鈴木大輔フル出場のヒムナスティック、リーグ3戦無敗で12位に浮上!《リーガエスパニョーラ2部》

2018.01.19 05:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元日本代表DF鈴木大輔の所属するヒムナスティックは18日、リーガエスパニョーラ2部第17節延期分でオサスナと対戦し、2-0で勝利した。鈴木はフル出場している。

▽リーグ2戦負けなし中の18位ヒムナスティック(勝ち点25)が、7位オサスナ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。鈴木は9試合連続で先発入りを果たした。

▽試合が動いたのは30分、自陣でボールを奪ったオタル・カカバーゼが中盤まで持ち上がり相手DFライン裏へロングパスを供給。これに反応したマヌエル・バレイロがワンタッチで飛び出したGKをかわすと、ゴール右からシュートを流し込み、ヒムナスティックが先制した。

▽迎えた後半は、同点ゴールを狙うオサスナが立ち上がりから猛攻を仕掛け、ヒムナスティックが防戦一方の展開が続く。しかし、集中した守りでオサスナの攻撃を弾き返すヒムナスティックは試合終了間際に決定機を迎える。

▽後半アディショナルタイム1分、自陣で相手のクロスをカットしたバレイロが素早く前線へ蹴り出すと、これに反応したアバロ・バスケスが飛び出したGKをかわしボックス手前まで侵攻。守備に戻った相手DFも冷静にかわしたA・バスケスは、無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽結局、試合は2-0のまま終了。リーグ3戦無敗のヒムナスティックは、12位に浮上した。

関連ニュース
thumb

「チームには君が必要だ」右ヒザ内側じん帯断裂の日本代表FW浅野拓磨がウェイトトレーニングスタート「GOATが帰ってきた」

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨がトレーニングを再開した。 今シーズンもボーフムでプレーする浅野。背番号も「11」に変更となり、意気込んで臨んだシーズンは、シーズン初戦のDFBポカール1回戦のヴィクトリア・ベルリン戦でいきなりゴールを決めた。 ブンデスリーガでは開幕から先発出場を続けるが、ゴールもアシストもなし。チームも6連敗スタートと苦しい中、9月10日に行われた第6節のシャルケ戦で負傷。開始4分でピッチを後にした。 浅野は右ヒザの内側じん帯を断裂。松葉杖をつく姿も見せた一方で、手術を受けずに保存療法でカタール・ワールドカップ(W杯)の出場を目指すこととなっていた。 するとボーフムは5日、インスタグラムを更新し、ジムでトレーニングに励む浅野の写真を投稿。「がんばれタクマ!浅野拓磨はウェイトルームでリハビリコーチと一緒にトレーニングに向けて頑張っている」と、復帰に向けてトレーニングを再開したことを発表した。 これにはファンも「GOATが帰ってきた」「チームには君が必要だ」、「いつ戻ってこれるんだ?」とコメント。浅野の復帰を楽しみにしているようだ。 日本代表の森保一監督は、「現時点では、W杯には間に合うと聞いている」と9月のドイツ遠征の前にコメントしていた。果たして間に合うのか。無理をせずに治してもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】浅野拓磨がトレーニングを再開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjVAIKINgkF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjVAIKINgkF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjVAIKINgkF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfL Bochum 1848(@vflbochum1848.official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 23:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「マコトは僕たちの模範」ドイツ代表GKがケインを封じた38歳の長谷部誠を称賛「2度も引退しそうになっていた」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップが、MF長谷部誠を称えた。ドイツ『DW』が伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムと対戦。ホームに迎えた中、ゴールレスドローで引き分けた。 この試合で注目を浴びたのは、長谷部。3バックの一角として先発出場すると、イングランド代表FWハリー・ケインを完封。トッテナムに枠内シュートを打たせないなど、高いレベルでの守備を披露した。 38歳になり、現役引退も近づいていく中での高パフォーマンスにはオリバー・グラスナー監督が試合後に「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした」と称賛していたが、チームメイトも驚きを隠さなかった。 トラップは長谷部について「マコトは僕たち全員にとっての模範だ」とコメント。ワールドクラスのトップストライカーを封じた点を称えた。 「今日、ハリー・ケインに対して、彼はフィジカル的にはおそらくそれほど強くはないが、彼はしっかりとコントロールしていた」 「彼にボールを預けることで、チームに必要な自信を与えてくれることを知っている」 「彼は2度も引退しそうになっていたが、幸いにも引退せずに済んだ。僕たちにとってとても重要な選手だ」 「38歳で、彼は自分の体に必要なことをやっている」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がケインを封じる!相手の枠内シュートはゼロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

離脱も心配された遠藤航は腓骨頭部打撲もランニング開始

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航は大事に至らなかったようだ。ドイツ『Ligainsider』が伝えた。 遠藤は1日に行われたブンデスリーガ第8節のヴォルフスブルク戦に先発出場。しかし、68分にエンツォ・ミロと交代していた。 日本代表にとっても重要な存在である遠藤。ブンデスリーガのデュエルキングで、シュツットガルトにとっても軸であるEndoだが、腓骨頭部打撲と診断されていた。 離脱の可能性も心配された中、チームは次節の出場は問題なさそうだと試合後に報告。そんな中、トレーニングに復帰したようだ。 『Ligainsider』によれば、遠藤は4日のトレーニングに復帰し、日本代表DF伊藤洋輝とともにランニングを実施。週末の出場は問題ないと見られている。 また、伊藤はケガはしていないものの、負荷調整のためにランニングを行ったとのこと。2人ともチームにとっての重要なピースであることが分かる。 週末は首位に立つウニオン・ベルリンとの試合。シュツットガルトとしては、中盤の要を欠かずに戦いたいところだ。 2022.10.05 21:53 Wed
twitterfacebook
thumb

「高校の国体以来かも…」」TBS齋藤アナが板倉滉との2ショットを披露!過去に横浜FMのユースに在籍

TBSの齋藤慎太郎アナウンサーが4日にインスタグラムを更新。ボルシアMGの日本代表DF板倉滉との2ショットを披露している。 カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選考前最後の実戦となった9月のキリンチャレンジカップ2022。日本代表は1勝1分けという結果に終わった。 齋藤アナもトレーディングキャンプを行っていたドイツへ取材に向かっていたが、「仕事の合間で、板倉滉選手と会うことができました」とその合間でケガで代表から外れていた板倉とも会っていたようだ。 「滉くんとちゃんと話したのは、高校の国体以来かも…」と久々の再会だったことを明かし、「怪我をしていてもポジティブで、自分も頑張らねばと奮い立たされました」とエネルギーを貰ったとした。 「遠い海外でのご活躍、心から応援しています!!!」とエールを送った齋藤アナだが、ファンからは「格好いいツーショット」、「美男子の2ショットは画になりますね」、「素敵なお写真」といったコメントも集まっている。 横浜F・マリノスユースに所属していた経歴のある齋藤アナは、2013年に国民体育大会に神奈川県選抜として出場。その際に板倉や日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)ともプレーしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉と齋藤アナの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjSzGq2vouv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">齋藤慎太郎 / TBSアナウンサー(@shintarosaito_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「とても面白い」ライプツィヒ指揮官がセルティックの日本人を警戒「真摯にサッカーをする」

RBライプツィヒのマルコ・ローゼ監督はセルティックの日本人選手を警戒しているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは5日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節でレッドブル・アレナにセルティックを迎える。 就任直後のドルトムント戦は快勝。その後CLでレアル・マドリー、リーグ戦でボルシアMGに敗れたものの、代表ウイーク明け後のボーフム戦で大勝し、上向き調子で今節に臨む。CLでは2連敗中のライプツィヒは、セルティック戦を落とすわけにはいかない状況だ。 セルティックへの印象を訪ねられた指揮官は、非常にエキサイティングだとの見解を示した。その中で具体的な名前こそ挙げなかったものの、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、FW前田大然の日本人プレーヤーが目を惹き、同時に警戒もすべきだと考えているようだ。 「セルティックは見ていてとても面白い、特に日本人選手は。我々は準備の段階でそのことをはっきりと指摘している」 「彼らが作り出すゲームは本当に印象的だ。上背はないが俊敏性に富み、特に1対1の状況を与えるのは好ましくない。素晴らしいメンタリティを持って、真摯にサッカーをすることができる。自らのアクションでゲームを決めることができるんだ」 「全体として、セルティックは非常にエキサイティングだが、最も重要なことはとても明確なプレースタイル持っていること。我々と同様、彼らは積極的にプレーし相手にプレッシャーをかけ、攻撃的なサッカーを目指している」 「チームはしっかりとオーガナイズされており、非常に勤勉でもある。アンジェ・ポステコグルーは素晴らしいクラブで本当に良い仕事をした」 <span class="paragraph-title">【動画】代表帰りの旗手が決めた圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4cRQjDjGAMo";var video_start = 168;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】OGに訂正され、幻の"CL初得点"となった旗手のプレー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="XE5-Js3bU7U";var video_start = 16;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 18:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly