セルビア代表MFクルスティチッチが契約解消でサンプドリア退団2016.07.18 23:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンプドリアは18日、同クラブに所属するセルビア代表MFネナド・クルスティチッチ(26)の契約を解消し、退団したことを発表した。▽2008年夏にOFKベオグラードからサンプドリアに18歳で移籍したクルスティチッチはセントラルMFを主戦場にプレー。トップチームデビュー後の6シーズンで公式戦101試合に出場し、3ゴールをマークしていた。2013-14シーズンはセリエAで32試合に出場して主力として活躍していたが、その後はケガもあって出場機会を減らし、2015年冬にはボローニャへレンタル移籍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ジャンパオロの新監督就任を発表!

ミランは19日、マルコ・ジャンパオロ氏(51)の新監督就任を発表した。2021年6月30日までの2年契約となるが、さらに1年間の契約延長オプションが付随している。 今シーズンのリーグ戦をチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位で終えたミランは、先日にスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたレオナルド氏と共にジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の退任を発表。 その後、パオロ・マルディーニ氏(50)のテクニカル・ディレクター(TD)昇格、ズボニミール・ボバン氏(50)のチーフ・フットボール・オフィサー就任とフロントの刷新を先に済ませたミランは、既報通りサンプドリアとの契約を解消したジャンパオロ氏の招へいを発表した。 マウリツィオ・サッリ監督の後任としてエンポリでポゼッションサッカーを継続した手腕が評価されたジャンパオロ監督は、2016-17シーズンからサンプドリアの指揮官に就任。就任初年度にセリエAで12位フィニッシュを果たすと、昨季は16位と苦戦したものの、今季は欧州カップ戦出場争いを繰り広げた末、9位に導いていた。 2019.06.20 03:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、トレイラ売却の意思なし…恩師就任間近のミランが関心

ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)をミランに売却する気はアーセナルにないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にサンプドリアからアーセナルに加入したトレイラ。豊富な運動量を武器に攻守両面で高い貢献度を誇るディフェンシブMFは、今シーズンの公式戦50試合で2ゴール5アシストを記録した。 そのトレイラに対して、サンプドリアを率いるマルコ・ジャンパオロ監督(51)の就任が間近に迫っているとされるミランが関心。トレイラ自身に1年でのセリエAに復帰する気はないものの、サンプドリア時代に2年間、ジャンパオロ監督と師弟関係にあったことから状況が一転する可能性もあると見られていた。 しかし、今回伝えられるところによると、アーセナル側がトレイラの売却を拒否。これに対してアーセナル側は、サッスオーロに所属するイタリア代表MFステファノ・センシ(23)を代替案としてリストアップしているようだ。 2019.06.17 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがジャンパオロ監督の退任を発表、ミラン行きへ加速

サンプドリアは15日、マルコ・ジャンパオロ監督(51)の退任を発表した。ジャンパオロ監督はサンプドリアとの契約を1年残していたが、マッシモ・フェレーロ会長との話し合いの末、契約解消が決まった。 マウリツィオ・サッリ監督の後任としてエンポリでポゼッションサッカーを継続した手腕が評価されたジャンパオロ監督は、2016-17シーズンからサンプドリアの指揮官に就任。就任初年度にセリエAで12位フィニッシュを果たすと、昨季は16位と苦戦したものの、今季は欧州カップ戦出場争いを繰り広げた末、9位に導いていた。 そのジャンパオロ監督の新天地はミランが確実視されており、2年+オプションで1年延長の契約になるとのことだ。 一方、ジャンパオロ監督の後任には元ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)が濃厚となっている。 2019.06.15 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ジャンパオロのミラン行き迫るサンプ、後任は前ローマ指揮官EDFに?

サンプドリアがミラン行き迫るマルコ・ジャンパオロ監督(51)の後任として前ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)の招へいで合意に達したようだ。イタリア『スポルト・イタリア』が伝えている。 サンプドリアでは2016年からチームを指揮してきたジャンパオロ監督が、ミランの新監督就任に迫っており、今週中にも公式発表される見込みだ。 その中で先日には、今シーズン途中までフィオレンティーナを率いていたステファノ・ピオリ氏(53)の招へいが有力視されていた。 しかし、『スポルト・イタリア』が伝えるところによれば、サンプドリアは最終的にピオリ氏ではなくディ・フランチェスコ氏を新指揮官に指名することで合意に至ったようだ。 現役時代にローマなどで活躍したディ・フランチェスコ氏はサッスオーロでの優れた手腕を評価されて2017年6月にローマの新指揮官に就任。加入初年度はリーグ戦3位という成績に加え、チャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せるなど、1983-84シーズン以来のベスト4進出に導いた。 しかし、今シーズンは主力の放出と世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷し、2019年3月に解任。現在、フリーの同氏に関してはセビージャやフィオレンティーナの新指揮官就任の噂があった。 2019.06.11 15:24 Tue
twitterfacebook
thumb

緊縮財政のアーセナル、サンプドリアから2枚獲り狙うも金額が足りず

アーセナルがサンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(23)とベルギー代表MFデニス・プラート(25)の獲得でオファーを出したが、断られたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃し、今夏の補強予算を絞られているアーセナル。サンプドリアのアンデルセンとプラート獲得に向け、2人合わせて4500万ユーロ(約55億円)のオファーを出していた。 アーセナルは4200万ユーロ(約51億3000万円)のオファーをかつて出していたものの、サンプドリアが拒否。300万ユーロを増額して再オファーを出したが、サンプドリアは最低でも5000万ユーロ(約61億1000万円)が必要だと考えており、それ以下であれば売却しない方針を固めているようだ。 アーセナルは昨夏、サンプドリアからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラを獲得。今シーズンはチームの主軸としてプレーしており、予てから2名を注視していたようだ。 アンデルセンは、今シーズンのセリエAで32試合に出場し1アシスト、プラートはセリエAで34試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 2019.06.07 10:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース