【質疑応答】東京五輪世代率いる森保監督「タフな日程でチーム、選手が成長できるように」《パラグアイ遠征》2018.03.13 18:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、パラグアイ遠征に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、冒頭で「このパラグアイ遠征は非常にタフな日程で活動します。その中で選手が成長、そしてチームが成長できるように良い経験を積んで前進できればと思います」と意気込みをコメント。その後、質疑に応じた。

――今回選手に求めるものは?
「前回の中国でのU-21の活動で出た課題を改善して、さらにチームとしても、個のレベルとしてもレベルアップできるように、このパラグアイでの遠征をやっていきたいと思います。また、今回も前回の活動から多くの選手を入れ替えておりますので、個性を見つつ、足りないところは改善するように。特徴の部分は伸ばしてもらえるように、働きかけをしたいと思います」

――先日発表されたU-19代表メンバーとの棲み分けを教えてください
「視察の段階では多くの選手を見てきましたが、今回のチーム編成は1997年、1998年生まれの選手で構成しています」

――J1で長い時間プレーしている選手に関して、代表監督としての見解は?
「非常に選手個人にも、Jクラブにとっても、代表にとってもこの年代の選手がJリーグの公式戦の場で試合経験を積んでいるということは、現段階でも色々なポジションを獲得していて、獲得し続けるためにプレーできているということは、凄く良いことだと思っています。代表に招集させていただいて、活動の中で良い経験をしてもらって短い期間でも成長してもらいたい。大切なのは、日常でどれだけ自分のパフォーマンスを上げていけるかということです。代表の経験からそれが生まれてもらえばと思います。若い選手がチームで自分のポジションで試合に出続けるということは、代表にとっても非常に大きな財産になります」

――DFアピアタウィアは大学ではSBをやっていますが、どのような起用を考えていますか?
「センターバックや、左右のウィングバックでも守備的に起用できると思っています。去年の代表の時はサイドバックで出場していたと思いますが、視察の段階でセンターバックだったりのプレーは見ていますし、守備の部分で彼が持っている身体能力の高さや当たりの強さ、攻撃に転じていけるところを見せてもらいたい」

――東京五輪までの大枠のプランは? 何処までが第一段階と考えているか
「段階的かはわかりませんが、東京オリンピックに向けて代表でプレーできるこの年代の選手をできるだけ多く把握したいということで、私も含めてスタッフ全員で広く見ているところです。そこから、少しづつチームとしてコンセプトを固めていきたいと思っています。

「まだ、広く見てコアを固めてくという部分では、招集に制限もあります。今はこの状況の中で少しでも選手を発掘していき、レベルアップできる経験をしてもらいたい。東京五輪が近づいた時にどこの部分が武器になるかが、我々が広く見たことの大きな成果となると思います」

――ハンブルガーSVのMF伊藤達哉の印象は? A代表も同じ時期にありますが、招集に向けてどのようなやり取りがありましたか
「伊藤選手について、私は呼んで欲しいと技術委員会に話しただけなので、招集のやり取りはお伝えできません。彼のプレーは去年、生で見てきました。そして、映像でもチェックしながら、我々の代表に入れる選手として見てきています」

「前線でボールを受けて、そこから本当にどん欲に相手のゴールに向かっていく。目の前に相手がいても、そこを何とか突破してチャンスに繋げていく、ゴールに繋げていく。そういう姿勢を示せる選手だと思うので、攻撃の所でどん欲な部分を見せてもらいたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

【囲み取材】「東京五輪世代の最終的にメンバーに絡んでくる選手たち」森保監督、選手選考に言及…Jクラブの派遣にも感謝《トゥーロン国際大会》

日本サッカー協会(JFA)は17日、フランスで行われる第47回トゥーロン国際大会2019に臨むU-22同国代表メンバー22名を発表した。 U-22日本代表は6月1日から15日にかけて開催されるトゥーロン国際大会に出場。5月下旬に直前キャンプを行い、本大会では、イングランド代表(6月1日)、チリ代表(4日)、ポルトガル代表(7日)と激突する。 メンバー発表後、U-22日本代表を指揮する森保一監督がメディア陣による囲み取材に応対。メンバー選考などについて言及した。 ──今回、多くの大会が重なる中でのメンバー選考の基準は 「東京オリンピック世代の選手たちです。今後、伸びる可能性のある選手ということと、各チームのJ1、J2、そして大学生でメンバーを編成させて貰いました。自チームで良いプレーをして、活動している選手を選ばせていただきました」 ──東京五輪まであと1年ちょっとだが、この大会でどういう風にプレーしたいか 「これまで、東京オリンピック世代のチームを見てきてくださった方々は、このトゥーロンに行くメンバーを見て、『まだまだ他にもいるんじゃないのかな』ということを感じている方がいらっしゃると思います」 「最終的に東京オリンピックの本大会になったときに、メンバー選考の対象になるであろう選手はたくさんいますので、枠の中から選んでいるという部分があります」 ──今回選ばれていない東京五輪世代の有力な選手がいます。その選手たちは、より高いカテゴリーで見てみたいという考え方か 「そうですね。そこは、キリンチャレンジカップのメンバー発表やコパ・アメリカのメンバー発表が控えていますので、皆さんで考えていただければ良いなと思います」 「トゥーロンでは、先ほども言いましたけど、東京オリンピック世代の最終的にメンバーに絡んでくるであろう選手たちに来てもらって、プレーは期待を込めて見ています。イングランドやチリやポルトガルといったグループリーグだけでも非常に素晴らしいチームと対戦ができるので、対戦相手との中でチームとしての結果にこだわること、そして個々のパフォーマンスで高いものを見せて貰えるように期待しています」 ──DF田中駿汰(大阪体育大学)は大学選抜との視察に訪れた時に観始めたのか 「そうですね。それまでも大学の方には情報をいただいていました。実際、大学選抜の試合を見させていただいて、短期間ですけど『見ていこう』ということで、スタッフで手分けして選手のレベルという部分を追っていました。今回のトゥーロンのメンバーで、チームの戦力として十分できるだろうということです。また、『もっともっと成長してくれる選手かな』ということで選びました」 ──田中の魅力は 「左利きで、フィジカル的にも大型な選手です。我々が試合を観た時には、センターバックもボランチもやっていて、複数のポジションもできます。大型で左利きの守備的な選手というところでは、日本の中になかなかいないので、そういう選手に出てきて貰えればなっていう期待も込めています。守備ももちろんですけど、攻撃になった時に左利き特有の、新たな展開ができるようにということを含めて、彼には期待しています」 ──Jクラブから選出についての要望は 「1人、2人とかではなくて、今回もJ1、J2そして大学の選手が所属しているチームは、シーズンの最中で試合がある中、代表活動に協力していただき、選手を派遣しいただけるということで、本当に感謝しないといけないと思っています。選手の所属クラブがあって、我々がこういった活動ができるということで、選手たちには良い経験をしてもらい、短期間で少しでも成長してもらう。そして、トゥーロン国際大会という素晴らしい大会での経験を持って、所属クラブで、その経験を糧にさらに成長してもらう。あるいは、他の選手にも良い刺激を持ってもらい、クラブが活性化するようにといった願いを持って活動していきたいと思います」 「各クラブ1人とか2人とかというのは、ルールで何かあるというわけではないです。このチームを作るにあたって選手の所属クラブと協会の関係者の方々が話をしていただき、Jクラブが理解をしていただいて、選手を派遣してもらえたことに感謝したいと思います。クラブの関係者は1人出すというのは、シーズンをやっている中で、試合にも絡んでいる選手たちですし、痛いところだと思います。いろんなことを考えて、日本のサッカーの発展を考えて、選手の成長を考えて、出して貰えたと思います」 ──去年から活躍していたMF相馬勇紀(名古屋グランパス)に期待すること 「攻撃なところです。仕掛けができる選手だと思います。風間(八宏監督)さんにいろいろなポジションで起用されていますので、いろいろなポジションで、経験をして貰いたいです。攻撃的な選手ですけど、DFラインのことだったりとか、学びながら成長している選手だと思います。まずは攻撃的な良い部分を出して貰いたいと思いますけど、チームでやっていることをトゥーロンのメンバーの中でも出して欲しいと思います」 ──大学生の選手がいるから、コーチ陣にも大学の先生がいるのか 「この時期に、各カテゴリー大会が重なっていて、いろんなイベント等があったりということで、スタッフ編成が難しいということが1つあります。日本協会のナショナルコーチングスタッフやナショナルトレセンのスタッフ等々、スタッフの形があり、その中でやり繰りしていく。トゥーロン国際大会のコーチングスタッフとして形成していると思います」 「難しい状況の中で、日本のサッカーを支えてくださる大学の方と一緒に日本のサッカーを作っていくというのは、良い機会だなと思います。本来の形があって、『そこがどうかっていうのは』とおっしゃられる方は、いると思います。私は指導者の垣根を越えて日本のサッカーを作り上げていく仲間なんだという意識を持って貰えるという部分では、日本代表のスタッフと大学のスタッフが一緒に活動して、サッカーの色を一緒に考えてやろうとすることを共有できるというのは素晴らしい機会だと思います」 「先ほども言いましたが、大学も活動があると思います。コーチの方々も見ている選手もいる中で見れない、状況になるというになりますので、チームの活動を置いて来てくださることに感謝したいと思います。また、選手だけではなくて、コーチの方々にも、トゥーロン国際大会は本当に良い大会だと思います。世界の国際大会を通して指導者の方々にも経験を感じていただき、チームに帰った時、大学での活動の時に生かしていただければと思います」 ──4つの大会が重なっていることでの選手のやり繰りは 「いろいろなシュミレーションをしてますけど、なかなか難しいので、答えとして何かお話できるということはないです。もし案があったら教えて下さい(笑) 大会がこうある中で、選手のやり繰りということと、優先順位でなにを考えてチーム作りをしていくかということを我々はしっかりと考えます。活動が少しでも、ポジションでプラスになっていくものになれるようにしていきたいと思います。そこは選手のコンディションも踏まえて考えていきたいと思います」 ──MF松岡大起(サガン鳥栖)に期待することは 「先日、鳥栖に行って試合を観てきました。彼は右サイドハーフで試合に出てましたけど、チームの勝利に貢献していました。ハードワークできる選手で十分トゥーロンのメンバーとして、来てもらっても彼はできるだろうということで選ばせていただきました。U-20に選ばれてもおかしくなかったということに関しては、選ぶ選ばないというのは、私が決めることではないです。実際そこに行っていない中で、まだまだ良い選手はいると思います。A代表も含めてですけど、現時点で選ばれる選手とそうでない選手がいますし、選びたい選手はメンバーの中により多くの選手がいると思いますので、今回トゥーロンのチームに選ばせて貰いました。その先の代表に繋げてもらったり、チームの活動につなげてもらいたいと思います。そして年齢は関係ないと思います。できるだけ、その選手がふさわしく一番適した所でプレーしてもらえるようにところを考えています」 2019.05.17 18:24 Fri
twitterfacebook
thumb

トゥーロン国際大会の組み合わせ決定! 日本はイングランド、チリ、ポルトガルと同組《トゥーロン国際大会》

日本サッカー協会(JFA)は9日、6月1日から15日にかけて行われる第47回トゥーロン国際大会の組み合わせを発表した。 23歳以下の選手が対象となる同大会。昨年、日本代表はU-21代表として出場した。今年も引き続き、来年に行われる東京オリンピックを見据えた大会となる。 日本は、グループAに入り、イングランド、チリ、ポルトガルとグループで同居することとなった。 日本は現地時間1日にイングランドと初戦を戦い、4日にチリ、7日にポルトガルと対戦する。試合は40分ハーフ。各グループの1位と2位グループの1位が準決勝に進出する。 【組み合わせ】 ◆グループA イングランド、チリ、日本、ポルトガル ◆グループB フランス、ブラジル、グアテマラ、カタール ◆グループC バーレーン、中国、アイルランド、メキシコ 【試合日程】 ▽6月1日(土) イングランド vs 日本(15:05) ポルトガル vs チリ(17:30) ▽6月2日(日) フランス vs カタール(15:30) ブラジル vs グアテマラ(19:00) ▽6月3日(月) 中国 vs アイルランド(15:30) メキシコ vs バーレーン(19:00) ▽6月4日(火) 日本 vs チリ(16:05) イングランド vs ポルトガル(19:00) ▽6月5日(水) カタール vs グアテマラ(17:00) フランス vs ブラジル(19:30) ▽6月6日(木) 中国 vs バーレーン(17:00) アイルランド vs メキシコ(19:30) ▽6月7日(金) ポルトガル vs 日本(17:05) チリ vs イングランド(20:30) ▽6月8日(土) フランス vs グアテマラ(15:00) ブラジル vs カタール(17:30) ▽6月9日(日) バーレーン vs アイルランド(15:00) メキシコ vs 中国(17:30) ▽6月11日(火) 11位/12位決定戦(16:00) 9位/10位決定戦(16:00) ▽6月12日(水) 準決勝(15:00、17:30) ▽6月13日(木) 7位/8位決定戦(16:00) 5位/6位決定戦(16:00) ▽6月15日(土) 3位決定戦(13:30) 決勝(16:00) ※日時は現地時間。 2019.04.09 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

前田が前半だけでハット! 7発圧勝のU-22日本代表、GS無傷の3連勝で本大会へ《AFC U-23選手権》

U-22日本代表は26日、AFC U-23選手権タイ2020予選第3戦のU-22ミャンマー代表戦に臨み、7-0で勝利した。 ここまでU-22マカオ代表(8-0)、U-22東ティモール代表(6-0)を相手計14得点を挙げ、格の違いを見せつけるU-22日本代表。直近の試合からスタメン7名を入れ替え、この日が誕生日の三好らを先発メンバーに起用した。 U-22日本代表は2分、三好がボックス右を打開して左アウトサイドでクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ前田が合わせ、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。 それでも、7分に相手GKのキックミスを三好がワンタッチでパス。バイタルエリア中央の前田がダイレクトシュートを放つと、ゴールに吸い込まれて先制に成功した。 先制から2分後にはU-22日本代表が追加点。9分、ハーフウェイライン中央から中山がバイタルエリア右のスペースにロングパスを出すと、これに前田が反応する。ワンタッチでのループシュートが決まり、U-22ミャンマー代表を突き放す。 畳みかけるU-22日本代表は18分、ボックス中央手前から三好のパスに反応した岩崎がワンタッチで抜け出す。そのまま相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、3点目を手にする。 前半で勝負を決めにかかるU-22日本代表は38分、三好の右CKを相手DFがクリアミス。こぼれ球に反応した中山が押し込んで、リードを4点差に広げる。 さらに、44分には三好がボックス右のスペースにパスを出すと、走り込んでいた前田がGKの頭上を越すループシュート。チーム5点目を決めた前田は前半だけでハットトリックを達成した。 前半とは打って変わり、なかなか決定機を作りだせないU-22日本代表は69分に前田に代えて久保を投入。そのわずか1分後に、敵陣中央右サイドでボールを受けた久保がクロスを供給する。相手にディフレクトしたボールはゴール前の岩崎も元へ。岩崎が胸トラップから豪快にネットを突き刺した。 力の差を見せつけるU-22日本代表は79分、左サイドの杉岡がボックス中央手前の久保にパス。久保がワンタッチで前方に落とすと、走り込んできた中山が冷静にゴールに流し込み、7点目を奪った。 結局、3試合ともに快勝のU-22日本代表はグループステージ3連勝で首位通過を飾り、本大会へ。その本大会は2020年1月8日から26日にタイで行われる。 U-22日本代表 7-0 U-22ミャンマー代表 【U-22日本代表】 前田大然(前7) 前田大然(前9) 岩崎悠人(前18) 中山雄太(前38) 前田大然(前44) 岩崎悠人(後24) 中山雄太(後34) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:原輝綺、立田悠悟、町田浩樹 MF:藤谷壮、松本泰志、中山雄太(→84分 伊藤達哉)、杉岡大暉 MF:三好康児(→46分 上田綺世)、岩崎悠人 FW:前田大然(→68分 久保建英) 2019.03.26 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表、齊藤未月が負傷離脱《AFC U-23選手権》

日本サッカー協会(JFA)は24日、湘南ベルマーレに所属するMF齊藤未月のU-22同国代表離脱を発表した。離脱理由は負傷のため。齊藤に代わる追加招集はないという。 U-22日本代表は現在、AFC U-23選手権タイ2020予選に参戦中。24日に行われた第2戦のU-22東ティモール代表戦を6-0の勝利で飾り、2連勝を果たした。 初戦に続く快勝劇で連勝のU-22日本代表は26日に行われる次戦、U-22ミャンマー代表と対戦する。 2019.03.24 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英美技2発! U-22日本代表が初戦に続く快勝劇で連勝《AFC U-23選手権》

U-22日本代表は24日、AFC U-23選手権タイ2020予選第2戦のU-22東ティモール代表戦に臨み、6-0で勝利した。 先のU-22マカオ代表戦を終わってみれば8-0の大勝で飾ったU-22日本代表。その一戦から中1日のU-22東ティモール代表戦に向けた先発は板倉以外の10名が入れ替わり、久保もメンバー入りした。 U-22日本代表は12分、左サイドからの低いクロスに反応した田川が相手最終ラインのスペースからボックス右に飛び出すと、相手GKと接触してPKのチャンスを獲得。だが、キッカーを名乗りを上げた田川が左足シュートをクロスバーの上に飛ばしてしまい、先制機を逸する。 だが、その田川が汚名返上の一発を決める。24分、右CKのこぼれ玉を拾ったバイタルエリア右の久保が左足でクロスを供給すると、ボックス左の板倉が頭で折り返して、ゴール前の田川がダイビングヘッド。田川自らがPK失敗の嫌なムードを断ち、U-22日本代表が均衡を破る。 1点リードのU-22日本代表は後半の立ち上がりから相手に攻め込まれるシーンが目立つなか、54分にバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた久保が左足で直接狙うと、壁の上を越えてゴール左下に決まり、U-22東ティモール代表を突き放す。 攻撃の手を緩めないU-22日本代表は、続く60分に獲得した左CKのチャンスからキッカーの伊藤が右足でクロスを供給。ボックス中央のスペースを突いた立田がうまく相手DFの前に潜り込み、右足アウトサイドで合わせる。これが吸い込まれ、U-22日本代表が3点目を手にする。 格の違いを見せつけるU-22日本代表は69分に田川を下げて上田を投入したなか、71分にこの試合でボランチの一角としてプレーする板倉がバイタルエリア中央から右足を一閃。続く74分にボックス右の久保がワントラップでマークを剥がして強烈な左足シュートを決め、5点差に広げる。 止まらないU-22日本代表は75分に中山を下げて松本を起用した77分、杉岡の左足クロスにゴール前の上田が右足ワンタッチで合わせて6点目を奪うと、83分に久保に代えて岩崎をピッチへ。初戦に続く快勝劇で連勝のU-22日本代表は26日に行われる次戦、U-22ミャンマー代表と対戦する。 U-22東ティモール代表戦 0-6 U-22日本代表 【U-22日本代表】 田川亨介(前24) 久保建英(後9) 立田悠悟(後15) 板倉滉(後26) 久保建英(後29) 上田綺世(後32) 2019.03.24 19:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース