山形、浦和DF茂木力也の期限付き延長を発表 「常に上を目指してプレー」

2017.12.30 16:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は30日、浦和レッズに所属するDF茂木力也(21)の期限付き移籍期間延長を発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。同期間中も浦和との公式戦に出場可能となる。

▽浦和ユース出身の茂木は2015年にトップ昇格すると、2016年から期限付き移籍で愛媛FCに加入。今シーズンから期限付き移籍で山形に加わり、明治安田生命J2リーグ34試合1ゴールを記録した。

▽来シーズンも引き続き山形でプレーすることになった茂木は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。
◆モンテディオ山形
「来季もモンテディオ山形でプレーする事になりました。常に上を目指してプレーをしていき、今年以上に結果にこだわって必ずJ1昇格という目標を達成できるように、努力していきます。来シーズンも応援よろしくお願いします」

◆浦和レッズ
「浦和レッズのファン・サポーターのみなさん、来シーズンもモンテディオ山形でプレーすることが決まりました。さらに成長した姿をみなさんに見せられるようがんばります。応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

宮崎MF内薗大貴が契約更新 「自分らしく精一杯頑張りたい」

テゲバジャーロ宮崎は7日、MF内薗大貴(35)の契約更新を発表した。 東海学園大学卒の内薗はFC刈谷でプレーした後、宮崎の前身であるMSU FCにかつて在籍。その後、FC KAGOSHIMAや、鹿児島ユナイテッドFCを渡り歩き、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)の宮崎に加入した。 今季は7月末から出場機会を増やして、明治安田生命J3リーグ14試合でプレー。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「ファン、サポーター、スポンサーの皆様2022シーズンもチームがどのような状況になっても変わらず熱い声援、支援していただきありがとうございました。この度2023シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただく事になりました。テゲバジャーロ宮崎の発展の為に自分らしく精一杯頑張りたいと思います、応援よろしくお願い致します」 2022.12.07 19:06 Wed
twitterfacebook
thumb

J3王者のいわきが5選手と契約更新 「J2の舞台に勝利のいわき踊りを轟かせましょう!」

J3王者のいわきFCは7日、GK鹿野修平(23)やDF黒宮渉(23)、MF杉山伶央(22)、MF永井颯太(23)、FW吉澤柊(24)の5選手と契約更新したと発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは鹿野が12試合出場、黒宮が1試合出場、杉山が8試合出場、永井が7試合出場、吉澤が17試合出場1得点の数字をマーク。5選手はクラブ公式サイトを通じてそれぞれ来季の抱負を語っている。 ◆鹿野修平 「来季もいわきFCでプレーさせていただくことが決まりました。J2というまた一つレベルの上がったカテゴリーでプレーさせていただけることを嬉しく思います。J2でもいわきFCらしく、また自分らしくプレーしていきます。来季も応援よろしくお願いします」 ◆黒宮渉 「2023年シーズンもいわきFC でプレーさせていただくことになりました。いわきFC のために自分は何ができるのか、成長するために何をするべきかを常に考えて、覚悟を持って魂の息吹くフットボールを体現します。ファン、サポーターの皆さん、共にいわき市、双葉郡を盛り上げましょう! 来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ◆杉山伶央 「来季もいわきFC の為に戦えることを誇りに感じています。自分の持っている力を最大限に発揮して、この街のために頑張ります。よろしくお願いします」 ◆永井颯太 「来季もいわきFCの一員として戦えることを誇りに思います。今シーズンは怪我の影響もあり、思うようなプレーができなかったので、とても悔しかったです。その悔しさを来シーズンにぶつけ、誰よりも強い気持ちで臨みたいと思います。よろしくお願いします」 ◆吉澤柊 「今シーズン沢山の応援とサポートありがとうございました! 2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。まずはしっかりと怪我をなおしてパワーアップして帰ってきます。そして、またみなさんと最高の景色を見るために自分の全てをかけて闘いたいと思います。J2の舞台に勝利のいわき踊りを轟かせましょう!」 2022.12.07 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

富山、10月に重傷を負ったMFガブリエル・エンリケとの契約を更新「目標を達成するために最善を尽くします」

カターレ富山は7日、ブラジル人MFガブリエル・エンリケ(20)の契約更新を発表した。 母国の名門クラブ、サントスの下部組織出身であるガブリエルは、今シーズンに京都共栄学園高校から富山に加入。9月に行われた明治安田生命J3リーグ第26節のカマタマーレ讃岐戦でプロデビューを果たすと、そこから5試合連続で出番を得た。 しかし、10月のJ3リーグ第30節のヴァンラーレ八戸戦で、左ヒザ前十字じん帯を損傷。全治約6カ月と診断され、以降は試合出場がなかった。 それでも、来季富山でプレーすることが決まったガブリエル・エンリケ。クラブを通じて、チームのため最善を尽くしたいと意気込んだ。 「来シーズンもカターレ富山でプレーさせていただくことになりました。私は目標を達成するために最善を尽くします。チームの目標J2復帰を目指し、日々精進していきます。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!Vamos kataller!!」 2022.12.07 18:41 Wed
twitterfacebook
thumb

山形生え抜きのGK大友竜輔が契約更新 「J1昇格を成し遂げる1年に」

モンテディオ山形は7日、GK大友竜輔(22)の契約更新を発表した。 大友は山形のユース育ちで、2種登録選手も経験して、2019年に昇格。2020年から2シーズンにわたってアスルクラロ沼津に貸し出され、今季から復帰した。 その今季は明治安田生命J2リーグの1試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて来季の抱負を語っている。 「2023シーズンも山形でプレーできる事をとても嬉しく思います。山形に貢献できるような最高のシーズンにできるように努めていきます! 応援してくださる、ファン、サポーターの皆様と共にJ1昇格を成し遂げる1年にしましょう!」 2022.12.07 18:39 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬FW高木彰人が来季契約を更新 「リハビリからのスタートになりますが…」

ザスパクサツ群馬は7日、FW高木彰人(25)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 かつて世代別の日本代表でもプレーした高木はガンバ大阪のアカデミーからトップチームに昇格してプロ入りしたものの、定位置を掴めず、モンテディオ山形や松本山雅FCにレンタル移籍。2021年から群馬に移り、今季は負傷による離脱もあったが、公式戦24試合で3ゴールを記録した。 クラブを通じて「来シーズンもザスパクサツ群馬で戦うことになりました! リハビリからのスタートになりますが、しっかり怪我を治してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。来シーズンもよろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.12.07 18:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly