「18才の少年であるかのように怒鳴りつける」…ナニがファン・ハール体制を批判2016.04.11 14:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェに所属するポルトガル代表MFナニがマンチェスター・ユナイテッド退団の経緯について、ルイス・ファン・ハール監督が原因だったと告白した。▽2007年夏にスポルティングから引き抜かれる形でユナイテッド入りしたナニ。ファン・ハール監督が指揮官に就任した2014年夏にスポルティングへレンタル移籍すると、昨夏に完全移籍でフェネルバフチェに活躍の場を移した。

▽イギリス『タイムズ』のインタビューで、「まだチャンスはあると思うよ」と噂されるプレミアリーグへの復帰希望を明かしたナニは、ユナイテッドを退団した理由についても触れ、ファン・ハール体制を批判した。

「彼は、プレシーズン中も僕を使おうとしなかった。自分自身の中で、最もプレータイムの少ない選手だと感じていたし、『僕のことを選手としてカウントしていないんだな』と察した」

「彼やコーチは、僕ら選手のことを18才の少年であるかのように、怒鳴りつけてくるんだ。だから、こう思ったよ」

「『こんな扱いは不当だ。僕はプロだ。毎日トレーニングしている。何にも間違ったことはしていない。トレーニングの中でクオリティを示しているじゃないか』ってね」
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、SB新戦力としてトリッピアーに関心か ユナイテッドも興味

ナポリが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のトリッピアーは、2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入。加入初年度は控えだったが、正確なキック精度と豊富な運動量で出場機会を増やしていき、今シーズンは主力として公式戦33試合で1ゴール5アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、カルロ・アンチェロッティ監督は、来シーズンに向けてサイドバックの補強を考慮している模様。獲得候補の1人としてトリッピアーに関心を寄せており、既にトッテナム側にコンタクトを取ったという。 だが、スパーズはチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を当てていることから、シーズン終了後に交渉を行いたいと考えているとのことだ。また、マンチェスター・ユナイテッドもトリッピアーに関心を寄せていることから競合する可能性もありそうだ。 2019.04.21 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.37“モスクワの歓喜”チェルシーとのCL決勝/マンチェスター・ユナイテッド[2007-08]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.37</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2007-2008シーズン/マンチェスター・ユナイテッド 〜モスクワの歓喜〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom2007-08united.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:アレックス・ファーガソン(65) 主なタイトル実績:プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ 攻撃力9:★★★★★★★★★☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント9:★★★★★★★★★☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層9:★★★★★★★★★☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">モスクワの歓喜</div> 2005-06シーズン、ジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーにリーグ連覇を許したユナイテッドは、2006-07シーズンにクリスティアーノ・ロナウドの大車輪の活躍もあり、リーグタイトルを戴冠。迎えた2007-08シーズンは、連覇とともにチャンピオンズーグ優勝を狙った。 シーズン開幕前には、バイエルンからハーグリーブスを獲得したほか、スポルティングからナニ、ポルトからアンデルソンを獲得するなど、中盤の強化に努めた。 プレミアリーグでは、開幕から3試合で2分1敗という厳しいスタートを切る。第3節では、マンチェスター・シティとのダービーに敗れて17位にまで転落したが、そこから破竹の8連勝。一気に首位に立った。 年明け以降は、さらに調子を上げる。3月末までの12試合では10勝1分1敗。その12試合は内容も上々で、31得点4失点という素晴らしい成績で乗り切った。首位の座を確かなものとしたチームは、終盤にやや息切れしたものの、チェルシーを勝ち点2差で振り切って、見事に連覇を達成した。 リーグ杯(3回戦敗退)とFA杯(6回戦敗退)では結果を残せなかったが、CLでは躍進した。決勝トーナメント1回戦でリヨン、準々決勝でローマを撃破したユナイテッドは、準決勝でバルセロナと対戦。カンプ・ノウでの1stレグをゴールレスで終えて迎えたホームでの2ndでは、サポーターが素晴らしい雰囲気をつくりだした。そして、試合はスコールズの強烈なミドルシュートでのゴールを守ったユナイテッドが1-0で勝利。チェルシーの待つファイナルに進出した。 ロシアのルジニキで行われた試合は、前半26分にC・ロナウドのゴールでユナイテッドが先制したが、前半終了間際にランパードに同点弾を奪われる。1-1のまま90分、そして延長戦を終え、勝負はPK戦へ。PK戦では、後攻のチェルシーがリードして迎えた5人目、これを決めれば優勝という場面でテリーが足を滑らせて失敗。7人目でギグスがきっちりと沈めたのに対し、チェルシーはアネルカが失敗し、勝敗は決す。ミュンヘンの飛行機事故から50年、運命という最強の味方を有していたユナイテッドがクラブ史上3度目となる欧州王者となった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">鉄壁&強力な矛</div> 当時のチームは、攻守共に素晴らしいタレントを揃えていた。GKには足元、そしてハイボールに強く、弱点がないファン・デル・サールが君臨。センターバックのファーディナンドとヴィディッチはキャリア全盛期を迎えており、世界最高のコンビとして名を馳せた。右サイドバックはギャリー・ネビルが負傷離脱していたため、ブラウンがレギュラーとしてプレー。それでも、G・ネビルの穴を補ってあまりある活躍を見せた。 中盤は多士済々だった。セントラルMFはスコールズを中心に、フレッチャー、キャリック、ハーグリーブスとレベルの高い選手が揃う。サイドハーフには、アクセントを付けることができるベテランのギグス、豊富な運動量で攻守に貢献できるパク・チソンが在籍。そして、何といっても攻撃陣が強力。C・ロナウドとルーニー、テベスという世界屈指のアタッカー3人がポジションチェンジしながら仕掛け、相手守備陣をかく乱した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">FWクリスティアーノ・ロナウド(22)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ronaldopc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2003-04シーズンにユナイテッドに移籍したC・ロナウドだが、その後の3シーズンはパフォーマンスに波があり、決して超一流の選手とは言えなかった。しかし、2006-07シーズンに17ゴール14アシストを記録し、チームプレーの楽しみも覚えたC・ロナウドは、その後に覚醒する。2007-08シーズンは開幕からゴールを量産し、リーグ31ゴールを挙げて得点王を獲得。CLでも決勝戦のゴールを含む8ゴールを奪った。決勝ではPK失敗で号泣する場面もあったが、チームが優勝したこともあって立ち直ったCR7。この年、自身初となるバロンドールとFIFA最優秀選手賞をダブル受賞した。 2019.04.21 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドイツ代表DFジューレ獲得に本腰か? 獲得に向けてバイエルンに照会

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『Sport1』が伝えている。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いのが、ようやくスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが独り立ちもそれ以外に頼りになる選手が少ないセンターバックのポジションだ。 これまではトッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっているが、この新戦力候補リストに新たに加わったのがジューレのようだ。 『Sport1』が伝えるところによれば、ユナイテッドは2017年にホッフェンハイムから加入して以降、卓越した身体能力と守備センス、リーダーシップを武器にバイエルンとドイツ代表で主力を担う万能型DF獲得に向けてバイエルン側に照会を行ったという。 バイエルンではセンターバックでもプレー可能なフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスの2選手の加入が内定しているが、以前にクラブ側が今後ジューレを中心に最終ラインを構築すると宣言していたこともあり、ユナイテッドにとっては非常にタフなオペレーションになるはずだ。 2019.04.21 16:52 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが偉業達成! セリエA、リーガ、プレミア制覇した初の選手に

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、またしても偉業を成し遂げている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。引き分け以上でセリエA8連覇がかかる一戦では先制を許すも、DFアレックス・サンドロ、そしてC・ロナウドのクロスから生まれた相手オウンゴールによって2-1と逆転勝利。見事にスクデット獲得を決めた。 この優勝によってC・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッド時代のプレミアリーグ、レアル・マドリー時代のリーガエスパニョーラ制覇に続き、セリエAも制して、イングランド、スペイン、イタリアの3カ国で優勝を手にした初の選手となったようだ。 なお、監督としては現在フリーのジョゼ・モウリーニョ氏が、チェルシー(2004-05、05-06、14-15)、インテル(2008-09、09-10)、レアル・マドリー(2011-12)で優勝を達成している。 また近い成績では、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏はレアル・マドリーで1回、ユナイテッドで6回、パリ・サンジェルマン(フランス)で優勝を経験しているが、ミラン(イタリア)ではリーグタイトルを勝ち取ることはできなかった。 他にはロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、アヤックス(オランダ)、バルセロナ(スペイン)、ミラン、パリ・サンジェルマンなどで優勝したが、ユナイテッドでは優勝できなかった。 2019.04.21 15:11 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーは欠場へ…負傷交代のデ・ブライネについてペップ「出られないと思う」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、トッテナム戦で負傷交代したベルギー代表MFケビン・デ・ブライネについて試合後に語った。イギリス『ガーディアン』が報じた。 リバプールとプレミアリーグの優勝争いをしているシティは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグから中3日で同じトッテナムと対戦。CLでは苦杯を嘗める結果となったものの、リーグ制覇に向けて負けられない一戦に臨んだ。 試合は開始5分、右サイドから崩すと、クロスをアグエロがファーサイドでヘッド。この折り返しに、フォーデンが反応しダイビングヘッドで決め、シティが1-0で勝利した。 しかし、前半38分にこぼれ球をシュートしたデ・ブライネが、自らボールを外に蹴り出し倒れ込み、そのまま担架で運ばれ退場。フェルナンジーニョと交代していた。 試合後、グアルディオラ監督はデ・ブライネの状態について問われると、「まだデ・ブライネ、そしてドクターと話していない。ただ、筋肉のケガだろう」とコメント。また、「その影響の大きさは分からない」とどれほどの重度かは判明していないことを明かした。 また、24日には延期となっていたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えているシティだが、グアルディオラ監督は「明日彼に会えるが、次の試合は出られないと思う」とコメントし、大事な“マンチェスター・ダービー”を欠場することが濃厚だと語った。 今シーズンのデ・ブライネは、2度の負傷離脱もありプレミアリーグでは18試合に出場し2ゴール2アシスト。チャンピオンズリーグでも4試合に出場し4ゴールと、これまでほど出場機会はないものの、タイトルを争うチームにとっては大きな痛手となるだろう。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1cx1siiiy113u1vi7ic68ozkyr" async></script> </div> 2019.04.21 09:10 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース