ボーンマス主将DFフランシスが2020年まで契約延長2018.05.31 00:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボーンマスは30日、イングランド人DFシモン・フランシス(33)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。▽2011年11月にチャールトンからボーンマスに加入したセンターバックを本職とするフランシスは、これまでボーンマスで公式戦286試合に出場して3ゴール34アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグ32試合に出場し、3シーズン連続の残留に貢献していた。

▽ボーンマスとの契約を延長したフランシスは公式サイトで以下のようにコメントしている。

「新たな契約にサインしたことを嬉しく思っている。これからの2年間を楽しみにしているよ。クラブは僕が移籍して以降、常に良くなっている。これまでの7年間、僕は常にベストを尽くしてきた。成功を収めたチームの一員になれたことを誇りに思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

ボーンマス、U-21イングランド代表DFケリーを獲得

ボーンマスは18日、ブリストル・シティからU-21イングランド代表DFロイド・ケリー(20)を獲得したことを発表した。契約期間は公開されておらず、クラブは長期契約とだけ伝えている。 プレミアリーグ初挑戦となケリーはクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ボーンマスは素晴らしいクラブだ。移籍は目まぐるしかった。僕はここに来られてハッピーだ。プレーするのが待ち切れないよ」 「プレミアリーグは僕の目標だった。たくさんプレーしてここが僕にとって正しい場所であると感じたい。そうできるよう努力するよ」 左サイドバックを主戦場とするケリーは、2017-18シーズンにブリストルでプロデビュー。センターバックもこなせる万能型で、今季は公式戦34試合に出場した。 なお、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると、1300万ポンド(約18億円)程度のようだ。 2019.05.20 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズがボーンマスに痛恨の敗戦…ソン・フンミン&フォイス退場で40分以上9人で戦い土壇場被弾…

プレミアリーグ第37節、ボーンマスvsトッテナムが4日にヴァイタリティ・スタジアムで行われ、ホームのボーンマスが1-0で勝利した。 前節、ウェストハムとのダービーで新スタジアムでの初失点、初黒星を喫した3位のトッテナム。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグではホームでアヤックスに0-1で先勝を許す、苦しい結果を強いられた。 8日に敵地での2ndレグを控える中、勝利で自力でのトップ4フィニッシュを決められる14位ボーンマスとのアウェイゲームに向けてはアヤックス戦から先発3人を変更。アヤックス戦で負傷交代したヴェルトンゲン、ジョレンテとワニャマに代わってCLでは出場停止だったソン・フンミン、ムサ・シソコ、ダイアーが起用された。 19歳GKトラバーズをプレミアデビューさせたボーンマスに対して、ルーカス・モウラを最前線に置き2列目にエリクセン、デレ・アリ、ソン・フンミンを並べた[4-2-3-1]の布陣で臨んだトッテナム。 立ち上がりは相手の激しいプレスに苦戦を強いられた中、8分には中盤でレルマからボールを奪ったルーカスが相手GKの前目のポジション取りを見てすかさずロングシュートを狙うが、これはわずかに枠の左へ外れた。 続く14分にはボックス手前で巧みなボール捌きから前を向いたデレ・アリが強烈なミドルシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKトラバーズの好守に遭う。19分にもGKからのリスタートから右サイドでトリッピアー、シソコと繋いで中央のルーカスにグラウンダーのクロスが通るが、ルーカスのシュートは再びトラバーズが阻止。さらに25分にはローズのフィードでオフサイドラインを破ったルーカスがGKと一対一の決定機も、三度トラバーズの好守に阻まれた。 前半半ば以降、完全に試合の流れを掴んだトッテナムだったが、序盤のビッグセーブでノッテしまった相手GKトラバーズの攻略に手を焼く。33分にはローズの左クロスをゴール前のデレ・アリが頭で合わすが、ややコースは甘かったもののトラバーズが見事なレスポンスではじき出す。 チャンスは作りながらもなかなかゴールを奪えず、徐々に相手のカウンターから自陣深い位置まで侵攻を許し始めたトッテナムは1枚カードをもらっていたダイアーがあわや2枚目というリスキーな対応を見せるなど、嫌な空気が漂い始める。すると、前半終了間際の43分にはフレイザーとの接触プレー直後にレルマに突っかかれたソン・フンミンが激昂し思わず突き飛ばしてしまうと、これが暴力行為と判断されてレッドカードが掲示される。 韓国代表FWの愚行によって10人で残り45分の戦いに臨むことになったトッテナムは、ハーフタイム明けにアルデルヴァイレルト、ダイアーとカードをもらっていた2選手を下げてフォイス、ワニャマを同時投入する。だが、この選手交代がチームを更なる窮地に追い込む。48分、果敢にボールを持ち上がったフォイスがコントロールを失ったままシンプソンと交錯。悪意はなかったもののスパイクの裏が見えた状態で脛を蹴ってしまったため、ラフプレーでフォイスにレッドカードが掲示された。 これ以上の退場者を避ける意図で投入したフォイスの愚行で9人での戦いを強いられたトッテナムは、ワニャマをセンターバックに下げてルーカスを最前線に残した[4-3-1]の布陣で残り40分近くを戦うことに。 ここから防戦一方の展開が予想されたものの、ボーンマスの拙攻やルーカス、デレ・アリらの個人技で攻め返す場面を作るなど拮抗した展開に持ち込んでいくトッテナム。73分にはアイブに強烈な枠内シュートを浴びるが、ここはGKロリスがビッグセーブで防いだ。 その後、シソコに代えてベン・デイビスを最後のカードとして投入したトッテナムは、押し込まれながらも何とか時計を進めて後半アディショナルタイムまで0-0の状態を継続する。しかし、91分には左CKの場面でキッカーのフレイザーが滞空時間の長いボールを入れると、大外からニアに飛び込んできたアケを捕まえ切れずにヘディングシュートを決められ、先制点を許す。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ソン・フンミン、フォイスの退場が響いたトッテナムは公式戦3試合連続の0-1の敗戦。大きな疲労とショックを引きずる形で8日のCLアヤックス戦、12日のリーグ最終節エバートン戦に臨むことになった。 2019.05.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フレイザー、アーセナルからの関心の噂に開口

ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザー(25)が、アーセナルから関心が寄せられている噂について口を開いた。イギリス『メトロ』が伝えた。 2013年冬にボーンマスに加入したフレイザーは163cmと小柄ながら、アジリティとスピードを武器にサイドアタッカーとして活躍。今シーズンのプレミアリーグでは32試合で6ゴール10アシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 そのフレイザーにイギリスの複数メディアがアーセナルから関心が寄せられていると報道。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでこれについて問われた同選手は正直な気持ちを言葉にした。 「嘘はつきたくない。とても嬉しいよ。自分のしていることが正しいということだからね」 「彼らは巨大なクラブ、圧倒的なクラブなんだ」 「もし身の周りで自分の名前が話題になったら、いつも自分はボーンマスの選手でベストを尽くせとじっくり考えるんだ」 「嘘はつきたくない。嬉しいよ。特にこんなビッグクラブだったらね」 2019.04.04 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ボーンマス快速アタッカーに関心か

アーセナルが、ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 アバディーン下部組織出身で2013年冬にボーンマスに加入したフレイザーは、163cmと小柄だが高いアジリティと圧倒的なスピードを兼ね備えているサイドアタッカー。今シーズンのプレミアリーグでは32試合で6ゴール10アシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 『ミラー』によれば、同選手にはトッテナムも注目している模様。また、アーセナルは今夏のユベントス移籍が決まっているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜や左サイドバックの獲得も目指しているようで、夏の補強資金が限られているアーセナルがどこまで本気でフレイザー獲得に動くかは不明なところだ。 2019.04.02 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、守備強化にアケを注視か

ナポリが、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 母国フェイエノールト下部組織からチェルシーアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。だが、世界的レベルの選手を揃えるチェルシーにおいて、若輩だったアケはポジションを掴むことはできずレンタル移籍を繰り返した。 そんな中、2016年夏からレンタル加入していたボーンマスで結果を残し完全移籍を勝ち取ると、今シーズンはここまでリーグ戦全31試合に出場。180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍している。 ナポリはそんなアケを高く評価。チェルシーからボーンマスへ加入した際の移籍金2280万ユーロ(約28億円)だったが、3000万ユーロ(約37億円)の評価額に上昇しているものの、守備強化を掲げるナポリが注視している模様だ。 だが、アケには、ナポリ同様に守備強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムも獲得を狙っていることが伝えられている。そのため、2022年まで契約を残すアケを巡って、水面下で火花が散ることになりそうだ。 2019.03.23 21:34 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース