名古屋DF和泉竜司が入籍!2018.05.15 11:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽名古屋グランパスは15日、DF和泉竜司(24)が14日に入籍したことを発表した。▽和泉は、2014年に明治大学から名古屋入り。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場している。

▽クラブの発表を受け、和泉は次のようにコメントしている。

「私事ですが、このたび5月14日に入籍しましたので、ご報告させていただきます。選手としてより一層責任感を持ち、家族そしてチームを支えていけるよう頑張ります! これからも応援よろしくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

疑惑のジャッジの舞台裏/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は7月18日、今年で2回目となるレフェリーブリーフィングを実施した。今回のブリーフィングまで、J1とJ2、J3にルヴァン杯のグループステージ、そして天皇杯を含めて137試合でJクラブと意見交換(疑問の残る試合について検証すること)を実施し、そのうち27パーセントがミスジャッジであることを明かした。 その上で小川佳実審判委員長は今月13日の横浜FM対浦和戦での誤審について、17日に審判委員会を開いて事情説明をしているので、今日は議題から省くと冒頭の挨拶で語った。 疑惑のシーンは、ワンツーで左サイドを突破した遠藤のクロスに、ファーサイドにいたFW仲川とDF宇賀神がもつれながら決めたゴールである。松尾一主審はゴールを認めたものの、浦和の抗議を受けて審判団は協議の上で仲川のオフサイドによりノーゴールとジャッジを覆した しかし9分間の協議の末、再び横浜FMのゴールと認めたのだった。 その経緯を小川審判委員長は、「ゴール直後、第1副審と第4審判がクラブ(横浜FM)の運営から入手した情報(得点者が誰か)をもとに、判定をオフサイドに変更した。主審は、その後審判団と協議する中で、本来得てはいけない審判団以外の情報だと認識し、再びゴールに判定を戻した。両チームの監督に事情説明などをし、試合を再開させた」と説明した。 要するに、本来ジャッジは4人の審判団で下さなければならない。にもかかわらずピッチ外から情報を経てオフサイドと判定を覆したことは、競技規則上、許されることではない。そこで仲川のオフサイドと認めつつも、元の判定であるゴールに戻さざるを得なかったわけだ。 ちなみに浦和の選手交代はプレーに直接関係ないので、次のプレーを再開する前であれば判定を変えることはできるそうだ。 ちなみにレフェリーブリーフィングでは「オフサイド」のテーマで問題のシーンを再現し、仲川はオフサイドポジションにいて、なおかつ手で押し込んでいた。 そして問題はここからである。松尾主審は横浜FMのポステコグルー監督と浦和の大槻監督の2人と両チームの選手に対し「審判が持っている情報で変えたのではなく、変えるきっかけになった情報が外部からのものだと分かったので、申し訳ないが、最初の得点を認めた判断に戻させてください」と説明したという。だから選手らも納得してプレーを再開させたのだろう。 ところが試合後に槙野が「運営が決めること」とメディアに話したことで混乱が広がった。素朴な疑問としてジャッジは審判団が決めるのが常識だ。しかし切り取られた発言で、あたかも決めたのは「運営」との誤解を招いた。 試合後の両チームの監督も、事情が事情だけに59分のシーンについては「ノーコメント」を貫いた。不確かな情報がメディアを通じて拡散された結果、さらなる疑惑を招いたことは否めない。 ミスジャッジの被害者は両チームの選手と監督だが、観戦していたファン・サポーターも事情を知らされていないだけに「?」のジャッジに混乱したことだろう。 大相撲のように場内アナウンスで説明することは難しいかもしれないが、VAR導入までに何らかの策を審判委員会は講ずるべきだろう。 この日、説明を行った上川氏は追加副審がいたとしても、その位置では「選手の背中しか見えないため正確なジャッジは下せなかっただろう。副審からも背中越しのプレーなので正確なジャッジを下せたかどうか。もう少し主審がペナルティエリアの角あたりに移動していれば(仲川と宇賀神の競り合いを)見えていたかもしれない」と述べていた。 ちなみに審判委員会は誤審の松尾主審には1か月の割り当て停止、外部から情報を得た第1副審の相楽亨氏と第4審判の大坪博和氏に1か月の資格停止、第2副審の田尻智計氏は1試合の割り当て停止の処分を科した。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.07.18 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

不振続く名古屋に大きな痛手…MF米本が3カ月の長期離脱…

名古屋グランパスは18日、MF米本拓司が右肘関節脱臼および肘関節側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。 名古屋の発表によると、米本は今月17日に行われたトレーニング中に負傷したという。その後、MRIなどを用いた精密検査の結果、前述の診断結果が下された。 なお、全治に関しては約3カ月と伝えている。 今シーズン、FC東京から名古屋に完全移籍で加入した米本は、明治安田生命J1リーグにおいてここまで全19試合に出場するなど主力として活躍してきた。 現在、リーグ戦で9位に位置する名古屋だが、直近のリーグ戦では6敗1分けの7戦未勝利と不振が続いている。 2019.07.18 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

こんなにたくさん選手がいなくなって大丈夫なんですかというご質問にお答えして!? の巻/倉井史也のJリーグ

てかね、本当にシーズン途中で大丈夫なんですか? だって膨らんだ賞金を狙いに、前半戦で様子を見て、夏に戦力補強して終盤戦に向かうってことじゃないの? ところが今年のJリーグはやたらチームから出て行く人が多いんじゃないですか。18日現在で判明している移籍で、「入」のほうが「出」より多いって、湘南と松本ぐらい。あとはいなくなっちゃう選手のほうが多いんですよ。 これって、とりあえず抱えてスタートして強化費捻出のために移籍を使うってこと? にしても主力選手がいなくなるって、マイナスじゃないの? Jリーグが今、草刈場になってるってことですか? そんな中でもこの夏の大激震といえばG大阪。宇佐美貴史が戻ってきたのはうれしいニュースだったけど、今野泰幸、中村敬斗、藤本淳吾、ファン・ウィジョ、田中達也、オ・ジェソク、野田裕喜って、シーズン終わったとき並みに出してるでしょ? そもそも19節終了時に勝点23のG大阪が絞り込んで大丈夫なんですかっちゅうことなんですよ。監督の構想がちょっとでも狂ったときに助けてくれるベテランって、これから先に使い勝手がよくなる選手じゃないですか。 てなことで、19節終了時、勝点23だったチームが最終的にどうなったか過去のシーズンで調べてみましょ。 【2005年】 勝点23なし 【2006年】 横浜FM(9位)、名古屋(7位) 【2007年】 FC東京(12位) 【2008年】 大宮(12位)、清水(5位) 【2009年】 山形(15位) 【2010年】 勝点23なし 【2011年】 勝点23なし 【2012年】 勝点23なし 【2013年】 清水(9位) 【2014年】 勝点23なし 【2015年】 神戸(12位) 【2016年】 仙台(12位) 【2017年】 勝点23なし 【2018年】 勝点23なし なな、なんと。J1が18チーム構成になった2005年以降の14シーズンで、19節を終えて勝点23というチームがあったのは7年だけ!! しかもその7年とも勝点23を稼いでいたチームは優勝してない!! どころか降格もしてない!! つまりG大阪はこのままごゆるりとシーズンを終えられれば、無事来年もJ1ってことになってるんですよ。さすが知将、宮本恒靖監督。きっとこういう統計データももっていらっしゃるのでしょう。もしかしてこのコラムも読んでいたりして。それはないな。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.07.18 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】浦和MF宇賀神友弥やスポンサー看板破壊の栃木MFへニキらが出場停止

Jリーグは18日、明治安田生命J1リーグ第20節、J2リーグ第23節、J3リーグ第17節の出場停止選手を発表した。 J1は浦和レッズのMF宇賀神友弥が警告の累積により出場停止となる。 J2は5名が出場停止に。栃木SCのMFへニキは第22節のレノファ山口FC戦で決勝ゴールを記録したものの、試合中にスポンサー看板を損壊させたことが懲罰対象となり、1試合の出場停止処分が下されることとなった。 その他、FC町田ゼルビアはDF酒井隆介、MF森村昂太の2名、アビスパ福岡のMF鈴木惇、そして前節に続き柏レイソルのMFヒシャルジソンが出場停止となる。 J3ではいわてグルージャ盛岡のDF木下高彰、MF嫁阪翔太、Y.S.C.C.横浜のMF宮尾孝一、カマタマーレ讃岐のMF重松健太郎が出場停止に。重松は第16節のヴァンラーレ八戸戦において退場処分を受けていた。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF宇賀神友弥</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第20節 vsジュビロ磐田(7/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第23節 vs横浜FC(7/20) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFヒシャルジソン</span>(柏レイソル) 明治安田生命J2リーグ第23節 vsツエーゲン金沢(7/20) 今回の停止:警告の累積による2試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">DF酒井隆介</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ第23節 vs徳島ヴォルティス(7/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF森村昂太</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ第23節 vs徳島ヴォルティス(7/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF鈴木惇</span>(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ第23節 vsジェフユナイテッド千葉(7/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF木下高彰</span>(いわてグルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ第17節 vsザスパクサツ群馬(7/20) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF嫁阪翔太</span>(いわてグルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ第17節 vsザスパクサツ群馬(7/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮尾孝一</span>(Y.S.C.C.横浜) 明治安田生命J3リーグ第17節 vsカターレ富山(7/19) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF重松健太郎</span>(カマタマーレ讃岐) 明治安田生命J3リーグ第17節 vsFC東京U-23(7/20) 今回の停止:1試合停止 2019.07.18 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖のMF原川力に次男となる第三子が誕生!

サガン鳥栖は17日、MF原川力に次男となる第三子が16日に誕生したことを発表した。 原川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「生まれてきた子供、妻に感謝しています。家族の為により一層の努力をしていきます。サポーターの皆さん、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!」 原川は、2017年に川崎フロンターレから期限付き移籍で加入し、翌年に完全移籍へ移行。今シーズンはここまで公式戦21試合3ゴール2アシストを記録している。 2019.07.17 17:15 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース