【CL決勝特集①・戦術分析】不動のリバプールに対して“勝負師”ジダンの策は?2018.05.26 13:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーvsリバプールが、日本時間26日27:45にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムでキックオフされる。前人未到の3連覇に意気込む王者マドリーと、13年ぶり6度目の優勝を目指す躍進のリバプールによる今シーズン最後のビッグマッチだ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。

◆注目の主導権争い
▽共に世界屈指の破壊力を持つ前線の個の力を生かしたカウンターを武器とするチーム同士だ。その一方でMFクロース、MFモドリッチ、MFイスコという世界屈指のボールプレーヤーを擁するマドリーがポゼッションスタイルでも問題なく戦えるのに対して、MFヘンダーソン、MFワイナルドゥム(ジャン)、MFミルナーと運動量とハイインテンシティを売りとするリバプールはポゼッションを得意としておらず、通常であればマドリーがボールを保持してゲームをコントロールするはずだ。

▽ただ、ボールを保持すれば、マンチェスター・シティをも凌駕するプレッシングの威力を持つリバプールのフィールドでの戦いを強いられるため、ジダン監督は敢えて相手にボールを持たせて自陣深くで攻撃を撥ね返してのカウンターという策を採る可能性も十分にあるはずだ。

◆注目はジダンの選ぶ11人
Getty Images
▽前述の主導権争いと絡む話となるが、不動のリバプールに対してジダン監督の採用するゲームプランが試合の流れを作ることになるはずだ。

▽前線に多士済々のタレントを抱えるマドリーは今季の戦いで[4-3-1-2]、[4-4-2]、[4-3-3]の3つのシステムを併用しており、とりわけここ最近はイスコを起用する際に[4-3-1-2]、[4-3-3]を、FWアセンシオとMFルーカス・バスケス起用時に[4-4-2]を採用する頻度が高い。そして、イスコ起用時はプレッシングの強度が高い相手に対して、完全なボールプレーヤーである同選手のキープ力、パスセンスを生かして中盤での数的優位、サイドでの局地的な数的優位を生かしてプレスの網を掻い潜る、よりゲーム試合を意識した戦いを見せている。

▽逆に、サイドバックでも起用可能な運動量と守備力を持つバスケスと、一定の守備力とイスコに比べて推進力のあるアセンシオを起用する際には、より組織だった守備やプレッシングの強度を生かしてカウンター志向を強めている。さらに、サイドハーフのサポートを得たサイドバックの攻撃参加の頻度も高くなる特徴がある。

▽ジダン監督が相手のプレスに対して真っ向から打ち合う場合にはイスコの起用と共に前述の[4-3-1-2]、[4-3-3]を、リバプールの遅攻の精度をウィークと考えて自陣に引き入れての戦いを想定した場合はカウンター向きの[4-4-2]を採用するはずだ。

◆マドリーは後半勝負でリバプールは逃げ切りか?
Getty Images
▽一発勝負のファイナルで重要となるのが、試合途中に戦局を変えるゲームチェンジャーの存在だ。これ関してはこれまで神がかり的な采配を見せてきたジダン監督の勝負師としての才覚、選手層の厚さという意味でも明らかにマドリーに分がある。

▽負傷離脱中のMFチェンバレンやMFララナ、MFジャンのコンディション不良によって主力と控えの実力に乖離があるリバプールは、DFクラバンやDFクラインといった守備固め要員以外に効果的な交代カードが存在せず、スタメン11人のパフォーマンスがより重要となるところだ。仮に、リードを許して試合終盤に投入できるカードは経験不足のFWソランケ、パンチ力不足のFWイングスしかおらず、リバプールが勝利するためには先行逃げ切りの形に持ち込むしかないと思われる。

▽これに対して、一部ポジションを除き先発予想が難しいほど主力と控えの実力が拮抗しているマドリーは、3枚の交代枠を含めた“14人”での戦いが可能だ。とりわけ、先発に推す声もある絶好調のMFベイルはリバプールの運動量が落ち始めた後半に投入されれば、驚異的なスピードにシュートレンジの広さ、空中戦の強さと、相手守備陣に最も脅威を与える存在になりそうだ。さらに、中盤に活力を与えるMFコバチッチやDFナチョと緊急時にも自信を持ってピッチに送り出せる人材も揃っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘンダーソン、14季ぶりの欧州王者へ激戦覚悟「全員スパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」

リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、トッテナム戦への意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 キャプテンを務めるヘンダーソンは、「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」と厳しい決勝戦になることを覚悟している。 「(決勝戦が)全てだ。クラブ、ファン、関わる全ての人たちにとって、そしてなにより選手たちにとってね」 「シーズンが始まった当初は、多くの人々がこのようなことになるなんて想像していなかったんじゃないかな。特に昨シーズンの終盤は、難しい終わり方をしたからね」 「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている。本当にタフな決勝戦になるだろうね。僕らは万全の準備をしなくてはならない」 2019.05.22 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「ちょっと誰かと話をしていたんだ…」ヘンダーソン、バルサ戦での不意打ちCKを見逃していた!?

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、バルセロナ戦の驚愕CKを振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでバルセロナをアンフィールドに迎えた。1stレグを0-3で落とし、危機的状況だったリバプールだったが、FWディヴォク・オリジ、途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの2ゴールで2戦合計スコアを3-3に。そして、迎えた79分、予想外な形で決勝ゴールが生まれた。 ボックス右外でパスを受けたアーノルドは、MFセルジ・ロベルトにボールを当てて右CKを獲得。そのままボールボーイからボールを授かり、コーナーアークにボールをセットすると、寄ってきたMFジェルダン・シャキリにキッカーを譲ろうと、その場を離れようとする。しかし次の瞬間、アーノルドはゴール前のバルセロナ守備陣がゆっくり準備に移ろうとしていたのを見逃さず、中央のオリジに鋭いクロスを供給。このパスを感じていたオリジが冷静にゴールに流し込んだ。 バルセロナの意表を突いたこのゴールは、奇跡の大逆転、そして2シーズン連続での決勝進出を決める決勝弾に。しかし、ヘンダーソンはこのゴールを見ていなかったようだ。あの場面での出来事をこう振り返る。 「僕はちょっと誰かと話をしていたんだ。コーナーの作戦なんかをね」 「で、振り向いたらボールがゴールネットに吸い込まれていて、僕は何が起こったか本当にわからなかったんだよ」 「あのようなビッグゲームであんなゴールが決まるなんて驚きだよ。若い選手が気づいてそれを可能にしたこと、ディヴォクがあのボールに反応できたこと、どちらも素晴らしかった」 「素晴らしいフィニッシュだった。素晴らしいゴールだった。あれはあの夜を集約したものだった。今後、長きに渡って語り継がれる特別な夜になったね」 味方をも惑わせた不意打ちCKで決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 2019.05.22 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! 今季スパーズ相手に2発のフィルミノがCL決勝に向け練習復帰!

リバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノが、トレーニングに復帰した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 その大一番に向けて、リバプールに朗報が舞い込んだ。そ径部に問題を抱え、プレミアリーグ第37節のニューカッスル戦(今月4日)、CL準決勝2ndレグのバルセロナ戦(7日)、プレミアリーグ第38節のウォルバーハンプトン戦(12日)に欠場していたフィルミノがメディカルスタッフとのリカバーを経て、21日のトレーニングで全体練習に復帰した。 フィルミノは今シーズン、公式戦で16ゴール8アシストを記録。プレミアリーグではトッテナム相手に2ゴールを決め、良いイメージを持っている。果たしてフィルミノは、最後の一戦でピッチに立ち、チームをヨーロッパNo.1の座に導くことができるか。 2019.05.22 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール撤退でデ・リフトのバルセロナ移籍決定的に!

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナ移籍の可能性がより一層高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』や『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たしたアヤックス。その若きチームを攻守両面でけん引したのが、19歳の若きキャプテンのデ・リフト。 強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ユベントスなどのメガクラブの注目を集めている。 6500万ポンド(約91億円)の値付けがされている逸材に関しては、選手自身が望むバルセロナ行きが有力視される一方、バルセロナの資金面の問題もあってより資金力のあるユナイテッド、リバプール行きの可能性も伝えられている。 しかし、『デイリー・メール』が伝えるところによれば、オランダ代表でコンビを組むDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒として同選手の獲得を目指していると言われるリバプールは、今夏のセンターバック補強を優先事項としておらず、すでに獲得レースから撤退しているという。 また、『スカイ・スポーツ』も同様の見立てをしており、デ・リフトのバルセロナ移籍を既定路線と伝えている。 2019.05.21 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ララナにセインツ復帰の可能性! 友人に意思表示とも

リバプールに所属するイングランド代表MFアダム・ララナ(31)にサウサンプトン復帰の可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 サウサンプトン下部組織出身のララナはトップチーム昇格を経て、2014年夏からリバプールに加わり、公式戦通算156試合21得点20アシストを記録。だが、ケガによる離脱もあって出番が減っており、13試合に出場した今シーズンのプレミアリーグでわずか5試合の先発にとどまった。 そのララナは、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督下での将来に不安こそ抱いていないが、今後のキャリアを考えて移籍も視野に。友人に対しても、サウサンプトン復帰を歓迎する旨を伝えているという。 また、サウサンプトンも2020年までリバプールとの契約が残るララナを追っているが、同時に負傷歴を懸念。移籍となれば、クロップ監督は容認姿勢であり、移籍金1300万ポンド(約18億1000万円)程度で成立する模様だ。 2019.05.18 13:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース