レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》2018.03.14 06:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず

DF
24 フロレンツィ 6.5
序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった

44 マノラス 6.5
ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応

20 ファシオ 6.5
一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた

11 コラロフ 6.5
マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給

MF
4 ナインゴラン 6.5
チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った

16 デ・ロッシ 7.0
的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった

6 ストロートマン 6.5
レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った

FW
17 ジェンギズ・ユンデル 5.5
押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた

(→ジェルソン 5.5)
要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った

9 ゼコ 7.0
ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ

(→エル・シャーラウィ -)

8 ペロッティ 6.0
キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた

監督
ディ・フランチェスコ 6.5
1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった

▽シャフタール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ピアトフ 6.0
クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた

DF
2 ブトコ 5.5
不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート

18 オルテツ 5.0
恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった

44 ラキツキ 5.0
セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず

31 イスマイリ 6.0
前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出

MF
11 マルロス 5.0
守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず

(→デンチーニョ -)

8 フレッジ 6.0
機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感

7 タイソン 5.0
デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず

6 ステパネンコ 5.5
無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした

(→パトリック 5.0)
投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった

10 ベルナール 5.5
時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした

FW
19 ファクンド・フェレイラ 5.0
前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省

監督
フォンセカ 5.5
ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。

ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール
【ローマ】
ゼコ(後7)

※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出!
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズがローマの至宝ザニオーロ獲得に関心! 元TDバルディーニが交渉の鍵握る?

トッテナムがローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)の獲得に動いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 昨夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入したザニオーロ。シーズン途中から主力に定着すると、トップ下や右ウイングを主戦場にここまで公式戦33試合に出場し6ゴール2アシストを記録している。 先日まではローマとの新契約締結に近づいているとの報道もあったが、モンチSDの退任の影響やチームが来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す可能性もあり、ここに来て交渉が難航している。 そのザニオーロにはレアル・マドリーやユベントス、バイエルンなどが関心を寄せているが、ベルギー代表MFムサ・デンベレの退団以降、セントラルMFの選手層に問題を抱えるスパーズが獲得に関心を示しているようだ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』やイタリア『La Repubblica』の伝えるところによれば、トッテナムはザニオーロ獲得に向けて5000万ユーロ(約62億円)のオファーを準備しているという。 トッテナムにとって競合クラブを出し抜くうえで大きなアドバンテージとなるのが、かつてクラブで補強の責任者を務め現在はローマのジェームズ・パロッタ会長のアドバイザーを務めるフランコ・バルディーニ氏の存在だ。 過去にアルゼンチン代表MFエリク・ラメラをローマから引き抜いたバルディーニ氏と、トッテナムのダニエル・レヴィ会長は未だに親交があり、この人脈が交渉を進めるうえで重要となるかもしれない。 2019.04.26 06:29 Fri
twitterfacebook
thumb

3度目の正直なるか!?ローマが酒井宏樹の相棒FWトヴァン獲得に再び動く

ローマが、マルセイユに所属するフランス代表FWフロリアン・トヴァン(26)の獲得に再び興味を持ち始めたようだ。イタリア『フットボール・イタリア』がフランス『Telefoot』を引用して伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、ニューカッスルからマルセイユに復帰したトヴァン。ドリブル技術と高いシュートセンスを武器に昨シーズンは公式戦54試合26ゴール18アシストの大活躍を見せた。今シーズンもここまで公式戦33試合15ゴール9アシストを記録している。 そんなトヴァンに対しては、ミランが合意寸前と一部メディアで伝えられていたが、同選手の代理人がすぐにこの報道を否定。そして今回の報道によれば、2年連続でトヴァンの獲得に失敗しているローマも再び獲得に向けて動き出しており、4000~5000万ユーロ(約50億~63億円)の移籍金を準備しているようだ。 日本代表DF酒井宏樹と共にマルセイユの右サイドを支え、昨シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)決勝進出にも貢献してきたトヴァン。今夏、セリエAにステップアップを果たすことになるのだろうか。 2019.04.23 00:58 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング: インテル 1-1 ローマ《セリエA》

セリエA第33節、インテルvsローマが20日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190421_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 終了間際のコラロフのシュートを好セーブで阻止 DF 33 ダンブロージオ 6.0 失点に絡むも、同点弾をアシスト。前半終了間際に惜しいヘディングシュートもあった 6 デ・フライ 5.5 さほど難しい対応を迫られる局面はなかった 37 シュクリニアル 6.0 集中した対応でジェコを抑える 18 アサモア 6.0 攻撃面でアクセントを付ける動きが多かった MF 16 ポリターノ 6.0 攻め手となって攻撃を牽引 (→ケイタ -) 8 ヴェシーノ 5.0 エル・シャーラウィのゴールの場面では軽い対応だった 14 ナインゴラン 5.0 バイタルエリアでパスを受けていたが、アクセントを付けるには至らず (→イカルディ 5.0) ほぼ何もできず 20 ボルハ・バレロ 6.0 頻繁にボールに触ってゲームを作った 44 ペリシッチ 6.0 消えている時間も多かったが、同点弾を奪った FW 10 L・マルティネス 5.5 8分の決定機はミランテに止められた。消されていた (→ジョアン・マリオ -) 監督 スパレッティ 6.0 押し込む時間は多かったが、勝ち越すには至らず。引き分けは悪くない結果 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190421_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 83 ミランテ 6.0 8分のL・マルティネスのヘディングシュートをビッグセーブで阻止 DF 24 フロレンツィ 5.5 失点に関与も集中した守備を続けた 20 ファシオ 5.5 空中戦で負けず 5 ファン・ジェズス 5.5 マノラスの負傷を受けて緊急出場もまずまず安定していた 11 コラロフ 6.0 ポリターノにやや苦戦も、2度ほどゴールに迫るシーンを見せた MF 17 ジェンギズ・ウンデル 5.0 攻撃面で目立った働きはなかった (→ザニオーロ 5.0) 古巣相手に仕事できず 4 クリスタンテ 5.5 守備のタスクをこなす 7 ペッレグリーニ 5.5 前からのプレスで存在感 (→クライファート -) 42 エンゾンジ 5.5 守備面で貢献 92 エル・シャーラウィ 6.5 見事なカットインからのミドルシュートを流し込んだ FW 9 ジェコ 5.5 起点となるようなプレーは少なかった 監督 ラニエリ 6.0 敵地で引き分けは悪くない結果 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エル・シャーラウィ(ローマ) 守備に追われる状況が続いたが、先制点は見事なスキルによるゴールだった。チームに勝ち点1をもたらす。 インテル 1-1 ローマ 【インテル】 ペリシッチ(後16) 【ローマ】 エル・シャーラウィ(前14) 2019.04.21 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルとローマの上位対決は譲らず勝ち点1を分け合う《セリエA》

セリエA第33節、インテルvsローマが20日に行われ、1-1で引き分けた。 前節フロジノーネ戦を3-1と逃げ切って勝利を取り戻した3位インテル(勝ち点60)は、4位ミランとの5ポイント差を維持した中、戦列復帰していたL・マルティネスが先発に戻り、イカルディがベンチとなった。 一方、前節ウディネーゼ戦を辛勝して2連勝とした5位ローマ(勝ち点54)は、ミランとの1ポイント差を維持した中、古巣対決となるザニオーロがベンチスタートとなり、ジェンギズがスタメンに戻った。 共に[4-2-3-1]でスタートした上位対決。まずはローマがゴールに迫る。3分、ジェコがボックス内から枠内シュートを放つと、続く6分にはコラロフが強烈なミドルシュートでインテルを脅かした。 対するインテルは8分に決定機。右サイドからのポリターノのクロスにL・マルティネスがヘッド。枠の左下を捉えたが、GKミランテのビッグセーブに阻まれた。ここからインテルの圧力が強まっていったが、14分にローマが個人技で先制する。エル・シャーラウィが左サイドからカットインし、DFを外してシュート。これが枠の右に決まった。 追う展開となったインテルが自陣に引くローマに対して押し込む構図となるも、シュートにつなげることはできない。それでも前半終盤にかけて決定機を創出していく。まずは42分、アサモアのミドルシュートがディフレクトしてゴールに向かえば、直後にもポリターノのミドルシュートをGKミランテが弾いたところをヴェシーノが詰める決定機を演出。 そして44分、CKの流れからペリシッチの右クロスをファーサイドのダンブロージオが決定的なヘディングシュートを浴びせたがわずかに枠を捉えきれず、前半のうちに追いつくことはできずに前半を終えた。 迎えた後半、ジェンギズに代えてザニオーロを投入してきたローマに対し、インテルが攻勢に出る流れで立ち上がっていくと、49分にはL・マルティネスがオンターゲットのヘディングシュートを浴びせた。 押し込む中、54分にインテルはナインゴランに代えてイカルディを投入。L・マルティネスがトップ下に下がった。すると61分、インテルが同点に追いつく。右サイドからのダンブロージオの左足クロスをファーサイドのペリシッチがダイビングヘッドで押し込んだ。 しかし、ここから試合は膠着状態に。インテルはジョアン・マリオとケイタを投入し、ローマはクライファートを投入して勝ち越しを目指すも、互いに目立ったチャンスなく試合は終盤へ。 そんな中追加タイム1分、コラロフがボックス左に侵入してシュート。だが、GKハンダノビッチのファインセーブに阻まれ、1-1で試合は終了。勝ち点1を分け合った。 2019.04.21 05:31 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第33節プレビュー】CL出場権を争うインテルvsローマ開催! CL敗退ユーベは引き続きドローで8連覇決定へ

前節はチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うミラン(勝ち点55)とラツィオ(勝ち点49/1試合未消化)が激突し、ミランがケシエのPK弾で競り勝ち、4位を死守した。そして2連勝のローマ(勝ち点54)が5位に浮上し、引き分けのアタランタ(勝ち点53)が6位に後退している。また、ドローでも8連覇決定だったユベントスはSPALに逆転負けを喫し、優勝がお預けとなっている。残留争いでは最下位キエーボの12シーズンぶりのセリエB降格が決まった。迎える第33節、3位インテルと5位ローマによるCL出場権を争うビッグマッチが行われる。 前節フロジノーネ戦を2点を先行しながらも反撃に遭って苦しい試合となったインテル(勝ち点60)。何とか3-1と逃げ切って4位ミランとの5ポイント差を維持して3位を堅守した格好だが、残留を争う格下に大いに苦しめられたのは頂けない。ゲームメーカーのブロゾビッチ不在が響いたことやイカルディの低調なパフォーマンスが目に付いたが、負傷から復帰しているL・マルティネスの起用含め、スパレッティ監督がどのような策を講じてくるかに注目だ。 一方、ウディネーゼに辛勝して2連勝としたローマ(勝ち点54)は、ミランとの1ポイント差を維持した中、インテルを撃破することで更なる大混戦に持ち込みたいところ。低調ながら結果が出始めているローマは、今季のホーム戦初ゴールを決めたジェコと、古巣戦となるザニオーロを軸にゴールに迫りたい。 残留を争っているエンポリに痛恨のドローに終わった6位アタランタ(勝ち点53)は、月曜に2位ナポリ(勝ち点67)とのアウェイ戦に臨む。圧倒しながらも決定力を欠いてゴールレスドローに終わってミランとの勝ち点差が2に広がった中、木曜に行われたアーセナルとのヨーロッパリーグ準々決勝で主力を投入したものの敗退に終わり、2位を確固たるものとしているナポリに勝利して上位陣に追いすがりたい。 ラツィオとのシックスポインターを制し、5試合ぶりの勝利で4位を死守したミランは、土曜の19:30キックオフで14位パルマ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。大一番をモノにし、悪い流れを断ち切った感のあるミランは、ここ2試合を欠場していたパケタとGKドンナルンマが先発復帰予想。降格圏のエンポリと6ポイント差と気の抜けない順位にいるパルマに勝利し、後続にプレッシャーをかけたい。 ケアンのリーグ戦4試合連続ゴールでSPALに先制したものの、主力を温存したこともあって逆転負けしたユベントスは、フィオレンティーナとのホーム戦で引き続き引き分け以上の結果で8連覇決定となる。火曜に行われたCLアヤックス戦では1-2と力負けし、痛恨のベスト8敗退となってしまった。メンタル面で大きなダメージを負った中、ホームで8連覇を決めることはできるか。 最後に未消化分のウディネーゼ戦を快勝してCL出場権争いに踏みとどまった7位ラツィオ(勝ち点52)は、降格の決まったキエーボ(勝ち点11)とのホーム戦でミラン追走を狙う。 ◆セリエA第33節 ▽4/20(土) 《19:30》 パルマ vs ミラン 《22:00》 ジェノア vs トリノ エンポリ vs SPAL ウディネーゼ vs サッスオーロ ボローニャ vs サンプドリア ラツィオ vs キエーボ カリアリ vs フロジノーネ 《25:00》 ユベントス vs フィオレンティーナ 《27:30》 インテル vs ローマ ▽4/22(月) ナポリ vs アタランタ 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース