アストン・ビラ、DFベイカーと4年の契約延長2015.08.01 09:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アストン・ビラは7月31日、イングランド人DFネイサン・ベイカー(24)と新たに4年の契約延長で合意に達したと発表した。

▽アストン・ビラのユースで育ったベイカーは、世代別のイングランド代表に招集された経歴を持つセンターバック。さらに、189cmと大柄ながら左サイドバックもこなすことができる。

▽2014-15シーズンは度重なる故障に泣き、公式戦14試合の出場にとどまったが、在籍5シーズンで公式戦88試合の出場を記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

アストン・ビラで活躍した元イングランド代表FWアグボンラホルが32歳で現役引退

昨季までアストン・ビラに在籍し、今季は所属クラブのなかった元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホル(32)が27日、現役引退を発表した。 ストライカーやウインガーとしてプレーしたアタッカーのアグボンラホルは、ユース時代を含めて17年間、地元のアストン・ビラでプレー。公式戦391試合に出場して86ゴール57アシストを記録。2007-08シーズンから3シーズン連続で二桁ゴールを記録するなど、アストン・ビラの中心選手として活躍した。そして、イングランド代表では2008年11月にデビュー。3試合の出場を果たした。 しかし、近年は得点力が衰え、過去3シーズンはいずれもリーグ戦で1ゴールずつしか奪えず苦しんでいた。そのアグボンラホルは引退について自身のインスタグラムで以下のように語っている。 「アストン・ビラで400試合ほどプレーでき、このクラブのプレミアリーグにおける最多得点者となることができた。また、キャプテンも務め、イングランド代表でもプレーできた。満足だよ。今は時が来たと感じ、クラブをファンの一人として見守ることにした。これまで支えてくれたクラブのスタッフ、チームメイトに感謝したい」 2019.03.28 05:01 Thu
twitterfacebook
thumb

乱入男がラリアット! アストン・ビラMFグリーリッシュが試合中に襲撃される

チャンピオンシップ(イングランド2部)で衝撃の事件が起こった。10日に行われたバーミンガムvsアストン・ビラのバーミンガム・ダービー(セカンド・シティ・ダービー)で、ピッチに乱入したサポーターが選手を襲撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 事件が起こったのは試合開始9分のこと。ボールがタッチラインを割ると、1人のバーミンガムファンがピッチに乱入。すると、猛然とダッシュし、アストン・ビラのキャプテンを務めるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ目掛けてラリアットを背後から見舞った。 試合中に突然背後から襲われたグリーリッシュは、その場に倒れ込み、ラリアットを見舞った男はすぐさまアストン・ビラの選手たちに囲まれ、警備員に連れ出された。また、バーミンガムの選手はグリーリッシュの下に駆け寄り、状態を気遣っていた。 首元にラリアットを受けたグリーリッシュだったが、67分に決勝ゴールを記録。襲撃を受けながらも、しっかりと勝利に貢献していた。 試合後、グリーリッシュが襲撃に関してコメント。最初は何が起きたか分からなかったと語った。 「僕の人生において最高の日だね」 「アストン・ビラのキャプテンとして初めてここにやってきて、そして勝利した。それは夢が達成されたことだよ。特にアストン・ビラファンにとってはね」 「当初、僕は気付いていなかった。僕たちはコーナーかスローインだったと思う。そして、僕は自分のポジションに向かって歩いている時、顔の側面のあたりに、強い打撃を感じたんだ」 「サッカーには明確な対立があるけれど、本当には色々な場所には無いと思っている。最後は自分の仕事をして、成功したと思っているよ。勝利できたし、アウェイで3ポイントを獲得できたんだ」 なお、ウェストミッドランズ警察はこの件に関して声明を発表。男を逮捕し、起訴するとした。 「我々は今夜、“セカンド・シティ・ダービー”の試合中にピッチに侵入し、アストン・ビラのジャック・グリーリッシュを襲撃した男を起訴した」 「ルベリーに住む、27歳のポール・ミッチェルは、3月11日、バーミンガム・マグス裁判所に出頭することとなった」 2019.03.11 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

「現役に未練はない」コーチ業に励むテリー氏、引退が正しい決断と明かす

現役時代にチェルシーやイングランド代表で活躍したジョン・テリー氏は、現役でフットボールをプレーすることに未練はないと明かした。<br><br>1998-99シーズンにチェルシーでデビューを飾って以降、700試合以上も同クラブでプレーしたテリー氏。2017年夏に退団した後、チャンピオンシップ(英2部)のアストン・ビラに加入し、2018年10月に現役からの引退を発表した。現在は昨シーズンまでプレーしたチームでコーチを務める同氏は、イギリス『スカイスポーツ』で引退について語った。<br><br>「私はプレーすることを恋しがってなどいない。カラバオ・カップ決勝のような試合を見ていると今でもプレーしたくなるが、周りからのプレッシャーやキャリアの終盤で自分自身に課したプレッシャーによって、楽しめなくなっていた。だから、引退したことを楽しんでいる」<br><br>また、コーチとしてのキャリアをスタートさせたことについて「選手時代はオフがあり、リフレッシュができた。しかし、今ではその時間は前の試合を見返したり、次の相手を研究したりする時間だ」と現役時代よりも忙しくなったと語ったテリー氏は、世界的な名将たちとの仕事が大きな糧になっていると認めた。<br><br>「特定の監督たちと今後どのように進んでいくかいつも興味を持っていた。本当に良い監督のトレーニングセッションからたくさんのことを学んだ。反対に、効果がなく、選手たちも楽しめいないセッションもいくつかあった」<br><br>提供:goal.com 2019.02.28 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元シティの大器マイカー・リチャーズ、30歳にして現役引退か

アストン・ビラに所属する元イングランド代表DFマイカー・リチャーズ(30)に現役引退の可能性が浮上した。 イギリス『デイリー・メール』が報じたところによれば、マイカー・リチャーズは慢性的な右ヒザの問題に苦しんでおり、アストン・ビラと契約満了となる今シーズン終了後にも引退する意向を友人に話したという。 かつてマンチェスター・シティのユース最高傑作として脚光を集めたマイカー・リチャーズは2005年にプロデビュー後、強靭な肉体と推進力を生かして右サイドバックやセンターバックで活躍。2度のプレミアリーグ制覇やFAカップ優勝など“強豪”シティの礎に貢献した。 だが、ケガに泣くシーズンが続き、表舞台からフェードアウト。2014年夏のフィオレンティーナにレンタル移籍後、2015年夏にアストン・ビラに完全移籍したが、2016年10月以降はヒザの問題で実戦から遠ざかっている状況だった。 アストン・ビラを率いるディーン・スミス監督は、イングランド代表としても通算13キャップを誇るマイカー・リチャーズについて、昨年10月の段階で次のように話している。 「彼は長くプレーしておらず、万全の状態から程遠い状況。彼は特別なプログラムに参加していて、彼の身体がどんな反応をするのか様子を見ていくことになる」 2019.01.29 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラにレンタル移籍していたボラシエがエバートンに復帰

チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは21日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンに復帰することを発表した。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエはクリスタル・パレスでで活躍。今季、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、アストン・ビラではリーグ戦21試合に出場して2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況となっていた。 2019.01.22 04:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース