連覇が懸かる中、負傷中のスアレスとGKテア・シュテーゲンが欠場となった以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。 一方、準決勝でベティスを下したバレンシアは、リーガエスパニョーラを4位で終えて2年連続チャンピオンズリーグ出場権を手にした中、11年ぶりの優勝を懸けてベストメンバーを送り込んだ。 立ち上がりからボールを保持したのはバルセロナだったが、バレンシアが5分に決定機。ラングレのミスパスを拾ったロドリゴ・モレノがボックス内に侵入し、GKをかわしてシュート。だが、ゴールライン前に戻ったピケの好クリアに阻まれた。 それでも自陣に引いてバルセロナの攻撃を封じるバレンシアが22分に先制した。左サイドのスペースを突いたガヤがロングフィードを受けてクロス。これをボックス中央で受けたガメイロがジョルディ・アルバをかわして右足でゴールに突き刺した。 スアレス不在を感じさせるバルセロナに対し、33分にバレンシアがリードを広げる。右サイドのスペースをソレールが突いてクロスを上げ、ロドリゴ・モレノが頭で押し込んだ。 流れの悪いバルセロナは前半終了間際の45分、メッシがミドルシュートを浴びせ枠の右隅を捉えたが、GKジャウメのファインセーブに阻まれ、前半を2点のビハインドで終えた。 後半からアルトゥールとN・セメドに代えてビダルとマウコムを投入したバルセロナが攻勢に出る展開となると、56分に決定機。マウコムとのパス交換からボックス右に侵入したメッシが左足アウトでシュート。だが、ボールは左ポストに直撃した。 劣勢のバレンシアはふくらはぎを痛めたパレホがプレー続行不可能となって65分にコンドグビアを投入する。 そして73分、バルセロナが1点差に詰め寄る。右CKからラングレのヘディングシュートがGKジャウメを強襲すると、ルーズボールをメッシが押し込んだ。 それでも、終盤にかけてはバレンシアがバルセロナの攻勢を受け止めて逃げ切り。バルセロナの2冠を阻んだ創立100周年のバレンシアが11年ぶり8度目の優勝を飾っている。 2019.05.26 05:58 Sun
twitterfacebook
thumb

シレッセン、ベンフィカ移籍迫る…コパ決勝がラストマッチか

バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)が、ベンフィカと移籍合意に達したと『GOAL』が報じている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況から同選手には移籍の噂が取り沙汰されてきたが、『GOAL』によると今季のポルトガル王者ベンフィカがシレッセンと移籍合意に至ったという。 だがクラブ間では溝があり、2500万ユーロ(約30億円)を要求するバルセロナに対し、ベンフィカは1500万ユーロ(約18億円)程度だと見積もっており、現在両クラブの間で落としどころを見極めている状況のようだ。 なお、シレッセンは今季、リーグ戦3試合に出場しているが、その3試合は優勝が決まった後の試合。今夏での退団が迫る同選手の最後の花道を飾ろうということなのだろうか。 そして、25日にはバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝戦が控えているが、この試合がシレッセンのラストマッチとなるのだろうか。 2019.05.25 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ユナイテッドに急転移籍か

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏のアトレティコ退団を表明したグリーズマン。契約解除金1億800万ポンド(約150億円)が支払われてのバルセロナ移籍が有力的な情勢だが、当のカンプ・ノウ方面から加入を望まない声や、別ポジションの強化を優先すべきとの声も少なくない。 そうしたバルセロナ側の歓迎なきムードを受け、グリーズマンに対して、ユナイテッド行きの可能性も熱を帯びつつある様子。水面下で選手の兄弟や家族と接触しており、一転してユナイテッド行きが実現する可能性が高まっているという。 グリーズマンを巡っては、マンチェスター・シティに興味がなく、ユベントスも金額面に難色を示して獲得レースから撤退。パリ・サンジェルマン(PSG)も現時点でノープランであり、獲得に動いていない模様だ。 なお、長らく興味を示すユナイテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスに退団の可能性があり、グリーズマンの獲得に動くとなれば、その売却金を充てるものとみられる。 2019.05.25 10:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース