ローマがデ・ロッシ父と2年間の契約延長2018.03.29 10:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは28日、元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの父であり、プリマヴェーラで指揮を執るアルベルト・デ・ロッシ監督(60)との契約を2年間延長すると発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽アルベルト監督は、1997-98シーズンからローマの育成年代で監督を務め、2004-05シーズンからはプリマヴェーラの監督に就任。これまで600試合以上指揮を執り、ローマのユース年代を24シーズンにわたって見守ってきた。

▽現在のトップチームでは、MFロレンツォ・ペッレグリーニやMFアレッサンドロ・フロレンツィがアルベルト監督の下でプレー。トップチームでも主力選手として活躍している。
コメント
関連ニュース
thumb

クライファート、古巣の大躍進にご満悦! ローマ移籍は「後悔していない」

ローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファートが、古巣アヤックスの大躍進にコメントした。イタリア『メディアセット』が伝えている。 アヤックスは16日、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでユベントスに勝利し、22年ぶりの準決勝進出を決めた。ヤング・アヤックスの大躍進に世界中のサッカーファンが沸く中、昨シーズンまでアヤックスでプレーし、現在はローマでプレーしているクライファートがコメント。移籍しなければよかったのではないかという質問このように答えた。 「みんなはそう思っているんだろうけど、全然そんなことはない」 「(古巣の躍進ぶりについては)とても嬉しいよ。みんながベストを尽くせるよう願っている」 「アヤックスがヨーロッパで輝いているのは素晴らしいことだ。もしかしたら僕もそこにいたかもしれないと考えるのは自然なこと」 「だけど、ローマもベスト4に近づいたんだ。ポルトにやられちゃったけどね」 「自分で選んだ道に後悔なんてない。僕はローマで成功する。確信しているよ」 「最初のシーズンは悪くない。だけどもっとできるはずだ。自信はあるよ。僕たちは強いからね」 2019.04.17 20:06 Wed
twitterfacebook
thumb

バティ、ビッグクラブ注目の伊逸材キエーザ&ザニオーロに助言

元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が、欧州ビッグクラブから注目を集めているフィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)とローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)に助言した。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 フィオレンティーナ下部組織出身のキエーザは、2016-17シーズン開幕前にトップチーム昇格。以降、爆発的なスピードと足元の技術を武器にチームの攻撃をけん引。今シーズンはここまで公式戦34試合12ゴール8アシストを記録している。 一方、ローマのザニオーロは、昨夏にインテルから加入。繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークで、ここまで公式戦32試合6ゴール2アシストを記録している。 両者には現在、欧州の強豪が獲得に興味。キエーザにはレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスターシティらが。ザニオーロにもレアル・マドリーやユベントス、バイエルンといった欧州ビッグクラブが関心を示している。 そんな両選手に対して、現役時代に両クラブでプレーしたことがあるアルゼンチンの点取り屋、バティストゥータ氏が言及した。 「(キエーザについて)自分が元気に暮らせないところで、リーグやカップを勝ち取るよりも、自身が快適な場所でプレーする方が良いこともあるよ」 「(ザニオーロについて)ローマに残留するのか、それとも移籍するのか、それは自身が求めることが何なのかというものがとても重要だ。ローマのユニフォームのためにキャリアを捧げたいのであれば、その気持ちに正直になるべき。しかし、チームに留まるのがファンやサポーターが求めているからという理由だけなのであれば、上手くいかないだろうね」 2019.04.16 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ローマの逸材ザニオーロ争奪戦に参戦か 約63億円を用意とも

バイエルンは、ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)の争奪戦に参戦するようだ。『フットボールイタリア』がドイツ『ビルト』を引用して伝えている。 ザニオーロは昨夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。シーズン途中から主力に定着すると、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークでローマ攻撃陣をけん引するまでに。ここまでは公式戦32試合6ゴール2アシストを記録している。 そんなザニオーロには現在、レアル・マドリーやユベントスなどが関心を寄せられている。そんな中、バイエルンもローマの逸材に注目。獲得に向けて移籍金5000万ユーロ(約63億円)を用意しているようだ。 対するローマ側は現在、ザニオーロの慰留に向けて新契約の締結に向けた話し合いが行われているとされるが、果たして。 2019.04.15 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェコ、約1年ぶりのセリエAでのホーム戦ゴールに「ようやくオリンピコでゴールを決められた」

ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが決勝点を記録したウディネーゼ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポルト』で語った。 現在、熾烈なトップ4争いに身を置くローマはウディネーゼをホームで迎え撃った一戦を1-0で勝利した。 前半半ばから降り始めた強い雨の影響もあって苦戦を強いられたローマだったが、67分にFWステファン・エル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェコが冷静にGKとの一対一を決め切って先制に成功。その後は課題の守備陣が虎の子の1点を守り切って2試合連続のウノゼロで連勝を飾った。この勝利によって暫定5位に浮上したチームは4位のミランとの勝ち点差1をキープしている。 同試合でチームを勝利に導く決勝点を記録したジェコだが、このゴールは同選手にとって2018年4月28日に行われたキエーボ戦以来となるセリエAでのホーム戦ゴールとなった。 ジェコは久々のオリンピコでのゴールを素直に喜んでいる。 「今日のゴールは勝ち点3の価値があるものとなった。それが今日の試合で最も重要なことだった。同時に自分にとってはようやくオリンピコでゴールを決められたことを嬉しく思っているよ」 「ただ、僕たちは初めから後半のようなプレーを見せていれば、より多くのゴールを奪えたはずだ。ハーフタイム明けにスピード、テクニック、流動的な動きを駆使してプレーを改善した。フロレンツィとペッレグリーニの同時投入が流れを変えたと思う」 また、今季ここまで厳しい戦いを強いられながらも未だにトップ4を争うことができている現状についてジャッロロッシのエースストライカーは、「奇跡のようなこと」と捉えているようだ。 「このような難しいシーズンに決してうまくいっていない自分たちが未だにこのような順位に居られることは奇跡のようなことだと思っている。僕たちはまだトップ4を争える位置にいるし、残りのすべての試合で今日の後半のようなプレーをしなくてはならない」 なお、ローマは20日に行われる次節に3位のインテルとの重要な直接対決を控えている。 2019.04.14 13:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコに今季ホーム戦初ゴールの生まれたローマが辛勝でミランにプレッシャー《セリエA》

ローマは13日、セリエA第32節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 欧州カップ戦出場を争う前節サンプドリアとのアウェイ戦を制し、連敗を止めた6位ローマ(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランに1ポイント差と迫った中、ジェコとエル・シャーラウィがスタメンに戻った。 降格圏のエンポリと4ポイント差の15位ウディネーゼ(勝ち点32)に対し、 ジェコとシックが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだローマは、開始3分にマンドラゴーラに際どいミドルシュートを浴びてしまう。 良い入りができなかったローマはウディネーゼにポゼッションを許す展開を強いられた中、27分にようやくチャンス。左サイドからのエル・シャーラウィのクロスにファーサイドのザニオーロがボレーで合わせにかかった。 続く36分にボックス左からマルカノがGKを強襲するシュートを浴びせたローマだったが、低調な前半はゴールレスで終了した。 シックとファン・ジェズスに代えてペッレグリーニとフロレンツィを後半から投入したローマは、後半に入ってもギアが上がらず、57分にCKからデ・マイオのヘディングシュートが右ポストに直撃するピンチを迎えてしまう。 それでもその後、FKからクリスタンテのヘディングシュートでゴールに迫ったローマは、68分にエースがゴールをこじ開ける。エル・シャーラウィの華麗なワンタッチパスに反応したボックス右のジェコがゴールに流し込んだ。 ジェコの今季リーグ戦におけるホーム初ゴールで均衡を破ったローマは、守備に重心を置いて時間を消化していく。そのままウディネーゼに反撃を許さずに逃げ切ったローマが勝ち点3を積み上げ、このあとラツィオと試合を行うミランをかわして暫定4位に浮上した。 2019.04.14 02:58 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース