【日本代表コラム】“トライ”が奏功し収穫が多かった第2段階初戦2016.03.25 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽第2段階の第一歩を踏み出した日本代表は、アフガニスタン代表相手に後半の4ゴールなどで5-0と快勝。グループ首位をしっかりとキープした。▽今予選において、敵地でのアフガニスタン戦(6-0)に次ぐスコアで勝利を収めた日本は、最大の目標である勝利を挙げるとともに、様々な面で第2段階を歩み出したことを示した。

▽これまでハリルホジッチ監督は、[4-2-3-1]をベースに、[4-3-3]、または中盤をフラットにする[4-4-2]のフォーメーションで戦ってきた。しかし、アフガニスタン戦は中盤をダイヤモンド型にする[4-4-2]でスタート。アンカーにMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、トップ下にMF清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)、右にMF原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、左にMF柏木陽介(浦和レッズ)を配置した。

▽「違うことにトライしたい」という前日会見の言葉通り、これまでに見せなかったシステムに加え、清武、原口、柏木と、これまで主力としてプレーしていなかった3選手を起用。疲労を考慮して、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)、FW本田圭佑(ミラン/イタリア)をベンチスタートとさせたが、“トライ”した中盤は上手く機能する部分が多く見られた。

▽特筆すべきは、トップ下に入った清武だ。ハノーファーでもチームの結果を左右する働きを見せている通り、この試合でも1ゴール2アシストと勝利に貢献。2トップに入ったFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)との間合いを上手く取り、近くに寄ればダイレクトでのパス交換、下がって受けた際には縦パス、スルーパスを送るなど、攻撃を牽引していた。また、得意のセットプレーからも良質なボールを送り続けるなど、及第点以上の活躍を見せた。

▽左サイドでプレーした柏木は、前半こそDF長友佑都(インテル/イタリア)との息が合わず、なかなか良い形を作ることができなかったが、後半は長友との関係が改善され、多くのチャンスを生み出していた。また、右サイドでプレーした原口は、クロスバー直撃のシュートを放つなど攻撃面でアクセントを付ける役割を担っていた一方で、守備でも奮闘。また、強引なプレーが減り、右サイドバックのDF酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)のサポートを行うなど、ブンデスリーガでの好調を維持したパフォーマンスを見せていた。

▽最前線も、これまでの1トップから2トップに変更。岡崎と金崎を並べた結果、トップ下の清武を含めた3選手が近い距離でプレーすることとなった。スペースがない局面でもダイレクトパス交換を見せていた。清武の効果的な縦パスから岡崎が華麗に決めた先制ゴールや、金崎のダイレクトの浮き球を清武が決めた2点目は、3人の距離感が生んだものとも言えるだろう。

▽新たな可能性で言えば、FWハーフナー・マイク(ADO/オランダ)も一定のパフォーマンスを見せた。左サイドからの清武のクロスを、高さを生かして落とし、金崎のゴールをアシスト。また、不安定であった相手守備陣を引き連れることもできていた。引いて守る相手にはミドルシュートが有効と言われるが、ハーフナーほどの高さがあれば、新たな武器にもなる。アジアを勝ち抜く上では、オプションとして機能できるところをシリア戦でも見せてもらいたい。

▽なお、他グループの結果により、各組2位チームの上位4チームに入ることが確定したため、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選進出を決めた。ひとまず、目標は達成した。変化をもたらせ、結果を残した第2段階の日本代表。29日のシリア戦ではどの様な変化を見せてくれるのか、期待したい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

イングランドに完敗のなでしこジャパンは2位通過! ラウンド16はオランダorカナダの強豪と対戦へ《女子W杯》

なでしこジャパン(女子日本代表)は19日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD最終節でイングランド女子代表と対戦し、0-2で敗戦した。この結果、イングランドの首位通過およびなでしこの2位通過が決定した。 5日前に行われたスコットランド女子代表戦を2-1のスコアで競り勝ち今大会初勝利を挙げたなでしこは、他グループの結果によってこの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。 2連勝でグループ首位のイングランドとの最終節に向けてはスコットランド戦から先発2人を変更。菅澤優衣香、三浦成美に代わって横山久美、小林里歌子を起用。2トップに岩渕真奈と横山、右サイドハーフに小林、中島依美を杉田妃和とボランチで組ませる[4-4-2]の布陣を採用した。 開始5分にバイタルエリアで前を向いた横山が両チームを通じて最初のシュートを放つと、9分にはボックス手前の好位置で得たFKを再び横山が直接狙うが、枠の左上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に遭い、先制点とはならない。 まずまずの入りを見せたなでしこだったが、徐々に相手のカウンターを許し始めると、15分には中盤でボールを受けたスタンウェイに杉田が振り切られてスルーパスを許す。ここでDF熊谷紗希の背後を取ったホワイトに対してGK山下杏也加が飛び出しを見せるが、うまくチップキックを流し込まれて先制点を献上した。 この先制点によって勢いづいたイングランドに対して、守勢を強いられるなでしこ。失点直後にはスコット、スタンウェイに続けて際どいミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGK山下がビッグセーブで阻止。 その後は2トップの横山と岩渕が中盤に下りてボールを引き出して起点を作り出すが、全体の押し上げがなかなかできず、攻撃に厚みを加えられない。逆に、34分には縦パス一本に抜け出したデイリーに決定機を許すが、三度GK山下が好守をみせ、後半の逆襲に望みを繋いだ。 迎えた後半も押し込まれる時間が続く中、56分にはボックス手前左の岩渕のおぜん立てから中島にシュートチャンスが訪れるが、ここはシュートを大きくふかしてしまう。 何とか流れを変えたい高倉監督は62分、横山と小林に代えて菅澤、三浦を同時投入し、スコットランド戦と同じメンバーで反撃に打って出る。すると、中盤でボールを奪い、そのまま攻撃参加を見せる三浦、前線で五分五分の競り合いを見せる菅澤を起点に徐々になでしこが主導権を掴み始める。 しかし、ボックス内で訪れた幾つかの決定機を決め切れずにいると、84分には熊谷、DF市瀬菜々のセンターバックの後手の対応からカーニーのスルーパスに抜け出したホワイトにこの試合2点目を決められてしまい、痛恨の2失点目となった。 その後、遠藤純に代えて宝田沙織をピッチに送り出し、試合終盤には菅澤に決定機が訪れたものの、ここは相手GKの好守に阻まれて万事休す。今大会屈指の強豪イングランドに完敗のなでしこは今大会初黒星を喫し、グループDを2位通過することになった。 なお、なでしこは25日に行われるラウンド16でグループE首位チーム(オランダorカナダ)と対戦する。 また、同日行われたグループD最終節のもう1試合、スコットランド女子代表vsアルゼンチン女子代表は、3-3のドローに終わった。この結果、グループDではアルゼンチンの3位、スコットランドの最下位での敗退が決定している。 ◆グループD順位表 1.イングランド [9pt]※ 2.日本 [4pt]※ 3.アルゼンチン [2pt] 4.スコットランド [1pt] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.20 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

“本気”の相手に“チャレンジ”継続を…上田綺世が見せた可能性/日本代表コラム

東京オリンピック世代、U-22日本代表メンバーを中心に構成してコパ・アメリカに臨んでいる日本代表。初戦では大会連覇中のチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ピッチに並んだ11名のうち、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)の5名は代表キャップがあるものの、残りの6名は初出場とチリと比べても経験という点では大きな差があったことは明白だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆上々の立ち上がり、好機を作る</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>一方のチリは、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)やMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)など世界のトップクラスの選手を含む主力選手が出場。2連覇を達成しているメンバーが立ちはだかった。 それでも、日本は良い試合の入りを見せる。レアル・・マドリー入りが世界中でも話題となっている久保は、ボールを持てば得意のドリブル突破を見せ、チリにジャブを打つ。 初出場となったFW上田綺世(法政大学)も、自身の特徴である高さ、裏へ抜け出す動き、ポジショニングの良さを随所にみせ、FW前田大然(松本山雅FC)もスピードでチリ守備陣を振り切るシーンも見せた。 中盤でゲームをコントロールする柴崎を中心に、中盤の守備からショートカウンターというスタイルを出しながらも、アタッキングサードでの精度を欠いてしまった日本。中島がドリブルを仕掛けても単騎で終わり、親善試合とは大きく違う姿を体感したに違いない。 森保一監督は「この試合、選手たちには勝利を目指してチャレンジすることが大事だと伝えて送り出しました」とコメント。立ち上がりは、自分たちの良さを出すべくプレーし、実際に決定機も作っていた。全く歯が立たなかったわけではなく、“チャレンジ”という点では評価できる部分もあるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆試合巧者のチリ、一朝一夕では歯が立たず</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>立ち上がりはアグレッシブなプレーを見せていた日本だったが、時間の経過とともにその姿に陰りが見える。 28分にはサイドからの波状攻撃をチリが仕掛けると、サンチェスにヘッドを許すも力なくキャッチ。33分には中島のボールロストから一気にカウンターを仕掛けられると、ピンチを迎えるが柴崎がなんとか守った。 一度掴んだ流れをチリは手放さず、そのまま猛攻を続ける。日本はなんとか凌いでいたが、41分にCKから失点。堪え忍んでいただけに、良くない時間帯での失点は悔やまれるものとなった。 前半終了間際には柴崎のダイレクトパスから上田が決定機を迎えるも、GKとの一対一で敗れシュートが枠に飛ばず。後半も上田は決定機を2度迎えるが、全てシュートは枠に飛ばず悔しい結果となった。 後半はチリがギアを上げると、日本は防戦一方に。54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を奪われるが、それまでの流れも常にポゼッションを許し、アグレッシブに守備を行なっていた姿はなく、取るべくして取られてしまった。 終盤にも2点を加点したチリだったが、立ち上がりの15分を過ぎてからは常に自分たちのペースでプレーを続けた。中盤でのミスや、日本に崩されるシーンもあったものの、日本の稚拙な攻撃やGKアリアスを中心とした守備陣が防ぎ、結果として0-4の大差がついた。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆可能性を感じさせた上田綺世</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>多くの選手が世界を体感した試合となったが、最も気になる存在だったのは1トップに入った上田だ。 東京オリンピック世代の代表では世界での経験も積んでおり、得点源の1人としてプレーを続けてきた。A代表デビュー戦となったが、立ち上がりから物怖じすることなく、自身の特長を出そうとプレーを続けた。 ポスト大迫勇也としての期待を寄せられる上田だが、その期待を裏切らないプレーを披露。前線からの守備、トップで起点となる動き、裏を取る動きと随所に可能性を感じさせた。 チリ戦では、前半に柴崎のダイレクトパスに抜け出しGKと一対一になるシーンが。さらに後半には、柴崎のクロスをボックス内でフリーになりダイレクトボレー、終盤には安部のグラウンダーのクロスに対してファーサイドに飛び込んで合わせようとし、三好康児(横浜F・マリノス)からの絶好のパスに抜け出したシーンも、シュートを打つタイミングを逸していた。 いずれも、ポジショニングの良さを見せたシーンであり、その動き出しを含めても高いポテンシャルを持っていることは多くの人も感じたはずだ。しかし、2つの決定機ではシュートを枠に飛ばせず、最後の1つはわずかに届かなかった。決定機を作ってもらいながら、枠に飛ばせなかったという事実は変わらない。 コパ・アメリカというハイレベルの舞台であっても、決定機でシュートを枠に飛ばせなかったという技術の面は足りなかったということが証明されてしまった。もちろん、これで上田の評価が落ちるということではなく、伸び代と捉えてどの様に取り組むかが重要だ。 「自分の中で手応えはありながらも結果を残せず、力不足を感じた試合でした」と上田は試合後に語ったが、相手の対応に上回れたシーンも多かった。特にシュートの場面では、慎重になるあまり思い切りよく打つことはできていなかっただけに、パスを受けてからシュートまでのタイミングをいかに早くするかだ。 “決定力不足”という言葉は良く耳にするが、足りていないのであれば、補う他はない。フィニッシュ以外の部分では、大いなる可能性を見せた上田だけに、今大会中にも成長の証を見せてくれることを願うばかりだ。それが、東京オリンピック、そしてこの先のプロ生活、日本代表としてのキャリアに繋がるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆中3日で迎えるウルグアイへの“チャレンジ”</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本時間21日の8時からは初戦でエクアドル代表を4-0で下したウルグアイ代表と対戦する。キリンチャレンジカップでは一度対戦し、4-3で打ち勝っている相手だが、“本気”の姿がいかに親善試合と違うかはチリ戦で身をもって体感したはずだ。 チリ戦では[4-2-3-1]のシステムを採用したが、サイド攻撃を多用するチリ相手には守り方の部分でも疑問が残る対応が多く見られた。特にサイドハーフの選手の立ち位置や、ボランチに入った中山雄太(ズヴォレ/オランダ)のポジショニングなど、改善するべき点は少なくない。それでも、成長しながら結果を残すには、十分過ぎる相手。ウルグアイ戦も目的をもって戦うことが一番重要となる。 コパ・アメリカはグループ3位のうち、上位2カ国まで次のステージへと進める。エクアドルとの第3戦が最も重要になる可能性が高いものの、強敵であるウルグアイ相手に、チリ戦で感じた“差”をしっかりと消化して、自分たちの目指すプレーができるかどうか。森保監督の言葉通り、強敵相手に“チャレンジ”できなければ、意味のない活動になってしまう。選手の入れ替えも起こる第2戦、選手たちの“チャレンジ”に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.06.18 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英、決定力不足を嘆く…ウルグアイ戦では「チームのみんなで喜びたい」《コパ・アメリカ》

現地時間17日(日本時間18日)、コパ・アメリカ2019グループC第1戦の日本代表vsチリ代表がサンパウロのエスタジオ・ド・モルンビーで行われ、0-4でチリが勝利した。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNでのインタビューに応対。チリ戦を振り返り、決定力不足を嘆いた。また、日本時間21日に行われる第2戦のウルグアイ戦では「チームのみんなで喜びたい」と次に切り替えた。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「負けてしまったので、次に切り替えるしかないですけど、厳しい戦いでしたね」 「点を取れずに点を取られて、結果をみれば一目瞭然なのかなと。何回か自分でもチャンスを作った中で、それを決めきれない自分がいて、チリの選手たちは少なくはないチャンスでしたけど、決定的なチャンスはしっかり決めてきているので、そういうところでゴールを取れないと勝てません。そこは課題というか、差が出てしまいました」 「次はなんとしてでも先制点を狙っていって、チームのみんなで喜びたいですし、チリの選手たちがああやって喜んでいるのを見て非常に悔しかったので、次は自分たちがそういった時間を作れれば良いなと思っています」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1xjwh3h9fm2dj11pv1q02dnds3" async></script> </div> 2019.06.18 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

チリ相手に可能性を示したFW上田綺世「あとは精度良く決めきれるか」《コパ・アメリカ》

現地時間17日(日本時間18日)、コパ・アメリカ2019グループC第1戦の日本代表vsチリ代表がサンパウロのエスタジオ・ド・モルンビーで行われ、0-4でチリが勝利した。 試合後、FW上田綺世(法政大学)がDAZNでのインタビューに応対。決定力を課題に挙げるも、それまでの過程については一定の手応えを示している。 ◆FW上田綺世(法政大学) 「自分が外したというところ、あと一歩がなかなか出せなかったという、自分の中で手応えはありながらも結果を残せず、力不足を感じた試合でした。やはり足元とか球際の部分では日本と違って、スライディングも含めて足元をバチバチ刈りにくる部分はありました」 「ただ、僕の特徴である(相手の)背後をとるというところに関しては、日本より少しルーズな部分があったり、そういった点では自分の中ではやりやすい相手だったのかなという感覚はありました。あとは自分が精度良く決めきれるかどうかというところは足りなかったんじゃないかなと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1fjzn9vchauel1d7pxcmq65cs5" async></script> </div> 2019.06.18 13:11 Tue
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳、チリに4発大敗も「チャンスは作れていた」決定力とインテンシティを課題に《コパ・アメリカ》

現地時間17日(日本時間18日)、コパ・アメリカ2019グループC第1戦の日本代表vsチリ代表がサンパウロのエスタジオ・ド・モルンビーで行われ、0-4でチリが勝利した。 試合後、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がDAZNでのインタビューに応対。決定力やインテンシティを課題に挙げた。 ◆MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 「予想以上の大差の敗戦になりましたけど、客観的に分析する必要があると思います。良かった部分と失点の部分で何が原因だったのかしっかりと分析する必要があると思います」 「チャンスは作れていましたし、決定機もありました。相手が決めて僕たちはそれをモノにできなかったというところだと思います」 「インテンシティの部分はもっともっと高めないといけないと思います。彼らのほうが競り合いに関しても、セカンドボールの反応に関しても数段上だったと思います。そういった小さな部分が大きな差だったと思います」 「次のウルグアイもチリと同様、非常に強豪なので、しっかりとこの2日間、リカバリーをして何が悪かったのかを次の試合に生かせるようにやっていきたいと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=gfz3wdqnbrhe1qkzkosip2ncf" async></script> </div> 2019.06.18 13:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース