福岡が森本の8戦ぶりゴールで首位浮上! 愛媛は大分を下して新体制&ホーム初勝利《J2》2018.06.10 18:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第18節の8試合が10日に行われた。▽熊本市立水前寺競技場で行われたロアッソ熊本vsアビスパ福岡は、0-1で福岡が勝利した。

▽試合は30分過ぎに動きを見せる。ドゥドゥが上手くDFの間に入りアウトサイドでシュートを放つ。ここはGKのファインセーブに防がれるものの、その直後に森本がドゥドゥのパスからボックス内へ侵入。そこからゴール左隅にシュートを突き刺し、森本の8試合ぶりゴールで福岡が先制した。

▽後半に突入した53分、片山の左サイドのクロスを皆川がヘディングで合わせるがGK圍がファインセーブ。さらに64分には安柄俊がゴール前左から逆サイドを突いたシュートを放つが、ここでも圍がビッグセーブ。熊本はここまで最大のビッグチャンスだったが決めることが出来なかった。

▽81分にはドゥドゥにチャンスが訪れるが熊本GK佐藤も奮闘。結局、GK圍の活躍もあり福岡が熊本を下し3連勝を収めた。

▽ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvs大分トリニータは、1-0で愛媛が勝利した。

▽勝てば首位に立つ大分は序盤から攻め込んでいく。13分に左からの松本のクロスを後藤がヘディングで合わせネットを揺らすが、競り合った際に後藤のファウルを取られ、ゴールは認められず。

▽迎えた後半、攻勢を強めたのは大分。51分に伊佐、52分に野澤が立て続けにシュートを放つ。だが愛媛も機を見ては攻撃に転じると65分、近藤のシュートがブロックに入った相手の手に当たり愛媛がPKを獲得。これを近藤自ら決めて、先制に成功する。

▽その後、足をつる選手が出るなど熱を帯びた試合は、最後は大分の猛攻を凌ぎ切った愛媛が1-0で勝利。第7節以降の勝利となり、川井健太監督体制およびホーム初勝利を挙げた。

◆明治安田生命J2リーグ第18節
京都サンガF.C. 1-0 松本山雅FC
レノファ山口FC 1-0 ファジアーノ岡山
栃木SC 1-2 水戸ホーリーホック
アルビレックス新潟 1-2 東京ヴェルディ
カマタマーレ讃岐 0-1 FC岐阜
ロアッソ熊本 0-1 アビスパ福岡
モンテディオ山形 2-1 ジェフユナイテッド千葉
大宮アルディージャ 4-0 横浜FC
徳島ヴォルティス 1-2 FC町田ゼルビア
愛媛FC 1-0 大分トリニータ

▽7/4(水)
《19:00》
ヴァンフォーレ甲府 vs ツエーゲン金沢
コメント
関連ニュース
thumb

松田が決勝弾! 福岡、鹿児島との九州ダービー制し自動降格圏脱出!《J2》

明治安田生命J2リーグ第15節の5試合が26日に各地で行われた。 白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFCvsアビスパ福岡は、1-0で福岡が勝利した。 連敗は逃れない18位・鹿児島(勝ち点14)と、4試合白星がない21位・福岡(勝ち点12)の“九州ダービー"。ホームの鹿児島は12分、中盤でボールを持った五領がボックス手前からミドルシュートを放つが、GKセランテスの正面に飛んでしまう。 序盤こそ鹿児島ペースで試合が進んだが、徐々に福岡も反撃。36分、ボックス左外でボールを持った石原が右足でゴール前に絶妙なクロスを送る。ここにヤン・ドンヒョンが飛び込んで頭で合わせるも、GKアン・ジュンスが右手一本で弾くビッグセーブに阻まれ、先制点を奪うことができない。 後半に入ると、鹿児島に決定機。56分、敵陣ボックス右で五領が相手からボールを奪取し、そのままGKとの一対一を迎える。しかし、左足で放ったシュートはクロスバーに直撃し、先制のチャンスをモノにすることができない。 冷や汗をかいた福岡。しかし、迎えた64分、敵陣中央左でスローインを受けたヤン・ドンヒョンが右足でゴール前にライナー性のクロスを供給。これに反応していた松田がフリーでヘディングシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。 待望の先制点を奪った福岡はその後、鹿児島の反撃を受けたが、GKセランテスを中心とした集中したディフェンスでシャットアウト。九州ダービーを1-0で制した福岡が、自動降格圏を脱出し、暫定19位に浮上している。 また、NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vsツエーゲン金沢は、ゴールレスドローで終了。前日に行われた愛媛FCvs水戸ホーリーホックで、水戸が1-0で勝利し、勝ち点を30に伸ばして暫定首位に浮上していたため、山形(勝ち点29)は首位陥落となった。 三協フロンテア柏スタジアムで行われた柏レイソルvs大宮アルディージャは、1-1の引き分けに終わった。柏が28分にオルンガのゴールで先制したが、大宮も途中出場のフアンマ・デルガドがゴールネットを揺らし、ドローに持ち込んだ。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/26(日) 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> モンテディオ山形 0-0 ツエーゲン金沢 栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山 柏レイソル 1-1 大宮アルディージャ 岐阜FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> ▽5/25(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 徳島ヴォルティス 東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 横浜FC 愛媛FC 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 アルビレックス新潟 2019.05.26 20:56 Sun
twitterfacebook
thumb

J1&J2クラブが登場…2回戦組み合わせが決定! 前回王者・浦和は流経大、秋田撃破の明治大はJ王者・川崎Fと《第99回天皇杯》

5月25日、26日に第99回天皇杯1回戦が行われ、2回戦進出チームが決定した。 1回戦では、都道府県予選を勝ち抜いてきたチームが対戦。明治安田生命J3リーグを戦うクラブも登場し、ヴァンラーレ八戸(青森)やザスパクサツ群馬(群馬)、ギラヴァンツ北九州(福岡)、ロアッソ熊本(熊本)らが順当に1回戦突破を決める中、ブラウブリッツ秋田が明治大学に0-3で屈するなど、早くも下剋上が起きている。 その他、インカレ王者の法政大学、元日本代表FW髙原直泰が代表兼監督兼選手を務める沖縄SVらも2回戦進出を決めた。 この結果、2回戦の組み合わせが決定。2回戦は7月3日と10日に開催され、同ステージから明治安田生命J1リーグ、J2リーグのクラブが登場する。組み合わせは以下の通り。 ◆天皇杯2回戦組み合わせ ▽7月3日(水) 《19:00》 川崎フロンターレ(J1) vs 明治大学(東京) ジェフユナイテッド千葉(J2) vs ファジアーノ岡山(J2) ジュビロ磐田(J1) vs ホンダロックSC(宮崎) 松本山雅FC(J1) vs ヴァンラーレ八戸(青森) 清水エスパルス(J1) vs AC長野パルセイロ(長野) アビスパ福岡(J2) vs 鹿児島ユナイテッドFC(J2) ガンバ大阪(J1) vs カマタマーレ讃岐(香川) 北海道コンサドーレ札幌(J1) vs Honda FC(静岡) 徳島ヴォルティス(J2) vs 愛媛FC(J2) 湘南ベルマーレ(J1) vs ヴィアティン三重(三重) V・ファーレン長崎(J2) vs 高知ユナイテッドSC(高知) 浦和レッズ(J1) vs 流通経済大学(茨城) 水戸ホーリーホック(J2) vs 京都サンガF.C.(J2) 横浜F・マリノス(J1) vs 立命館大学(京都) サンフレッチェ広島(J1) vs 沖縄SV(沖縄) ツエーゲン金沢(J2) vs アルビレックス新潟(J2) 名古屋グランパス(J1) vs 鹿屋体育大学(鹿児島) 大分トリニータ(J1) vs ガイナーレ鳥取(鳥取) レノファ山口FC(J2) vs FC琉球(J2) ヴィッセル神戸(J1) vs ギラヴァンツ北九州(福岡) 大宮アルディージャ(J2) vs ザスパクサツ(群馬) 鹿島アントラーズ(J1) vs 北陸大学(石川) モンテディオ山形(J2) vs 栃木SC(J2) サガン鳥栖(J1) vs ロアッソ熊本(熊本) 柏レイソル(J2) vs いわてグルージャ盛岡(岩手) FC東京(J1) vs 桐蔭横浜大学(神奈川) ヴァンフォーレ甲府(J2) vs FC岐阜(J2) ベガルタ仙台(J1) vs FC大阪(大阪) FC町田ゼルビア(J2) vs カターレ富山(富山) ▽7月10日(水) 《19:00》 東京ヴェルディ(J2) vs 法政大学(アマチュアシード) 横浜FC(J2) vs 仙台大学(宮城) セレッソ大阪(J1) vs アルテリーヴォ和歌山(和歌山) 2019.05.26 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

京都の大卒ルーキー上夷克典が左ヒザ外側半月板損傷…21日に手術

京都サンガF.C.は25日、DF上夷克典の戦線離脱を発表した。 大卒ルーキーの上夷は16日の練習中に左ヒザ外側半月板を損傷。21日に京都市内の病院にて手術を受けたという。ここまで明治安田生命J2リーグ9試合に出場している状況だった。 京都は現在、J2リーグ7勝5分け3敗の暫定4位。6月2日に行われる次節、東京ヴェルディとのアウェイゲームに臨む。 2019.05.26 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

上位進出を狙う京都と長崎が揃って勝利! 京都は暫定3位浮上《J2》

明治安田生命J2リーグ第15節の6試合が25日に行われた。 京都サンガF.C.vsレノファ山口は、2-0で京都が勝利した。 町田ゼルビアと2-2で引き分けた前節と同じスタメンを起用した5位の京都が、20位に沈む山口を攻めたてる。まずは7分に小屋松のチャンスメイクから2本の惜しいシュートを放った京都は10分にも中央突破から小屋松がシュート。しかし、これがGKの手に弾かれるとクロスバーを叩いてネットを揺らせず。 それでも山口にペースを譲らずに迎えた34分、左CKを石櫃が蹴ると、一美が右足アウトサイドでコースを変えるようにシュートを流し込んで先制点を奪った。 しかしその3分後、京都は庄司が相手の決定機でユニフォームを引っ張って倒してしまい、これが一発レッドの判定に。 1人少なくなった京都はそこから山口に危険な場面を許し始める。前半アディショナルタイムには高木のヘディングシュートがGK清水を強襲。後半の立ち上がりにも吉濱のシュートがクロスバーを叩くなど、相手に主導権を握られ始める。 それでも何とか耐え抜く京都は85分、ドリブルで中央突破小屋松がそのままボックス左に侵入。最後は出てきたGKを見計らってループシュートを流し込んで、トドメの2点目を奪った。 そして試合は京都が2-0で勝利。暫定ながら3位に浮上した。 一方、V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティスは1-0で長崎が勝利を収めた。 8位の長崎と14位の徳島の試合は16分に動いた。敵陣左サイドからロングスローを入れた長崎は一度相手に跳ね返されるものの、角田がもう一度ボックス手前から縦パスを送る。このパスをボックス左で受けた呉屋がスムーズな胸トラップからシュートを流し込んで、長崎が先制した。 だがその後は徳島のペースに。失点直後から相手のゴールに迫る徳島。前半アディショナルタイムには小西が惜しいシュートを放つ。後半も攻撃の主導権は徳島が握り、何本もシュートを浴びせていく。 しかし、最終的に18本のシュートを打った徳島だったが、どれもネットを揺らすことはできず試合終了。1-0で辛勝した長崎は暫定で5位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/25(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 徳島ヴォルティス 東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 横浜FC 愛媛FC 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 アルビレックス新潟 2019.05.25 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球DF徳元悠平、第一子となる男児誕生

FC琉球は25日、DF徳元悠平(23)に第一子となる男児が誕生したことを発表した。 徳元は城西国際大学から2018年入団。今年はここまで明治安田生命J2リーグ全14試合に先発出場を続けている。男児誕生を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「私ごとですが第一子が誕生しました。命をかけて産んでくれた妻、産まれて来てくれた息子に感謝しています。これから私も命をかけてサッカーに子育てに取り組んでいきます。今後とも応援よろしくお願いします」 2019.05.25 15:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース