痛恨の凡ミス…ベルギー代表メンバーがまさかの発覚2018.06.02 14:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップに臨むベルギー代表。本大会の登録メンバー23名はまだ発表されていなかったが、思わぬミスでメンバーが発覚したようだ。ベルギーのテレビ局『VRT』が報じた。

▽ベルギー代表は、5月21日にベルギー代表候補メンバー28名を発表。ここから23名に絞り込まれる段階だった。

▽まだ公式発表がされていない中、選手たちが使用するマットレスがロシアに向けて発送。本大会メンバー23名分のマットレスの映像を『VRT』が放送したが、どうやらこのマットレスにメンバーの名前が書かれていたようだ。

▽この映像に写り込んだマットレスに名前がなかったのは、GKマッツ・セルス(アンデルレヒト)、DFリーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)、FWロメル・ルカクの弟であるDFジョルダン・ルカク(ラツィオ)、DFクリスチャン・カバセレ(ワトフォード)、そしてかつてはマンチェスター・ユナイテッドで日本代表MF香川真司ともプレーしたMFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ)の5名だった。

▽ベルギーは、6月18日にパナマ代表と初戦を戦い、その後、イングランド代表、チュニジア代表と対戦。ワールドカップ前には、エジプト代表、コスタリカ代表と親善試合で対戦する。

◆ベルギー代表候補メンバー28名
GK
マッツ・セルス(アンデルレヒト)
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド)
コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF
リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)
ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/アメリカ)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)
トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド)


MF
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ナセル・シャドリ(WBA/イングランド)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)

FW
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン)
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ブライネが露W杯から初代表入り!コンパニ、ヴィツェル復帰のベルギー代表、初招集GK含めた28名発表《ユーロ2020予選》

ベルギーサッカー協会(KBVB)は21日、ユーロ2020予選・グループIのカザフスタン代表戦、スコットランド代表戦に向けたベルギー代表メンバー28名を発表した。 今回の招集メンバーには、ロシア・ワールドカップ以降初の代表入りとなったMFケビン・デ・ブライネ、前回はケガで招集が見送られていたDFヴァンサン・コンパニやMFアクセル・ヴィツェルらが名を連ねた。また、オイペンで活躍するGKヘンドリク・ヴァン・クロムブルッヘが初招集となった。 ベルギー代表は、来月8日にホームでカザフスタン代表と、同11日にホームでスコットランド代表とユーロ2020予選・グループIで対戦する。今回発表されたベルギー代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ベルギー代表メンバー28名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">シモン・ミニョレ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンドリク・ヴァン・クロムブルッヘ</span>(オイペン) <span style="font-weight:700;">マッツ・セルス</span>(ストラスブール/フランス) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ブランドン・メシェレ</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ヴァンサン・コンパニ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">トビー・アルデルヴァイレルト</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤン・ヴェルトンゲン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ヴェルメーレン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ハンス・ヴァナケン</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ヤニク・フェレイラ=カラスコ</span>(大連一方/中国) <span style="font-weight:700;">ティモシー・カスターニュ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">デニス・プラート</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">リーンデル・デンドンカー</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ユーリ・ティーレマンス</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ムニエ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ナセル・シャドリ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">アクセル・ヴィツェル</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ロメル・ルカク</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ディヴォク・オリジ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミッチー・バチュアイ</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ベンテケ</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">トルガン・アザール</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ドリエス・メルテンス</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アドナン・ヤヌザイ</span>(レアル・ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">レアンドロ・トロサール</span>(ヘンク) 2019.05.21 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、ベルギーサッカー協会に資金洗浄疑惑

ベルギーの名門クラブ・アンデルレヒトが、マネー・ロンダリング(資金洗浄)の疑惑をかけられ、警察の調査を受けているとのことだ。イギリス『BBC』が報じた。 今回疑惑を向けられているのは、代理人と選手の移籍に関するマネー・ロンダリングとのこと。また、アンデルレヒトだけでなく、ベルギーサッカー協会も疑われているとのことだ。 検察のスポークスマンは「移籍を担当した代理人に行くつか質問をした。それがマネー・ロンダリングの問題だ」とコメントしている。なお、アンデルレヒトは警察の調査に協力しているとのことだ。 アンデルレヒトは、ベルギーで最も成功したクラブであり、リーグ優勝は34回。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)も制したことがある。 なお、今シーズンは苦戦が続いており、プレーオフ1に進出するもここまで1分け3敗と結果を残せておらず5位に位置。55シーズンぶりにヨーロッパの大会への出場権を失う可能性があり、ピッチ内外で困難を抱えるシーズンとなっている。 2019.04.25 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

クルトワ、ジダン政権で第2GK降格の可能性?

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、再びリーグ戦でコスタリカ代表GKケイロル・ナバスを起用するようだ。スペイン『アス』が報じた。 昨年の夏に鳴り物入りでチェルシーからマドリーに移籍し、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたK・ナバスを押しのけて第1GKに君臨しているベルギー代表GKティボー・クルトワ。しかし、クラブの不調に引き摺られる様に今シーズンは目立ったパフォーマンスを披露することが出来ていない上、不用意な発言が度々批判を浴びるなど、良いシーズンは過ごしていない。 さらに、クルトワを重用していたサンティアゴ・ソラーリ前監督が解任され、ジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、初陣のリーガエスパニョーラ第28節セルタ戦にはK・ナバスが出場。幾度か印象的なセーブも披露し、2-0での勝利に貢献していた。 そして、今回の『アス』によると、クルトワは3月31日の第29節ウエスカ戦に向けた29日の練習でチームトレーニングに合流出来ず。もちろん、インターナショナルウィーク明けのため、疲労を考慮された結果ではあるが、室内でのトレーニングに終始したとのこと。一方、K・ナバスもコスタリカ代表として3月の2試合に出場していたが、同選手は通常のメニューを消化したようだ。 伝えられるところでは、ジダン監督はK・ナバスを優先させる考えを示唆しており、クルトワは第2GKに降格する恐れも。いずれにせよ、ウエスカ戦ではK・ナバスの先発が濃厚と見られており、クルトワに我慢の時間が訪れるかもしれない。 2019.03.30 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

クルトワ熱愛報道のモデルが糾弾「“前”がだらしなさ過ぎ」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、苛烈に糾弾されている。スペイン『マルカ』が報じた。 昨年夏にチェルシーからマドリーに加入したクルトワ。以前から2人の子供と自身の母親がマドリッドに暮らしていることを語っており、そのことが移籍の一因になったと見られている。 一方、家族愛を重要視するクルトワは過去に派手な女性遍歴もすっぱ抜かれており、2人の子供を産んだスペイン人のパートナーとも2016年9月ごろに離婚。フリーの状態が続いている。 さらに、最近はスペイン人モデルのアルバ・カリージョさんとの熱愛がスクープされ、話題に。しかし、つい先日にそのことを問われたクルトワは、「アルバ・カリージョとは終わった」と発言していた。 これを受け、カリージョは以下のようにクルトワを罵倒。同選手の一方的な物言いに怒りを覚えたようで、かなり過激な発言が飛び出した。 「“前”がだらしなさ過ぎるのよ」 「私があの男をどれだけ擁護してきたか」 「子供が2人居るんだし、自分でペニスを見張っておきなさいよ。監視しなきゃいけないのは私じゃないわ」 2019.03.29 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アザールがベルギー代表通算100試合達成! 「この偉業をみんなと共有できたことが誇り」

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが24日に行われたキプロス代表戦で同国代表での通算100キャップを記録した。同試合後、アザールが自身の公式インスタグラムで心境を語った。 ベルギーは24日、ユーロ2020予選・グループI第2節でキプロスとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 同試合で代表100キャップを記録したアザールは10分、ロングボールに抜け出したFWミッチー・バチュアイの落としを、ボックス中央で受けて冷静にゴール右へ蹴り込み、自らのメモリアルマッチを通算30点目のゴールで祝った。 同試合後、自身のインスタグラムを更新したアザールは、「重要な勝利だった。チーム全員がうまくやったね。代表100キャップを達成し、それをみんなと共有できたことを誇りに思うよ」と、素直に喜びを語っている。 リール時代の2008年11月のルクセンブルク代表とのフレンドリーマッチで代表デビューを飾ったアザールは、初ゴールが2011年10月のユーロ2012予選のカザフスタン代表戦とややスロースタートを強いられたものの、チェルシーに移籍した2012年以降はレッドデビルの絶対的な主力に君臨。 自身初の大舞台となった2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)以降はキャプテンにも就任し、先のロシアW杯では同国史上最高位の3位入賞の立役者となった。 2019.03.25 13:44 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース