ガストン・ラミレスがミドルスブラへレンタル移籍2016.01.27 01:18 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ相当)のミドルスブラは26日、サウサンプトンのウルグアイ代表MFガストン・ラミレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。▽2012年夏にボローニャからサウサンプトンへ1200万ポンド(約15億円)で移籍したラミレスだったが、主力にはなりきれずに昨季はハル・シティへレンタル移籍していた。しかし、今季もここまでわずか5試合の出場にとどまり、ここ2カ月は出場機会がない状況だった。

▽ラミレスの獲得についてミドルスブラのアイトール・カランラ監督は次のように語っている。

「本当に嬉しいよ。彼はイングランドのリーグを知っている。代表での経験もあり、ワールドカップにも出場している。プレミアリーグでのプレー経験もある選手の加入はチームにとって重要だと思う」

▽ミドルスブラはチャンピオンシップで自動昇格圏内の2位につけている。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルとアトレティコがバートランド獲得に興味

サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(29)に、インテルとアトレティコ・マドリーが興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 レンタル移籍を経て2015年2月にチェルシーから完全移籍したバートランド。左サイドのスペシャリストとしてすぐにレギュラーを勝ち取り、ここまで公式戦171試合に出場している。 イングランド代表としても活躍するバートランドに、インテルとアトレティコから関心が寄せられているという。 アトレティコはDFリュカ・エルナンデスがバイエルンに移籍したうえ、DFフィリペ・ルイスの去就も不透明。そこで実力と経験値を兼ね備えたバートランドに目を光らせているという。インテルもアントニオ・コンテ新監督が同選手に興味を持っているとのことで、争奪戦が予想されている。 1500万ポンド(約20億円)を要求するセインツに対し、アトレティコもインテルも1000万ポンド(約13億7000万円)以下に抑えたいと考えている模様。小さくない隔たりがあるものの、セインツは来季からDFマット・ターゲットを左サイドバックのファーストチョイスと見込んでいるらしく、交渉の余地はあるようだ。 2019.06.20 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、またしてもセインツから補強画策か! その“ターゲット”は?

リバプールがサウサンプトンに所属するイングランド人DFマット・ターゲット(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『TeamTalk』が伝えている。 リバプールは先日、スペイン代表DFアルベルト・モレーノの今シーズン限りでの退団を発表。そのため、左サイドバックの絶対的主力であるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを担う選手は、いずれも本職ではない元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、イングランド代表DFジョー・ゴメスの2選手のみとなっている。 そのため、今夏の移籍市場においてロバートソンのバックアッパー獲得は優先事項の1つとなっている。 『TeamTalk』が伝えるところによれば、リバプールがその候補としてリストアップしているのは、“お得意様”のサウサンプトンに所属するターゲットだという。 セインツの下部組織出身のターゲットは、イングランド代表の世代別チームに常に選出されてきた左利きのサイドバック。2014年にトップチームデビューを果たすも、以降はなかなか出場機会を得ることができず。 それでも、今シーズンは公式戦21試合に出場し1ゴール3アシストとまずまずの数字を残すと共に、持ち味である高精度のクロスやビルドアップへの高い貢献で評価を高めている。 1000万ポンド(約13億6000万円)の値付けがされている中、アストン・ビラやアーセナルからの関心も伝えられている。 なお、リバプールは近年、FWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、FWサディオ・マネ、DFヴィルヒル・ファン・ダイクと毎年のようにセインツの主力を引き抜いており、巷でセインツは“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 2019.06.18 04:57 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ミニョレアウトでマッカーシー獲得か

リバプールが、サウサンプトンのイングランド代表GKアレックス・マッカーシー(29)の獲得を考慮しているようだ、イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジル代表GKアリソン・ベッカーが守護神を務めるリバプールでは、昨シーズン前半までレギュラーを張っていたGKシモン・ミニョレが第二GKを役割を果たしている。 伝えられるところによると、ミニョレは今夏で退団する可能性が高いようで、リバプールは代役としてマッカーシーに白羽の矢を立てたという。 マッカーシーは2016年夏にクリスタル・パレスからセインツに移籍。昨季後半から正GKの座を掴んだが、今季終盤はGKアンガス・ガンの台頭により出場機会を無くした。一方で、昨年11月にはアメリカ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしている。 2022年まで契約を残しているが、セインツはオファー次第で移籍に応じる構えとのことだ。 2019.06.17 14:02 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツ、マリ代表FWムサ・ジェネポを獲得!

サウサンプトンは13日、スタンダール・リエージュからマリ代表FWムサ・ジェネポ(20)を獲得したことを発表した。契約は4年となる。 母国でプロデビューを果たしたジェネポは2017年1月のレンタルでの加入後、同年7月に完全移籍でスタンダール・リエージュ入り。左ウイングを主戦場とし、ダイナミックなドリブルでチャンスメイクするプレーが持ち味の選手。2018-19シーズンはジュピラー・プロ・リーグで25試合に出場し7ゴール3アシスト。ヨーロッパリーグでも5試合で3点奪っており、大舞台でも物怖じしない印象だ。 そんなジェネポはサウサンプトンの公式サイトで「夢が叶った」と今回の移籍についてコメント。新たな挑戦に胸を躍らせている。 「とても誇りに思う。サウサンプトンは偉大なクラブだからすごく嬉しいよ」 「本当にいいクラブだ。常に前に進んでいるよね。設備も良いし、新たに始めるにはもってこいの環境だ。成長できると思う」 「楽しみだよ。新しい家族のことを知りたい。早くチームメイトに会って、彼らの隣に居られるようハードワークしないとね」 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は最大1500万ポンド(約20億円)になる見込みだ。 2019.06.13 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

“リバプールの下部組織”セインツのFWオースティンの行動が物議! フィルミノユニ着用でCL決勝を応援

サウサンプトンの元イングランド代表FWチャーリー・オースティンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦開催時に行ったSNSの投稿でセインツファンの怒りを買ったようだ。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、トッテナムvsリバプールは、リバプールが2-0で勝利し、14シーズンぶり6度目の優勝を果たした。 11年ぶりのイングランド対決となったこのファイナルは、普段プレミアリーグでプレーする他クラブの選手たちにとっていつも以上に身近なものとなったが、その中でオースティンは自身の不用意な行動によってセインツファンの怒りを買ってしまった。 オースティンは1日、「カモン、レッドマン!」というコメントと共にFWロベルト・フィルミノの名前がプリントされたリバプールのユニフォームを着用する自身の姿を写した画像を投稿。さらに、試合中にはリバプールを応援し、試合後にはかつての同僚DFヴィルヒル・ファン・ダイクへのお祝いの言葉をコメントしていた。 以前からリバプールファンとして知られるオースティンだが、同一リーグではないコンペティションで他クラブを応援すること自体は問題ない。 さらに、ファン・ダイクとFWサディオ・マネはサウサンプトンの元同僚であり、仮にリバプールのユニフォームだったとしても両選手の名前がプリントされたものであれば、百歩譲って問題視されることはなかっただろう。 しかし、サウサンプトンにとって何のゆかりもないフィルミノのユニフォームを着て堂々と他クラブを応援した点がセインツファンの怒りを買うことになった。 なおここ数年、サウサンプトンはFWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、マネ、ファン・ダイクと毎年のようにリバプールに主力を引き抜かれ、巷では“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 そのため、多くのセインツファンはリバプールのことを快く思っておらず、その中での主力選手の今回の行動に、「来季はセインツのユニフォームを着るな」、「裏切られた」、「リバプールへの売り込みか」など、SNS上で非難の声が上がっている。 ◆さすがにやり過ぎか? https://twitter.com/chazaustin10/status/1134815832780025856 2019.06.03 16:55 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース