イスコの古巣マラガに対する1G1Aで勝利のレアル・マドリーが3位浮上《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 05:38 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第32節でマラガとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。▽前節アトレティコ・マドリーとのダービーを1-1で引き分けて4位に後退したレアル・マドリー(勝ち点64)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦では大苦戦を強いられながらも試合終了間際のC・ロナウドのPK弾で辛くもベスト4進出を果たした。そのユベントス戦のスタメンから6選手を変更。C・ロナウドやモドリッチ、ベイルが欠場となって、マルセロとクロースがベンチスタートとなった。

▽前日の試合でバレンシアがバルセロナに敗戦したことで勝利すれば3位浮上となる一戦。最下位マラガ(勝ち点17)に対し、3トップに右からL・バスケス、ベンゼマ、アセンシオ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにイスコとコバチッチを配す[4-3-3]で臨んだマドリーが仕掛けていく展開で推移していく。

▽そのマドリーは16分にL・バスケスの右クロスにコバチッチがヘディングシュートでゴールに迫ると、23分にはイスコのラストパスからL・バスケスが際どいシュートを浴びせていった。すると29分、ボックス手前中央で得たFKをイスコがゴール左に沈めた。

▽イスコの古巣に対するゴールで先制したマドリーは、その後もイスコが貪欲にゴールに迫っていったが、追加点を奪うには至らず前半を終えた。

▽後半もマドリーが敵陣でポゼッションする流れとなると、63分に追加点を奪った。カゼミロがインターセプトからそのまま前線へ。ベンゼマ、イスコとつながって最後はゴール前に走りこんでいたカゼミロが押し込んだ。

▽余裕のマドリーはアセンシオ、イスコを下げて、セバージョス、マジョラルを投入していく。イスコがピッチを後にする際にはマラガサポーターから大きな拍手が送られた。

▽終盤にかけてもボールを動かしてマラガをいなしたマドリーが2点をリードしたまま追加タイムへ。試合終了間際にバジェホのクリアミスからロランにゴールを許したものの、2-1で試合を終えたマドリーが3位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

コバチッチ、ゼニト移籍が浮上! 既に交渉開始か

レアル・マドリーからチェルシーに期限付き移籍しているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)にゼニトへの移籍が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にマドリーから出場機会を求めてチェルシーにレンタル移籍で加入したコバチッチ。ここまで公式戦43試合に出場しており、マウリツィオ・サッリ監督も完全移籍を望んでいることを明らかにしている。 だが、チェルシーはサッリ監督の去就が不透明なことに加え、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いているが、撤回される可能性は低い。 そのような状況から、コバチッチ側はチェルシーへの完全移籍は不確定要素が多いことを考慮し、現在はゼニトとの交渉を行っているという。 一方でマドリーのジネディーヌ・ジダン監督はコバチッチの復帰を望んでいない模様。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(28)獲得の資金を捻出するため売却を望んでいるようだ。 2019.04.18 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーのマリアーノが右足内転筋腱炎で離脱

レアル・マドリーは17日、ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスが右足内転筋腱炎と診断されたことを発表した。 クラブは今後、回復状況を見守ると報告。なお、スペイン『マルカ』は今回の負傷により、マリアーノが25日に行われるリーガエスパニョーラ第34節のヘタフェ戦には出場できないと伝えている。 マドリー下部組織出身のマリアーノは、2018年8月にリヨンから5年契約で復帰。伝統の背番号「7」が与えられるなど、大きな期待が寄せられたが、今シーズンは負傷にも悩まされ、公式戦20試合2ゴールに留まっている。 2019.04.18 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールに衝撃! サラーがトランスファーリクエスト検討! クロップと確執か?

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)がクラブに対してトランスファーリクエストを提出することを検討しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 『アス』が伝えるところによれば、サラーはしばらく前からユルゲン・クロップ監督との関係が悪化しており、幾度となく激しい口論に発展していたという。そして、ドイツ人指揮官との関係に嫌気がさした同選手はクラブの首脳陣に対して、今シーズン限りでクラブを去りたいとの要望を伝えたようだ。 今シーズンここまで公式戦45試合に出場し22ゴール10アシストの数字を残しているリバプールのエースに関しては、超高額の移籍金が設定される可能性が高く現時点で具体的な移籍先は挙がっていない。 しかし、仮に同選手が今夏移籍市場に出された場合、昨夏も獲得の可能性が報じられていたレアル・マドリーらが入札に参加する可能性が高いようだ。 2019.04.18 01:03 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー関心のマネ、「クロップと一緒に居たい」

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネ(27)がユルゲン・クロップ監督への想いを語っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2016年にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるユーティリティ性や守備面の貢献度も高く、加入初年度からスタメンに定着し、公式戦通算115試合で54得点21アシストを記録している。 そのマネにはジネディーヌ・ジダン監督が復任したレアル・マドリーが獲得に興味を示していることが伝えられている。それでも、マネはリバプールの公式マガジンでクロップ監督と長く共闘することを望んでいることを明かした。 「もちろん僕はリバプールやプレミアリーグで伝説になりたい。それが僕の目標の1つでもあるんだ。できる全てのことを成し遂げるために可能な限り全力を尽くすよ」 「100試合出場したことは僕にとって大きな意味があるんだ。リバプールのような素晴らしいクラブでこれだけプレーできたことは素晴らしいことなんだ」 「いつも言っているけど、このクラブのためプレーすることはとてもハッピーなことなんだ。ここで毎日楽しんでいるし、クラブがなにか勝ち取るためになんでもやるよ」 「クロップは選手たちを愛しているし、とても親身になってくれるんだ。多くのことを要求する。ベストを求めてくるけど決してプレッシャーをかけることはないね」 「彼はベストを尽くして、楽しむように言ってくれる。僕はそれが重要なことだと思う」 「彼の下でみんなが成長していると誰が見てもわかると思う。僕たちは彼と長い間一緒にやっていくこと重要なんだ」 2019.04.17 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ナチョ告白「今の僕らにはモチベーションがない」

レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスが、現在のチーム状態を告白した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 マドリーは今シーズン、大不況に陥っている。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇中の世界王者は、そのCLでベスト16でアヤックスに逆転負け。コパ・デル・レイでは宿敵バルセロナに苦杯を舐めさせられた。また、リーグ戦でも首位のバルセロナとは勝ち点差「13」。まだ可能性は残されているとはいえ、今季の無冠は決定的な状況だ。 ナチョ・フェルナンデスはそんな状況に本音を吐露。数多くの栄冠をもたらしたジネディーヌ・ジダン監督が再任したものの、「モチベーションがない 」ことをハッキリと明かした。 「この状況は簡単ではない。なぜなら僕たちには試合を戦うモチベーションがないからだ」 「僕たちはもっとモチベーションを上げていかなければならない。まだ試合は残っているからね。だが、シーズンを通じて良かったDFがいないのも事実だ」 2019.04.17 17:22 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース