アタランタがアストン・ビラのイタリア人GKゴッリーニの買い取りオプションを行使2018.06.10 01:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタは9日、アストン・ビラのイタリア人GKピエルルイジ・ゴッリーニ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は430万ユーロ(約5億5000万円)に設定されていた。

▽2012年にフィオレンティーナからマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に移籍したゴッリーニは、将来を嘱望されたGKだったがユナイテッドではトップチームに上がれず、2017年冬にアストン・ビラからアタランタへ2年間のレンタル移籍を果たした。2017-18シーズンはアタランタで控えGKとしてセリエAで7試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーからレンタル中のエイブラハム、アストン・ビラが買い取りを画策か

チェルシーからアストン・ビラにレンタル移籍しているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(21)の去就に注目が集まっている。 チェルシーの下部組織出身のエイブラハムは今季はチャンピオンシップのアストン・ビラにレンタル。チェルシーのレジェンド、ジョン・テリーもコーチを務めるクラブで、リーグ戦37試合25得点と圧倒的な成績を残している。 エイブラハムの活躍もあり、今季のチャンピオンシップを5位で終えたアストン・ビラは昇格プレーオフの真っ只中。現在は4位WBAとのファーストレグを終え、2-1でリードしている状況だ。WBAを退けることが出来れば、決勝でリーズ・ユナイテッドvsダービー・カウンティの勝者と激突する。 そして、もし来季のプレミアリーグ昇格を決めることが出来た場合、アストン・ビラはエイブラハムの買取に動くだろうとイギリス『テレグラフ』が伝えている。かかる移籍金は2500万ポンド(約35億円)程度のようだが、同選手にはイングランド国内の他、ドイツクラブも興味を示しているという。 もっとも、エイブラハムは以前にチェルシーでプレーすることが来季の目標と語っていたうえ、チェルシーが今後1年間、移籍市場での動きを制限されてしまうため、エイブラハムをレンタル以外で放出する可能性は低いのかもしれない。 2019.05.14 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“変人”ビエルサが超フェアプレイ! 自動昇格かかる試合でワザと得点させる

チャンピオンシップ(イングランド2部)の一戦で、珍しい光景が見られた。 その光景は、28日に行われたチャンピオンシップ第45節のリーズ・ユナイテッドvsアストン・ビラの一戦で起こった。 来シーズンのプレミアリーグ昇格を目指し、勝ち点82で3位につけるリーズと勝ち点76で5位につけるアストン・ビラの一戦。昇格プレーオフ圏にいる両チームだが、自動昇格圏を狙える位置にいるリーズにとっては、勝たなければいけない試合だった。 そんな試合、なかなか見られないプレーが生まれる。0-0で迎えた72分、GKからのフィードがこぼれ球になると、競り合いでアストン・ビラのジョナタン・コジアが負傷。ピッチに倒れ込む中、審判はノーファウルであるとし、リーズはパスを繋ぐ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190429_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> しかし、チームメイトが倒れている事に気づいたアストン・ビラの選手たちがボールを外に出してくれとアピール。その際にライン際でボールを持っていたリーズのテイラー・ロバーツが外に出すと思いきや、前線にいたマテウシュ・クリヒへとパスを送った。 パスを受けたクリヒは左サイドからカットイン。慌ててアストン・ビラの選手も対応するが、ボックス内左から見事にゴールを決めて、リーズが先制した。 プレミアリーグの自動昇格を目指すリーズにとっては勝たなければいけない試合でもあり、審判も止めていないためにこの判断は間違ってはいない。しかし、この行動にアストン・ビラの選手が激怒。ゴールを決めたクリヒにコナー・フリハンが掴みかかると一気に乱闘騒ぎに発展。この流れで、アストン・ビラのアンワル・エル・ガジが退場処分となり、最悪の空気となる。 すると、ここで“変人”とも称されるリーズのマルセロ・ビエルサ監督が1つの判断を下す。それは、このゴールをなかったことにすることだ。ピッチサイドでビエルサ監督は、鬼の形相でピッチ内の自身の選手たちに対し、アストン・ビラにゴールを決めさせるように指示を飛ばした。 アストン・ビラのキックオフで試合が再開すると、リーズの選手たちは棒立ちに。そのままアストン・ビラのアルベルト・アドマーがゴールを決めるが、この判断を受け入れられないポントゥス・ヤンソンが妨害しようとしたため、最後はチームメイト同士で揉める事態となった。 結局試合は1-1のドロー。リーズが引き分けたため、2位のシェフィールド・ユナイテッドのプレミアリーグ昇格が決定。リーズとアストン・ビラは昇格プレーオフに進むことが決定しており、再びこのカードが見られるかもしれない。 2019.04.29 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラで活躍した元イングランド代表FWアグボンラホルが32歳で現役引退

昨季までアストン・ビラに在籍し、今季は所属クラブのなかった元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホル(32)が27日、現役引退を発表した。 ストライカーやウインガーとしてプレーしたアタッカーのアグボンラホルは、ユース時代を含めて17年間、地元のアストン・ビラでプレー。公式戦391試合に出場して86ゴール57アシストを記録。2007-08シーズンから3シーズン連続で二桁ゴールを記録するなど、アストン・ビラの中心選手として活躍した。そして、イングランド代表では2008年11月にデビュー。3試合の出場を果たした。 しかし、近年は得点力が衰え、過去3シーズンはいずれもリーグ戦で1ゴールずつしか奪えず苦しんでいた。そのアグボンラホルは引退について自身のインスタグラムで以下のように語っている。 「アストン・ビラで400試合ほどプレーでき、このクラブのプレミアリーグにおける最多得点者となることができた。また、キャプテンも務め、イングランド代表でもプレーできた。満足だよ。今は時が来たと感じ、クラブをファンの一人として見守ることにした。これまで支えてくれたクラブのスタッフ、チームメイトに感謝したい」 2019.03.28 05:01 Thu
twitterfacebook
thumb

乱入男がラリアット! アストン・ビラMFグリーリッシュが試合中に襲撃される

チャンピオンシップ(イングランド2部)で衝撃の事件が起こった。10日に行われたバーミンガムvsアストン・ビラのバーミンガム・ダービー(セカンド・シティ・ダービー)で、ピッチに乱入したサポーターが選手を襲撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 事件が起こったのは試合開始9分のこと。ボールがタッチラインを割ると、1人のバーミンガムファンがピッチに乱入。すると、猛然とダッシュし、アストン・ビラのキャプテンを務めるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ目掛けてラリアットを背後から見舞った。 試合中に突然背後から襲われたグリーリッシュは、その場に倒れ込み、ラリアットを見舞った男はすぐさまアストン・ビラの選手たちに囲まれ、警備員に連れ出された。また、バーミンガムの選手はグリーリッシュの下に駆け寄り、状態を気遣っていた。 首元にラリアットを受けたグリーリッシュだったが、67分に決勝ゴールを記録。襲撃を受けながらも、しっかりと勝利に貢献していた。 試合後、グリーリッシュが襲撃に関してコメント。最初は何が起きたか分からなかったと語った。 「僕の人生において最高の日だね」 「アストン・ビラのキャプテンとして初めてここにやってきて、そして勝利した。それは夢が達成されたことだよ。特にアストン・ビラファンにとってはね」 「当初、僕は気付いていなかった。僕たちはコーナーかスローインだったと思う。そして、僕は自分のポジションに向かって歩いている時、顔の側面のあたりに、強い打撃を感じたんだ」 「サッカーには明確な対立があるけれど、本当には色々な場所には無いと思っている。最後は自分の仕事をして、成功したと思っているよ。勝利できたし、アウェイで3ポイントを獲得できたんだ」 なお、ウェストミッドランズ警察はこの件に関して声明を発表。男を逮捕し、起訴するとした。 「我々は今夜、“セカンド・シティ・ダービー”の試合中にピッチに侵入し、アストン・ビラのジャック・グリーリッシュを襲撃した男を起訴した」 「ルベリーに住む、27歳のポール・ミッチェルは、3月11日、バーミンガム・マグス裁判所に出頭することとなった」 2019.03.11 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

「現役に未練はない」コーチ業に励むテリー氏、引退が正しい決断と明かす

現役時代にチェルシーやイングランド代表で活躍したジョン・テリー氏は、現役でフットボールをプレーすることに未練はないと明かした。<br><br>1998-99シーズンにチェルシーでデビューを飾って以降、700試合以上も同クラブでプレーしたテリー氏。2017年夏に退団した後、チャンピオンシップ(英2部)のアストン・ビラに加入し、2018年10月に現役からの引退を発表した。現在は昨シーズンまでプレーしたチームでコーチを務める同氏は、イギリス『スカイスポーツ』で引退について語った。<br><br>「私はプレーすることを恋しがってなどいない。カラバオ・カップ決勝のような試合を見ていると今でもプレーしたくなるが、周りからのプレッシャーやキャリアの終盤で自分自身に課したプレッシャーによって、楽しめなくなっていた。だから、引退したことを楽しんでいる」<br><br>また、コーチとしてのキャリアをスタートさせたことについて「選手時代はオフがあり、リフレッシュができた。しかし、今ではその時間は前の試合を見返したり、次の相手を研究したりする時間だ」と現役時代よりも忙しくなったと語ったテリー氏は、世界的な名将たちとの仕事が大きな糧になっていると認めた。<br><br>「特定の監督たちと今後どのように進んでいくかいつも興味を持っていた。本当に良い監督のトレーニングセッションからたくさんのことを学んだ。反対に、効果がなく、選手たちも楽しめいないセッションもいくつかあった」<br><br>提供:goal.com 2019.02.28 21:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース