千葉の大卒ルーキーDF鳥海晃司がプロA契約2018.06.09 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は9日、DF鳥海晃司(23)とのプロA契約締結を発表した。▽鳥海は、6日に行われた天皇杯2回戦のラインメール青森戦にて、プロA契約に必要な出場時間を満たした。

▽千葉県出身の鳥海は、明治大学から今シーズン入団。ここまで明治安田生命J2リーグ11試合に出場している。

▽その鳥海は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「A契約になることができて大変うれしく思います。ただ、ここからが本当の勝負だと思っているので、ジェフに恩返ししていけるように、これからも日々精進していきます」
コメント
関連ニュース
thumb

札幌、大阪体育大DF田中駿汰の来季加入内定を発表! トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表にも選出

北海道コンサドーレ札幌は26日、大阪体育大学に所属するU-22日本代表DF田中駿汰(22)の来シーズン加入が内定したことを発表した。 田中は、ガンバ大阪U-15から履正社高校を経て、大阪体育大学に進学。2019年には全日本大学選抜にも選ばれ、先日発表されたトゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表にも選出された。クラブはプレーの特徴を「複数の守備的なポジションを高いレベルでこなすことができ、高さ、読みの良さ、足元の技術を兼ね備えた選手」と紹介している。 札幌への加入が内定した田中は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました、大阪体育大学の田中駿汰です。北海道コンサドーレ札幌という素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。これまで自分に関わってくれた多くの方々への感謝を忘れず北海道コンサドーレ札幌を代表する選手、日本を代表する選手になれるように頑張っていきたいと思います」 2019.05.26 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセン・ヴェンゲルに神戸からオファー…23年ぶりのJリーグ復帰か

アーセン・ヴェンゲル氏(69)が23年ぶりにJリーグの舞台に戻ってくるかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ヴェンゲル氏は1996〜2018年まで22年間にわたってアーセナルの指揮を執り、リーグ優勝3度、FAカップ制覇7度。2017-18シーズン限りでアーセナル監督を勇退後、今後の動向に注目が集まっているフランス人名将だ。 そのヴェンゲル氏に対して、ヴィッセル神戸行きの可能性があるというのだ。同氏は公式戦9連敗中の神戸からコンタクトがあり、年俸350万ポンド(約4億8000万円)+2021年末までの2年半契約のオファーを受けたという。 神戸はファン・マヌエル・リージョ氏の下で今シーズンをスタートさせたが、4月に監督交代を決断。後任として前任の吉田孝行監督を再び招へいしたが、明治安田生命J1リーグ7連敗で16位に低迷している。 1995~96年にかけて名古屋グランパスの監督を歴任のヴェンゲル氏。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキらJ屈指の選手層を誇るチームの長として、再び日本で指揮を執ることはあるのだろうか。 2019.05.26 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

チャナティップ、今夏欧州挑戦か…シュツットガルトが関心

北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップ(25)に対して、ヨーロッパ挑戦の可能性が浮上した。タイ『Matichon』が報じた。 自国で“タイのメッシ”として注目を浴び、2017年から札幌でプレーするチャナティップ。在籍2年目の昨年にJ1ベストイレブンに選ばれるなど、東南アジア人選手として成功例なき日本でも確かな才能を発揮しており、札幌にとっても今や欠かせない選手の1人として成長を遂げている。 そのチャナティップに対して、シュツットガルトが完全移籍か、レンタルでの獲得に関心を抱いているという。シュツットガルトは今シーズンのブンデスリーガを16位フィニッシュ。1部・2部入れ替え戦に回り、23日にホームで行われたウニオン・ベルリンとの第1戦を2-2で引き分けている。 チャナティップの父親は息子に対して、現時点でドイツクラブからの問い合わせはないと話しているが、本人は機会があればヨーロッパ挑戦に意欲的とのことだ。シーズン途中での移籍となれば、札幌にとって痛手となるが、チャナティップの去就はいかに。 2019.05.25 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

東京V、フランス2部で武者修行のMF澤井直人が復帰 「もう一度緑の14番を着て戦えることを誇りに思う」

東京ヴェルディは24日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のACアジャクシオに期限付き移籍していたMF澤井直人(24)の復帰を発表した。なお、澤井は7月20日に行われる明治安田生命J2リーグ第23節の愛媛FC戦以降から出場可能となる。 東京ヴェルディジュニアからヴェルディ一筋のキャリアを歩んでいた澤井は、2014年にトップチーム昇格。在籍5年間で明治安田生命J2リーグ91試合8得点を誇り、昨シーズンは4試合に出場。その後、昨年8月に提携クラブのアジャクシオに2019年6月30日までの契約で武者修行に出ていた。 アジャクシオでは今季リーグ・ドゥを20チーム中17位で終えたチームにあってリーグ戦8試合に出場し1ゴールを挙げていた。 フランスでの武者修行を経て東京Vへの復帰が決定した澤井はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ACアジャクシオへの期限付き移籍期間が終了し、ヴェルディに戻ることになりました。まずこの挑戦のチャンスを与えてくださったヴェルディに関わるすべての皆様に感謝します。そしてまたもう一度この僕にとって一番のクラブで緑の14番のユニフォームを着て戦えることを本当に誇りに思います。応援していただいている人のために成長してきたと思ってもらえるようなプレーを全力で見せていきます。J1昇格という目標に向かって一緒に頑張りましょう!応援よろしくお願いいたします」 2019.05.24 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定済の明治大学MF安部柊斗の特別指定選手承認を発表

FC東京は24日、来シーズンの加入が内定している明治大学のMF安部柊斗(21)が2019年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことを発表した。 背番号は「36」に決定した。 FC東京アカデミー育ちの安部は豊富な運動量で攻守に躍動するタイプのMF。明治大学に進学後、全日本大学選抜歴も持つ。安部は今回の特別指定選手承認を受けたクラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「今シーズンからたくさん試合に出場できるように努力して、少しでも東京の力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:49 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース