マスクの暴漢がリバプールサポ襲撃…2018.05.25 11:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールのサポーターが、何者かの襲撃に遭ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。▽26日に行われるチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦に先駆けて、リバプールのサポーターたちは決戦の地・キエフに前乗り。市内中心部のレストランで食事をしていたところ、事件が起こったという。

▽『マルカ』によると、突如として20名ほどのマスクを付けた集団がリバプールサポーターのグループに攻撃。市内には警察の厳重な警戒があったが制止が間に合わなかったようで、椅子やグラスが投げつけられ負傷する事態にまで発展した。

▽試合当日には暴漢対策が行き届く見込みだと、『マルカ』は伝えている。しかし、襲撃者たちの詳細は報じられておらず、不安の残る中での大舞台となるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールがウェストハムのフェリペ・アンデルソンに興味か

リバプールが、ウェストハムのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(26)に興味を持っているようだ。イギリス『talkSport』が伝えている。 昨夏にラツィオから移籍金クラブ史上最高額の3600万ポンド(約54億円)でウェストハムに加入したF・アンデルソン。すぐにプレミアリーグに順応し、36試合の出場で9ゴール4アシストを記録。高い推進力と両足のキック精度を武器にすぐにハマーズの主力となった。 また、3月にはおよそ3年半ぶりにブラジル代表に招集され、パナマ代表戦で2試合目の出場を果たした。 両ウイングやアタッキングMFなどこなせるポリバレントなF・アンデルソンに、リバプールも興味を引かれたようだ。イギリス『デイリー・メール』ではレアル・マドリーも関心を示していると伝えられているが、同選手の獲得には7500万ポンド(約100億円)が必要になるという。 2019.05.26 18:57 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがファン・ダイクに興味? リバプールもS・ラモスに興味?

レアル・マドリーとリバプールが互いのセンターバックに興味を持っているようだ。 スペイン『アス』は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス退団の可能性に備えて、マドリーがリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得リストに加えていると報道した。 また、同メディアは逆にリバプールもセルヒオ・ラモスに関心を寄せていると伝えている。昨季のチャンピオンズリーグ決勝でFWモハメド・サラーにケガを負わせた同選手は、リバプールファンからはよく思われていないものの、マドリー退団の噂がにわかに広まっているスペイン代表DFの行先として、リバプールが有力であると『アス』は主張している。 しかしながら『アス』は、ファン・ダイクのマドリー移籍はほぼ実現しないと見ているようだ。2017年12月に7500万ポンド(114億円)の移籍金でサウサンプトンから加入したファン・ダイクは、2年連続でチャンピオンズリーグ決勝に進んだリバプールの動力源だった。現在その市場価値は1億ポンドを超えていると見られ、全ポジションにテコ入れが必要なマドリーがその額を用意するのは難しいという。 セルヒオ・ラモスにマンチェスター・ユナイテッドやユベントスからの関心も伝えられているが、果たして今夏ギャラクティコを退団することになるのだろうか。 2019.05.26 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、ビジャレアルのチュクウェゼに興味 シャキリの後釜か

リバプールが、ビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(20)に興味を持っているようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 チュクウェゼは今季ビジャレアルでプロデビューした20歳のウインガー。172㎝という小柄な体格を生かした切れ味とスピードのあるドリブルで、得意の右ウイングからの仕掛けを得意としている。 デビューシーズンの今季は公式戦35試合で6ゴール3アシスト。リーグ戦第30節のバルセロナ戦では1ゴール1アシストの活躍で4-4の打ち合いを演じた。昨年11月にはナイジェリア代表デビューも果たした、将来が期待されている若手の一人だ。 各メディアによれば、チュクウェゼの獲得はMFジェルダン・シャキリの退団に繋がると考えられており、リバプールは放出に積極的でないにせよ、オファーがあれば検討する構えのようだ。 同選手の市場価値は3000万ポンド(約41億7000万円)程度と見積もられているが、リバプールのほか、マンチェスター・シティも目を光らせている模様だ。 2019.05.26 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、昨夏破談に終わったフェキル獲得に再挑戦か

リバプールが再び、リヨンに所属するフランス代表MFナビル・フェキル(25)の獲得に動くようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 リヨン下部組織出身のフェキルは2013年にトップチーム昇格。以降、攻撃の核として活躍し、今シーズンの公式戦39試合で12ゴール9アシストを記録した。 そのフェキルは、昨夏に5300万ポンド(約73億6000万円)でリバプール移籍が決定的になっていたが、直前に負傷したことで破談に。それでも、リバプールは関心を継続させており、今夏も再び獲得に動くという。 また、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は「我々は彼が移籍するということを理解している」と今夏の退団を容認しているようだ。 2019.05.25 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、フルスカッドでCL決勝へ! ケイン&ウィンクスが順調に回復

トッテナムは6月1日にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦う。この大一番をフルスカッドで戦える可能性が高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』が最新のチームニュースを伝えている。 トッテナムにとって今回のファイナルを戦ううえでの懸念材料は、エースストライカーのFWハリー・ケインと中盤の主力MFハリー・ウィンクスのコンディションだ。 ケインは先月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で左足首じん帯を損傷。一方、ウィンクスは4月29日にそ径部の手術を受けていた。 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は23日、ケインの回復具合に関して以下のように言及している。 「ケインはトレーニングをこなしている。回復は順調に進んでいる」 「我々は彼がスタメンかベンチからか、またはロッカールームでの道徳的なサポートか、そのいずれにしても彼が我々と一緒にいて助けとなることを期待している。ただ、我々は彼がピッチ上で助けになってくれるということを楽観視している」 また、ウィンクスに関しては今週に入ってチームメート共にすべてのトレーニングメニューを消化しており、一部別メニューのケインに比べてコンディションは良好のようだ。 その他の負傷者に関しては、それぞれ足首と太ももに問題を抱えるDFヤン・ヴェルトンゲン、DFダビンソン・サンチェスの2選手に関してもトレーニングに復帰しており、決勝までにはプレー可能な状態に仕上げられるようだ。 2019.05.24 23:02 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース