リバプールやユーベ、PSGでプレーしたM・シッソコがセリエBのテルナーナへ移籍2017.02.18 03:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエBのテルナーナは17日、フリーとなっていた元マリ代表MFモハメド・シッソコ(32)を今季終了までの契約で獲得したことを発表した。

▽バレンシアやリバプール、ユベントスにパリ・サンジェルマンといった名門クラブを渡り歩いた大型セントラルMFのM・シッソコは、上海申花を経て昨年10月にインド・スーパーリーグ(ISL)のプネ・シティに入団していた。

▽セリエBのテルナーナは25試合を消化した段階で最下位とは2ポイント差の21位に沈み、降格圏に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

「お手本はジェラードだった」人格者スターリングが人間として選手として尊敬した人物

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、お手本として見てきた人物を明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 スターリングは先日、人種差別への取り組みが評価され、『Sport Industry Group』から“Integrity and Impact Award (誠実さと影響力を称える賞)”を受賞した。 ヨーロッパで横行している人種差別に対し、SNSなどを通じて根絶を働きかけていた同選手。今週初めには、イギリス『タイムズ』で人種差別ともっと向き合うことを求めたマニュフェストに同意。人種差別を行ったサポーターのチームには勝ち点9剥奪と、3試合の無観客試合を科すべきと主張した。 『Sport Industry Group』のニック・ケーラー会長は「選手の声はスポーツの分野を超えて強力な影響を与え続ける。ラヒーム・スターリングのようなアスリートは問題の側面を公にし続けることで、我々の心を動かすのだ」とコメントしている。 そんなスターリングは受賞後に自身がリバプール時代にスティーブン・ジェラードからインスピレーションを受けていたことを明かした。ジェラードのような人物になるためにはどうしたらいいか考えを巡らせていたようだ。 「リバプールにいた頃、僕にはスティーブン・ジェラードのような尊敬できる人物が周りにいた」 「彼を見て、僕は彼のような人間や選手になるためにはどうすればいいか自問自答したよ」 「小さなことでも、毎年毎日自分が成長できるよう努める。それはピッチの中だけじゃなく外でも同じようにね」 2019.04.26 16:42 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、シティ&リバプールの熾烈優勝争い受けて最終節に2つのトロフィーを準備へ

プレミアリーグはマンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いを受けて、5月12日のプレミアリーグ最終節に向けて2つの優勝トロフィーと2チーム分の優勝メダルを準備することを検討しているようだ。『ESPN』が伝えている。 残り3節となった2018-19シーズンのプレミアリーグでは首位のシティ(勝ち点89)と、2位のリバプール(勝ち点88)の勝ち点差がわずかに1ポイントと、近年稀に見る熾烈な優勝争いを繰り広げている。 最終節までの対戦カードを見ると、シティが第36節で15位バーンリー(アウェイ)、第37節で10位レスター・シティ(ホーム)。リバプールが第36節で最下位ハダースフィールド(ホーム)、第37節で13位ニューカッスル(アウェイ)といずれも格下との対戦が組まれており、最終節までに決着が付く可能性は低い。 その中で問題となるのが、優勝トロフィーと優勝メダルを同日同時刻開催の最終節でどちらの会場に運ぶのかというところだ。 通常、同様のケースでは試合会場が近い距離の場合、優勝トロフィーを運ぶためのヘリコプターを待機させておき試合経過次第で優勝チームの会場に運ぶという対応が取られる。 だが、今回の最終節ではシティがブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイゲーム、リバプールがウォルバーハンプトンとのホームゲームとなっており、ブライトンとリバプールの距離は約270マイル(約500キロメートル)とヘリコプターを使って限られた時間での輸送は現実的ではない。 そこでプレミアリーグは2011-12シーズンに行われたシティとマンチェスター・ユナイテッドの優勝争いのときと同様に2つの優勝トロフィーと2チーム分の優勝メダルを準備することを検討しているようだ。 なお、シティが奇跡のプレミア初優勝を飾った同シーズンの最終節ではシティがQPRとホームゲーム、ユナイテッドがサンダーランドとアウェイゲームを戦っていた。 『ESPN』が伝えるところによれば、プレミアリーグは現時点で2つの同一トロフィーを保有しているという。そのうちの1つはロンドン本部、もう1つは昨季タイトルホルダーであるシティのクラブハウスのキャビネットに保管されている。そのため、新たにトロフィーを製造する必要はないとのことだ。 2019.04.26 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ、インシーニェ獲得報道を完全否定 「交渉を行う可能性さえない」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)獲得報道を完全否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が公式会見での同監督のコメントを伝えている。 今週に入ってナポリ退団の可能性が伝えられているインシーニェに関してはチェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、インテルといった数々のビッグクラブが獲得に関心を示しているといわれる。 その中でイギリス『デイリー・ミラー』など一部国内メディアはリバプールが獲得レースをリードしていると報じていた。 この一件に関する質問を受けたクロップ監督は、クラブがインシーニェの獲得に動く可能性はないと真っ向から否定している。 「我々はロレンツォ・インシーニェとサインしない。彼は非常に良いプレーヤーだが、ナポリと長期契約を結んでいるし、我々は交渉を行う可能性さえない」 また、クロップ監督は今夏の補強プランに関しても言及。今夏クラブが大型補強に打って出る可能性は低いと主張している。 「多くの人たちを興奮させるような移籍の可能性はないと思う。実際、我々の仕事はチームを改善することだ。日々のトレーニングこそが最善の方法だ。もちろん、誰かを獲得する必要があれば、そうするつもりだ」 「現在のチームはかなりバランスが取れている。我々のプランは一般大衆に向けたものではない。リバプールにとって最大規模の移籍市場になるかって? おそらく、そうはならない。逆に、私がそうだと答えれば、それはサプライズに感じるはずだよ」 2019.04.25 23:43 Thu
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手はファン・ダイクに決定! ベストイレブンは史上初の3チームのみからの選出に

2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手にリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれた。イギリス各紙が報じている。 イングランドとウェールズでプレーする選手から成るPFA(プロサッカー選手協会)は先日、今季の年間最優秀選手候補6名を発表していた。その中には、ファン・ダイクのほか、セルヒオ・アグエロ、ベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリング、サディオ・マネ、エデン・アザールの名が含まれていたが、各選手の投票によって、ファン・ダイクが初めて同賞を受賞することが決定した。 また、同協会選出のベストイレブンには、GKにエデルソン、守備陣は右からトレント・アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、アイメリク・ラポルテ、アンドリュー・ロバートソン。中盤にベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョ、ポール・ポグバ、前線にスターリング、アグエロ、マネが並んだ。最優秀選手候補に選ばれていたアザールではなく、ポグバが選ばれた。ベストイレブンが3チームのみの構成となっているのは、45年の歴史の中で初めてのことだという。 なお、PFAから公式発表があるのは26日となっている。 2019.04.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ一筋インシーニェ争奪戦はリバプールがリード?

リバプールが、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾って以降、クラブ一筋を貫いてきたインシーニェ。しかし、これまで様々な移籍の噂が取り上げられてきた中で、同選手が昨年にミノ・ライオラ氏に代理人を変更したことや移籍を希望しているという旨の記事も飛び出したことで、退団の可能性が浮上している。 また、インシーニェは先日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアーセナル戦(2戦合計スコア0-3で敗退)で、60分にベンチに下げたカルロ・アンチェロッティ監督の采配に不満を呈した。これが原因で選手と指揮官の関係が壊れつつあるとも伝えられている。 そして今回伝えられるところによると、ナポリは適正価格のオファーが届いた場合、インシーニェの放出も容認する可能性があるという。そんな中、関心を示しているチェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、インテルといった数々のビッグクラブを退き、前線の強化を目指すリバプールが同選手獲得に一歩リードしているようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、インシーニェ獲得には6000万ポンド(約86億円)の移籍金が必要とのこと。2020年まで契約を残すインシーニェは先日、移籍の噂や自身が移籍を希望した発言を全て否定し、ナポリ残留を強調していたが、果たして今夏、2006年から過ごしてきたクラブを離れることになるのだろうか。 2019.04.25 12:40 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース