ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長2018.04.17 00:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。

▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook
thumb

5戦連発ベンゼマのハットトリックでマドリーがビルバオに快勝!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第33節のレアル・マドリーvsビルバオが21日に行われ、3-0でレアル・マドリーが勝利した。 約3年ぶりの月曜開催となった前節のレガネス戦を1-1のドローで終えた3位マドリー(勝ち点61)が、本拠地サンティアゴ・ベルナベウに7位のビルバオ(勝ち点46)を迎えた一戦。 直帰3試合で1勝1敗1分けと不安定な戦いが続くマドリーは、前節のレガネス戦からスタメンを3人変更。イスコやバルベルデ、ナチョに代えて、体調不良でレガネス戦を欠場したクロースやルーカス・バスケス、バジェホをスタメンで起用した。 一方、前節のラージョ戦を打ち合いの末に勝利したビルバオは、その試合からスタメンを2人変更。前節2ゴールのイニャキ・ウィリアムズやラウール・ガルシア、ムニアインら主力を順当にスタメンに並べた。 前回対戦をドローで終えた両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、マドリーは13分に左サイドを抜け出したアセンシオのクロスをゴール前でL・バスケスが落とすと、最後はボックス内に走り込んだマルセロが左足で合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 マドリーはマルセロやカルバハルが高い位置を取り両サイドから崩しにかかるが、ビルバオの集中した守りに攻めあぐねる。すると42分、ビルバオは右CKからラウール・ガルシアがヘディングシュートを狙ったが、これはGKケイロル・ナバスの正面を突いた。 その後も互いに目立ったチャンスを生み出せず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半は開始早々にスコアが動く。マドリーは47分、自陣からドリブルで持ち上がったクロースが左サイドのスペースへ展開すると、抜け出したアセンシオがダイレクトを供給。これをゴール前のベンゼマがヘディングでゴール右に隅に叩き込んだ。 先制点で勢いづくマドリーは、56分にもクロースの左クロスをボックス右深くで受けたL・バスケスの落としをベンゼマが合わせたが、これはゴール左に外れた。 追加点を狙うマドリーは、70分にクロースとL・バスケスを下げてイスコとベイルを投入する2枚替えを敢行。すると76分、モドリッチの右CKをゴール左前のベンゼマが頭で叩き込み、追加点を奪った。 リードを広げたマドリーは、91分にもロングパスの処理に飛び出したGKイアゴ・エレリンのクリアミスを奪ったベイルの落としをベンゼマが無人のゴールに流し込み、ハットトリックを達成。 5戦連発となる好調ベンゼマの躍動でマドリーが、ビルバオに快勝した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=v5ip3lx71ity11nek4wzsodlb" async></script> </div> 2019.04.22 01:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、途中就任のガリターノ監督と契約更新! 18位から8位に押し上げる手腕を発揮

ビルバオは4日、ガイツカ・ガリターノ氏(43)と2020年まで契約更新したことを発表した。 ガリターノ監督は昨年12月に、前任のエドゥアルド・ベリッソ監督の解任に伴い下部チームから昇格。これまでにエイバルやバジャドリー、デポルティボの監督を歴任し、ビルバオのトップチームを率いるのは今回で2度目となった。 初陣となったリーガ第15節のジローナ戦で白星を飾ると、そこから8試合で5勝3分け、直近の第30節までわずか2敗と見事にチームを蘇らせた。 就任時は降格圏の18位だった順位も、今では8位と急上昇。一躍古豪復活の立役者となった。 2019.04.04 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオ第2GKウナイ・シモンが2023年まで契約延長

ビルバオは1日、U-21スペイン代表GKウナイ・シモン(21)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 2011年からビルバオの下部組織でプレーするウナイ・シモンは、今季開幕戦でトップチームデビュー。正GKイアゴ・エレリンの負傷もあって今季ここまでリーガエスパニョーラで7試合、コパ・デル・レイで4試合に出場している。 リーガエスパニョーラ第9節以降はイアゴ・エレリンの復帰により第2GKに回り、出場機会に恵まれていないが、U-21スペイン代表に選出されており将来を嘱望されるGKだ。 2019.04.02 00:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ハビ・マルティネス、古巣ビルバオに復帰か…会長が証言

バイエルンに所属するスペイン代表MFハビ・マルティネス(30)に、古巣であるビルバオへの復帰の可能性が浮上している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 2012年夏にビルバオからバイエルンに移籍したハビ・マルティネス。ビルバオのアイトール・エリセギ会長は、クラブに獲得の意思があることを明らかにしている。 「ビルバオはハビ・マルティネスに2000万ユーロ(約25億円)を支払う余裕はある。経済的観点からも問題ない」 「このクラブの社会的健全性は良好であり、理事会の総意が得られれば(獲得には)何の問題もないだろう」 バイエルンで7年目を過ごすハビ・マルティネスはセンターバックとディフェンシブMFを兼任できるマルチプレイヤーとして重宝され、公式戦208試合に出場。今季はここまで同27試合に出場し3ゴールを記録している。 バイエルンは先日にフランス代表DFリュカ・エルナンデスをアトレティコ・マドリーから獲得したため、ハビ・マルティネスの出場機会は減少するとみられている。同選手が移籍を検討する可能性は大いにあるが…。 2019.03.28 18:26 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース