モナコ、レンヌから逸材ウイングを獲得!2017.08.03 01:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコは2日、U-21フランス代表FWアダマ・ディアカビ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。▽カーンの下部組織出身のディアカビは、2015年にレンヌへ完全移籍で加入。2016-17シーズンにトップチームデビューを果たすと、ヴォルフスブルクFWポール=ジョルジュ・エンテプ、ドルトムントMFウスマーヌ・デンベレといった前任者を彷彿とさせる、鋭いドリブル突破と高精度の左足を武器に主力に定着。リーグ・アン25試合に出場し、4ゴールを記録した。

▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ディアカビの移籍金は1000万ユーロ(約13億1000万円)程度となったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

セルクル・ブルージュがバルサ・カンテラ出身のFWムブラら3選手を補強

日本代表DF植田直通が所属するセルクル・ブルージュは15日、モナコからU-21スペイン代表FWジョルディ・ムブラ(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ムブラは、バルセロナの下部組織出身で、U-17からU-19まで昇格。しかし、トップチームへと昇格することなく2017年7月にモナコへと完全移籍を果たしていた。 モナコではリーグ・アンで通算10試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグでは1試合に出場。2018-19シーズンはリーグ・アンで7試合に出場していた。 また、セルクル・ブルージュはリールのコートジボワール代表DFクアディオ=イヴェス・ダビラ(22)も1年間のレンタル移籍で獲得。さらに、カーンからベルギー人MFステフ・ペーテルス(27)を完全移籍で獲得している。 ダビラは、モナコの下部組織出身で2017年7月にリールのBチームへ移籍。2018年1月にトップチームへと昇格すると、リーグ・アンで24試合に出場した実績を持つ。2018-19シーズンはリーグ・アンで12試合に出場していた。 また、ペーテルスはヘンクの下部組織出身で、スパルタ・ロッテルダムやマーストリヒト、シント=トロイデン、ズルテ・ワレヘムなどでもプレーした経験を持つ。2018-19シーズンはリーグ・アンで7試合に出場、シーズン途中からズルテ・ワレヘムでプレーし、ジュピラー・プロ・リーグで8試合に出場し1ゴール1アシスト、プレーオフ2では6試合に出場していた。 2019.07.16 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコがモンペリエの守護神、フランス代表GKルコントを完全移籍で獲得

モナコは15日、モンペリエのフランス代表GKバンジャマン・ルコント(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間となる。 ルコントはロリアンの下部組織で育ち、2010年7月にトップチームへ昇格。2013年8月からは1シーズンの間ディジョンへとレンタル移籍を経験。2017年7月にモンペリエへ加入していた。 モンペリエでは守護神として2シーズンで79試合に出場。2017-18シーズンはリーグ・アンで全38試合に出場し33失点と堅守を支え、2018-19シーズンはリーグ・アンで37試合に出場し、チームの6位躍進に貢献。ベストイレブン候補にも選出されていた。リーグ・アンでは通算194試合に出場している。 今回の移籍に際しルコントはクラブを通じてコメント。モナコでの成功を掴むと意気込んだ。 「僕はフランスのビッグクラブであるモナコに加入できたことを誇りに思う。僕のキャリアにおける新たな挑戦だ」 「多くのモチベーションとともにやってきた。そして、できるだけ多くの人々の願いを叶えたいと思う」 「僕は僕たち全員で素晴らしいシーズンを共にしたい。僕は今、新チームメイトに加わり、この新しい冒険を始めることを楽しみにしている」 2019.07.16 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノア、モナコからイタリア人左SBバレッカを買い取りOP付きレンタルで獲得

ジェノアは10日、モナコのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 トリノでプロデビューを飾った左サイドバックのバレッカは、チッタデッラやカリアリへのレンタル移籍を経て、2016年夏にトリノへ復帰。トリノで準主力となると、2018年夏にモナコへ完全移籍していた。しかし2018-19シーズン、モナコではリーグ・アン7試合の出場に留まり、シーズン後半にはニューカッスルへレンタル移籍。だが、ニューカッスルでもプレミアリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 FWアンドレア・ピナモンティやDFクリスティアン・サパタら積極的な補強を続けるジェノアは今夏、バレッカの獲得で6人目の補強となった。 2019.07.10 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコがジョアン・マリオ獲得へ交渉中? 移籍金は2500万ユーロか

モナコがインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(26)獲得に向けて交渉しているようだ。イタリア『FcInter1908』が伝えている。 2016年にスポルティングからインテルに加入したジョアン・マリオ。昨シーズンはセリエAで20試合1ゴール3アシストを記録した。 だが、ジョアン・マリオは新監督に就任したアントニオ・コンテ監督の構想には含まれておらず、今夏の退団が有力視されている。 そのジョアン・マリオに対して、モナコが獲得を希望。9日午前中、同選手の代理人がインテル首脳陣たちと会談した結果、移籍金は2500万ユーロ(約24億4000万円)に設定されたという。 2019.07.10 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、モナコのDFヘンリクスをリストアップ!

バイエルンがモナコに所属するドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(22)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でブラジル代表DFラフィーニャが母国フラメンゴに旅立ったバイエルンでは、本職のサイドバックの枚数が不足している。それぞれシュツットガルト、アトレティコ・マドリーから獲得したフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスに関してはサイドバックでプレー可能もニコ・コバチ監督は両選手をセンターバックとして勘定している模様だ。 一部では3バックを新シーズンのメインシステムとして構想していると言われているが、それでもウイングバックの選手層には不安を抱えており、補強ポイントの1つと言える。 『レキップ』が伝えるところによれば、その中でバイエルンが関心を示しているのが、先日行われたU-21欧州選手権でもU-21ドイツ代表の主力としてプレーしていたヘンリクスだ。 2018年夏に2000万ユーロ(約24億4000万円)といわれる移籍金で5年契約をかわしたモナコでは、昨季の公式戦30試合に出場し1ゴール3アシストを記録。しかし、今年2月以降はリーグ戦の出場が4試合にとどまるなど、徐々に出場機会を失っていた。 また、モナコは今夏にモンペリエのフランス人DFルベン・アギラール(26)の獲得に動いているとの報道も出ており、ヘンリクスはクラブ内での自身の扱いに不満を抱いている模様だ。 なお、バイエルンはヘンリクス獲得に向けて2500万ユーロ(約30億5000万円)のオファーを準備しているようだが、モナコ側は3500万ユーロ(約42億7000万円)を要求している模様。そのため、交渉にはある程度の時間を要する見込みだ。 レバークーゼンの下部組織で育った両サイドバックをこなせる右利きのヘンリクスは、レバークーゼンのトップチームで公式戦76試合に出場。また、2017年にデビューを果たしたドイツ代表ではこれまで3試合に出場している。 2019.07.09 13:19 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース