南野vs奥川との日本人対決は10人のザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾る《オーストリア・ブンデスリーガ》2018.05.21 01:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オーストリア・ブンデスリーガ第34節のザルツブルクvsマッタースブルクが20日に対戦し、1-0でザルツブルクが勝利した。ザルツブルクの南野拓実は74分までプレーし、マッタースブルクの奥川雅也は76分までプレーしている。

▽前節のシュトゥルム戦で快勝しリーグ5連覇を達成したザルツブルクが、6位のマッタースブルクをホームに迎えた一戦。ザルツブルクの南野は2試合ぶりの先発出場。マッタースブルクの奥川は6試合連続で先発に名を連ねた。

▽試合は立ち上がりから地力に勝るザルツブルクが攻勢に出ると8分、バイタルエリア左でボールを受けたハンネス・ヴォルフのスルーパスでゴールエリア左まで侵攻したムナス・ダブールが左足を振り抜くも、これはゴール右に外れた。

▽ハーフコートゲームを続けるザルツブルクは26分、ボックス左手前でボールを受けたヴォルフが強烈なミドルシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。さらに33分、ボックス右手前で獲得したFKからディアディエ・サマッセコウのクロスを供給。相手DFの頭をかすめたボールをゴール左に飛び込んだダブールがゴールに押し込んだ。しかし、これはハンドと判定され、ノーゴールとなった。

▽ゴールレスで迎えた後半、ザルツブルクは56分、ヴォルフが奥川に対して後方からのスライディングタックルを見舞うと、このプレーでレッドカードが提示され、退場となった。

▽数的不利となったザルツブルクは、65分にアンドレ・ラマーリョを下げてジェロメ・オングエネを投入。さらに75分には、南野を下げてフレデリク・グルブランドセンをピッチに送り出した。対するマッタースブルクは、76分に奥川を下げてパトリック・ベルゲルを投入した。

▽試合はゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入し、このまま試合終了かと思われたが王者が意地を見せる。95分、右サイドでFKを獲得するとシュテファン・ライナーのクロスをファーサイドのドイエ・チャレタ=ツァルが頭で折り返し、最後はゴール前のグルブランドセンが押しこんだ。

▽直後に試合終了のホイッスル。ザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾った。

ザルツブルク 1-0 マッタースブルク
【ザルツブルク】
グルブランドセン(後50)
コメント
関連ニュース
thumb

リーズ指揮官ビエルサ、井手口陽介の完全売却にゴーサイン…投資額以上を要求

リーズ・ユナイテッドが日本代表MF井手口陽介(22)の売却に動くという。イギリス『Football Insider』が報じた。 井手口は昨夏、リーズからシーズンローンでグロイター・フュルトに加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷の影響もあり、わずか7試合(1得点)の出場にとどまった。 事前の報道によれば、グロイター・フュルトが買取りに意欲的だが、リーズの要求額が高過ぎることで、交渉が暗礁に。そして、今回の続報によると、リーズもマルセロ・ビエルサ監督が首脳陣との協議の末、今夏の完全放出にゴーサインを出しているが、「相当な額」での売却を視野に入れている模様だ。 井手口は2018年1月にガンバ大阪から移籍金50万ポンド(現レートで約6900万円)でリーズに加入。あと3年間の契約を残している点や、代表歴を交渉材料として、獲得時に投じた額以上の移籍金で売却を目指しているとみられる。 来シーズンも引き続きヨーロッパでのプレーを希望しているとされる井手口。果たして、どこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。 2019.05.27 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、柴崎岳の今夏売却を視野…コパ・アメリカでの価値高騰を期待か

ヘタフェは日本代表MF柴崎岳(26)に対して、コパ・アメリカでの活躍を期待しているという。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏からヘタフェでプレーする柴崎。昨シーズンこそリーガエスパニョーラ22試合1得点の成績を収めたが、序列が低下した今シーズンはわずか7試合の出場にとどまった。 ホセ・ボルダラス監督から戦力外同然の扱いを受けた柴崎に関して、ヘタフェは今夏売却の方針。ヨーロッパリーグ(EL)参戦の来シーズンに向け、補強資金に充てたい意向とのことだ。 そうした背景から、ヘタフェは6月にブラジルで開幕するコパ・アメリカの日本代表メンバー入りを果たした柴崎に対して、大会での活躍による価値の高騰を期待している模様だ。 なお、その柴崎を巡っては昨夏、ドイツやポルトガル方面のクラブから問い合わせがあり、そうしたクラブから今夏に好オファーが届けば、手放しに動くとみられる。 2019.05.27 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡先発も10人のシャルルロワがアントワープに逆転負けを喫しEL出場権を逃す…《ジュピラー・プロ・リーグ》

日本人MF森岡亮太の所属するシャルルロワは26日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(PO2)決勝でアントワープと対戦し、2-3で敗戦した。森岡は74分までプレーした。 プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズン7~15位のチーム+2部に属する3チームの計12チームが2つのグループに分かれ、各組6チームが総当たり。各グループを首位で勝ち上がったチームはヨーロッパリーグ(EL)予選出場権がかかるプレーオフ1参戦権を巡り、激突する。 22日に行われたコルトレイクとの準決勝を制したシャルルロワが、プレーオフ1を4位で終えたアントワープのホームに乗り込んだ一戦。森岡が先発に名を連ねたシャルルロワは、開始早々の10秒でスコアを動かす。キックオフボールを受けた森岡が前線にロングフィードを送ると相手のクリアミスを拾ったオシムヘンがボックス右から侵入し、そのままシュートを流し込んだ。 幸先よく先制したシャルルロワは、12分にもペナルティアーク付近でFKを獲得すると、ブルーノがワンタッチしたボールをドッソレッリが直接ゴール右へ突き刺して追加点を奪った。 2点を先行したシャルルロワだが、16分にムボカ二にゴールを許すと、20分にはボックス内で入れ替わられたザジコフがラムケイ・ゼを倒してしまうと、このプレーに対してレッドカードとPKの判定が下される。そして、このPKをキッカーのレファエロスに決められた。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのは数的優位のアントワープ。67分、ロングパスをボックス右のラムケイ・ゼが頭で落とすと、中央出受けたムボカ二が縦への切り込みからシュートを流し込んだ。 逆転を許したシャルルロワは、74分に森岡を下げてアダマ・ニアンを投入。さらに79分にへネン、87分にデルフィと攻撃的な選手を投入したが、最後まで同点ゴールは生まれず。そのまま試合は終了し、シャルルロワのEL出場権獲得はならなかった。 2019.05.27 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ハーフナー弟・ニッキがスイス1部に挑戦…今季は2部でプレー

スイス・スーパーリーグのトゥーンは24日、2部のFCヴィル1900から元U-20日本代表DFハーフナー・ニッキ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ハーフナー・ニッキは、名古屋グランパスの下部組織出身。兄は元日本代表FWハーフナー・マイク、父はJリーグでもプレーしたGKハーフナー・ディドといった、サッカー一家に生まれた。 198cmの長身を生かし、将来が嘱望されていたハーフナー・ニッキは、2013年1月に名古屋のトップチームへと昇格。2016年1月には本田圭佑が実質的オーナーを務めているSVホルンへと完全移籍。FCヴィル1900には2018年7月に加入していた。 2018-19シーズンは、スイス2部で26試合に出場し2ゴール1アシストを記録。トゥーンはここでの活躍を評価し、獲得に至ったとのことだ。 トゥーンには、元スイス代表FWアレクサンダー・フライや元同代表FWマルコ・シュトレラーらが所属。2018-19シーズンはスイス・スーパーリーグを6位で終えていた。 2019.05.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表招集に意気込むDF冨安健洋「全力で頑張ります」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン) 「3月のキリンチャレンジカップに続いて今回も代表に選出いただき、大変光栄に思います。全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」 日本はキリンチャレンジカップの後、6月14日に開幕するコパ・アメリカに臨む。 2019.05.23 14:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース