磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち2018.05.03 17:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。

▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。

▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。
コメント
関連ニュース
thumb

J1残留争い中の磐田、G大阪から元日本代表MF今野泰幸を獲得! 「すぐにでも力になれるように」

ジュビロ磐田は17日、ガンバ大阪から元日本代表MF今野泰幸(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「2」に決定している 2001年にコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプロキャリアをスタートさせた今野は、FC東京を経て2012年からG大阪でプレー。2014年にはクラブの3冠に貢献するなど主力として活躍してきたが、ここ近年はケガに悩まされ、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ10試合の出場に留まっていた。 今野は今回の移籍に際して両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「夏に移籍するのは初めての経験ですが、早くチームに溶け込むように努力して、すぐにでもチームの力になれるように、そしてジュビロの目標達成に貢献できるように全力を尽くしたいと思います。これからよろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「夏のタイミングで移籍する事は考えてはいませんでしたが、ジュビロからオファーをいただいて、流れに身を任せたらあっという間に移籍することになりました。シーズン最後までみんなと戦いたかった気持ちはものすごくあったし、迷惑をかけてしまうので本当に悔しいし、チームメイトのみんなと別れるのは寂しいですが、でも、プロの世界なのでこういうことはあると思って、なんとか切り替えて、ジュビロ磐田で活躍できるように頑張りたいと思います」 「サポーターの皆さんには、今年なかなか自分の良いパフォーマンスをお見せすることができなくて、残念に思っています。最後のお別れもできなかったですが、ずっと応援してくれたことは一生忘れません。本当に7年半、いつも応援してくれてありがとうございました」 シーズンを通してフル稼働は臨めないものの、日本代表として93キャップで4ゴールを誇る百戦錬磨のベテランMFは、センターバック、ボランチと複数ポジションでプレー可能となっており、残留を争う磐田にとって大きな戦力となりそうだ。 なお磐田は現在、J1リーグ4勝5分け10敗でJ1参入プレーオフ出場圏内の16位に位置。20日に行われる次節では浦和レッズをホームに迎え、今季初のリーグ戦連勝を目指す。 2019.07.17 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田、成立学園のアタッカー確保! 吉長真優の来季加入内定

ジュビロ磐田は16日、成立学園高校に在学するFW吉長真優(17)の来シーズン加入内定を発表した。 東京都出身で東京ヴェルディJr在籍歴を持つ吉長は、FC府中を経て、成立学園高校に進学。動き出しや高いシュート精度、得点機創出に秀でたアタッカーだ。磐田入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ジュビロ磐田という歴史あるクラブで、プロサッカー選手としてスタートできることを大変嬉しく思います。常に向上心を持って成長し、ファン・サポーターの皆様に愛されるような選手になりたいです。応援よろしくお願いします」 2019.07.16 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代の磐田FW小川航基が水戸へ育成型期限付き移籍

水戸ホーリーホックは14日、ジュビロ磐田からU-22日本代表FW小川航基(21)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2020年1月31日までで、背番号は「19」。なお、磐田と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 小川は2016年に桐光学園からジュビロ磐田に入団し、プロキャリアをスタート。しかし、なかなか出場機会を確保することができず。今シーズンは、ここまで公式戦に10試合に出場しているが、ノーゴールに留まっている。 なお、世代別代表では東京五輪のエース候補と期待されており、6月に行われたトゥーロン国際大会ではU-22日本代表として出場。準決勝のU-22メキシコ代表戦、決勝戦のU-22ブラジル戦で同点ゴールを記録した。 水戸への期限付き移籍が決定した小川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「この度、育成型期限付き移籍で水戸ホーリーホックに加入することになりました、小川航基です。J1昇格の為に全力でプレーします。よろしくお願いします!」 ◆ジュビロ磐田 「この度、育成型期限付き移籍で水戸ホーリーホックへ移籍することになりました。この時期にチームを離れることは、簡単な決断ではなかったですが、また成長した姿を見せられるようにがむしゃらに頑張りたいと思います」 2019.07.14 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田が裏天王山を制して最下位脱出! ロドリゲス弾で松本を退ける《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の松本山雅FCvsジュビロ磐田が13日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で磐田が勝利した。 直近5試合で2分け3敗の17位・松本(勝ち点17)は、総得点ワーストの「10」と低迷。6試合ぶりの白星を目指す今節は、1-1で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じ11人が先発に名を連ねた。 一方、ここまで最下位に沈む磐田(勝ち点14)は、鈴木秀人監督に交代したものの、前節の鹿島アントラーズに0-2の敗戦。鈴木体制3試合目となる今節は、森谷が10試ぶりに先発に起用された。 "裏天王山"となった試合は松本がボールを保持する展開になると、7分に宮阪の右CKからゴール前の飯田がフリック。最後はファーサイドに走り込んだ前田がスライディングで押し込んでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で先制とはならない。 対する磐田は19分、ボックス付近で高橋祥平が森谷、上原との連続ワンツーでボックス右へ侵攻し、シュートを放つが、GK守田にブロックされる。直後に、ゴール前のアダイウトンがシュートに持ち込むが、松本DFにブロックされ、波状攻撃は実らない。 前半の半ばに推移していくにつれ、磐田がペースを掴む。松本も粘り強い守備で応戦し、決定的なシュートは打たせない。松本は、前半終了間際には宮坂の左CKからニアサイドの高崎がヘディングシュートを放ったが、ゴールライン上でクリアされ、ゴールレスで試合を折り返した。 ここまで我慢の時間が続いた磐田は58分、敵陣中央から仕掛けたアダイウトンがボックス右へ持ち運ぶと、タイミングを外してから右足でシュート。しかし、枠を捉えることができない。 ホームの歓声を受ける松本は68分、敵陣左サイドの深い位置から高橋諒がクロス。ゴール前の高崎が前方に落とし、最後はゴール前の前田が反応したが、枠を捉え切れない。さらに、69分には、GKカミンスキーのパスをカットした杉本が1人かわしてシュート。ボールは枠を捉えたものの、ゴールライン上で大井に頭でクリアされた。 長らくこう着状態が続いたが、磐田がスコアを動かす。85分、上原のスルーパスに反応した途中出場のロドリゲスが、ボックス右で対峙した今井と入れ替わり、ボックス右に侵攻。そのまま右足を振りぬくと、ゴール左へ突き刺さった。 試合終盤に先制した磐田がそのまま逃げ切り、1-0の完封勝利。鈴木体制でリーグ戦初白星を飾り、最下位を脱出した。敗れた松本は、またしても1点が遠く暫定ながら最下位に転落している。 2019.07.13 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

“天才レフティー”中村俊輔、横浜FCに完全移籍 キングカズ、松井大輔と共演へ

横浜FCは11日、ジュビロ磐田に所属する元日本代表MF中村俊輔(41)の完全移籍加入を正式発表した。背番号は「46」に決定している。 1997年に桐光学園から横浜F・マリノスに入団してプロキャリアをスタートした中村は、レッジーナ、セルティック、エスパニョールで海外挑戦。2010年に横浜FM復帰を果たすと、7シーズンにわたってプレーした後、2017年に磐田へ完全移籍した。 磐田加入1年目は明治安田生命J1リーグ30試合5ゴール10アシストの成績を収め、6位躍進に貢献。だが、昨シーズンから長期離脱のケガに悩まされ、今シーズンもここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっている状況だった。 地元の横浜市をホームタウンとする横浜FCに加わり、元日本代表FW三浦知良や、元同代表MF松井大輔らとの共演が決定した中村。両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「このたび、横浜FCに加入することになりました。今まで培った経験を生かして、ひとつでも多くの勝利をクラブ、そしてファンサポーターの皆様と共有できるように頑張ります。よろしくお願い致します」 ◆ジュビロ磐田 「このたび、横浜FCに移籍することになりました。リーグ戦で苦しい時期にこのような決断をした事、また怪我が多くピッチでプレーする時間も少なく、 本当に申し訳なく思っています」 「この2年半は、自分のサッカー人生の中でもとても思い出深いものとなりました。ジュビロに加入した直後にも関わらず、サポーターの方々がチャントを作って応援して頂き、またサックスブルーでも10番をつけプレーした事など、感謝しかありません」 「チームメイト、スタッフ、スポンサー、会社の方々、ファンサポーターの皆様に心より感謝致します。ありがとうございました」 横浜FCは現在、明治安田生命J2リーグで8勝5分け8敗の12位。中村は最短で7月20日のJ2第23節の栃木SC戦から出場が可能となる。 2019.07.11 15:35 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース