ユナイテッド、ユムティティ獲得に年俸12億を準備か2018.03.31 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)獲得に動き出している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽ユナイテッドは、昨夏に獲得したDFビクトル・リンデロフがチームにフィットしきれていないことに加え、DFクリス・スモーリングやDFフィル・ジョーンズらがジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取ることができておらず、今シーズン後のセンターバックの入れ替えが噂されている。

▽『デイリー・ミラー』によると、ユムティティは現在バルセロナから受け取っている400万ユーロ(約5億2400万円)の年俸に不満を示しており、3倍の額を要求しているとのこと。ユムティティに5200万ポンド(約77億4000万円)という昨今の移籍市場では“控え目な”契約解除金を設定しているバルセロナは、2021年まで残している契約の延長を目指しているが、クラブ周辺の人物によると流出の可能性を排除していないという。

▽そんな中、ユムティティの要求する1200万ユーロ(15億7000万円)の年俸に対して、ユナイテッド側が800万ポンド(約12億円)程度の給与を用意しているそうだ。

▽同メディアによると、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランにも興味を示していると噂されている。もし両獲りとなればマドリーとバルサの“未来のディフェンスリーダー”が、赤いシャツを身に纏ってコンビを結成することになる。
コメント
関連ニュース
thumb

アヤックス、デ・リフト後釜確保? ヘーレンフェーンのU-19蘭代表DFを獲得

アヤックスは17日、ヘーレンフェーンに所属するU-19オランダ代表DFキク・ピーリー(18)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年7月から2024年6月30日まで。 ヘーレンフェーン下部組織出身のピーリーは、2017年にトップチームデビュー。昨シーズンからすでにトップチームの主力に定着し、今シーズンはここまで公式戦31試合2ゴール3アシストを記録している。センターバックを本職としながら、左サイドバックもこなすことができるオランダの有望株だ。 アヤックスでは現在、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の退団が濃厚に。先日にはエリク・テン・ハグ監督が「デ・リフトがアヤックスに残る可能性はゼロだ。ノーチャンス」とも語っていた。今回のピーリー獲得でデ・リフト退団により現実味が帯びてきた。 2019.04.18 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダが生え抜きMFスルトゥサと1年間の契約延長

レアル・ソシエダは17日、フランス人MFダビド・スルトゥサ(32)との契約延長を発表した。新契約は、2020年6月30日までとなる。 スルトゥサは、ソシエダの下部組織出身で、2007年7月にエイバルへとレンタル移籍。2009年7月にトップチームへと昇格した。 ソシエダ生え抜きのスルトゥサは、これまでソシエダで公式戦298試合に出場し21ゴール22アシストを記録。リーガエスパニョーラで233試合に出場し16ゴール20アシスト、コパ・デル・レイで22試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグで3試合に出場、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1ゴールを記録していた。 スルトゥサとソシエダの契約は今夏で満了を迎えるところだったが、もう1年プレーすることが決定。スルトゥサは「幸せだ。自分の決断について自信を持っているし、興奮している。長年にわたって、プロジェクトを確信しているよ」とコメントしている。 2019.04.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがメガクラブ注目FWヨビッチの買い取りオプションを行使! 2023年まで契約締結

フランクフルトは17日、ベンフィカのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は700万ユーロ(約8億8000万円)とのことだ。そして2023年まで契約を結んだことも併せて発表している。 ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカーであるヨビッチは、2016年2月にベンフィカと契約。その後、2017年6月にフランクフルトへ2年レンタルで移籍し、フランクフルトでは公式戦67試合に出場して34ゴール9アシストを記録。今季はブンデスリーガで17ゴール、ヨーロッパリーグでは8ゴールを挙げ、一躍メガクラブ注目のヤングスターとなった。 この活躍を受け、市場推定移籍金5000万~6000万ユーロに上昇しているヨビッチに対し、レアル・マドリーの他、バルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティといった欧州メガクラブが関心を示している状況だ。 2019.04.17 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

残留争い真っ只中のセルタがアスパスと2023年まで契約延長!

セルタは17日、スペイン代表FWイアゴ・アスパス(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 セルタの下部組織出身であるストライカーのアスパスは、2007-08シーズンにトップチームデビュー。これまでセルタで公式戦328試合に出場して137ゴール30アシストを記録。過去2シーズン、リーガエスパニョーラで14ゴール、22ゴールを挙げ、いずれもスペイン人におけるシーズン最多得点者(サラ賞)に輝いていた。そして今季もふくらはぎの負傷で長期離脱がありながら15ゴールを挙げ、スペイン人最多得点者となっている。 セルタは降格圏の18位バジャドリーと1ポイント差の17位に位置。残留を争っている中でチームの絶対的得点源と契約延長に至った格好だ。 2019.04.17 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、MFヨナス・ホフマンと2023年まで契約延長

ボルシアMGは16日、ドイツ人MFヨナス・ホフマン(26)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年更新した格好だ。 ドルトムントでプロデビューを飾った攻撃的MFのJ・ホフマンはマインツへのレンタル移籍を経て、2016年1月にボルシアMGへ移籍。ボルシアMGではこれまで公式戦87試合に出場して9ゴール16アシストを記録。今季はブンデスリーガ23試合の出場で5ゴール4アシストを記録し、5位と健闘しているチームの主力として活躍していた。 2019.04.17 00:10 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース