イカルディが古巣相手に大爆発! セリエA通算100得点目含む4発でインテル快勝《セリエA》2018.03.18 22:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは18日、セリエA第29節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、5-0で大勝した。▽リーグ2戦負けなしの5位インテル(勝ち点52)が、前節クロトーネ戦で1-4の大敗を喫した7位サンプドリア(勝ち点44)のホームに乗り込んだ一戦。インテルは、ゴールレスドローに持ち込んだ前節ナポリ戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。

▽試合は序盤からインテルが優位に運ぶ。13分、右サイドでボールを持ったカンドレーバが低く速いクロスを入れると、駆け込んだのはイカルディ。しかし、トップスピードのまま合わせたシュートは上手くミートできず、枠を外れていく。

▽さらに22分、カンドレーバが右サイドでボールを持つと、今度は浮き球のクロスを供給。ボックス左のペリシッチが頭で落とすと、ボックス内中央でフリーのイカルディとGKヴィヴィアーノが一対一を迎える。しかし、イカルディがシュートを空振り、ネットを揺らすことは叶わない。

▽それでも26分、右サイドを上がったカンセロのクロスに、ペリシッチが頭で合わせる。これがネットを揺らし、インテルにとって幸先の良い先制弾とした。

▽直後の30分、ラフィーニャがボックス内で倒されてPKを獲得すると、キッカーを務めるのはイカルディ。冷静にGKヴィヴィアーノの逆を突き、イカルディにとってはセリエA通算100ゴール目のメモリアル弾となった。

▽31分にも、波に乗るインテルが畳みかける。左サイドを上がったペリシッチがグラウンダーのクロスを供給すると、ボックス内に混戦がもたらされる。最終的にボールを奪ったイカルディが、意表を突くヒールシュートを放ち、自身の今シーズンのセリエAでの20得点目とした。

▽さらに前半終了間際の44分、ボックス内でボールを持ったラフィーニャがヒールシュートを狙うと、GKヴィヴィアーノが弾き出す。こぼれ球に反応したイカルディがまたしてもネットを揺らし、前半だけでトリプレッタを達成。試合は直後に折り返しを迎えた。

▽後半に入っても、早々にインテルのエースが前半の勢いそのままに輝きを放つ。51分、ボックス内に放り込まれたボールに対してサンプドリアDFのクリアが中途半端になると、ボックス内のイカルディが反応。バウンドするボールを右足で捉えて地面に叩きつけると、シュートは絶妙なコースでGKヴィヴィアーノの頭上を射抜き、ダメ押しの追加点に。

▽古巣相手に4得点を叩き込んだイカルディは、66分にお役御免。エデルとの交代でピッチを退く際には、かつての本拠地から大音量のブーイングと拍手が送られた。

▽インテルはその後、ややペースを落としてボールを回しつつ失点のリスクを回避し、5-0のスコアのままで試合が終了。この結果、インテルは3戦負けなしとした。対するサンプドリアはホームで手痛い大敗を喫し、連敗に突入している。
コメント
関連ニュース
thumb

日本訪問などバカンスを満喫中のイカルディ、対照的にインテルは大慌て

インテルの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の移籍を巡り、バカンス満喫中の同選手とは対照的にインテルは大慌てであるとイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は伝えている。 色々とお騒がせなイカルディとその妻ワンダ・ナラ氏夫婦はこのオフにバカンスを楽しんでおり、日本を満喫した後、現在はタヒチを訪問中である。そんなリラックスした同選手と対照的なのはユベントスとの交渉が思うように進まないインテルだ。 インテルはジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)がイカルディとのトレードも視野にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)を希望し交渉しているが、ユベントスのファビオ・パラチチスポーツディレクター(SD)の反応は思わしくない。 インテルは7月上旬までに交渉をまとめたいようだが、現状では移籍成立は遠そうだ。またユベントス以外のクラブからのアプローチが少ない事との理由の一つに代理人も務めるワンダ夫人の過剰移籍金要求がある。妥当な価格で交渉できない現状では移籍は困難を極めるのではないか。と同紙は伝えている。 精神的な問題が無ければ実力は折り紙付きのイカルディ。はたして来季その能力を存分に発揮できるか、またどのクラブでプレーするのか。その動向が注目される。 2019.06.25 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルのカラモー、来シーズンはパルマでプレーか

インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモー(20)が来シーズンはパルマでプレーする事になりそうだとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 カラモーはカーンの下部組織出身。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、17-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。今シーズンはレンタルでボルドーに加入しリーグ戦22試合で3得点という成績を残した。 同メディアによるとカラモー自身がパルマでのプレーに意欲を高めており、またパルマのロベルト・ダヴェルサ監督の評価も高く契約へ向け交渉を進めているという。 世代別フランス代表の常連で19歳にしてインテルと契約を結んだ俊英はパルマでさらなるブレイクなるか。来シーズンの活躍に注目が集まる。 2019.06.25 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表センシ、ミランから一転インテル移籍ほぼ確実に

サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)のインテル移籍がほぼ確実となっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 これまでの報道ではミラン行きが近いとされていたセンシ。だがサッスオーロのスポーツ・ディレクターのジョバンニ・カルネバリ氏がインテルとの交渉が最終段階に入っていることを明言し、一転してインテル入りが濃厚となっている。 「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」 「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」 「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」 記事によると、ミランと交渉を行っていたサッスオーロにインテルが2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を携えて横槍。個人間では直ちに合意に達したという。 センシはチェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンは主にディフェンシブMFでプレーし、セリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。また、昨年11月にはイタリア代表デビューも果たし、すでに初ゴールも決めている。 2019.06.23 17:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクのインテル移籍至難か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)のインテル移籍はそう簡単に実現しないかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンの公式戦45試合で15得点を挙げたものの、オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列を落としたルカク。そうした状況から今夏の移籍が取り沙汰されており、夢だと語るセリエAが行き先になるとの見方が強まっている。 そのルカクの移籍先として有力視されるのがインテルだ。すでに個人合意に達しているとみられており、あとはユナイテッドとの交渉を残すのみだとする報道が相次いでいる。だが、そのクラブ間交渉は至難を極めることになりそうだ。 ユナイテッドはルカクに対するオファーを聞く用意があるものの、希望する売値は7500万ポンド(約102億5000万円)。この数字は2017年夏にエバートンから獲得時に支払った額であり、現時点でインテルからオファーが届いていないという。 ルカクを求めるインテルだが、ユナイテッドの要求額を満たすほどの資金を用意できておらず、その差額は3000万ポンド(約41億円)以上。そこで、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの売却に動いているが、具体的なオファーがない模様だ。 来シーズンからインテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督がチェルシー時代からルカクに寄せるラブコールは実るのだろうか。 2019.06.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチがインテル復帰を希望か…クラブもFW補強の代替案に?

インテルに対して、ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(30)の獲得に向かう可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が報じた。 来シーズン、アントニオ・コンテ新体制でスタートするインテル。その新シーズンに向け、ストライカーの補強が取り沙汰されており、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)とともに、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)を獲得する動きが指摘されている。 そのルカクに関して個人合意の一報も飛び出しているインテルだが、ユナイテッドは移籍金として8000万ユーロ(約97億5000万円)を要求。したがって、より安く獲得が見込める推定2500万ユーロ(約30億4000万円)のアルナウトビッチを代替候補としてリストアップしており、選手自身もインテル行きを希望しているという。 アルナウトビッチは2009年夏、トゥベンテから買取オプション付きのレンタルでインテルに加入したが、当時指揮官だったジョゼ・モウリーニョ氏から信頼を勝ち取れず、1シーズンで退団。以降、ブレーメンや、ストーク・シティを経て、2017年からウェストハムでプレーしている。 2019.06.22 18:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース